キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

統合医療供給システム (IDS)

統合医療供給システム (IDS) は、医療リソースを管理する手段です。IDSは一般的に、コストを削減する一方で、複数の施設や事業者で治療を調整して患者のアウトカムを改善させるために、病院などの大規模組織や医療制度で利用されています。

統合医療供給システム (IDS)に関して中小企業が知っておくべきこと

企業がこのタイプのプログラムを利用することで、複数の場所での治療を調整することができます。これにより、患者は個々の施設が独立して運営されている場合よりも早く治療を受けることができます。IDSを利用すると、各病院または医療制度内の部門間で重複が不要になるため、この種のプログラムの運用に伴う管理費の抑制につながります。

関連用語