Capterraへようこそ

ソフトウェアは時間の節約と問題の解決に役立ちますが、最適なソリューションを見つけるのが難しいこともあります。そんなときは、Capterraをご利用ください。

製品カテゴリを検索

沿革

ソフトウェアのレビューを提供する最大手企業に成長するまでのCapterraの沿革をご紹介します。

ユーザー支援を目的に設立 1999年、Capterraの設立者マイケル・オルトナーは新しいソフトウェアを探していました。そして、その過程が複雑で、かなりの時間がかかることに気づきました。

もっと良い方法があるはずだと考えました。

そう思ったオルトナーは、楽観主義と根気(そして多額のクレジットカード債務)を原動力にCapterraを設立しました。

最初から無料 Capterraは小さな会社なので、時間と資金にはいつも余裕がないことを実感しています。そのため、Capterraのサイトやソフトウェア検索ツールなどのリソースを当初から無料で提供してきました。

Capterraは、当社のサイトから直接Webトラフィックが発生した際にソフトウェア・ベンダーが支払う報酬で事業を運営しています。ただし、有料サービスを利用するソフトウェア・ベンダーに限らず、当社が確認したすべてのベンダーをカタログに掲載しています。そのため、購入者はあらゆる選択肢の中から最適なソフトウェアを見つけることができます。

簡単なことではなく、適切なことをする 2008年、Capterraはビジネス・ソフトウェアのサイトとしては初となるユーザー・レビューの掲載を始めました。 実のところ、この決断は容易なものではありませんでした。当社の顧客である一部のビジネス・ソフトウェア・ベンダーが、製品への否定的なレビューが掲載される可能性を恐れて反対したのです。

Capterraはまだ自転車操業の状態でしたが、取引先を失う危険を冒しても、直感に従いました。Capterraの信念は、ユーザーにとって有益なものを提供することです。この信念に基づいて、Capterraは、良いことも悪いことも含めて、ユーザーがビジネスに関する決定を行うために必要となる情報を提供しています。

これまでにサイトに公開した認証済みレビューは1,170,000件を超えており、その数は毎月数千件ずつ増えています。現在、Capterraは世界で最も充実したユーザー本位のソフトウェア情報を提供しています。

ガートナーの傘下企業として発展 2015年、Capterraはガートナーに買収され、Digital Markets部門に加わりました。 このブランドファミリーはCapterra、Software Advice、GetAppで構成されており、すべての企業の成長を支援するという価値観と情熱を共有しています。

Capterraが無料である理由

Webトラフィックと販売機会に対してベンダーがCapterraに支払うため、ユーザーは無料でCapterraを利用できます。Capterraのディレクトリには、有償ベンダーに限らず、あらゆるベンダーが掲載されているため、購入者は適切な情報に基づいた購入判断を行うことができます。