コンピュータ支援製造 (CAM)

コンピュータ支援製造 (CAM) とは、コンピュータ・ソフトウェアとコンピュータ制御の機器を使用して、製品の製造を自動化し円滑に行うテクノロジーです。CAMのプロセスは、製造を高速化し、正確性を高め、廃棄物を削減することを目的としています。CAMは、コンピュータ支援設計 (CAD) と一緒に使用されることが多くあります。

コンピュータ支援製造 (CAM)に関して中小企業が知っておくべきこと

CAMは当初、大手自動車メーカーや航空宇宙会社などで利用されていました。現在では、中小企業でもCAMの利点を生かして製造プロセスを最適化することができます。CAMの活用により、機械操作に熟練したオペレーターを採用・教育する必要性が減り、製造プロセスの一貫性が向上し、大量の製品をより速く製造することが可能になります。CAMを活用すると、必要な原材料とエネルギーも少なくなるため、コストを削減することもできます。

関連用語