キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

3D CAD ソフト

3D CAD ソフトは、製造、エンジニアリング、3D印刷、アーキテクチャ用の3D図面の作成を支援します。3D CADは、3Dアーキテクチャおよび建築CADソフトウェアと関連付けられています。

日本 日本製品のみ表示

42件の結果

設計と文書作成のための革新的なツールを提供する、2Dおよび3DのCADソフトウェアです。AutoCADは、モバイルアプリでも利用できます。
設計と文書作成のための革新的なツールを提供する、2Dおよび3DのCADソフトウェアです。AutoCADは、モバイルアプリでも利用できます。複数のアドオン・アプリとAPIでカスタマイズできます。 AutoCADには、建築、電気、機械、MEP、3Dマップ、プラント3Dなど、特定の作業のための専用ツールセットが付属しています。 AutoCADの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
強力な3Dモデラー、2D文書、クラウドストレージ、拡張現実 (AR) や仮想現実 (VR)、ビジュアライゼーションアプリなどを搭載したSketchUpは、仕事をやり遂げることができます。
世界で高い人気を得ている3DモデリングおよびデザインツールのSketchUpなら、ツリーハウスから複雑でエネルギー効率の高い建物まであらゆるものをモデル化することができます。テクノロジーを活用して世界の働き方を変えることに注力している起業家企業、Trimble Inc.が所有するSketchUpなら、あらゆる種類のプロフェッショナルやクリエイティブに使いやすさと強力な機能の両方をもたらすことができます。 SketchUpでは、建築、エンジニアリング、建設などさまざまな業界のあらゆる経歴を持つクリエイターをサポートしています。 SketchUpの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
メカニカルCAD、設計検証、製品データ管理、設計時のコミュニケーション、CADの生産性を高めるツールが、1つのパッケージに含まれています。
SolidWorks Premiumは強力な設計ツールとシームレスに連携し、シミュレーション、レンダリング、アニメーション、製品データ管理、費用見積もりが内蔵された業界トップレベルのパート、アセンブリ、製図機能が搭載されています。SolidWorksなら、製品制作の革新的なフェーズを利用してより生産的な3D設計体験を実現し、これまで以上に早く簡単に仕事をこなせるよう支援できます。 SolidWorks Premiumの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
Revit BIMソフトウェアには、建築設計、機械・電気・配管 (MEP)、構造エンジニアリング、建設用の各種機能が含まれています。
ビルディング・インフォメーション・モデリング (BIM) のためのAutodesk Revitソフトウェアは、プロジェクトのライフサイクル全体を通じて、多分野にわたるチームをこれまでになく効果的にサポートします。新しくなったインタフェースでは、ドッキング、タイル表示、セカンド・モニターでの表示を可能にする新しいタブ表示を使って、画面領域を制御することができます。3Dビューでより多くのデザインをモデル化し、より臨場感のあるデザイン体験を実現できます。 Revitの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
MicroStationの堅牢で生産性の高い3Dモデリングを使用すると、あらゆる規模や複雑さの幾何学的形状を作成することができます。
MicroStationの高度なパラメトリック3Dモデリング、ビジュアライゼーション、製図機能を使用すると、あらゆる規模や複雑さのプロジェクトを設計し、提供することが可能になります。ソリッド、サーフェス、メッシュのモデリングや、高度な幾何学的制約から選択することができます。組み込みのレイトレースとアニメーションにより、包括的な多分野にわたるモデル、ドキュメント、その他の成果物を提供しながら、モデルに命を吹き込むことができます。 MicroStationの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
世界初のクラウドベースのCAEプラットフォームを備えたWebブラウザを介して、CFD、FEA、熱シミュレーションをすぐに実行することができます。インストールは不要です。
SimScaleはミュンヘンとボストンに拠点を置くエンジニアリング・シミュレーション向けの世界初の生産対応SaaSアプリです。SimScaleは、世界中の20万人のユーザーにCFDと有限要素解析 (FEA) への即座アクセスを提供することで、忠実度の高い物理シミュレーション技術を複雑で膨大な費用がかかるデスクトップ・アプリケーションから年間サブスクリプションで利用できる使いやすいWebアプリケーションへと移行しました。特別なハードウェア、インストール、メンテナンスは不要です。 SimScaleの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
工作機械および建築設計を2Dおよび3Dで設計するためのモジュラーアーキテクチャを備えた、オープンソースのパラメトリック3Dモデラー。
建築家が複数のオブジェクトの設計を作成および変更し、生産準備のできた図面を作成するのに役立つオープンソースのエンジニアリングCADソリューション。FreeCADを使用すると、設計者は製品寸法の調整、形状に制約のある2D形状のスケッチ、統合されたスプレッドシートを使用した数式ベースのモデルの駆動を実現することができます。チームメンバーは技術図面モジュールを使用して、3Dモデルの2Dビュー生成、グラフィック変更操作の実行、SVGまたはPDF形式でのファイル保存を行うことができます。 FreeCADの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
ダイレクト・モデリングやパラメトリック・モデリングを用いて、企業による構成可能な製品の3D/2D図やバリアント図の作成を支援するCADソリューションです。
Creoはより高速かつ優れた製品の作成を支援する3D CADソリューションです。製品イノベーションの加速、良質な設計の再利用、事実による仮説の排除により、このような製品を作ることが可能になります。初期構想から設計、シミュレーション、分析にいたるまで、効率的に優れた製品を作り出すための革新的なツールをCreoが設計者に提供します。世界で何千社もの大手メーカーがクラウドやデスクトップ上でCreoのCAD、IoT、AR機能を利用し、アイデアを現実へと迅速に変換させています。 Creoの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
3次元モデリングツールで、3D・2D図面作成、レンダリング、豊富なデータフォーマットサポートなどに対応しています。
Rhino 7は3次元モデリングツールで、3D・2D図面作成、ドキュメント、アニメート、変換、レンダリング、豊富なデータフォーマットサポートなどに対応しています。迅速な編集とフリーフォームの精度を兼ねているSubDにより、デザイナーは高精度で有機的な形状のモデリングをさらに簡単に実行できます。また大幅なプレゼンテーションツールの改良により、レイトレース・ビューポートで得られる外観を変更せずにレンダリングできるようなっています。 Rhino 7の製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
Coohomはクラウドベースの3D視覚化プラットフォームで、インテリア・デザインをサポートして間取り図の作成やレンダリングを素早く行えることが実証されています。
間取り図作成、3Dの装飾、内装デザイン・プロジェクトのレンダリングを数分で行えます。Coohomはインテリア・デザイナーのための優れたツールです。どんなスタイルにも合うようさまざまな家具が搭載されていて、使いやすい製品になっています。複雑なCADソフトウェアでの作業はもういりません。Coohomのフロア・プランナーを使えば、構想からデザインの完全カスタマイズ、写真のようにリアルなレンダリングまでを数分で行うことができます。世界で400万人以上に選ばれているインテリア・デザイン・ツールです。 Coohomの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
Solid Edgeは、将来の3D製品設計であるジェネレーティブ・モデリング、アディティブ・マニュファクチャリング、リバース・エンジニアリングを実現しています。
Solid Edgeはシンクロナス・テクノロジーを使用して、製品設計の加速化、修正の高速化、設計データの再利用の改善を支援します。より高速な2D製図、優れたシート・メタル設計、柔軟な部品およびアセンブリ・モデリング、内蔵のフォトリアリスティック・レンダリング、比類のないモビリティにより、Solid Edgeは創造性を発揮できる速度での設計を可能にします。 Solid Edgeの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
Altair SimSolidは、急速に進化する設計プロセスのために特別に開発された構造解析ソフトウェアです。
フル機能のCADアセンブリの構造を数分以内に解析できるAltair SimSolidは、デザイナーや、エンジニア、アナリスト向けの革新的なシミュレーション・テクノロジーです。従来の構造シミュレーションでのジオメトリの準備とメッシュの生成には、時間がかかり、専門知識が必要であり、エラーがつきものですが、それらの2つのタスクが不要になります。 SimSolidの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
Shapr3Dは、iPadとApple Pencil用の初のプロフェッショナル3Dモデリング・アプリです。今やmacOSでも利用できます。
Shapr3Dは、iPadとApple Pencil用の初のプロフェッショナル3Dモデリング・アプリです。今やmacOSでも利用できます。迅速かつ正確な方法でソリッド・モデルを作成することができます。SolidWorksと同じ幾何学的モデリング・エンジンにより、MCADの能力とSketchUpの使いやすさをAppleデバイス上で実現します。 Shapr3DはiPadOSとmacOSで使用できます。App StoreまたはWebサイトからダウンロードしてください。 Shapr3Dの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
nTopologyを使用すると、エンジニアやデザイナーは従来の設計上の限界を克服する画期的な製品やプロセスを作成することができます。
nTopologyを使用すると、エンジニアやデザイナーは、その複雑性にかかわらず、あらゆるジオメトリを作成することができます。このソフトウェアは、航空宇宙、自動車、医療、消費財業界で画期的なプロセスや製品を生み出すために、研究から生産まで幅広く使用されています。nTopologyのジェネレーティブ・デザイン機能を使用して、新しいハードウェアを最大限活用し、パフォーマンスが重要となる部品を最適化して、設計のボトルネックを克服し、従来のエンジニアリング・ソフトウェア・スタックを強化しています。 nTopologyの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
日本 国内製品
アパレルCAD「CREACOMPOⅡ」は、デザインプロセスを最適化することで服づくりの匠をサポートします。
アパレルCAD「CREACOMPOⅡ (クレアコンポ)」は、生産性の向上と生産時間とロスの短縮を可能にします。主な機能は、2Dパターンメーキングと3Dパターンメーキング(パターンシミュレーション、デジタルトルソ)です。また、サードパーティーのレンダリングソフトウェアとの連携も可能で、シームレスなコミュニケーションを実現します。クラウドサービスで、高品質なアパレル製品の開発を推進することができます。 CREACOMPOⅡの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
エンジニアがプロトタイプや製図を作成する際に使用する3D CADソリューションです。
DesignSpark Mechanicalは、3D CADソリューションです。エンジニアや教育機関が内蔵3Dモデルを使用して、STEPやIGESファイル形式で製図を作成し、エクスポートできるように設計されています。測定ツールが搭載されているため、設計者は作成した設計の寸法や形を分析することができます。企業は3Dスケッチ・モジュールを使用して、複雑で現実的な設計を作成することができます。また、管理者が価格や在庫情報を使用し、オンラインで資材の見積書や請求書を作成することもできます。 DesignSpark Mechanicalの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
ファイルの整理に役立つ実用的な方法をお探しですか?ぜひ Eagle を試してみてください!Eagle なら素材管理も簡単なので、データの海から欲しいファイルを探す心配もなく、すぐに仕事効率化を!
Eagleとは、すべてのファイルをすばやく参照、収集、検索、整理できるデスクトップアプリケーションおよびブラウザ拡張機能です。デザイン事例、画像、動画、音源などの素材を簡単に整理し、仕事の効率化を! Windows/MacOSに対応し、相互参照構造を持つ一元管理ロジックにより、クリエイターのデジタル資産の整理を支援します。画像へのタグの追加、画像のフォルダ管理、タグや色などの条件による画像の自動ソートなど、ファイルの整理が可能です。色、形、日付、名前、ラベル、フォーマットなど、より多くの異なるフィルターやフォルダーを切り替えも可能。 Eagleの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
3Dプレゼンテーションを簡単に行えます。 JigSpaceでは拡張現実を使用した素晴らしいプレゼンテーションを作成し共有することができます。 無料のJigSpaceをお試しください。
JigSpaceなら拡張現実 (AR) プレゼンテーションを強化できます。 プロトタイプから完成まで1行もコードを書くことなく、拡張現実で順を追った製品ストーリーを素早く作成することができます。 CADファイルに数秒で命を吹き込むことが可能です。 コーディング不要、モデリング不要のJigSpaceでは、シンプルで強力なツールを提供しているため、自分のアイデアを伝えるという本当に重要なことに集中することができます。 誰とでも、どこでも作成して協力することが可能です。 現場のチームにも世界中のあらゆる場所にいる分散したチームにも、3Dデザインを素早く展開することができます。 JigSpaceの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
ANSYS Discoveryは、直接的なジオメトリ・モデリングと緊密に結合された即時3Dシミュレーションを提供します。
ANSYS Discoveryは、直接的なジオメトリ・モデリングと緊密に結合された即時3Dシミュレーションを提供し、インタラクティブな設計探索と迅速な製品イノベーションを可能にします。ジオメトリ、材料タイプ、または物理入力を操作して、パフォーマンスの変化を瞬時に確認できるインタラクティブな体験です。 Ansys Discoveryの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
JTS IntelliCADは、エンジニア、建築家、その他の技術コンサルタント向けの2D製図および3Dモデリング (一部) CAD ソフトウェアです。
JTS IntelliCAD 11.1は、エンジニア、建築家、その他の技術コンサルタント向けの2D製図および3Dモデリング (一部) CAD ソフトウェアです。また、JTS IntelliCAD 11.1にはITCの最新のCADエンジン11.1が組み込まれているため、ユーザーは安定した信頼性の高いCADプラットフォームで作業をすることが可能です。 JTS IntelliCADの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
Quick3DPlanは高度なキッチンデザインツールです。ユーザーはカスタマイズ可能なプロジェクトを作成し、リアルなレンダリングを生成することができます。
Quick3DPlanは、キッチン、バスルーム、インテリアスペースの間取り図作成や視覚化を行うために使用する、プロおよびアマチュア向けの3Dキッチンデザインソフトウェアです。このプログラムは、使いやすいインタフェース、オブジェクトと材料のライブラリ、高度な設計ツールを備えており、ユーザーは詳細かつリアリティの高いプロジェクトを作成できます。 キッチンデザイナーはQuick3DPlanでプロジェクトの見積もりを生成することも、部品リストをExcelにエクスポートして見積もりを作成することもできます。 Quick3DPlanの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
PTC Mathcad Primeでは、重要なエンジニアリング計算の解決、分析、文書化、共有が可能です。
PTC Mathcadは、より優れた製品をより迅速に設計するためのエンジニアリング計算ソリューションです。PTC Mathcadを使用すると、高精度のエンジニアリング計算を行い、重要な知的財産 (IP) を簡単に共有できます。PTC Mathcadの強力な計算エンジンと直感的なドキュメンテーションのフロントエンドは、シンプルな方程式だけでなく複雑なマルチステップのエンジニアリング分析を処理できます。これは、製品のデジタル設計定義における重要な第一歩です。 PTC Mathcadの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
高圧ダイカスト鋳造プロセス (HPDC) での充填および凝固シミュレーション用のスマート・ソフトウェア。
Castleスイートは、プロセス・シミュレーション・ソフトウェア界の革新的なコンセプトに基づいています。つまり、物理学の法則に基づく高度な数学計算と、長年にわたる開発チームの実用的な鋳造経験が単一のソフトウェア内に共存しています。 Castleスイートは、CastleMIND、CastleRUN、CastleBODY、CastleTHERMOの4つのモジュールにより、ダイ設計プロセス全体に対応します。 Castleの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
CAEのオールインワンソリューションで、線形および非線形解析や構造最適化など幅広いシミュレーションを行うことができます。
Altair HyperWorksはCAEのオールインワンソリューションで、線形および非線形解析、構造最適化、システムレベル最適化、熱流体解析、マルチボディダイナミクス解析、電磁界解析、マルチフィジックス解析など幅広いシミュレーションを行うことができます。Altair HyperWorksは主要なCADおよびCAEのダイレクトインターフェイスを備えており、対話形式によるメッシュ作成ができます。メッシュを変形させるモーフィング機能、形状比較機能など多種多様な機能が揃っており、毎日の解析業務を円滑にこなすことができます。 Altair HyperWorksの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面
PaleBlueのデジタル化ソリューションによって、クライアントは世界中でトレーニングを強化し、ワークフローを合理化し、安全性を向上させることができます。
PaleBlueは、産業用VRシミュレーションの大手プロバイダーです。現実社会向けに仮想現実、拡張現実、3Dシミュレーターを制作しています。このデジタル化ソリューションによって、クライアントは世界中でトレーニングを強化し、ワークフローを合理化し、安全性を向上し、コストを削減することができます。 PaleBlueは、最終的には顧客とのパートナーシップの下で、ビジネスの運営を改善し、安全性を高め、すべてのツールを簡単に利用できるようにすることを目指しています。 PaleBlueの製品詳細

機能

  • アニメーション
  • データのインポート/エクスポート
  • 部品表 (BOM) 管理
  • 3Dプリント用
  • 製造業者用
  • 建築士向け
  • 2D図面

3D CAD ソフトのお役立ちガイド

3D CAD (コンピュータ支援設計) ソフトは、製造、建築、エンジニアリング、3D印刷などのさまざまな分野で3Dモデルや技術図面の作成を支援します。このソフトウェアでは、対象物や構造物の詳細な3Dモデルを作成でき、材料を実際に使用する前に、仮想空間で構造物のあらゆる要素を計画できます。また、完成品やプロジェクトの予想図を視覚化できるため、経営幹部や投資家にプレゼンテーションを行う場合などにも役立ちます。

3D CADソフトは長年をかけて進化してきました。製作工程を容易にする自動化機能から、設計中の構造物のストレステストを可能にする詳細な演算機能まで、複雑な機能を搭載する3D CADソフトも登場しています。しかし、3D CADソフトのコア機能は、3D設計を作成し、その設計を実際の製造や建築に展開するための技術図面として出力する機能です。これらの機能では、優れた正確性と技術的な精緻さ、そして必要な全ての情報を技術図面に明確に表示する能力が求められます。

3D CADソフトは、実際の対象物や建築物の設計を大幅に効率化し、費用対効果も向上します。これまで長期間の作業が必要だった試作品の制作期間を大幅に短縮できます。技術的に正確な設計が可能となり公差が改善され、材料費を削減し、これまでは実現できなかった可能性がある設計も3D CADソフトでは可能になります。また、3D CADで作成したデータをもとに、設計の一部のデータをエクスポートして、高精度で加工できるコンピュータ数値制御 (CNC) マシンに直接入力することも可能です。

3D CADソフトには、専門的な用途に利用されるものがあり、3D CADで設計しなければならい対象物や構造物の特定の機能に対応しているものがあります。例えば、これらのソフトウェアには、複雑な物理的特性をシミュレートして、設計がさまざまな力にどのように反応するかをテストする機能を備えているものもあります。また、3D印刷に特化しており、サポート材を自動的に造形物に追加するなど、対象物を正確に印刷するための機能を実装しているものもあります。3D CADと関連性が深いソフトウェアカテゴリには、建築CADソフトおよびCADエンジニアリングソフトがあります。

3D CADソフトウェアを選択するときには、いくつもの要素を検討しなければなりませんが、特にソフトウェアに含まれる機能は検討すべき重要な要素です。これらのソフトウェアでは、搭載されている機能がそれぞれ大きく異なることがあります。3D CADソフトのカテゴリとして分類されるソフトウェアに不可欠なコア機能を、以下に紹介します。

  • さまざまな構造物の高精度な3Dモデルを作成し、完成したモデルを表示しながら簡単に変更する機能
  • 3D CADソフトを使用して設計された部品や製品を製造するために必要なすべての情報が含まれる技術図面を出力する機能
  • 他のソフトウェアから設計をインポートしたり、他のソフトウェアやCNCマシンで使用するためにエクスポートしたりしたりするインポート/エクスポート機能
  • 過去に設計した部品を組み合わせたアセンブリを作成し、必要なときに再利用する機能

3D CADソフトとは?

3D CADソフトを使用すると、さまざまな規模の複雑な構造物を効率的に設計できます。構造物の配置や立体感の把握など、3D CADソフトでは設計の初期段階で直面するさまざまな問題を解決できます。また、必要となる材料量や占有面積など、設計から対象物や構造物を完成させるために必要な条件も把握できます。

3D CADソフトは、3D印刷された小さな部品から建造物まで、さまざまな設計に使用できます。さらに、部屋のインテリア設計などの用途にも使用できます。CADソフトは専門化が進む傾向にあります。例えば、工学技術向けのソフトウェアには、物理学に基づいたストレステストの機能が搭載されていることがあります。インテリア設計用のCADソフトにはストレステスト機能はありませんが、ドラッグアンドドロップできる家具モデルのライブラリが付属している場合があり、設計工程をスピードアップできるようになっています。

CAD設計ソフトは、製造物を設計するだけでなく、さまざまな用途に活用できます。例えば、インテリアの設計の図面を視覚化することができます。また、アニメーションの作成が可能なCADであれば、プレゼンテーションにも利用できます。CADソフトを使用して、簡易な部品表 (BOM) を作成することができます。これらのソフトウェアは、これまでローカルマシンにインストールするソフトウェアパッケージとして販売されていましたが、現在ではWebブラウザで動作し、クラウドに情報を保存するクラウドベースの製品を提供する開発元も登場しています。ただし、ブラウザベースのCADは、ローカルにインストールされるソフトウェアパッケージに比べて、技術的な制約が多くある傾向があります。

3D CADソフトの利点とは?

3D CADソフトの利点は、実際の対象物や構造物を正確に設計しやすくなることです。また、構造物の重量やその他の外的な力によるストレスなどを考慮した設計を行うこともできます。これらのソフトウェアは最終的に、従来の設計手法に比べて、設計や試作品の製作工程における多くの無駄を省き、製品や構造物の設計コストを削減できます。3D CADソフトを使用するその他の利点を以下に紹介します。

  • 試作品製作の無駄を省く:従来、物理的な対象物を設計する工程では、多くの無駄が発生していました。スケッチや模型などを使用して、最初から完璧な設計を計画するのは難しいためです。また、構造物を建造した後に初めて明らかになる問題点も必ずあります。3D CADソフトでは、設計段階から高精度で詳細な制御が可能になり、これらの問題を大幅に削減できます。

  • 誤差の削減:極めて優秀な建築家やエンジニアや専門家でも、設計で確保できる精度には限界があります。そのため、特に大きな構造物を手動で設計するときには、さまざまな制限が生じます。3D CADソフトを使うことで、精度の高い設計が可能になり、構造物の設計において、誤差をより少なくすることが可能です。

  • 実験の可能性が広がる:物理的な試作品を簡単に製作できるようになるため、試作品モデルの製作コストを気にすることなく、設計のバリエーションやスタイルを大幅に増加することが可能になります。製作にかかる費用は、ソフトウェアの費用以外には設計に要する時間だけになるため、自由度が飛躍的に向上します。

  • CNCマシンによる製造工程の高速化:CNCマシンは、建築やインテリア設計よりもエンジニアリングや3D印刷に適していますが、CNCマシンにより、試作品製作や製造プロセス全体を迅速化できます。CADソフトから直接マシンにデータをこのCNCマシンに書き出し、CNCでその部品を自動的で製造できます。このプロセスは、手動で技術図面を作成し、その図面から手動で部品を製造する従来の方法に比べて、格段に処理が高速になります。

  • 複雑な物理演算シミュレーションの実行:CADソフトの中には、設計中の構造物のストレステストを実行するため、複雑なシミュレーションを実行する機能を実装しているものもあります。このシミュレーションは、建築やエンジニアリングの分野で多く利用されており、構造物自体が十分な強度があり、風などの外的な力に耐えられることを保証します。

  • 製造で使用される材料量の把握:多くのCADソフトでは、設計で使用される材料を正確に記録できます。この記録は、無駄などを考慮して通常の部品表として使用できるほど正確であり、プロジェクトコストの見積もりを簡単かつ迅速に行うことができます。

  • 詳細な技術図面の作成:CNCマシンに必要なデータをすべて書き出すこともできますが、技術図面はエンジニアリングや建設において定期的に必要とされます。CADソフトを使えば、手動で作成する場合よりもはるかに簡単に図面を作成できます。技術図面を自動的に作成する機能が実装されている3D CADソフトもあります。

  • プレゼンテーションやセールスピッチでの3Dモデルの活用:3D CADソフトで作成した設計は、完成後のイメージを示す視覚的な資料として活用できます。多くの場合、3Dモデルの設計をさらにリアルに処理する専用のソフトウェアにエクスポートできます。また、CADソフトの中にはレンダリング機能を実装しているものもあります。

3D CADソフトの機能とは?

3D CADソフトには通常、コアとなる機能と一般的な機能が含まれています。コアの機能はすべてのCADソリューションで利用できますが、一般的な機能はソフトウェアによって異なる場合があります。最も一般的な3D CADソフトの機能を以下に紹介します。

  • 2D図面作成:これらのソフトウェアは3D設計に主眼を置いていますが、多くのパッケージでは2Dオブジェクトの設計も可能です。これは2Dの技術図面に過ぎませんが、3D部品を製造するための前段階で利用されます。例えば、平面的なパターンを設計してから、型から押し出して成形する場合があります。また、2Dで設計する例としては、複雑なチューブラーフレームを製造するときに、3Dプロファイルを押し出すときの「パス」を描く場合があります。

  • 部品表の管理:製造用途のためのCADソフトは、部品表を管理する機能を実装していることが多くあります。これにより、設計する建造物で必要となる材料を確認することができ、製造工程で排出される廃棄物も考慮できる場合もあります。建設や製造を開始する前に部品表を参照できれば、プロジェクトの計画段階をよりスムーズに進めることが可能です。

  • データのインポートとエクスポート:CADソフトへのデータのインポートや、CADパッケージからのデータのエクスポートが必要となる理由は多くあります。その理由の一つは、前述したCNCマシンの利用です。また、3Dプリンターへの設計の送信や、プレゼンテーション用の3Dモデルを作成するアプリケーションへのエクスポートなどが必要となる場合があります。また、別のアプリケーションからCADファイルをインポートする必要がある場合もあります。

  • 3D印刷機能:3D印刷向けの多くのCADソフトには、工程を簡単にするための自動化機能が実装されています。3D印刷の一般的な機能の一つには、印刷中に塗料やシーリング材などの垂れや崩れが発生しないように、犠牲構造体を自動的に追加するものがあります。

  • アニメーションとプレゼンテーション機能:ピッチやプレゼンテーション目的でCADソフトが活用されることが多くなっています。多くの3D CADソフトは、3Dモデルをリアルな画像に加工するレンダリング機能を内蔵しています。さらに、3Dモデルを別のアプリケーションでレンダリングできるような形式にエクスポートすることも可能です。この画像は、プレゼンテーションやセールス会議で使用することができ、実際に製造や建築しなくても、構造物や建造物のイメージを明確に伝えることができます。

  • アセンブリ:特にエンジニアリングや建設の分野では、特定の設計を同じプロジェクト内や複数のプロジェクトで何度も再利用することが多くあります。多くの3D CADソフトでは、アセンブリを作成し、そのアセンブリを使用する大規模なモデルとは別に保存しておくことができます。さらに、これらのアセンブリは、設計にインポートするときにリンクしておくことができ、アセンブリを変更するときに、そのアセンブリに含まれる部品が自動的に更新されるようにできます。

  • コラボレーションツール:大規模なプロジェクトでは、必ず複数のユーザーが作業することになります。そのため、大規模プロジェクト向けのCADパッケージは通常、何らかのコラボレーション機能を搭載しています。ユーザーが設計者に注釈を残すような単純な機能から、複数の設計者が同じプロジェクトで同時に作業できるようにする機能もあります。

  • シミュレーションツール:特に、エンジニアリングや建築の分野向けの3D CADソフトでは、風や重量など構造物にかかるさまざまなストレスを計算し、耐性を検証してレポートするシミュレーション機能を備えているものがあります。

3D CADソフトの購入時に考慮すべき点は?

3D CADソフトを購入するときには、CADソフトに何を求めるのかを十分に検討するようにしてください。これらのソフトウェアは一般的に、シートライセンスで販売され、ユーザー数が増加すると非常に高額になる場合があります。そのため、CADソフトで必要となる機能のみを利用し、コストに注意する必要があります。小規模な企業であれば、必要なものはすべてSaaSオプションで利用できる場合がありますが、物理演算シミュレーションやレンダリング機能を必要とする企業では、包括的なソリューションを購入しなければならない場合もあるでしょう。3D CADソフトを検討するときに具体的に考慮すべき点を以下に示します。

  • 自社の業界向けに設計されたソフトウェアか?

全てのCADソフトが同じように作成されているわけではありません。対象としている業界によって、機能や仕組みに大きな違いがあります。3D CADソフトの中には、複数の業界に対応しているもの、あらゆる分野をカバーしようとしているもの、特定の分野に特化したものがあります。そのため、選択したソフトウェアが業界や自社のユースケースに適していることを確認することが大切です。

  • 3D CADのコストは?

前述したように、CADソフトは高価です。特に、複雑な物理演算ができるハイエンドのソフトウェアは高額になります。そのため、必要な機能だけを利用して、その対価を払うようにしましょう。ソフトウェアプロバイダーによっては、モジュール方式でソフトウェアを提供しており、必要な機能だけを利用できるようにしています。この場合、基本パッケージやサブスクリプションが用意されており、アドオンやプラグインなどの機能を後で追加できます。必要な機能を慎重に選ぶことで、ソフトウェアのコストを大幅に削減できる可能性があります。

  • プレゼンテーションは必要か?

3D CADソフトをセールスピッチなどで使用することを検討している場合、また、作成したモデルを経営幹部やその他の関係者に報告するために使用する場合、ソフトウェアでそれらのプレゼンテーション向けの資料を提供できることを確認してください。可動部品を扱っているエンジニアリング企業にとっては、アニメーションは非常に重要な機能になります。設計をフォトリアリスティックな画像にレンダリングできる機能も有効に利用できるでしょう。しかし、これらの機能を利用すると、コストも増大します。CADソフトでこれらの機能を必要としないのであれば、これらの機能が含まれていないパッケージを選択しましょう。

  • データは安全に保存されるか?

CADの設計は企業の機密情報であり、安全に保管しなければなりません。ローカルに展開するソフトウェアの場合、自社の責任でデータを安全に保存する仕組みを確立しなければなりませんが、クラウドベースのアプリケーションでは、機密情報がオンラインで保存されるため、安全に保管されていることを確認する必要があります。

  • 自社で使用している他のソフトウェアと互換性はあるか?

3D CADソフトが、使用している2D CADソフトなど、既に導入している他のソフトウェアと連携させる必要がある場合は、新しいソフトウェアがそれらのアプリケーションと連携できるかどうかを調査する必要があります。通常、これはファイルの互換性であり、古いソフトウェアからエクスポートしたファイルを新しいソフトウェアで開けるかどうかを確認すれば問題はないはずです。高価な3D CADソフトを購入する前に、ファイルの互換性について確かめておく価値があります。

  • ソフトウェアの機能が積極的に開発されているか?

3D CADソフトの機能は速いペースで進化しています。今後も多くの機能が登場することは間違いありません。そのため、積極的に開発や改良を行っている開発元のソフトウェアを選ぶことが大切です。新機能を積極的に開発していない開発元のソフトウェアを購入すると、重要な新機能を利用できず、結局はソフトウェアを追加で購入しなければならなくなります。

3D CADソフトに関する注目トレンドは?

3D CADソフトは速いペースで進化しています。これらのソフトウェアのトレンドを把握しておけば、より的確に購入すべきソフトウェアを判断できます。3D CADソフトに関する最も関連性の高いトレンドを以下に紹介します。

  • クラウドCAD:3D CADソフトのカテゴリでは、従来のパッケージソフトウェアが未だに一般的ですが、クラウドコンピューティングとブラウザベースのアプリケーションの機能により、今後クラウドネイティブのCADソフトが主流になると考えられます。これにより、シートライセンスではなく、サブスクリプションベースの利用への移行が進むでしょう。

  • 人工知能:人工知能 (AI) は、多くのソフトウェアのカテゴリに大きな進化をもたらしていますが、CADについてもAIの利用が進むでしょう。ジェネレーティブデザインは、CADでAIが活用されている分野の一つです。このシステムにより、設計者はコストなどのさまざまなパラメータに基づいて設計を最適化できます。

  • 積層造形法 (AM):一部のCADソフトには、3D印刷に特化した機能が実装されていることを前に説明しましたが、今後、積層造形法の普及に伴い、これらの特殊な機能は少なくなっていくと思われます。

出典 本書で紹介した機能は、3D CADソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラ(アクセス日:2022年6月8日、水曜日)
  2. CAD - ウィキペディア (アクセス日:2022年6月8日)
  3. What is a CAD Workstation (CADワークステーションとは) (アクセス日:2022年6月8日)