デジタル加入者線 (DSL)

デジタル加入者線 (DSL) は、電話回線を使用してユーザーへ高速にデータを送信するインターネット接続です。このテクノロジーはモデムに接続される電話回線を通じてデジタル信号を発信し、旧式のインターネットテクノロジーに起因するサービスの中断といった問題を防ぐことができます。例えば、DSLでは、ユーザーは通話中も、インターネットを閲覧することができます。

デジタル加入者線 (DSL)に関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業はDSLに投資してインターネットの速度を上げることができます。インターネット上でメールの送信、ビデオ会議、ファイル共有、プロジェクト管理などのタスクを行う中小企業にとって、DSLは業務をより快適にします。

関連用語