キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

ソフトウェア資産管理 (SAM)

ソフトウェア資産管理 (SAM) は、組織のソフトウェア資産を管理、最適化するプロセスです。SAMには、ソフトウェアの識別、メンテナンス、アップデート、ライセンスのコンプライアンスなどの側面が含まれます。ソフト資産は企業にとって価値のあるものですが、適切に管理しなければ窃盗や誤用に対して脆弱になります。また、ソフトウェア・ツールはすぐに古くなりやすいため、会社がどのバージョンを使用していて、ベンダーが既存バージョンをまだサポートしているのかを追跡する必要があります。

ソフトウェア資産管理 (SAM)に関して中小企業が知っておくべきこと

SAMの目的は、企業が予算内でソフトウェア・システムを効率的に利用できるようにすることです。中小企業がSAMを利用すれば、コスト削減、セキュリティ改善、効率向上など、ソフトウェアに関連する多くの利点を活用することができます。中小企業はSAMを利用することで、ソフトウェア・ライセンス契約を遵守することもできます。

関連用語