周波数ホッピング多元接続 (FHMA)

周波数ホッピング多元接続 (FHMA) とは、広帯域伝送として知られる、データ通信と音声通信が同じ通信媒体を同時に共有できるテクノロジーです。FHMAは発信局および受信局で、多数の独立した個別の無線チャネル間をセミランダム・シーケンスで周波数を急速に変化させることで機能します。送受信機は、アルゴリズムからの「ホッピング・シーケンス」を用いて同期化されますが、これは、干渉や他の周波数帯からの伝送を回避するために変更することが可能です。

周波数ホッピング多元接続 (FHMA)に関して中小企業が知っておくべきこと

FHMAは、通信切断を防止し、エネルギー効率に優れ、費用対効果が高いことから、中小企業にとって有益です。  FHMAは、データや音声のために別の通信ノードを必要とせず、伝送側の複数の強力なユーザーがFHMAの性能に悪影響を与えることもありません。

関連用語