キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

ダーク・データ

あらゆる規模の企業が日常業務の一環として、膨大な量のデータを収集しています。この情報の多くがマーケティングや分析といった目的に使用される一方で、利用、分析、処理がまったくされないデータもあります。この未使用の収集データは、ダーク・データとして知られています。ダーク・データの例として挙げられることが多いものは、消費者の位置情報、従業員データ、ログ・ファイルといったデータセットです。

ダーク・データに関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業にも大企業にも通常は膨大な量のダーク・データがあるものですが、これを分析し構造化することは必ずしも必要ではありません。中小企業が現地の法や規制に遵守するためにデータを収集しているものの、ビジネス目的にはあまり役立っていないという場合もあります。

関連用語