キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

仮想ローカル・エリア・ネットワーク (VLAN)

仮想ローカル・エリア・ネットワーク (VLAN) を使用すると、単一のローカル・エリア・ネットワーク (LAN) 内のシステムを論理的にグループ化またはセグメント化し、それらを独立したLAN上に存在するかのように通信させることができます。この設定は、ネットワークをセグメント化するルーターまたは、VLANの構築をサポートするスイッチを使用して行い、複数のデバイスをすべて同一ネットワーク上に存在するかのようにグループ化して処理されるようにします。

仮想ローカル・エリア・ネットワーク (VLAN)に関して中小企業が知っておくべきこと

VLANには自社のニーズに基づいてシステムをグループ化できるという利点があります。例えば、販売部門向けにVLANを構築し、別のVLANをマーケティング部門向けに構築することができます。このグループ化によって、販売部門とマーケティング部門は、ネットワークの他の領域の帯域に干渉したりそれを消費したりすることなく通信を行えるようになります。また、機密データを他のシステムから切り離すことで保護しやすくなります。

関連用語