キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

コンピュータ出力光ディスク・レコーディング (COLD)

コンピュータ出力光ディスク・レコーディング (COLD) は、1990年代初期に普及したコンピュータの出力装置です。企業は、COLDを使用することで、専用のプレイヤーで読み取りができる特別なディスクに大量のデータを書き込むことができます。データをレーザーディスクに書き込むため、情報を破損や紛失から守ることができます。さらに、ディスクを読み取ることができるため、ユーザーはいつでもこの情報を利用することができます。現在では、COLDシステムはほとんど使われなくなっており、SSDやUSBフラッシュ・ドライブなどの新たなテクノロジーに置き換わっています。

コンピュータ出力光ディスク・レコーディング (COLD)に関して中小企業が知っておくべきこと

昔は、情報を保存しアーカイブする方法としてCOLDは重要なものでした。COLDシステムは現在では使われていませんが、多くの中小企業が未だにこうしたディスクにデータ・アーカイブを保存しています。多くの場合、COLDシステムは速度が早く価格も安いSSDに置き換わっています。

関連用語