キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

B2Bゲートウェイ・ソフトウェア

B2Bゲートウェイ・ソフトウェアは、統合ソフトウェアです。これは、情報を統合してデータを移動させることから「ミドルウェア」とも呼ばれ、2つの異なる種類のアプリケーション間でデータを共有できるようにします。社内アプリケーションと社外プログラムが通常その対象となります。統合により、エクスポートや把握がしやすい形式にデータを設定することができます。

B2Bゲートウェイ・ソフトウェアに関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業の場合、他のビジネスとデータを統合する必要がある場合のみ、B2Bゲートウェイ・ソフトウェアが必要です。この種のソフトウェア・パッケージは、高価な場合が多いため、中小企業でこのソフトウェア・パッケージを使用する必要がある場合は、他の機能も搭載された包括的なソフトウェア・パッケージの入手を検討する必要があります。そうすれば、無駄な時間を割くことなく、他のビジネスとも適切に連携するプログラムを確実に購入することができます。

関連用語