キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

有線同等機密 (WEP)

有線同等機密 (WEP) は、無線ベースのセキュリティ・プロトコルの一種です。WEPは、有線接続と同等の無線接続を提供するように意図されたセキュリティ標準です。初めて世に出されたのは1997年でした。当時、WEPは16進数字を採用するなど、革新的なセキュリティ・プロトコルでした。2003年には、WEPに代わりWi-Fi Protected Access (WPA) が登場しました。

有線同等機密 (WEP)に関して中小企業が知っておくべきこと

1990年代末から2000年代初頭にかけ、WEPは無線セキュリティの基本形態でした。それ以降、置き換えが進んでいます。現在、ほとんどの企業はWEP接続を使用していません。現在もWEPを使用している中小企業は、WPAへのアップグレードを検討する必要があります。WEPセキュリティには多くの脆弱性が存在することが判明しており、非常に基本的なハッキングによっても簡単に破られ、侵入される可能性があります。今では、WEPを使用し続ける場合、セキュリティ・リスクが高くなります。

関連用語