イベント駆動型アーキテクチャ (EDA)

イベント駆動型アーキテクチャ (EDA) は、1件以上のイベント通知受信に応じてソフトウェア・コンポーネントを実行するソフトウェア設計手法です。イベント、つまりユーザーのアクションによって引き起こされる変化が、ソフトウェアのサービスや動作のきっかけとなります。イベントの例として、新規ユーザーがアカウント作成の登録ボタンをクリックする場合が挙げられます。EDAのコンポーネントには、イベント、サービス/イベント・ハンドラー、イベント・ループ、イベント・フロー・レイヤーなどがあります。

イベント駆動型アーキテクチャ (EDA)に関して中小企業が知っておくべきこと

EDAは、異常や変化に対するアラートの監視や受信、単一イベントの複数消費者への通知、異なるテクノロジー間の相互運用性の提供、異なる地域やアカウント間でのシステムやチームの調整するシステムを設計するときに役立ちます。中小企業はEDAを導入することで柔軟性と拡張性を両立し、リアルタイムの適応や意思決定を行えるようになります。

関連用語