キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

エンタープライズ・メタデータ管理 (EMM)

エンタープライズ・メタデータ管理 (EMM) はメタデータを管理し、自社のデータ資産を把握できるようにするプロセスです。メタデータは、文書の作成者、最終閲覧日、ファイル・サイズなどの大量の情報から構成されます。データセットのサイズや企業規模によっては、メタデータは何百万あるいは数十億のデータ片を構成する場合もあります。これらのデータの管理は複雑であることから、多くの場合、企業はEMMソフトウェアを活用し、これらのデータを制御、モニタリング、仕分け、分析しています。

エンタープライズ・メタデータ管理 (EMM)に関して中小企業が知っておくべきこと

メタデータは、作成者、作成元、最終更新日などを記述することによって、データのコンテキスト化を可能にします。中小企業は、EMMを積極的に利用して、データ変更のタイミングをモニタリングできるようになります。また、中小企業はこの情報を利用して傾向を把握して、自社製品やサービスの分析に役立てることができます。

関連用語