接続性チェック

通信業界における接続性チェックとは、対話の開始またはデータ伝送に先立ってパスの存在を検証するために実行されるテストです。接続性とは、そのパスが存在することを指しています。接続性が存在しない場合、伝送が中断されるか、送信者が通信の再確立を試行します。接続性チェックはチャネル連携信号 (CAS) において使用され、信号はデータ伝送に使用されるものと同じチャネルで送信されます。データ伝送に使用されるチャネルとは異なるチャネル経由で信号が送信される、CASに代わる方式である共通チャネル信号 (CCS) の場合、接続性チェックはデフォルトでは実行されませんが、必要に応じて実装できます。

接続性チェックに関して中小企業が知っておくべきこと

通信プロトコルを多用する中小企業は、通信システムのパフォーマンスと信頼性の改善に役立つ接続性チェックに精通している必要があります。

関連用語