キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

時分割多元接続 (TDMA)

時分割多元接続 (TDMA) では、複数の人が同時に通話することができます。これは一種のデジタル変調です。携帯電話事業者は、データの転送にTDMAを使用する場合があります。こうした企業はこの技術を利用し、2Gモバイル・データの規格であるGSMと呼ばれるものを介して携帯電話サービスを提供しています。TDMAは、ネットワーク信号の周波数帯域幅を異なる「タイム・スロット」に分割します。それからこの信号を連続して送信します。これにより各信号にはそれぞれのタイム・スロットが設けられるため、データ通信の高速化や音声通信の向上が実現します。北米で利用されているTDMAに類似した技術のことを、NA-TDMAと言います。

時分割多元接続 (TDMA)に関して中小企業が知っておくべきこと

この技術では複数の顧客、投資家、サプライヤーと同時に通話ができるため、中小企業の経営者にメリットをもたらします。

関連用語