キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

クラウド・セキュリティ・ゲートウェイ

クラウド・セキュリティ・ゲートウェイは、公衆インターネットを利用した組織のデータ保存やアクセスの際に、データを保護するネットワーク・アプライアンスです。「クラウド」という用語は、これらのゲートウェイがプライベート・ネットワーク内ではなく公衆網上にインストールされていることを表します。これにより、デバイスにインストールしなくてもリモート・アクセスが可能になるため、ユーザーがアクセスしやすくなります。クラウド・セキュリティ・ゲートウェイは、悪意のあるソースからのトラフィックがサーバやデータベースに到達できないようにブロックすることで、分散型サービス妨害 (DDoS) などの攻撃に対する保護を提供します。ダウンロードしたメール添付ファイルをスキャニングし、メールで直接送信されたスパム・メッセージをフィルタリングすることで、マルウェア感染を防ぐこともできます。

クラウド・セキュリティ・ゲートウェイに関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業は、クラウド・セキュリティ・ゲートウェイを利用することで、公衆インターネット経由でアクセスされるデータを保護することができます。そのために、クラウド・セキュリティ・ゲートウェイは、ファイアウォール、侵入の検知と防止、認証、暗号化、トークン化など、複数のセキュリティ機能を統合して利用します。

関連用語