生体認証

生体認証は、身体的特性や行動特性に基づいて人物を特定することを指します。そのような特性としては、指紋、網膜スキャン、顔認識、音声識別などがあります。生体認証は従来型のパスワードや暗証番号 (PIN) よりもセキュアです。なぜなら、そうした特徴は唯一であり、推測や盗難は簡単ではないからです。

生体認証に関して中小企業が知っておくべきこと

企業は、自社のネットワークと顧客データを保護する追加の保護レイヤーとして生体認証の活用を検討する必要があります。この認証手法は、推測や不正アクセスが容易にできてしまう従来のパスワードとユーザー名によるログインよりもセキュアです。しかし、中小企業にとっては導入コストが高額になる場合もあります。

関連用語