キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

クラウド・サービスの弾力性

クラウド・サービスの弾力性は、クラウド・サービスが必要に応じてシステム容量 (メモリやストレージなど) を拡張・縮小する能力を表します。これはワークロードが変動する企業には不可欠で、弾力性があるサービスであればその時々に使用するリソースにのみ料金を支払うことができます。クラウドベースのサービスには制限があるものがあり、必要に応じた拡張ができないこともあります。そのため、企業は自社の現在と将来のニーズを評価してから、クラウド・サービス・プロバイダーを選定する必要があります。

クラウド・サービスの弾力性に関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業は必要に応じて拡張または縮小できる柔軟なクラウド・サービス・プロバイダーを選ぶことにより、増収や増益などの企業目標を達成すると同時に、コストを抑えることもできます。一度締結した契約を取り消すことは難しいため、中小企業はクラウド・サービスを検討する際には、不要な機能に浪費しないように、何を優先すべきなのかを理解しておく必要があります。

関連用語