キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

オブジェクト指向システム

オブジェクト指向システムは、アプリケーションのさまざまな側面を表すためにオブジェクトを使用するソフトウェア開発モデルです。この種のシステムでは、データ、プロセス、機能などあらゆるものがオブジェクトとみなされます。

オブジェクト指向システムに関して中小企業が知っておくべきこと

オブジェクト指向システムが企業の人気を集めているのは、柔軟性や再利用が高まるためです。つまり、コードを複数箇所で再利用することができるため、開発プロセスの時間やコストを削減することができます。さらにこうしたシステムは従来のシステムよりもメンテナンスやアップグレードがしやすいため、多くの企業にとってより望ましい選択肢となっています。

関連用語