バックボーン・ルーター

バックボーン・ルーターは、専用回線を使ってネットワークのさまざまな場所に接続し、通常は、デジタルのダイヤルアップ広域インタフェースなしで機能します。コア・ネットワークと呼ばれることもあります。バックボーン・ルーター (コア・ネットワーク) は、ネットワークの一部を相互に接続する広範なコンピュータ・ネットワークの一部であり、LANやサブネットワークの間で情報を交換するためのパスを提供します。

バックボーン・ルーターに関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業において、バックボーン・ルーターは、地理的に異なる場所に配置された多様なシステム間の広範な通信を可能にする総合的なITネットワーク・インフラストラクチャの一部として利用されます。例えば、同じ建物内、異なる建物間、大学の構内、またはそれよりも広いエリアでのさまざまなネットワーク通信に、バックボーン・ルーターを利用することができます。これは複数の建物で情報を共有する企業や、事業所を拡大、縮小、または移転する企業にとって特に便利です。

関連用語