自動ビジネス・プロセス・ディスカバリー (ABPD)

自動ビジネス・プロセス・ディスカバリー (ABPD) は、従来型のビジネス・プロセス・ディスカバリー以上のコスト削減と時間短縮をもたらすビジネス・プロセス・モデルです。ABPDは、プロセス・ディスカバリー、すなわち、組織におけるプロセスを分析するツールと技法を活用し、部門間や機能間の知識格差を解消します。ABPDは、イベント・レベルの非構造化データを利用してプロセスのモデルと定義を構築し、プロセスにおけるばらつきを調査します。この調査によって、より深く、よりインタラクティブな分析が可能になります。ABPDは、組織で実施されるプロセスから得られる情報のパターンを発見します。その結果、ABPDにより、具体的なビジネス・プロセス、そしてプロセスに対する変更がワークフローに与える影響をより明確に把握できます。

自動ビジネス・プロセス・ディスカバリー (ABPD)に関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業はABPDを活用して、プロセス・ディスカバリーを加速し、組織で実施するプロセスの新たなパターンを特定することができます。従来のビジネス・プロセス・ディスカバリーとは異なり、インタビューを行って自動化ツールに隠れているプロセスを発見する必要はありません。

関連用語