キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

オブジェクト指向テクノロジー (OOT)

オブジェクト指向テクノロジー (OOT) とは、ソフトウェア設計モデルの一種です。開発者は、オブジェクトや記号を使用してアプリケーションやプログラムを開発することができます。これは、プログラミング言語を利用する「通常の開発」とは異なります。また、このプログラミング・ツールの使用方法に関する指示は、データの内部にも含まれています。

オブジェクト指向テクノロジー (OOT)に関して中小企業が知っておくべきこと

クラウド・コンピューティングを使用する中小企業では、データがあり、そのデータ内に関係性のリンクがあるデータベースへアクセスする際に、オブジェクト指向テクノロジーを使用する場合があります。このような例には顧客関係管理があり、中小企業も使用している場合があります。

関連用語