活動基準原価計算 (ABC)

活動基準原価計算 (ABC) は、製品やサービスの原価を、その生産に必要な活動に基づいて割り当てる方法です。活動には、資材や労働力などが含まれます。ABCと生産量 (販売量) に応じてすべての原価を割り当てる従来の会計手法との違いは、ABCでは各製品やサービスの原価をより正確に割り出すことができる点です。これは、ABCでは生産量だけでなく、何から生産されたのかという、製品やサービスのあらゆる要素が考慮されるために可能になります。

活動基準原価計算 (ABC)に関して中小企業が知っておくべきこと

ABCを用いることで、中小企業は自社の支出傾向をより深く理解し、支出先の管理を改善することができます。また、ABCは経費が不要かどうかの判断にも役立つため、品質や価値を損なわずに適切に経費を削減することができます。

関連用語