キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

実用最小限の製品 (MVP)

実用最小限の製品 (MVP) とは、新しい製品、サービス、機能の最初のバージョンやリリースを指します。MVPをリリースすることで、その製品に関するフィードバックを顧客から収集し、どの程度の実績を挙げられるかを確認することができます。MVPは、最終バージョンの機能強化や改良のために利用することができ、最終製品と比べて時間や手間、資金を抑えて製造されます。

実用最小限の製品 (MVP)に関して中小企業が知っておくべきこと

中小企業は、製品やサービスのデータを収集するためMVPを活用する必要があります。MVPにより、市場に送り出す前に製品を繰り返し改善する機会を得ることができます。

関連用語