キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

高濃度太陽光発電 (HCPV)

高濃度太陽光発電 (HCPV) とは、集めた太陽光を使用して太陽光発電を行うシステムのことです。ソーラーパネルで電力を生み出している企業は、HCPVの恩恵を受ける場合があります。その方法は次の通りです。HCPVシステムは、パラボラアンテナやフレネルレンズで作られた太陽光学装置を使用します。この光学装置は、一部の経営者が会社の屋根に設置することもあるソーラーパネルの太陽電池に太陽光を集めます。HCPVシステムでは太陽光をソーラーパネルへ100~1,000倍集光させることができるため、低濃度や中濃度の太陽光発電よりもエネルギー効率が高くなります。

高濃度太陽光発電 (HCPV)に関して中小企業が知っておくべきこと

HCPVでは他の技術よりも多くの太陽光発電を行えるため、中小企業がHCPVを利用したソーラーパネルに投資する場合があります。これによりエネルギー効率が高まり、企業による環境に対する負荷を低減させ、従来の発電方法による光熱費の高騰を抑えることができます。高額な光熱費を支払う余裕がない小規模企業には嬉しいことです。

関連用語