キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

需要主導型資材所要量計画 (DDMRP)

需要主導型資材所要量計画 (DDMRP) は、サプライ・チェーンの業務計画と実施を最適化するための包括的な手法です。DDMRPは、従来の予測主導型の資材所要量計画 (MRP) の代わりに、実際の発注を処理します。DDMRP手法は、従来のMRPと流通所要量計画 (DRP) の関連要素と、プル型のアプローチ、リーンや制約条件のシグナルを組み合わせたものです。DDMRPの完全な計画と実施手法には、戦略的な在庫配置、バッファのプロファイルとレベル、動的な調整、需要主導型の計画、視認的で協調的な実行という要素が含まれます。

需要主導型資材所要量計画 (DDMRP)に関して中小企業が知っておくべきこと

DDMRPは、製造プロセスの変更を抑制し、供給不足が発生した場合にもその対応を可能にします。供給不足は中小企業でもいつか必ず発生します。DDMRPは補充を制御し、供給管理を改善するために使用されます。

関連用語