キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

MRPシステム

MRPシステムでは、製造プロセスの資材所要量を管理することができます。このタイプのアプリケーションは、製造資材計画 (MRP II) システムとも呼ばれます。MRPを使用すると、生産計画と入出庫管理の業務プロセス管理を効率化し、資材をすぐに利用して生産需要に対応することが可能になります。MRPソフトウェアは、企業リソース計画 (ERP) ソフトウェア、生産実行システム、生産のスケジューリング・ソフトウェアに関連しています。

日本 日本製品のみ表示

35件の結果

現場の業務から経営管理業務まで、1つの統合クラウド・システムで製造事業全体を管理することができます。
現場の業務から経営管理業務まで対応できるNetSuiteは、企業が必要とする最初で最後のビジネス・システムとなります。中小規模の製造企業向けに開発されたNetSuiteを使用すると、コストを削減し、キャッシュ・フローを向上させることができます。リアルタイムの需要計画、製品ライフサイクル全体の完全な可視化、主要なバックエンド財務システムへの統合が可能です。NetSuiteの統合プラットフォームを利用して、エンドツーエンドで完全に可視化することにより、業務運営効率を最大化して、ビジネスを成長させることができます。 NetSuiteの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Fishbowlは、資材所要量計画 (MRP) 機能を搭載した完全な製造および在庫管理ソリューションです。
Fishbowlの製造および在庫管理ソフトウェアでは製造プロセスを自動化してシンプルにするため、時間の節約、コスト削減、収益改善を行えます。Fishbowlの在庫管理には、高度な作業指示、資材所要量計画 (MRP)、部品表、バーコードスキャニングなど多数の機能が含まれています。コストを削減しながら情報に富んだ意思決定が行えるよう、リアルタイムデータを提供します。 Fishbowlの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
あらゆるジョブショップや製造業者がよりスマートに働き、効率向上、柔軟性向上、収益向上を実現できるよう支援します。
ECI Shoptechは業界トップレベルのソリューションであるE2 SHOPとJobBOSSを統合し、ジョブショップの業務管理で次の進化を実現する JobBOSS²を作りました。ジョブショップや受注生産の製造業者向けに設計されたJobBOSS²なら、製造業者が生産性と収益を最大化しながら効果的に拡大するために必要な柔軟性をもたらします。JobBOSS²なら、素早い概算見積や正式見積、リアルタイムのデータ収集、柔軟なスケジュール設定など、多数の機能でジョブショップにこれまでにない知見と可視性をもたらします。 JobBOSS²の製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
OdooはMRP、品質、メンテナンス、そしてPLMに関連するすべての機能を完全に統合した、使いやすいソリューションです。
Odooのマルチレベルの直感的なBOM追跡は、ユーザーの在庫と製品カタログ全体とシームレスに結び付いています。オペレーション、ワークセンター、詳細なステップによって、生産を整理します。コスト分析、時間追跡、ロットシリアル番号のトレーサビリティをリアルタイムにレポートして管理します。ロット番号やシリアル番号のスキャン、ストップウォッチの開始/一時停止/停止、メンテナンス・リクエストのトリガー、次のステップへの移動など、バーコードを使用して製造作業を迅速化することができます。 Odooの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
小売、卸売、製造、食品生産セクターの企業で在庫レベルの管理が必要な企業に適しています。
QuickBooksオンラインやXeroと統合されており、小売、卸売、製造、食品生産セクターの中小企業など、在庫レベルの管理を必要とする業界に適しています。このソリューションは、在庫管理におけるビジネスサイクル全体をカバーします。Shopify、Magento、AmazonやeBayの小売業者はDEAR Systemsを利用して在庫管理のほかに、さまざまな業務を行っています。DEAR Inventoryはコスト管理と収益性の最大化に必要な情報を提供します。 Cin7 Coreの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
94万社を超える世界中の卸売業者、小売業者、メーカーに使用されています。在庫の追跡、注文の管理、請求書の作成、配送などを簡単に行うことができます。
inFlow Inventoryソフトウェアを使用すると、アイテムベースのビジネスを容易に実行および管理することができます。 世界中の卸売、流通、小売、製造、eコマース業界における94万以上の中小企業に使用されています。さまざまなビジネスを支援します。 inFlowは、在庫の追跡、注文の管理、請求書の作成、出荷、レポートの取得などを容易にします。ライブ・チャット、メール、電話経由でグローバル・サポートを利用可能です。 「Webサイトにアクセス」をクリックして、14日間の無料トライアルを今すぐお試しください。 inFlow Inventoryの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
ERPAGは、中小企業のすべてのビジネス・プロセスに対応するERPクラウド・サービスです。
さまざまな販売経路から注文を取得し、部品表 (BOM) に基づいた業務指示を出すことができます。 この製品には次のような機能があります。 再注文、注文履行、ラベル印刷、在庫追跡 (バーコード、シリアル、ロット)、複数階層BoM、 ガントチャート、複数倉庫、多言語インタフェース、複合製品 (BOM、キッティング、変数項目)、 ユーザー・レベルの管理、統合型の請求および購買モジュールの荷送人統合 (UPS、USPS、FedEx)。 ERPAGの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Sage 100cloudは、成長中の中規模流通業者および製造元向けの企業資源計画 (ERP) プラットフォームです。
30年以上にわたって市場を牽引してきたSage 100cloudは、今日の製造元、流通業者、サービス企業のための安定性が高く機能豊富なビジネス管理ソリューションです。セキュリティとコンプライアンスのために構築されたSage 100cloudは、成長に関連する複雑さを管理するための信頼できるソリューションです。そのビジネス・オブジェクト・フレームワーク、Web API、Office 365接続性によって、Sage 100cloudは、ビジネス固有のニーズを満たすために簡単にカスタマイズできます。 Sage 100の製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
中規模の製造企業向けに開発されたリーンでアジャイルな機能を備えた信頼性の高いリアルタイム拡張ERPソフトウェア。
DELMIAworks (旧IQMS) の企業資源計画 (ERP) ソフトウェアを使用すると、ディスクリート型およびプロセス型製造業に単一のソリューションを提供し、製造プロセス全体の管理とモニタリングを行うことができます。包括的なソリューションにより、モジュール方式で拡張性の高いアプローチを可能にすると同時に、データ・サイロを排除します。DELMIAworksでは、品質、電子データ交換 (EDI)、倉庫管理 (WMS)、資源所要計画 (MRP)、生産/プロセス・モニタリングなどを含む完全にリアルタイムな製造、会計、サプライチェーン・システムを使用して、部門間の可視性と効率を向上することができます。 DELMIAworksの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Unleashedソフトウェアは、リアルタイムで在庫を正確に管理できるパワフルなプラットフォームを提供します。
Unleashedソフトウェアは、在庫管理のあらゆるニーズに対応するパワフルなクラウドベースのプラットフォームです。Unleashedを使えば、複数の場所で在庫を簡単かつ正確にリアルタイムで追跡できます。世界中にある倉庫全体の在庫管理プロセスとトランザクションを可視化できます。在庫全体を監視することで、企業はより適切なデータ主導型の意思決定を下すことができます。Unleashedは、複数のeコマース・ソフトウェア・プラットフォームと統合し、総合的なビジネス・ソリューションも提供します。 Unleashedの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
スケーリング・メーカー向けに構築されたスマートで視覚的なMRPソフトウェアです。Xero、QuickBooks、Shopify、WooCommerceと統合します。
XeroまたはQuickBooksを使用し、Eコマース (Shopify、WooCommerce) で販売するメーカーをスケーリングするために調整された、スマートで視覚的なMRPソフトウェアです。オンライン・マーチャントにとって、生産管理と在庫管理がこれまで以上に容易になります。事業規模を拡大し、日常業務に構造をもたらすことを検討している企業に適しています。原材料の在庫管理、部品表、バッチ追跡が含まれます。Xero、QuickBooks、Shopify、WooCommerceとシームレスに統合します。 Katana Cloud Inventoryの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
製造業向けAcumatica Cloud ERPを使用すると、接続されたビジネス・アプリケーションを実現し、新しいデジタル・エコノミーを通して成長することができます。
Acumatica Cloud ERPの建設業向けエディションは、メーカーによるリソース管理、コスト削減、収益性の向上を支援します。最新テクノロジーを用いて設計された製品です。迅速な統合、スケーラビリティ、使いやすさを実現するオープン・アーキテクチャが特徴です。将来を見据えたプラットフォーム上に構築されたAcumaticaは、比類のないエクスペリエンスを提供します。ビジネス・プロセスにおいて同じデータを共有し、時間や場所に制限されることなく情報を利用することができます。 Acumatica Cloud ERPの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
資材所要計画 (MRP) で、中小規模の製造業者向けの手頃な価格のエンタープライズ・クラスのテクノロジーです。
成長中の製造業者向けの在庫管理ソリューションです。中小企業向けの手頃な価格のエンタープライズ・クラスのテクノロジーです。成長、運用、収益性の管理を必要とする企業向けの企業資源計画 (ERP) および顧客関係管理 (CRM) システムです。会計、販売、顧客およびサプライヤー管理、在庫管理、製造、流通など、重要なサプライチェーン機能を1つのシステムに統合しています。受注生産、見込み生産、混合モードの製造方式に対応しています。 xTupleの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Priority Softwareは、ERPおよび管理用の統合ERPソフトウェアです。Priorityにはクラウド・プラットフォームが含まれます。
Priority Softwareは、中小企業および大企業向けの、エンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) および管理用の単一の統合ERPソフトウェアです。Priorityのビジネス管理ソフトウェアとそのさまざまなモジュールは、組織のERP運用上のあらゆるニーズに対応するソリューションを提供します。幅広い業種にわたる商業および製造業向けのPriorityの的を絞ったソリューションにより、ERPは、複雑かつ煩雑な市場の代替製品よりもはるかに簡単で費用効果が高いものになりました。 Priority Softwareの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Oracle Fusion Cloud ERPは中堅・大手企業向けにせっけいされた、完全かつ最新のクラウドERPソリューションです。
Oracle Fusion Cloud ERPは、組織のスピードを落とす手動プロセスを自動化するAI、市場の変化にリアルタイムで対応する分析、最新状態を維持して競争優位を獲得する自動更新などの高度な機能を提供します。 財務会計をはじめ、調達管理、プロジェクトポートフォリオ管理、リスク管理、統合業績管理(EPM)などの管理系業務、そして製造や物流などの業務システムにいたる、企業活動に関わる全ての情報を一元管理するERP(Enterprise Resource Planning)です。クラウドサービスとして提供することにより、より柔軟な導入と運用を可能にするプラットフォームです。 Oracle Fusion Cloud ERPの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
サービス・レベルの改善、生産性の向上、コストの削減において製造企業をサポートするAPSソフトウェア。
Cybertecは、生産スケジューラ (APS) ソフトウェアのすべてを単一のソリューション、CyberPlanを提供しています。 このソリューションは、需要計画から有限能力スケジューリングまで、製造企業のすべてのニーズをサポートします。 CyberPlanは、サービス・レベルの改善、生産性の向上、コストの削減に必要なソリューションです。CybertecはZucchettiグループの一部です。Zucchettiは、イタリアとヨーロッパで非常に幅広い製品を提供しています。 CyberPlanの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
プランニング、購買、在庫管理、倉庫管理などの製造プロセス向けの柔軟なMRPソフトウェアです。
abas ERPは、中規模の製造業者やディストリビューター向けの2018 Capterraで上位20に選ばれた企業資源計画 (ERP) ソリューションです。資材所要量計画 (MRP) で30年以上の経験を持ち、カスタム製造、産業機械、製造アセンブリ、エレクトロニクス、自動車および自動車部品などの業界における実装のエキスパートです。管理、財務、購買、販売、サービス、会計、生産、倉庫管理など、組織全体に対して、レポート、ワークフロー、モバイルERPを備えたクラウドおよびオンプレミス・ホスティング・ソリューションを提供しています。 abas ERPの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
自動車部品メーカーのための、評価の高い高品質プラットフォームです。品質を合理化して卓越性を実現できるよう、自動車業界で働く人たちを支援します。
WorkCloutは、自動車部品メーカー向けの品質管理プラットフォームです。このソフトウェアは、内部監査、文書管理、外観検査、研修、予防的品質設計を効率化および自動化します。 層状プロセス監査、 8D、 設備検証監査 (PVA)、 故障モード影響解析 (FMEA) 準拠、 文書管理、 圧力機器指令 (PED)、 サプライヤー監査、 IATF 16949、 是正・予防措置 (CAPA)、 統計的工程管理 (SPC)/データ傾向分析。 WorkCloutは、iOS、Android、デスクトップで利用可能です。 WorkCloutの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
急速に成長する中堅企業が、複雑性やコストに煩わされることなく成長および競争することを可能にする単一のクラウドERPソリューション。
SAP Business ByDesignは、クラウドベースの企業資源計画 (ERP) ソフトウェアを利用して中堅企業による競争や成長を支援できるよう設計された機能豊富で適応性のあるオンデマンドのビジネス・ソリューションです。この単一の統合ソリューションには、財務や営業から製品管理、購買まで、あらゆる人が使える既製のプロセスが用意されています。そのため、企業のあらゆる部門が実証済みのベスト・プラクティスや詳細な分析を利用することが可能です。 SAP Business ByDesignの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Infor LNは、個々のメーカーの独自のニーズを満たすために、迅速に展開し、複数のオペレーションを統合する企業資源計画 (ERP) システムです。
Infor LNは業界機能を内蔵し、今日の急速に変化する状況での競争に必要な最新機能をディスクリートメーカーに提供することができます。複数拠点を持つグローバルな大企業でも、単一拠点のスタートアップ企業でも、製造メーカーはInfor LNを利用して、現場業務から予測、戦略的計画まで、エンドツーエンドのプロセスを効率的に管理することができます。複数の業界固有のCloudSuiteの中核を成すInfor LNは、オンプレミスまたはクラウドで利用することができます。 Infor LNの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
PolyPMは、ERPおよびPLMを、アパレルおよび繊維メーカー向けに特別に設計された単一のソリューションに統合する、エンドツーエンドのソリューションです。
PolyPMは、製品ライフサイクル管理 (PLM) および企業資源計画 (ERP) を、アパレルおよび繊維産業向けに特別に設計された単一のソリューションに統合します。ブランド、流通業者、メーカーは、PolyPMを使用して、設計段階から流通、請求書発行まで、ビジネス・プロセスを管理することができます。PolyPMの柔軟性により、ビジネス固有の要件に合わせたカスタマイズが可能です。クラウド、Web、オンサイトでの展開をサポートし、30種類を超えるサードパーティ・アプリケーションと統合し、独自のAPIを提供しています。 PolyPMの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
100%クラウドベースのERP。月額$55でユーザー数は無制限。販売、購買、在庫、会計など。無料のモバイル・アプリとメッセンジャー。
100%クラウドベースのビジネス管理プログラム。在庫、生産、販売、購買、会計、給与計算の管理に必要なあらゆる機能を提供します。使用するモジュールを選択してカスタム・ワークフローを設計することができます。時間や場所を問わず、あらゆる機能をオンラインで使用することができます。月額$55でユーザー数は無制限です。実装、アップグレード、メンテナンスの追加コストはありません。今すぐ無料トライアルを開始してください。 ECOUNTの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
Atlas Planningは、AIを活用した単一のSaaSソリューションです。サプライチェーン全体を管理できます。
John GaltのAtlas Planningプラットフォームを使用すると、サプライチェーン管理においてスマートで実用的な意思決定を行うことが可能になります。AIを活用した単一データセットのSaaSソリューションです。サプライチェーン活動全体を管理することができますが、戦略的な需要計画や正確な予測、コラボレーションによるSales and Operations Planning (S&OP)、在庫の適正化など、必要な機能から利用できます。複雑なマルチ・エンタープライズ・ネットワークでも、Atlasが管理をサポートします。 Atlas Planningの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
航空宇宙、製造、サービス、エンジニアリングなどのオペレーションの最適化に役立つ企業資源計画 (ERP) およびEAMツール。
IFSは、製品を製造および流通し、資産を構築および維持して、サービス重視の運営を管理する世界中の企業のためのエンタープライズ・ソフトウェアを提供しています。業界に関する専門知識、成長し続けるエコシステム、および個々の工程で価値を提供するというコミットメントは、セクターのリーダーとして認められ、多くの企業で推奨されるサプライヤーとしてのIFSの地位の基盤です。 IFS Cloudの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理
企業による販売、購買、倉庫保管、生産、請求書管理を支援する製造業向け企業資源計画 (ERP) ソリューションです。
企業による販売、購買、倉庫保管、生産、請求書管理を支援する製造業向け企業資源計画 (ERP) ソリューションです。 Manu Onlineは、MRP Powerfulを提供しています。2週間のみ使用するのであれば、使いやすい資材所要計画 (MRP) が一番ですが、長期で使用する場合は他にも考えるべき点が多く存在します。リーン生産方式の導入を支援することが、Manu Onlineの優先事項です。 リアルタイム・プランニング・エンジンは、販売および製造からの正味要件に基づいて調達を処理します。重要なコンポーネントをうっかり見落とす心配はもうありません。 Manu Onlineの製品詳細

機能

  • 品質マネジメント
  • 発注管理
  • 生産管理
  • サプライチェーン管理
  • BOM (部品表)
  • 在庫追跡
  • 請求、インボイス
  • 見積もり、概算
  • サプライヤー管理
  • ドキュメント管理

MRPシステムのお役立ちガイド

MRP(資材所要量計画)システムは、コンピュータを使用する在庫管理システムであり、在庫管理のミスを減らし、在庫データへのアクセスを容易にすることで、業務の生産性を向上します。このシステムは、完成品から逆算して、製品をアセンブリ、部品、材料のリストと予測されるスケジュールに変換する仕組みです。これにより、特定の製品を生産するために必要な現実的な期間を瞬時に確認し、その製品のために何を購入し、何を製造する必要があるのかを把握できます。

MRPシステムにはいくつかの重要な機能があります。これらの機能の一つは、製品に必要な材料の数量、単価、総コスト、廃棄などが詳細に記載される部品表の作成です。MRPシステムには、現在の生産能力や発注が必要な材料や部品の納期予測などが記載される計画書である基準生産日程計画を作成する機能も含まれます。また、MRPでは在庫の記録を保持し、特定の製品の生産能力をすばやく確認できます。

MRPは、生産計画のプロセスを効率的かつ正確にすることで、組織に利益をもたらします。生産にかかる時間、必要な材料、その材料費、必要な材料の在庫量などを詳細に把握できるようになります。

MRPシステムは一般的に、請求書作成在庫管理などのいくつかの領域に特化しています。実際、MRPとこれらのソフトウェアを一つのシステムに統合したソリューションもあります。重要なデータを取得し、関連するシステムと連携して、必要に応じてそれらのシステムを更新するソフトウェアもあります。

新しいMRPシステムを検討するときは、そのソリューションの機能が自社のニーズを満たすかどうか、また、互換性があり既存のシステムと連携させることができるかどうかを考慮しなければなりません。また、ソフトウェアを使用する従業員の技術的なスキルレベルや、必要となるトレーニング費用も考慮する必要があります。MRPのカテゴリに含まれるソフトウェアには通常、以下の機能と特長があります。

  • 完成品、部品、原材料などの在庫の現状を把握し、納期を達成できるかどうか迅速に判断する機能
  • プロジェクトで使用する材料の詳細な内訳、単価、入手予定時間などが記載された詳細な部品表 (BoM) を自動的に作成する機能
  • 在庫や進行中のプロジェクトに関する情報を一元的に管理できる全社的なシステム
  • 「What-if」シナリオを実行し、さまざまな方法を示すことができる機能
  • 多くの拠点があるグローバル企業と取引するときに、現地で入手できる資材と遠隔地にある資材を区別できるように、拠点を設定する機能

MRPシステムとは?

MRPシステムは、生産プロセスの効率性を向上します。これは、現在の在庫、生産時間、廃棄、単価などを記録し、必要なときに正確な部品表 (BoM) をすばやく作成するためのソフトウェアです。これにより、見積もりにかかる作業時間を大幅に短縮でき、見積もりが曖昧になったり、入手できない材料を計画に組み入れるミスが発生したりする可能性が低くなります。

MRPシステムを適切に設定すると、利用可能な資材を明確に確認できる一元的な場所として利用できます。特に、複数の拠点がある大企業では、いくつかのプロジェクトで資材を二重に予約するミスが多く発生することがあり、このソフトウェアが非常に有用となります。MRPシステムでは、リソースを予約しておくことができ、特に指示がない限り、そのリソースを他の目的で使用できなくすることができます。また、発注書、作業指示書、報告書などを自動的に出力でき、必要な資材や作業を予約および発注したり、関係者にプロジェクトの進行状況を通知したりできます。

MRPシステムは、生産計画や他のプロジェクトの計画を詳細かつ効率的に立てるために有効ですが、精度を高めるためには、他の領域の機能も利用しなければなりません。例えば、正確な在庫情報を維持することができなければ、MRPシステムでプロジェクト計画を正確に立てることはできません。在庫管理ソフトと組み合わせて利用したり、両方の機能を実装する大規模なソフトウェアを使用したりすれば、多くの利点が得られます。例えば、在庫を減らし、製造コストを削減できれば、低価格で製品を顧客に提供し、利益率を向上できます。

MRPシステムの利点とは?

MRPシステムの主な利点は、製品やサービスの生産プロセスを効率化し、関連するコストを削減することです。見積もり工程の誤差を極力少なくし、手作業で必要とされていた多くの時間と労力を軽減し、企業の生産能力とスケジュールを確認できるようにすることで、効率化とコスト削減が達成されます。MRPシステムの具体的な利点を以下に紹介します。

  • 材料や部品の確実な入手:MRPシステムを適切に使用すれば、プロジェクトが開始されたときに、必要となる材料を確実に入手できるようになります。また、この情報を一元管理することで、複数のプロジェクトで材料が二重に予約されることもなくなります。

  • 在庫管理の最適化:MRPシステムには在庫管理システムが組み込まれている場合と、既存の在庫管理システムと連携させて使用する場合があります。これにより、在庫レベルのリアルタイムの情報を入手できます。プロジェクトが予約されるときに、これらの在庫レベルがすばやく正確に更新されます。

  • 在庫レベルと保管にかかるコストを最小限に抑制:在庫状況を正確に把握でき、誤差を軽減できます。必要な在庫量を減らすことができ、具体的な成果を見込めないまま企業が投入する資金を減らすことができます。また、MRPは在庫記録を最新の状態に保つために求められる作業も削減します。

  • 顧客リードタイムの短縮:MRPシステムにより、在庫やスケジュールをより正確に把握でき、プロジェクトの顧客リードタイムを短縮できます。在庫やスケジュールの管理の精度が向上することによって、リードタイムが短縮されます。また、在庫の追加発注などで生じるプロジェクトの遅れがほぼなくなることも、リードタイムの短縮に貢献します。

  • 労働生産性の向上:MRPシステムを使用すると、一般的に、適切な材料や資材の不足によって引き起こされるプロジェクトの遅れを避けることができ、労働力を生産的な目的に利用できるようになります。また、複数のプロジェクトに関するスケジュールも正確に計画することが可能になります。例えば、あるプロジェクトで特定の材料の到着するのを待機していることが分かれば、その待機時間を利用するスケジュールを組み、使用していないリソースを他のプロジェクトに割り当てることができます。

  • 総合的な顧客満足度の向上:コスト削減やリードタイムの短縮などの上記のすべての利点は、優れたカスタマーエクスペリエンスにつながり、顧客満足度の向上に寄与します。

MRPシステムの機能とは?

資材所要量計画は、製造やサービス提供の工程を効率化することに重点を置いています。具体的な機能はソリューションによって大きく異なりますが、コアの機能は全てのMRPシステムに備わっています。最も一般的なMRPシステムの機能を以下に紹介します。

  • コスト報告:プロジェクトコストを報告する作業は、企業がある程度の規模になり、プロセスが複雑になると、驚くほど多くの時間を要する場合があります。これまで何時間もかけて何枚ものスプレッドシートを相互に確認していた作業は、MRPソフトを使用すれば数クリックで完了できます。さらに、ソフトウェアでミスが発生するのは、不正なデータが提供される場合だけですので、コスト報告の結果は、手作業で行う場合よりも通常は正確になります。

  • 部品表:部品表の作成は、生産計画において最も重要です。部品表は、プロジェクトに必要な原材料、部品、アセンブリの詳細なリストであり、廃棄データ、単価、材料の総コストが記載されています。部品表は一元管理されたデータソースにリンクされるため、情報は常に最新の状態に保たれます。

  • 生産管理:進行中のプロジェクトや、特定のジョブに割り当てられている材料のデータをリアルタイムで入手できれば、より多くの情報に基づいて、生産プロセスに関する意思決定を行うことができます。綿密な計画を立てることで、プロジェクトの遅れを完全に防止することができます。理想的な作業状況ではない場合でも、不測の事態や企業が管理できない事態によって発生するプロジェクトの遅れへの対策に関する意思決定を、十分な情報に基づいて行うことができます。

  • キャパシティプランニング:倉庫に十分な資材があるかどうかを確認するだけでは、生産計画やプロジェクト計画を適切に進めることはできません。人的資源はあらゆるプロジェクトで重要な要素であり、特定の時点において利用可能な人的資源を把握することは、達成可能な生産能力を把握するために欠かすことができません。これは、生産能力を過剰に評価することで、納期を守れなかったり、粗悪な製品を製造したりして、顧客の失望を招く事態を防止するのにも役立ちます。

  • 入出庫管理:MRPシステムの多くは、資材や在庫を直接監視する機能を内蔵しています。この機能により、特定のプロジェクトで利用可能な在庫をリアルタイムに確認することが可能になります。また、必要な時に必要な数の新しい在庫を発注でき、発注した資材が到着するのを待つためにプロジェクトが中断する時間を短縮することもできます。

  • 販売分析:過去のプロジェクトの詳細な記録によって、市場動向の詳細な分析が可能になり、正確な需要予測が可能になります。需要が高まる可能性がある製品やサービスを正確に予測できれば、企業は効率的に在庫を利用して、必要な数量を注文できます。

  • 工具管理:利用可能なリソースを計算するときに検討する必要があるのは、材料、部品、労働力だけではありません。工具は生産やサービスの提供に欠かすことができませんが、あらゆる企業が無制限に工具を使用できるわけではありません。MRPソフトを利用すれば、特に希少な工具や専門的な工具の利用についても計画に織り込み、プロジェクトで必要なときに確実に工具を利用できるようになります。

  • 倉庫管理:在庫を正確に管理できるようになれば、物理的な空間をより有効に活用できます。在庫管理を効率化し、保管する在庫量を減らすことができれば、在庫を保管する空間も削減できるため、コストを削減し、削減できた空間を他の目的に利用できます。

MRPシステムの購入時に考慮すべき点は?

MRPシステムを購入するとき、自社にもたらされる価値を考慮しなければなりません。MRPシステムには、拠点が一箇所しかない中小企業に適したものもあれば、複数の拠点がある大企業に適したものもあります。非常に小規模な企業では、MRPシステムが不要な場合もあります。これらのソフトウェアは、ローカルに展開される場合と、SaaSとして利用できる場合があります。あらゆる業界の組織がSaaSに移行する傾向にありますが、製造業の組織でもその傾向が見られます。MRPシステムを検討するときの最も重要なポイントを以下に紹介します。

  • MRPシステムの主な機能とは?

ソフトウェアを購入したり、サブスクリプションを契約したりするときには、パッケージに含まれる機能を最初に検討してください。ソフトウェアに含まれる機能が多いほど、コストは高くなります。少ない機能で安価なソフトウェアを利用することが自社にとって有益であるか、豊富な機能があるソフトウェアを利用するために多額のコストを費やすことで価値がもたらされるかどうかを検討し、財務的に合理的な判断を下すようにしてください。アップグレードのしやすさも考慮する価値があります。現在必要はないものの将来的に必要になる機能がある場合、スムーズにアップグレードできることが重要になります。

  • MRPシステム導入にかかる費用は?

自社で必要な全ての機能がMRPシステムに搭載されていることを確認したら、次に検討すべきことは価格です。ローカルに展開するソフトウェアは初期費用が高くなる傾向があり、SaaSはソフトウェア製品というよりサービスであり、手頃な価格で利用を開始できます。導入するMRPを検討するときには、これらの価格の特性を考慮すると良いでしょう。自社が必要とする機能があるMRPシステムが経済的に手が届かない場合、ニーズに合っていないソフトウェアを購入しても、導入する効果は限定されるため、それらの機能が安価に利用できるようになるまで待ったほうが良い場合もあります。

  • MRPシステムは企業の目標達成に貢献できるか?

次に検討すべきことは、MRPシステムが自社の目標達成に寄与できるかどうかです。通常は、あらゆる領域における効率化は企業の最終的な目標の達成に役立ちますが、検討しているMRPシステムが実際に自社のワークフローや生産性を向上させるものであることを確認することが大切です。

  • MRPシステムは企業の規模に適しているか?

MRPシステムには、例えば、複数の拠点を構築している企業などの大企業向けのものがあります。これは、複数の拠点がある大企業にとって重要な機能です。複数の拠点に対応する機能がなければ、MRPではあるプロジェクトに必要な資材があることを示しているのに、実際には地球の裏側にある別の場所にその資材が保管されている場合もあります。一つの拠点しか持たない小規模な企業では、このような機能は不要です。

  • MRPは他の重要なソフトウェアと互換性があるか?

MRPシステムがその役割を果たすためには、他のソフトウェアと連携する必要があります。最もわかりやすい例には、在庫管理ソフトや請求書作成ソフトなどがあります。MRPシステムがもたらす利点の多くは、MRPが他の関連するソフトウェアと適切に連携できなければ無価値になります。そのため、検討しているMRPが自社で利用している他のソフトウェアと互換性があることを確認することが極めて大切です。

  • MRPによって既に導入しているソフトウェアの機能が不要になったり、重複したりすることがないか?

また、導入するMRPシステムによって、既存のソフトウェアが不要になる可能性がないかどうかも検討しましょう。限られた機能の在庫管理ソフトをローカルに展開している小規模な企業では、既存のシステムから、これらの多くの機能を実装するMRPソリューションに完全に移行できる場合があります。

MRPシステムに関する重要なトレンドは?

MRPシステムで最も重要なトレンドは、生産環境の効率性の向上や、運用に関する詳細な知見を提供する機能に関連します。MRPシステムの分野で最も重要なトレンドを以下に紹介します。

  • サプライチェーンにおけるレジリエンスの向上:ビジネスのグローバル化に伴い、中小企業であってもサプライチェーンが広がっており、より複雑になっています。MRPシステムによってサプライチェーンの混乱を分析し、自動的に回避できるようにすることで、サプライチェーンのレジリエンス (適応能力) を向上することも、MRPのトレンドの一つです。

  • 詳細でインテリジェントなデータ分析:現在のビジネスで利用できるデータ量は増加し続けています。しかし、それらのデータをどのように扱っていくかは、MRPが今後対応していかなければならない難しい問題です。MRPシステムでは、サプライヤーや物流会社などの多くのソースから提供されるデータや、過去の販売データ、廃棄や生産時間などの情報を分析および解釈して、それらのデータを基に貴重な知見を提供するための機能が重視されることになるでしょう。

  • 在庫状況の自律的なレポート機能:MRPシステムによって生産業務の効率性は向上しますが、それでも人的なミスは発生します。MRPシステムの開発元は、在庫状況の自律的なレポート機能を提供して、これらのミスを排除するようになるでしょう。品目のピッキングの自動化から、倉庫から出庫される製品の自動的な記録などを可能にすることで、MRPシステムはプロセスから不正確な要素を取り除き、業務のさらなる効果化を図っていくと考えられます。

出典: ここで紹介した機能は、MRPシステムとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラのMRPシステムのWebページ (アクセス日:2022年5月23日、月曜日)

  2. 資材所要量計画 - ウィキペディア (アクセス日:2022年5月23日、月曜日)

  3. 5 Trends in MRP Technology (MRPテクノロジーにおける5つトレンド) (アクセス日:2022年5月23日、月曜日)

  4. Material Requirements Planning (MRP) (資材所要量計画) - Investopedia (アクセス日:2022年5月23日、月曜日)