キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

回路設計ソフト

回路設計ソフトとは、集積回路や電子機器、電子回路などの設計作業に役立つソフトウェアです。 電気技師は、業界標準に準拠しながら、新しいシステムのモデル化や文書化、見積もり作成、既存のシステムの再編成を行うことができます。 電気回路設計は従来、手作業で行われてきましたが、回路設計ソフトウェアを導入することで作業スピードの向上やミスの削減による安全な設計が期待できます。

日本 日本製品のみ表示

8件の結果

設計と文書作成のための革新的なツールを提供する、2Dおよび3DのCADソフトウェアです。AutoCADは、モバイルアプリでも利用できます。
設計と文書作成のための革新的なツールを提供する、2Dおよび3DのCADソフトウェアです。AutoCADは、モバイルアプリでも利用できます。複数のアドオン・アプリとAPIでカスタマイズできます。 AutoCADには、建築、電気、機械、MEP、3Dマップ、プラント3Dなど、特定の作業のための専用ツールセットが付属しています。 AutoCADの製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
ダイレクト・モデリングやパラメトリック・モデリングを用いて、企業による構成可能な製品の3D/2D図やバリアント図の作成を支援するCADソリューションです。
Creoはより高速かつ優れた製品の作成を支援する3D CADソリューションです。製品イノベーションの加速、良質な設計の再利用、事実による仮説の排除により、このような製品を作ることが可能になります。初期構想から設計、シミュレーション、分析にいたるまで、効率的に優れた製品を作り出すための革新的なツールをCreoが設計者に提供します。世界で何千社もの大手メーカーがクラウドやデスクトップ上でCreoのCAD、IoT、AR機能を利用し、アイデアを現実へと迅速に変換させています。 Creoの製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
多くの組み込みテンプレート、ツール、記号を搭載した使いやすい電気設計ソフトウェアです。任意のスケールで描画して印刷することができます。DXFやVisioのインポートが可能です。
多くのテンプレート、ツール、記号が組み込まれたSmartDrawでは、電気設計や回路図を作成することができます。業界標準の記号や、任意のスケールで描画や印刷できる機能が搭載されています。DXFファイル、Visioファイル、ステンシルをインポート可能です。配線図、回路設計、論理図、ブロック図、住宅や商業施設の配線図などを簡単に作成することができます。 SmartDrawの製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
発電、配電、および産業用電力システムの設計、シミュレーション、最適化、および自動化のための分析プラットフォーム。
ETAP電気工学ソフトウェアは、電力システムのモデル駆動型設計、リアルタイム操作、およびインテリジェントな自動化を実現する優れたスイートです。コア・モデリング・ツールを使用すると、電気システム・モデルを迅速かつ簡単に作成、構成、カスタマイズ、管理することができます。また、無制限のバスと、計装や接地の詳細なコンポーネントなどの要素を使用して、3相と1相のACおよびDCネットワークの単線図とGISビューを構築できます。 XXX ETAPの製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
業界で実証済みのSolid Edgeは、エンジニアがエンジニアのために構築した電気設計ツールを提供し、電気設計を簡素化します。
Solid Edgeは、電気設計専用のソリューションで電気機械設計の課題を克服し、電気領域と機械領域での共同設計コラボレーションを可能にします。業界トップレベルのテクノロジーを活用するこの製品は世界中で信頼され、実証されています。 Solid Edgeの製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
EPLAN Electric P8は、統合された高速エンジニアリングシステムで、機械や工場の電気制御設計をサポートします。
EPLANでは、電気、自動化、メカトロニクスエンジニアリングの分野でソフトウェアとサービスソリューションを提供しています。機械およびパネルビルダー向けの世界有数の設計ソフトウェアソリューションを開発しています。 目標は「効率的なエンジニアリング」です。EPLANは、困難なエンジニアリングプロセスを合理化する理想的なパートナーです。企業の規模にかかわらず、顧客の専門性をより活かせるように努めています EPLAN Electric P8の製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
日本 国内製品
寸法線から面積表記まで、Adobe イラストレーターの図面作成を強力にアシストするBPT-Pro
BPT-Proは、Adobe イラストレーターで図面作成を可能にするプラグインです。寸法、スケーリング、角度、注釈など、2D-CAD 作図に必要な機能がツールボックスに搭載されます。寸法線作成やコメント追加などの面倒な作業も、マウスをドラッグするだけの簡単操作で完了し、作業効率も格段にアップします。Windows、MACの両方に対応。各種メーカーやデザイナーをはじめとする世界中の図面のプロ達にご愛用いただいております。 BPT-Proの製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理
日本 国内製品
電気設備施工計画書作成支援システムで、電気設備工事の施工計画書作成業務を支援します。
KENTEM 施工計画書作成支援システム[電気設備版]は、施工計画書作成支援システムの有償オプションで、電気設備用の施工計画書の作成をサポートしています。Excelベースで書類を簡単に準備できるため、導入後すぐに活用することができます。施工方法は約340工種、施工要領図は約760種類を搭載しているため、現場に合わせてカスタマイズするなど、効率的に書類を作成することが可能です。建設部品イラストがパーツごとに用意されているため、誰でも見栄えの良い計画書を作成することができます。本サービスは、日本語のみでご利用頂けます。 KENTEM 施工計画書作成支援システム[電気設備版]の製品詳細

機能

  • CADツール
  • システム・デザイン・ツール
  • シンボル・ライブラリ
  • コンプライアンス管理

回路設計ソフトのお役立ちガイド

回路設計ソフトは、電気技師による電気回路図の作成や回路基板のレイアウト設計を支援するソフトウェアです。回路設計ソフトを使用すれば、新しい電気回路のレイアウト作成、既存のレイアウトの再構築による性能の向上、論理的なパターンの適用などが可能になります。また、システムのフローチャートの作成や、パフォーマンスレポートなどの文書を作成および保存するためにも使用されます。

このカテゴリのソフトウェアの多くには、さまざまなワイヤーやボタンなどの電気部品が登録されているライブラリが内蔵されています。このライブラリを使用すれば、図やアニメーションを作成でき、回路を策定して他のユーザーと共有したり、既存の電気回路を正確に把握したりできるようになります。優れた回路設計ソフトでは、システムレイアウトや設計を保存し、将来的に再利用できます。

多くのソフトウェアには、コンピュータ支援設計 (CAD) 機能が組み込まれているか、サードパーティの3D CADソフトウェアパッケージと統合するオプションがあります。これらのコア機能以外にも、業界規制の遵守チェックや、その他の有用な情報 (一般的に使用されるシンボル、主要な文書、電気部品のリストなど) の中央リポジトリとして、回路設計ソフトを使用できます。また、ソフトウェアを介して設計を共有するオプションや、他の電気技師とリアルタイムでやり取りするオプションも提供されており、コラボレーションを強化できます。

回路設計ソフトはその多様な機能と用途から、電気工事管理システムビルディングインフォメーション・モデリング (BIM) ソフトと比較されることもあります。実際、回路設計ソフトは、これらのソフトウェアと一緒に使用されることも、統合されることもあります。また、回路設計ソフトに基本的な機能がすべて搭載されており、他のソフトウェアが不要となる場合もあります。

提供される機能はソフトウェアによって異なりますが、必ず搭載されているコア機能と、これらのソフトウェアで多くに見られる一般的な機能があります。優れた回路設計ソフトを導入することで、以下を実行できるようになります。

  • 設計図、フローチャート、およびコンテキスト図などの電気回路図の設計
  • 図や回路図の確認、および業界規制や安全規格への準拠の確認
  • パフォーマンスレポートなどの重要なドキュメントの作成、保存、管理
  • ソフトウェアで作成したシステムレイアウトの保存、および再利用

回路設計ソフトとは?

回路設計ソフトは、電気回路図の作成、回路基板レイアウトの作成、およびさまざまな関連作業を支援するように構築されています。これらのソフトウェアは、電気技師や同様の役割を担う専門家が一般的に使用していますが、電気設計、図面の作成、および電気業務関連のコンプライアンスに関わるすべてのユーザーにとって有用です。

このソフトウェアの最大の目的は、新しい回路レイアウトの作成、既存のレイアウトの再構築、フローチャートの作成など、電気技師の作業を容易にすることです。回路設計ソフトや電気図面作成ソフトを使用すれば、設計や図を他の専門家と共有することも可能となります。多くのソリューションには、その他にも数多くのリアルタイムなコミュニケーションをサポートするツールが組み込まれています。そのため、プロジェクトで複数のユーザーが共同で作業するときに、コラボレーションが改善され、明確な意思疎通が可能になります。

多くの場合、回路図の作成には、さまざまなコンピュータ支援設計 (CAD) 機能と、回路の設計・修正を容易にする一般的な部品とシンボルの内蔵ライブラリが使用されます。これらの主要な機能に加えて、回路設計ソフトは通常、文書、パフォーマンスレポート、部品や電気部品のリストなど、重要な情報の中央リポジトリの役割を果たします。また、回路に関連する計算を行うこともできます。

回路設計ソフトの利点とは?

回路設計ソフトの主な利点は、電気系統を理解しやすくなるだけでなく、電気回路図の作成、保存、アクセス、および再利用が容易になることです。回路設計ソフトの真価を明確にするためにも、このソフトウェアの具体的な利点を確認しておくことことが重要です。重要な利点には、以下のようなものがあります。

  • 電気系統の可視化:電気CADソフトの主な利点の一つは、電気系統を可視化する機能です。これにより、電気技師は既存の電気系統を視覚的に確認したり、仮想的に電気系統を計画したりできます。これらのソフトウェアには、可視化を支援するさまざまな機能が含まれています。例えば、理解しやすくなるように、電気回路を構成するさまざまな部品や一般的なシンボルを視覚的に表示します。多くのソリューションではさらに、電気系統を実際と同じように表示する3Dモデルを作成するツールや、回路図を分かりやすくするアニメーションを作成するツールも提供されています。可視化機能は、電気技師を支援するだけでなく、電気工事士などの専門家が専門的な知識や技術を持たない人にもその概念を説明しやすくします。

  • 図面作成の効率化:優れた回路設計ソフトを導入することで、図面作成の全体的な効率が大幅に向上します。それを可能にしているのが、電気回路図に共通するシンボル、部品、その他の機能を追加または削除できる内蔵ライブラリです。さらに、図面を保存して再利用したり、新しい図面のベースとして使用したりする機能も、この作業に要する時間を短縮するのに役立ちます。優れたソフトウェアでは、人工知能や機械学習機能を利用して、自動的に図面を完成させることもできます。このように効率化が進むことで、全体の生産性が向上し、より多くの時間を実践的な業務に充てることができます。

  • カスタマイズ可能な電気モデル:回路設計ソフトを使用すれば、完全にカスタマイズ可能な図面やモデルの作成が可能となります。作成された図面やモデルは、エクスポートして別のプロセスに情報を提供するために使用できます。多くのソフトウェアでは、シンボルを作成し、内蔵ライブラリに追加する機能が用意されています。また、回路、レイアウト、フローチャートなどの視覚的な図の作成にも使用できます。さらに、既存の図面をソフトウェアに読み込んだり、内蔵のリポジトリからアクセスしたりして、編集や調整を行うことも可能です。電気回路図の作成プロセスをカスタマイズできる優れたソフトウェアが多く存在しており、キーボードショートカットの追加や保存してある部品をインポートする機能が提供されています。

  • 内蔵型のコラボレーションツール:回路設計ソフトで見過ごされがちなもう一つの利点には、電気技師同士や、他の職務に従事するユーザーとのコラボレーションを強化する機能があります。優れた回路設計ソフトの多くには、コミュニケーションツールが組み込まれており、リアルタイムでコミュニケーションをとり、アイデアを共有できます。また、図面や電気回路のレイアウトを簡単に共有できるため、別のエンジニアが回路を確認し、意見を出し合うことも可能です。また、トレーニングやコーチングにも役立てることができ、トレーナーやコーチはこれらのソフトウェアで問題を作成して、学習者に解決策を尋ねることができます。

電子回路設計ソフトの機能とは?

回路設計ソフトの機能の目的は、電気回路図の作成、電気系統の計画、既存システムの再構築など、さまざまなタスクで電気技師を支援することです。さらに、この分野の他の専門家との効果的なコラボレーションを実現でき、重要な情報を一元管理して、簡単にアクセスできるようにします。一般的な回路設計ソフトの機能を以下に紹介します。

  • システム設計/CADツール:内蔵のツールで回路図や電気系統を作成できます。多くの優れたシステムでは、使いやすい設計機能と、高度なCADツールが組み合わされています。作成できる電気回路図の例としては、設計図、システムフローチャート、コンテキスト図、実体関連図があります。これらは、部品とシンボルの内蔵ライブラリを使用して作成できます。多くのソフトウェアでは、ドラッグアンドドロップ機能やキーボードショートカットをサポートしているため、効率的かつ直感的に電気系統を設計できます。

  • 文書管理:電気技師の業務に関連するさまざまな重要文書を作成、保存、編集、管理できます。このソフトウェアの文書管理機能は、前述の電気系統の図面以外にも、パフォーマンスレポート、顧客指示書、コンプライアンス文書などの保存にも使用できます。多くのソフトウェアには検索機能が組み込まれており、保存されているすべての文書から特定の文書や語句を見つけることができます。また、文書を他のユーザーに送信するオプションや、許可されたユーザーだけが特定の文書を閲覧できるようにアクセス権を設定する機能も用意されています。

  • コラボレーションツール:チームメンバー、同僚、他の電気技師、または他分野の専門家と、さまざまなコミュニケーションツールを介してコミュニケーションできます。これらのコラボレーションツールには、メッセージングシステム、ライブチャット、ビデオ通話のサポート、その他リアルタイム/時間差コミュニケーションツールが含まれるケースがあります。最高クラスのソフトウェアでは、過去のコミュニケーションにもアクセスでき、アドバイスを参照したり質問に回答したりできるようになり、コラボレーションが強化されます。これにより、チームワークとアイデアの共有が促進され、最良の結果を得ることができます。また、回路設計ソフトは、他の専門家とのコミュニケーションを一元的に管理する拠点としても利用できます。

  • 部品管理:電気部品に関する情報を保管する社内データベースを維持できます。各部品について、技術的な仕様を追加でき、メモを追加して部品がいつどこで使用される可能性が高いかを記述しておくこともできます。企業のニーズに合わせて、部品やコンポーネントを提供しているサプライヤーへのリンクや価格情報を追加することも可能です。この機能は、単に部品やコンポーネントのリストとして利用したり、図面にこれらの部品を挿入したりするために利用できますが、高度なニーズがある場合は、電気技師にとって価値ある重要な情報が保管される中央リポジトリとして利用できます。

  • シンボルと設計のライブラリ:一般的に使用される電気シンボルと表意文字が保存されたライブラリの作成、管理、アクセスが可能です。このライブラリには継続的に追加および修正でき、特定のシンボルの意味がわからない場合の参照元として活用できます。さらに、内蔵のライブラリ機能を利用すれば、電気設計を保存することも可能です。保存された設計は、ソフトウェアにインポートしたり、新しい設計の土台として使用したり、トレーニングやコーチングのための教材に活用したりできます。

  • コンプライアンス管理:電気系統図や回路図を分析し、安全性のための作業手順、業界規制、業務標準、および法律に準拠しているかどうかを評価できます。回路設計ソフトで提供される可視化ツールを使用すれば、潜在的な問題の特定、意思決定者への問題の提起、計画の調整、既存システムの再構築が容易になり、コンプライアンスを徹底できます。この機能により、コンプライアンスの問題を理解および認識した上で、高品質の図面を作成できます。また、人工知能を活用して、問題を自動的に検出する優れたソフトウェアもあります。場合によってはアラートを設定することで、潜在的な問題に注意を促し、修正方法を示唆することも可能です。

キャプテラの回路設計ソフトのディレクトリを使用すれば、提供される機能に基づいてソフトウェアを選別し、搭載されていない機能を確認できます。これにより、関連性の高いソフトウェアだけを検索できるため、最適なソフトウェアを特定するプロセスが大幅にスピードアップします。

電子回路設計ソフトの購入時に考慮すべき点は?

回路設計ソフトを購入するときには、さまざまな事項を検討しなければなりません。単なるオールラウンド型のソフトウェアではなく、自社のニーズを満たすことができる理想のソフトウェアを探す必要があります。そのためには、最優先事項を判断し、いくつかの質問について十分に検討し、導き出された回答に基づいて導入する回路設計ソフトを決定する必要があります。例えば、以下のような質問について検討してください。

  • 他のソフトウェアと連携するための機能を提供しているか?

購入を検討しているソフトウェアが、サードパーティアプリケーションと連携できるかどうかを確認しましょう。電気工事業者向けソフトウェア、カレンダーアプリケーション、コミュニケーションツールなどのツールと連携できれば、利便性や生産性を向上できます。これにより、時間管理やコミュニケーションが改善され、ビジネス成果が向上することが期待されます。なお、このようなサードパーティアプリケーションとの直接的な連携だけでなく、サポートされるファイル形式や、外部のCADソフトで作成したファイルをインポートできるかどうかも検討しておきましょう。既存の環境に新しい回路設計ソフトを導入する場合には、このような連携やサポートされるファイル形式が重要になることがあります。

  • 電子回路設計ソフトのコストは?

あらゆるソフトウェアを購入するときには、コストは検討すべき重要な課題ですが、日々の業務に不可欠なソフトウェアに投資する場合は特に慎重になる必要があります。まずは、さまざまな製品の価格を比較し、すべての主要な要件を満たすと同時に、コストパフォーマンスが最も高い製品を特定しましょう。しかし、長期的には目に見えないコストが増大する可能性があるため、さらに踏み込んだ検討も必要です。例えば、ソフトウェアのセットアップとデータの保存にかかるコスト、ソフトウェアを使用できるように、組織内のすべての電気技師をトレーニングするコスト、ソフトウェアのサブスクリプション費用、プレミアムバージョンへのアップグレードや新しいアップデートの購入の必要性などを考慮することで、総所有コストを比較しやすくなります。ただし、コストが高くなったとしても、包括的、あるいはよりユーザーフレンドリーなソフトウェアを選択したほうがより高い効果を得られる場合もあります。

  • 計算や分析機能は搭載しているか?

電気技師にとって電気系統の設計は、単に図面上の適切な場所に適切な部品を配置することではありません。複雑な計算が必要な場合もあれば、改善や最適化のために回路の分析が必要な場合もあります。このため、市販のさまざまなソフトウェアの機能を調査し、計算や分析の機能の評価に時間を割くことをお勧めします。ハイエンドのソフトウェアでは、人工知能を利用して、リアルタイムに計算を行い、潜在的な問題を特定し、電気系統を強化するインテリジェントな対策を提案します。また、関連情報を分かりやすくユーザーフレンドリーな方法で表示するソフトウェアを探すこともお勧めします。

  • 2Dおよび3Dの図面のサポートは?

作成およびインポートできる電気回路図や図面のタイプを必ず確認しましょう。電気回路の2D図面しかサポートしていない基本的なソフトウェアもあります。このようなソフトウェアでも、基本的なニーズに十分に対応できる場合もあります。しかし、優れたソフトウェアは、3D図面をサポートし、回転されるなどの詳細な操作が可能です。3D図面は、概念を伝えたり、複雑なアイデアを説明したりする場合に特に有用です。3D図面の作成をサポートしているソフトウェアは、物理的な3Dモデルの電気回路の作成にも対応しています。

  • 実装しているコラボレーション機能は?

最適な回路設計ソフトを購入するために最後に検討すべき事項は、市販されているさまざまなソフトウェアで提供されるコラボレーション機能とコミュニケーション機能の範囲です。要件が比較的簡易であっても、図面や文書の保存と共有を簡単に実行できるソフトウェアを探すべきです。また、決定事項を説明したり思考の過程を共有したりするために、図面にメモを追加する機能があると便利です。一方、回路設計ソフトに対して高度な要件がある場合、メッセージング、メール、ビデオ通話ソフトと統合されているか、ソフトウェアを通じて直接コミュニケーションできる機能が含まれているソフトウェアを探すべきです。多くの電気工学プロジェクトでは、複数の人による意見交換が必要になります。質の高いコミュニケーション機能を使用すれば、チームワークが強化され、いくつものアプリケーションを切り替える必要もなくなります。

回路設計ソフトに関する注目トレンドは?

適切なソフトウェアを選択するためには、最終的に購入を決定する前に回路設計ソフトの重要なトレンドを理解しておく必要があります。投資するソフトウェアが、関連するトレンドを踏まえて設計されていることを確認しておけば、選定したソフトウェアを長期にわたって活用できるでしょう。トレンドを意識することでコストを削減できる例は、新型コロナウイルスの感染拡大時に見られました。キャプテラの調査によると、企業の半数以上がリモートワークの需要に対応するために新しいソフトウェアを導入しなければなりませんでしたが、在宅勤務モデルの広がりを予見して設計されたソフトウェアを導入していた企業もありました。回路設計ソフトの主なトレンドは以下の通りです。

  • モバイルアクセスへのニーズの高まり:電気技師は、どこにいても回路設計ソフトにアクセスできる必要があります。回路設計ソフトをはじめとする重要なツールへのアクセスを、リモートワーカーや現場作業者に提供するためには、モバイルアクセシビリティが不可欠です。ソフトウェアパッケージによっては、デスクトップソフトウェアと同じ機能を提供する独自のモバイルアプリを提供しているものもあります。また、クラウドベースのソリューションにモバイルWebブラウザ経由でアクセスすることも可能です。ただし、スマートフォンやタブレットデバイスはタッチスクリーンが小さいため、ディスプレイを最適化し、これらのデバイスでも使いやすいインタフェースにする必要があるため、このトレンドを踏まえてソフトウェアを設計する必要があります。

  • 3Dプリントのサポート:電気技師などにとって重要なトレンドの一つは、3Dプリントの成長です。3Dプリントは、コスト削減、廃棄物の削減、環境負荷の低減など、さまざまなメリットをもたらします。すでに、回路設計ソフトで作成されたコンピュータ支援設計を3Dプリントする機能を実装しているソリューションもあります。電気モデルを3Dで正確に再現することで、意思決定者が詳細にそのモデルを理解できるようになります。将来的には、このようなソフトウェアを使って、実際の電気系統に組み込む部品をプリントできるようになる可能性もあります。

出典

本書で紹介した機能は、回路設計ソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. Artificial intelligence:How to apply it to your business (人工知能:ビジネスでの活用方法) - キャプテラブログ (アクセス日:2022年7月4日、月曜日)

  2. British SME owners on remote work, software and the future post-pandemic (英国の中小企業経営者が語る、リモートワーク、ソフトウェア、そしてパンデミック後の未来) - キャプテラブログ (アクセス日:2022年7月4日、月曜日)