キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

ラボラトリー情報管理システム (LIMS)

ラボラトリー情報管理システムでは、各種研究所がサンプルの管理と追跡、ワークフローの調整、ラボ・データの保存と分析を行うことができます。

日本 日本製品のみ表示

26件の結果

日本 国内製品
研究室向けに開発された購買業務・試薬管理ツールです。 reprua(リプルア)の製品詳細
reprua(リプルア)は、購買管理システムと試薬在庫管理システムがセットになった、研究室向けに開発されたツールです。購買管理システムでは、見積り機能、発注機能、問い合わせ機能、グループ管理、請求管理、予算管理など、全購買フローをワンストップ化することができます。複数予算やプロジェクト毎の複雑な費用管理などにも対応しています。一方、試薬在庫管理システムでは、一般管理、容量管理、毒劇物・危険管理、バーコード読み取り機能があり、簡単に試薬の入出庫管理や法律で定める方法で試薬の在庫を管理することができます。本サービスは、日本語のみでのご利用となります。 reprua(リプルア)の製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
Agilent SLIMSは、LIMSとELNの長所を兼ね備えています。 Agilent SLIMSの製品詳細
Agilent SLIMSは、ラボ情報管理システム (LIMS) と電子実験ノート (ELN) の長所を兼ね備えているので、エンドツーエンドのソリューションを実現し、ラボのあらゆるコンテンツやコンテキストを管理することができます。  Agilent SLIMSを使用すると、シンプルな機器から複雑な機器までを統合することができるので、分析、次世代シーケンシング (NGS)、バイオバンク、研究開発のラボのワークフローをサポートすることができます。柔軟性が高く、構成可能なため、ラボの生産性を高めることができます。 Agilent SLIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
CellPort Cell Culture Suiteは、細胞培養および細胞バンキング用の安全で規制に準拠したSaaSベースのアプリケーション・スイートです。 CellPort Cell Culture Suiteの製品詳細
CellPort Cell Culture Suiteは、細胞培養、細胞バンキング、および細胞製造に重点を置いており、ラボラトリー情報管理システム (LIMS) のエンドツーエンドのラボ在庫およびプロセス管理と、ラボ実行システム (LES) の再現性の高いQCおよび製造への焦点を組み合わせています。細胞製造に重点を置きつつ、システムの動的オブジェクト・モデルと柔軟なワークフローにより、アップストリームとダウンストリームのデータとプロセスを組み込むように、システムを迅速かつ簡単に構成できます。 CellPort Cell Culture Suiteの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
Quartzyを使用すると、生命科学企業は市場投入までの時間を短縮し、運用効率を向上させます。
Quartzyは、生命科学企業による研究施設独自のワークフローのデジタル化、市場投入までの時間短縮、運用効率の改善を実現します。Quartzyのデジタル研究施設管理システムは研究施設の補給品在庫の要請、承認、購入、管理を一元化し、簡素化することで、より迅速な科学的な発見を可能にします。 Quartzyの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
米国食品医薬品局 (FDA) が信頼する電子ラボ・ノートブック。高評価を受けたカスタマー・サポートおよび実行を提供します。政府機関、産業、学術研究所向け。
米国食品医薬品局 (FDA) が信頼する電子ラボ・ノートブック。高評価を受けたカスタマー・サポートおよび実行を提供します。政府機関、産業、学術研究所向け。SciNoteは、研究所および優良試験所規範 (GLP)、適正製造基準 (GMP)、21 CFR Part 11コンプライアンス要件 (在庫管理、実験、テンプレート、チーム・コラボレーション、レポート、電子サイン、監査証跡など) を満たす必要がある研究室のニーズに対応する柔軟で使いやすく、信頼性の高い、優れた評価を受けた機能セットを提供します。 SciNoteの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
eLabJournalは、安全で完全にカスタマイズ可能な法令遵守のオールインワンELNです。ライフ・サイエンス研究開発所に適しています。
eLabJournalは、研究開発所の固有のニーズに合わせて完全に構成できるオールインワンのELNです。研究データ、サンプル・データ、プロトコル・データを効率的に文書化、整理、検索、アーカイブすることができます。eLabJournalは、どのような研究所にも適した法令遵守の安全なソフトウェアです。 30日間無料トライアルで研究のレベルアップを始めましょう。ライブ・デモを予約することもできます。 eLabJournalの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
病理および放射線センターの管理と分析をより適切に行うのに役立つ次世代モバイル対応ラボ管理ソリューション。
CrelioHealthは、診断センター向けの次世代クラウドベースおよびモバイル対応ソリューションで、インサイトおよび分析によりセンターの制御および管理をより適切に行うに役立ちます。 CrelioHealthは、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、携帯電話など、あらゆるデバイスに対応しています。 CrelioHealth Mobile Appがあれば、センターをさまざまな場所で運用できます。記録や患者履歴へのアクセスについて心配することはなくなります。 CrelioHealth For Diagnosticsの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
クラウド型LIMSにおけるSaaSを使用すると、初期費用をかけずに、ラボの業務のデジタル化、データ管理、コンプライアンス順守をシームレスに満たすことが可能になります。
CloudLIMS.comは、バイオバンク、水、土壌、石油、大麻草、食品、新型コロナウイルス診断検査、および研究機関用に、クラウドLIMSにおいてSaaSを提供しています。CloudLIMSは、ラボによるデータの管理、ワークフローの自動化、ISO 17025、GLP、21 CFR Part 11、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律 (HIPAA)、臨床検査改善修正法案 (CLIA)、ISBERベスト・プラクティスなどのコンプライアンス遵守を支援します。CloudLIMSは、無制限のテクニカルサポート、機器の統合、無制限のレポートテンプレート、製品アップグレード、レガシーデータ移行、およびデータのバックアップを無償で提供します。 CloudLIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
CDD Vaultは、直感的なWebインタフェースを備えた創薬インフォマティクス・プラットフォームです。化学データと生物学的アッセイを分析および管理することができます。
CDD Vaultは、直感的なWebインタフェースを備えた包括的なリサーチ・インフォマティクス・プラットフォームです。多分野にわたるプロジェクト・チームが、化学データおよび生物学的アッセイについて安全に管理、分析、協力することができます。バイオアッセイ・データ管理や、SAR分析、エンティティ登録、在庫追跡、グラフ化およびデータ可視化、ELNなどの機能があります。ホスト型ソリューションとして、CDD Vaultは手頃な価格で実装も簡単にでき、優れた技術サポートに支えられています。 CDD Vaultの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
バイオテクノロジーおよび研究開発組織の科学者、マネージャー、エグゼクティブ向けの、統合されたクラウドベースの生産性プラットフォーム。
最先端の科学には、最新のソフトウェアが必要です。そこでBenchlingを開発しました。科学者が1か所で実験を設計、共有、記録することができるクラウドベースのプラットフォームです。Benchling Life Sciences R&D Cloudは、従来の電子実験ノート (ELN) およびラボラトリー情報管理システム (LIMS) 製品を7つの統合アプリケーションに置き換えます。統合されているのは、ノートブック、分子生物学、レジストリ、インベントリ、ワークフロー、研究、知見です。アプリケーションは一からネイティブに統一されているため、完全にシームレスなユーザーエクスペリエンスを実現することができます。 Benchlingの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
生体情報を保存、管理、共有、分析する生命科学研究者向けに開発された、サーバ・ベースのラボ管理Webアプリケーションです。
LabCollectorは、単一のラボおよびノートブック・ソフトウェアです。LabCollectorは相互に対話可能な独立したモジュールを中心に構築されており、さまざまな有用なラボ情報を管理することができます。ユニークかつお手頃価格で、拡張性に優れた製品です。カスタマイズ可能なコラボレーション・インタフェースで構成されています。また、電子ラボノート (ELN) やその他多くのアドオン (ワークフロー、センサー・モニタリング、サービス管理など) も搭載されています。クラウドまたはオンプレミスでLabCollectorをホストすることができます。 LabCollector LIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
メーカーが新製品をより早く市場に投入できるようになるインフォマティクスおよび品質プラットフォーム。
品質への取り組みをシンプルにしてください。 STARLIMS Quality Manufacturing (QM) Informatics Platformは、複雑なプロセスを簡素化し、他のツールやシステムとの簡単に統合できます。また、1つのシステム、1つのパートナーで ラボの枠を超えたデータ収集ができます。包括的なテクノロジープラットフォームと柔軟なインフラストラクチャを土台に、お客様はセキュリティや機能で妥協することなく、迅速な立ち上げに必要なあらゆる機能を利用できます。 STARLIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
AlisQIは、クラウド・ベースのLIMSです。品質管理、品質保証、QESH管理を支援します。
AlisQIは、導入や統合が容易で、柔軟性の高い、クラウド・ベースのラボ情報管理システム (LIMS) です。製造業において、自動化や遍在化が可能な、データ駆動型の品質管理を実現できるようにします。このプラットフォームは、品質管理、品質保証、QESH管理のために、世界中の70以上の工場で使用されています。最大15%の廃棄物削減、品質向上、最大20%の時間の節約に貢献しています。 AlisQIの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
診療施設 ($400/月) または商用ラボ ($750/月) に最適な低価格の臨床検査情報システム (LIS)。EMRおよびリファレンス・ラボ向けのHL7インタフェース。
手頃な価格のLISは、社内ソリューションまたはWebベース・ソリューションとして利用することができます。新型コロナウイルス感染症検査、診療施設、または商用ラボに最適です。電子カルテ システム (EMR) およびリファレンス・ラボ向けのHL7インタフェース。月額$400には、3つのアナライザー・インタフェースと、午前8時から午後5時までのサポートが含まれます。商業ラボ・バージョンは月額$750です。臨床検査改善修正法案 (CLIA) 準拠のスイートは、規制要件への準拠を容易にします。使いやすいアプリケーションは1日でインストールでき、Web研修も利用できます。LISは、アナライザーとワークフローの正確な要件を満たすように簡単に構成できます。 Apex LISの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
化学者および生物学者向けの革新的なオンライン在庫および電子実験ノート (ELN) システム。これは世界中の研究室で使用されています。
化学者および生物学者向けの革新的なオンライン在庫および電子実験ノート (ELN) システム。これは世界中の研究室で使用されています。構造検索、バーコード・スキャニング、健康と安全、注文管理に最適です。電子実験ノートは直感的に簡単に操作することができます。 FindMoleculeの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
CGM SCHUYLABは、使いやすいアイコンベースの臨床検査情報システム (LIS) です。お使いの機器と連携し、請求や多言語サポートを提供します。
CGM SCHUYLABは、医療ラボやリファレンスラボ向けに設計され、充実した機能を提供するラボ情報システムです。 CGM SCHUYLABでは、直感的なアイコンベースのインタフェースを通じて、機器への接続、品質管理 (QC) のモニタリング、ワークシートや日報の編集、統合患者レポートの印刷を行うことができます。 CGM SCHUYLABは、HL7プロトコルを使用して電子健康記録 (EHR)、診療管理 (PM)、または病院情報システム/ヘルスケア情報システム (HIS) と通信を行います。 メディケア/メディケイドの直接請求、多言語サポート、医療の必要性チェック、細胞診、微生物診の利用が可能です。 CGM SCHUYLABの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
研究情報管理、電子実験ノート、科学データ管理システム、文書管理システム、ミドルウェア
Agaramは、ラボラトリー情報管理システム (LIMS)、電子実験ノート (ELN)、研究機器データ管理システム (SDMS)、文書管理システムといった、エンタープライズ・クラスの製品をクローバルに提供しています。Agaramの主力製品である、Qualis LIMS、Logilab ELN、Logilab SDMS、Qualis DMS、Interfacerミドルウェアは、規制された業界である製薬、ライフサイエンス、バイオ医薬品、診断分野の品質管理および研究所に特化したソリューションです。 QuaLIS LIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
LimitLISでは、クラウドでラボのワークフローを管理することができます。
LimitLISは、ラボの精度、効率、生産性を向上させるよう設計された無限の可能性を持つ最新のラボ情報システムです。インストールを必要としない製品です。クライアント、患者、ラボのスタッフは、あらゆる場所やデバイス上で安全にデータにアクセスできるため、コストのかかるITスタッフ費用の削減が可能です。LimitLISは規制環境で使用するために設計されており、臨床検査改善修正法案 (CLIA)、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律 (HIPAA)、アメリカ食品医薬品局 (FDA) 電子記録/電子署名 (21 CFR Part 11) の要件に準拠しています。 LimitLISの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
ラボの専門家が簡単にサンプルを追跡し、ラボのワークフローを管理できる、規制準拠機能を備えた統合ラボラトリー情報管理システム (LIMS)。
ラボの専門家が簡単にサンプルを追跡し、ラボのワークフローを管理できる、規制準拠機能を備えた統合ラボラトリー情報管理システム (LIMS)。 BaseSpace Clarity LIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
接続されたラボでのラボ、データ、および手順のワークフローを管理する完全なラボ・ソリューション。
Thermo ScientificのSampleManager LIMS、科学データ管理システム (SDMS)、およびラボラトリー実行システム (LES) ソフトウェアは、ラボ、データ、および手順のワークフローを管理し、他のエンタープライズ・システム、機器、設備、および顧客と接続して、ビジネス全体のコンプライアンスと生産性を向上させます。世界で広く展開されているLIMSの1つであるSampleManager LIMSは、最新技術を適用して、30年以上にわたり顧客をサポートしています。 SampleManager LIMSの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
Pristima XDは、完全に統合された前臨床ソフトウェアで、前臨床研究・開発のライフサイクルを完全に自動化し、サポートすることができます。
Pristima XDは、薬理学および医薬品安全性研究の研究管理、研究用動物管理、獣医療のライフサイクル完全自動化し、サポートする、前臨床データ管理のための完全統合エンタープライズ・ソリューションです。Pristima Suiteでは、繁殖および注文から研究提出プロセスまで、計画とデータの記録を管理したり、承認された変更を管理したり、規制当局への提出用にデータを取りまとめたりすることができます。 Pristima XDの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
モジュール式で統合された、エンドツーエンドのBPMプラットフォームです。ラボのワークフローをサポートするために独自に設計されています。
モジュール式で統合された、包括的なエンドツーエンドのビジネス・プロセス管理 (BPM) プラットフォームです。テスト・メソッド、ラボラトリー情報管理システム (LIMS)、電子ラボノート (ELN)、品質管理システム (QMS)、エンタープライズ・コンテンツ管理 (ECN)、顧客ポータルなど、ラボのあらゆるワークフローをサポートすることができます。Labwise XDの電子LIMSは、マテリアル・フローや機器管理、逸脱管理など、設定次第で多くのプロセス・フローにマッピングできる、柔軟なBPMツールです。 LabWise XDの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
iVention Lab Execution System (iLES) は、パワフルで柔軟な製品です。LIMS、ELN、SDMSの機能を1つのインフォマティクス・プラットフォームに統合することができます。
iVention Lab Execution System (iLES) は、ラボがリアルタイムの情報を提供し、データの整合性と規制コンプライアンスを確保しながら、効率的なプロセス自動化によって時間とコストを節約できる革新的なインフォマティクス・プラットフォームです。iLESはパワフルで柔軟なプラットフォームです。100%Webベースであり、高度にスケーラブルで、クラウドから簡単にデプロイすることができます。あらゆるモバイル・デバイスで使用可能です。 iLESの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
一般的に必要とされるさまざまな品質保証の提供をサポートする、中小規模のラボ用LIMSです。
Labosaurusは、小規模なラボに基本的な品質保証とラボ管理を提供するために設計された、ラボ情報管理システム (LIMS) です。従業員記録、標準操作手順、装置在庫、試薬在庫、サンプルの受入・保管、インシデント記録、ラボのタスク・スケジュールに関するモジュールを備えています。 Labosaurusは月額$200から利用可能です。最初の2カ月間は無料なので、Labosaurusがラボで機能するかを評価することができます。 Labosaurusの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明
Materials Zoneは、マテリアルズ・インフォマティクス (人工知能 (AI)/機械学習 (ML)) プラットフォームです。 物質データからより優れた製品をすばやく実現することができます。
Materials Zoneは、マテリアルズ・インフォマティクス (人工知能 (AI)/機械学習 (ML)) プラットフォームです。 発見から商品化まで、物質および製品の革新を加速させることができます。 MZは、多次元で構造化されていない分散した物質データを取り込み、研究開発、サプライチェーン、製造向けのAI/MLに基づく結果にすばやく変換します。 生データを収集し、 AI/ML対応のフォーマットに変換して、 知見と予測を視覚化することで、 物質データからより優れた製品をすばやく実現することができます。 1つのプラットフォームで、あらゆる知見やデータに対応することができます。 Materials Zoneの製品詳細

機能

  • 在庫管理
  • ワークフロー管理
  • 楽器管理
  • 研究室電子ノート
  • コンプライアンス追跡
  • 分析証明

ラボラトリー情報管理システム (LIMS)のお役立ちガイド

ラボラトリー情報管理システム (LIMS) を使用すると、ラボの記録や一般的なワークフローを簡単に管理できます。LIMSソフトはラボラトリー情報管理システムの略で、ラボにおけるサンプルの全行程を管理し、ラボのスタッフがサンプルを効率的に追跡できるようにするためのソフトウェアです。LIMSソフトは、サンプルの紛失やラベルの貼り間違いなどの問題が発生するリスクを大幅に低減します。

LIMSソフトに通常搭載されている主な機能には、サンプルの到着から結果の発送までの経過を把握できるサンプル追跡などがあります。また、ラボのワークフロー、手順、ステップの標準化を支援するプロトコル実行機能があるソフトウェアでは、人的エラーを最小限に抑えることができます。さらに、LIMSソフトには通常、保管管理機能が備わっているので、ラボのライフサイクル全体でサンプルの保管場所や使用場所を正確に把握できます。LIMSソフトは、場合によってはサンプルが保管されているバイアル瓶に至るまで詳細な記録を保持することができます。このような機能は日常的に大量のサンプルを扱うラボにとって不可欠です。

ライフサイクルを通してサンプルを追跡するLIMSソフトの機能は、多忙なラボにとって非常に貴重な機能です。従業員はより迅速にサンプルの場所を特定できるようになり、ラボ全体の生産性が向上するようになります。また、エラーのリスクも大幅に削減されるので、繊細な医療用サンプルを扱うラボでは特に重要です。このほか、LIMSソフトによって、ラボとサンプル検査の依頼元である医療専門家や他の医療機関との間の直接的なコミュニケーションが円滑になり、結果が迅速かつ効率的に届けられるようになります。

LIMSソフトは、セールス、マーケティングカスタマーサポートのソフトウェアとは異なる非常に特殊なアプリケーションで、医療サンプルの管理およびラボでの進捗の管理に重点が置かれています。しかし、一部のLIMSソフトは、会計ソフトウェアなどの他のビジネス管理システムと接続、または連携が可能できます。LIMSソフトは通常、2つの方法で提供されます。1つは、ラボのローカルのITインフラストラクチャにインストールされホストされるオンプレミスのソリューションで、もう1つはSaaSモデルを通じて提供されるクラウドベースのソリューションです。

使用するLIMSソフトを決定する際には、いくつか検討すべきポイントがあります。主な検討事項として、ラボの規模、システムにアクセスする必要があるユーザー数、リモートアクセスが必要かどうか、ラボですでに使用されている他のビジネスシステムと互換性があるかどうか、などが挙げられます。LIMSソフトは一般的に、以下の機能を提供します。

  • ラボで処理される複数のサンプルを追跡し、サンプルの進捗状況と場所を常に容易に確認できるようにします。
  • さまざまな手順を標準化し、ワークフローを改善することで、検査や分析の実行中に発生する人的エラーのリスクを最小化します。
  • ラボ環境におけるサンプルの保管場所と保管方法を管理し、必要なときにサンプルをすばやく見つけられるようにします。

ラボラトリー情報管理システムとは?

ラボラトリー管理ソフトの中でもLIMSソフトは、さまざまなサンプルのラボライフサイクルの管理を支援します。LIMSソフトは、ラボが効果的かつ効率的に作業を管理し、生産性と正確さのバランスを取ることができるように設計されています。さらに、LIMSソフトを使用することで、人によるミスの可能性やサンプルの取り違えやラベリングの間違いなどの問題が低減されます。また、ラボの活動の均質化も促進されます。システムによっては他のビジネスシステムと接続し、複数のビジネスシステム間でのデータの自動共有が可能になります。

多くのラボは多忙で、サンプルを迅速に分析しなければならないプレッシャーにさらされています。LIMSソフトを使用することで、サンプルを追跡し、ラボのライフサイクル全体で進捗状況を確認できます。また、さまざまなサンプルや手順から得られたデータを一元化してアクセスしやすくし、必要な情報を簡単かつ迅速に見つけられるようにします。LIMSソフトを使用すれば、分析結果を医療従事者などの第三者と自動的に共有することも可能になります。これにより、ラボと顧客とのコミュニケーションが容易になり、待ち時間が大幅に短縮されます。

多くのラボが現在、厳しい納期を守り、効果的に業務を遂行し、エラーのリスクを低減するためにLIMSを使用しています。ラボはLIMSソフトを使用することで、データを一元化し、パートナーとの情報共有を簡単かつ迅速に行うことができます。加えて、手順や手法を標準化できるため、効果的で専門的な事業運営にこれまで以上に注力することができます。

LIMSソフトの利点とは?

LIMSソフトの利点は多岐にわたりますが、その大半は、ラボにおいて特定のサンプルがたどる経路を正確にトレースすることに関連します。最新のラボでLIMSソフトを使用する具体的な利点を以下に紹介します。

  • サンプルの追跡:サンプルが到着した時点から、ラボのライフサイクルが終了するまでを追跡する機能は、LIMSソフトにおいて不可欠です。これにより、検査技師は必要なときにサンプルを簡単に見つけることができるだけでなく、サンプルを紛失するリスクも低減されます。

  • オペレーションと手順の標準化:LIMSソフトを使用すれば、プロトコルの標準化を簡単に行うことができます。これは特に、毎日多くの異なるサンプルやテストを扱う大規模なラボでは便利な機能です。さらに、LIMSソフトでは標準の作業手順を作成して、ラボ全体の品質と効率を向上させることができます。

  • サンプル保管の管理:今日のラボにおいては (特に大量のサンプルを扱うラボでは)、サンプルの保管は複雑になりがちです。LIMSソフトは、サンプルの保管記録を自動化し、検査技師が特定のサンプルの正確な場所を迅速かつ容易に特定できるようにします。これにより、生産性が向上し、サンプルの置き間違いや別のサンプルとの混同のリスクが低減されます。

  • 検査結果の自動共有:LIMSソフトでは、医師や病院などの第三者と検査結果を自動的に共有できます。検査結果の自動共有により、ラボの効率は向上し、重要な検査結果が出次第、パートナーやクライアントと共有することができます。さらに、データを自動的に共有する機能により、ラボは最大限効率的に機能するようになり、高い顧客満足度を維持することができます。

  • 一元化されたデータベースの検索:多くのLIMSソフトには、ラボで扱うすべてのサンプルの詳細な記録が保管される一元化されたデータベースが実装されており、このデータベースから必要に応じて情報を検索できます。一元管理されたデータベースにアクセスできることで、さらに効率が向上し、会計システムなどの他のビジネスアプリケーションと簡単にデータを共有できます。さらに、データが一元管理されていれば、過去のデータおよび最新のデータを簡単に見つけることができるため、ラボが医学研究や臨床試験に携わっている場合に特に有用です。

  • 在庫の管理:在庫の管理は、あらゆるラボの日常業務において不可欠です。LIMSソフトを使用して在庫とラボ用品を管理することで、この重要なビジネス機能を厳重に管理できます。試薬などのアイテムは、ラボを効果的に運用する上で不可欠であり、シリアル番号、ロット番号、有効期限などのデータを一元的に追跡できれば、在庫管理がより効果的になります。

LIMSソフトの機能とは?

LIMSソフトの機能は通常、コア機能と一般的な機能で構成されますが、それ以外にもさまざまなオプション機能があり、ソフトウェアによって大きく異なる場合があります。一般的なLIMSソフトの機能を以下に紹介します。

  • ワークフロー管理:ワークフローを管理することは、ラボの日常業務において非常に重要です。LIMSソフトは、ラボのライフサイクルの各ステップでサンプルを追跡できるようにすることで、ワークフローをより効果的に管理できるようにします。この戦略的な機能は、あらゆるラボの効率性と正確性の向上を実現できるという意味でも重要です。

  • 在庫管理:検査に必要な試薬や消耗品などの在庫を管理することも、ラボにとって不可欠な機能です。LIMSソフトは、在庫レベルやロット番号、有効期限、サプライヤー情報などの重要な情報を記録することで、在庫管理の自動化を可能にします。

  • 機器の管理:機器を正常な状態に保つことによって、ラボおよびその検査結果の精度と信頼性の高さが保証されます。しかし、大規模なラボの場合、膨大な数と種類の機器を所有していることが多く、機器の状態を手動で追跡するのは容易ではありません。LIMSソフトを使用すれば、このタスクが自動化され、特定の機器に整備/キャリブレーションが必要になった場合や故障が検出された場合には、検査技師に通知が送信されます。

  • データ共有の自動化:検査結果などの情報を顧客と自動的に共有することで、準備でき次第、重要な検査結果を届けることができます。また、データ共有の自動化により、ラボにおける事務作業の負担が軽減され、ラボの業務効率が向上し、その結果、ラボの評判の向上と業績アップにつながります。

  • コンプライアンスの追跡:ラボで実行されるすべての手順が業界標準に準拠していることを確認することは不可欠です。ラボで実施される検査は繊細なものが多く、特定の規制に準拠していない場合には検査結果が無効になる可能性があります。LIMSソフトを使用することで、特定の手順の全ステップを追跡し、関連する標準に完全に準拠して検査が行われていることを確認できます。

  • 分析結果の認証:多くの場合、検査結果を認定することが、その検査結果を有効とするための要件となります。多くのLIMSソフトでは、デジタル証明書を添付することによって検査結果を電子的に認証できます。認証された検査結果は通常、認証されていない結果よりも重要視され、多くの顧客は認証された検査結果を提供できるラボとの取引を優先するため、この機能は重要です。

LIMSの購入時に考慮すべき点は?**

LIMSソフトを購入する際には、検討すべき重要な要素がいくつかあります。現在、複数のLIMSソフトが市販されていますが、すべてのソフトウェアが同じように作成されているわけではありません。ほぼすべてのLIMSソフトが似たコア機能を搭載している一方で、オプション機能には違いがあります。特に検討する必要がある事項を以下に示します。

  • LIMSソフトの主な機能とは?

LIMSソフトで提供されるコア機能を詳細に検討することが極めて重要です。特定のラボが抱えるすべてのニーズに対応できるかどうか、適応可能なシステムかどうかなどの要素を検討する必要があります。また、購入するLIMSソフトを決定する前に、ラボの基本的なニーズを評価することも重要です。ソフトウェアに自社にとって必要でも有用でもない多くの機能が付属している場合も多くあります。さらに、ラボのニーズとソフトウェアが提供する機能の間で常に最適なバランスを取る必要があります。

  • LIMSソフトの目的とは?

すべてのラボが同じように作られているわけではありませんし、同じ分野に特化しているわけでもありません。しかし、LIMSソフトは、医療サンプル、製品開発、研究、品質管理など、さまざまなタイプのラボで使用できます。そのため、LIMSソフトの中には、特定の分野での利用を想定し、その分野で適用される機能を優先しているものがあります。特定のLIMSソフトで提供される機能を慎重に確認し、ラボのニーズを満たすことができるかどうかを判断してから購入してください。LIMSソフトの目的を正確に把握すれば、自社に最適なソフトウェアを容易に見つけることができます。

  • LIMSソフトのコストとは?

LIMSソフトは通常、2つの価格モデルで提供されています。1つは、従来型のオンプレミスソリューションです。この場合、社内のIT部門の関与が必要となり、初期費用が高くなります。2つ目は、クラウドベースのSaaSソリューションで、迅速かつ低コストで導入できるという利点があります。オンプレミスのソリューションの将来的なアップグレードコストの予測については、社内の各部門の手に委ねられています。SaaSのアップグレードコストはプロバイダーが設定するため、長期的な見通しを立てることができません。どちらの価格モデルにするかは、一般的にそのラボの初期予算によって決まりますが、決定する際には、将来発生しうるすべてのコストを考慮することが重要です。ソフトウェアの総所有コストに基づいて決定を下すことで、今後のコストを正確に把握した上で購入することができます。

  • LIMSソフトはラボの目標達成に貢献できるか?

特定のLIMSソフトを選択する前に、ラボが達成しようとしているビジネス目標を検討することが重要です。ビジネスの目標を明確に把握しておくことで、適切な意思決定ができ、検討中のソフトウェアがその目標の達成に役立つかどうかを慎重に評価することができます。要件を満たさないシステムを購入した場合、将来的に多額の不要な出費が発生し、さらにはビジネスの中断を招く可能性があります。

  • LIMSソフトでリモートアクセスを許可する必要はあるか?

ラボの作業は通常、ラボの敷地内で従業員によって行われますが、データにリモートでアクセスできれば従業員にとって便利です。ただし、ラボでは機密情報が扱われることが多く、機密情報は常に安全に保管されなければなりません。リモートアクセスが必要な場合は、データセキュリティが特に重視され、業界標準のデータ暗号化技術によってリモートアクセス時のデータが保護されるソリューションを探すことが重要です。

  • ラボの規模に適したLIMSソフトか?

ラボによってその規模は異なります。したがって、すべてのラボが同じソリューションを必要とはしていません。例えば、従業員が数人の小規模なラボと、毎日多くのサンプルを処理する大規模で複数の拠点があるラボとでは、必要とされる機能が異なります。特定のニーズに対して適切ではないサイズのシステムを購入してしまうと、コストがかさむ可能性があります。システムに投資する前にラボの現在のニーズと潜在的なニーズを分析し、そうしたコストを避けることが推奨されます。

  • LIMSソフトは、データストレージの要件を満たしているか?

ラボでは、非常に重要な個人データを扱うことが多いため、データ保存に関連する法的要件を常に考慮する必要があります。多くの国や地域ではデータ漏洩に対する取り組みが大幅に強化されており、関連する基準を満たしていない個人データの保護やシステムへの投資は、大きな問題を招く恐れがあります。

  • LIMSソフトは、他のビジネスシステムと互換性があるか?

今日、多くの企業では複数のビジネスシステムが稼働しており、あるシステムが機能を果たすためには、他のシステムからのデータを利用する必要があります。LIMSソフトを選択する際には、他の既存のビジネスシステムとやり取りできるシステムを探すことが推奨されます。例えば、ERPシステムやCRMシステムとやり取りする機能を備えたLIMSソフトを検討するべきです。

  • 既存の検査機器とやり取りできるLIMSソフトか?

多様な機器が設置されているラボでは通常、機器が定期的にメンテナンスされていることを確認するために、LIMSソフトが使用されます。多くのLIMSソフトは、機器と直接やり取りして、機器の現在の状態やメンテナンス要件に関する情報を取得できます。しかし、すべてのLIMSソフトがすべての機器とやり取りできるわけではないため、ソフトウェアを選択するときにはこの点を考慮することが重要です。

LIMSツールに関する注目のトレンドは?

どのLIMSソフトに投資するかを決定するときに考慮しなければならないもう一つの要素が、LIMSソフトのトレンドです。LIMSの分野で最も重要なトレンドを以下に紹介します。

  • データ管理の改善:今日、データの重要性はかつてないほど高まっており、データ管理に関する基準は絶えず進化し、改善されています。平均的なラボであっても大量のデータが生成、処理、保存されていることから、この変化はラボ業界にとって非常に大きな意味を持ちます。スマートなデータ管理は、あらゆるLIMSソフトにとって重要な要件です。

  • サイバーセキュリティ:データが「価値の高い商品」であるということを、サイバー犯罪者も十分に認識しています。

LIMSソフトの最重要トレンドの1つとして、サイバーセキュリティとデータ保護が以前にも増して重視されていることが挙げられます。多くのソフトウェアプロバイダーがSaaS型の価格モデルに移行しており、ハッキング、フィッシング、データマイニングなどのサイバー犯罪に対する保護機能の強化が求められています。

  • 機器のメンテナンス:ラボでは、高価で複雑な機器が検査に使用されており、検査結果の正確性は機器のメンテナンスに左右されます。このため、LIMSユーザーの間では、より優れた機器管理機能への需要が高まっています。

  • 設定済みのシステム:多くのラボでは、特定の業界標準を満たす必要がある複雑な検査を行っており、次々に加えられる規制の変更に簡単に対応できるとは限りません。このため、最新の規制変更に対応するように事前に設定されたシステムに注目が集まっています。

  • 人工知能への依存度の高まり:人工知能 (AI) が利用されていない分野はほぼ存在しておらず、AI技術はLIMSソフトにおいては特に有益です。ラボは効率性と精度を高める方法を常に模索しており、AIはこの目標を達成する上で非常に有用であることがすでに証明されています。

出典 本書で紹介した機能は、LIMSソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. LIMS Systems (LIMSシステム) – キャプテラUK 2021年 (アクセス日:2022年5月30日、月曜日)

  2. Google People Ask (アクセス日:2022年5月30日、月曜日)

  3. LIMS Trends (LIMSのトレンド) – Solution4Labs (アクセス日:2022年5月30日、月曜日)