キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

NPO 法人会計ソフト

NPO 法人会計ソフトでは、非営利組織が助成金や寄付を追跡し、資金の利用状況を報告することができます。

8件の結果

中小企業向けの業界トップレベルの会計ソフトウェア。顧客、ベンダー、従業員情報へすぐにアクセスすることができます。
QuickBooks Enterprise (最大40%割引) は、ビジネスと共に成長するエンドツーエンドの会計ソフトウェアです。ビジネスに必要なあらゆるツールを提供しながらも、使いやすくなっています。帳簿の整理、在庫管理、売上の追跡、さらには給与計算の実行まで行うことができますが、かかる費用はわずかです。QuickBooks Enterpriseを使用すると、他のソリューションと比較して年間数千ドル節約できます。強力で柔軟な製品で、独自のニーズに合わせて設計できるエディションも用意されています。今すぐ無料のテストドライブをお試しください。 QuickBooks Desktop Enterpriseの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
QuickBooks Onlineは、いつでもどこでもビジネスを管理できる小規模企業の会計ソフトウェアおよびアプリです。
QuickBooks Onlineは、いつでもどこでもビジネスを管理できる小規模企業の会計ソフトウェアおよびアプリです。QuickBooks Onlineは、450万人以上の顧客に利用されており、企業にとって使いやすい高性能なツールを提供しています。帳簿の整理、経費管理、請求書の送信、在庫の追跡、さらに給与支払も行うことができます。QuickBooks Onlineでは、支払い機能を追加することで、整理整頓、時間の節約ができるようになり、迅速に支払いを受けることもできます。まずは30日間無料で試用できます。 QuickBooks Onlineの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
NetSuiteは、スマートな意思決定を行い、着実にビジネスを拡大・成長するために必要な可視性と制御を提供する、業界トップレベルのクラウド型ERPです。
Oracle NetSuiteクラウドERP・財務会計ソフトウェア ***財務報告に正確性とスピードを提供します*** 世界No.1クラウドERPソリューション 柔軟なシステム設計で全部のコア機能と必要な情報をシームレスに結びつけて、財務会計処理を効率化します。 会社の今をいつでも確認できるOracle Netsuiteは管理部門のコストを縮小し、 意思決定のスピードを向上させて会社の未来を成功に導き、成長の手助けをします。 企業運営に必要な様々な機能を一元化リアルタイムで管理し、会社の全体で可視化します。 ◊ 財務会計 ◊ 内部統制 ◊ 予算管理 ◊ CRM ◊ グローバル経営管理 ◊ プロフェッショナルサービス自動化 ◊ Eコマース グローバル企業でも対応が強み: 会計基準へのコンプライアンスを遵守しながら、決算プロセスを迅速化することができます。 複数通貨や複数言語に対応、更に複数国の税制にも対応可能です。 そしていつでもどこからでも24時間アクセスすることができます。 37,000件以上の導入で得た知見が集約された Oracle NetSuiteを利用すると、 ビジネスを大幅に拡大するための情報やツール、そして自信を得ることができます。 財務情報、営業情報、コア・プロセスなどを統合する方法や、 将来の企業運営に必要なバックオフィスシステムをお探しの方は、是非お問い合わせください NetSuiteの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
小規模企業の会計処理が簡単になりました。請求書を送信し、支払いを受領し、経費を追跡し、レポートを作成し、財務上の意思決定を改善します。
Kashoo 2.0は、小規模企業のオーナーの会計業務を自動化することで作業時間を節約できる会計アプリケーションです。Kashooは機械学習を使用して経費を分類し、キャッシュカードやクレジットカードのトランザクションと経費を照合し、ワンクリックで正確で完全なリアルタイムのレポートを提供します。 Kashooは、自動照合だけでなく光学文字認識 (OCR) と領収書の照合も行うことができます。受信トレイに領収書の画像をドロップするだけで、Kashooが自動的にトランザクションと照合します。 Kashooの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
Omaticはデータを価値に変換し、ソーシャル・グッド団体が世界を大きく変えることを可能にします。
Omatic Post to G/Lは、非営利団体の資金調達およびプログラム管理システムと財務会計システム間のギャップを埋めます。正確な情報が、そのシステム (Banner Finance、PeopleSoft、Workdayなど) の対象形式でエクスポートできることを保証します。構成可能なパラメータを定義することで、エクスポートされたデータが会計ソフトウェアに簡単に統合され、迅速で正確な財務報告が可能になるうえ、エラーもなくなります。 ImportOmaticの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
ボランティアベースのグループ (PTA、PTO、ブースター・クラブ、スポーツ・チーム、ボーイ・スカウト、サービス・クラブなど) 向けのシンプルな非営利会計ソフトウェアです。
MoneyMinderは、ボランティアベースのグループ向けの非営利会計ソフトウェアです。グループの会計係は、手頃な年会費であらゆる財務を管理することができます。銀行取引の入力、銀行口座の照合、予算策定、会員/ボランティア/寄付者の追跡、レポートの実行、ドキュメントの保存、9990EZおよび1099フォームの合計計算、銀行およびマーチャント・サービス口座への接続を行うことができます。帳簿作成の経験がなくても、理事会の移行をスムーズに行い、帳簿の透明性を確保することができます。 MoneyMinderの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
オンプレミスのソフトウェアに不満を抱えるユーザーやエントリーレベルのクラウドソリューションから脱却しようとしているユーザーに適したクラウド会計ソフトウェア。
iplicitは、オンプレミスのレガシーソフトウェアに不満を抱えるユーザー向けにカスタマイズされた、クラウドベースの会計ソフトウェアです。さらに高い柔軟性と高度なレポート機能を提供しながら、他のクラウドアプリケーションとの統合を実現し、既存のシステムからのシームレスな移行を可能にします。次世代の財務ソフトウェアへの「ステップアップ」を模索する組織に適しています。また、iplicitはエントリーレベルのソリューションから脱却しつつある組織向けにも構築されています。 iplicitの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告
請求に関する無駄な時間をなくすことができます。 Billitでは、見積もりからリマインダーまでの請求プロセスを自動化できます。 Peppol経由で請求書を安全に送信できます。
Billitは、見積もりから支払いまで、請求プロセス全体を自動化し、Peppol経由で安全に請求書を送信することができるデジタル請求リューションです。 Billitを使用すれば、手作業や人的ミスを回避して、時間とコストを節約できます。また、財務データで会社の健全性を監視し、Peppolネットワークを介して世界中に電子請求書を送信することも可能です。 Billitでは、以下のような、請求をより簡単かつ迅速に行うための多くの機能を提供しています。 - 数回のクリックによるパーソナライズされたデジタル文書の作成および送信 - アプリでのレシートのスキャンとアップロード - スマートテクノロジーによる経費請求書の自動的処理 - 銀行の紐づけによるキャッシュフローと支払いの追跡 - リマインダーなどの自動化を使用した管理業務の削減 - 70以上の統合による体験のカスタマイズ - 会計士とのつながり、データ重複の回避 - ヘルプページとサポートによるすばやい開始 Billitの15日間無料体験を利用して、今すぐビジネスのための時間を増やしましょう Billitの製品詳細

機能

  • 買掛金
  • 売掛金
  • 銀行勘定調整
  • 資金会計
  • 非営利団体向け
  • 財務報告

NPO 法人会計ソフトのお役立ちガイド

NPO法人会計ソフトは、NPO法人 (非営利組織) の会計管理に特化したソフトウェアです。NPO法人には税制上の一定の優遇措置が適用される一方で、すべての会計が適正に処理されているかどうか厳しい監視の目が向けられます。多くのツールと同じように、業務に適したツールを導入すれば時間と費用を節約できます。NPO法人会計ソフトは、NPO法人に関する業務向けに特別に設計されています。

これらの会計ソフトは、他のタイプの会計ソフトと同様のコア機能を提供していますが、NPO会計ソフトに搭載される詳細な機能は、営利事業ではなく、非営利事業向けに設計されています。例えば、NPO法人で利用される用語が使用されており、政府のコンプライアンス要件や給与管理といったNPO会計における重要な領域にも対応しています。多くの会計ソフトと同様に、NPO法人口座の残高と実際の取引額を照合するために、銀行と直接接続できる場合が多くあります。

NPO法人にとってのこれらのソフトウェアの利点は、利便性を向上し、コンプライアンスを徹底できることです。これらのソフトウェアは、NPO法人の会計業務向けに設計されており、人によるミスを減らして、会計業務にかかる時間を短縮して効率化します。また、NPO法人の会計処理が関連するすべての税法に完全に準拠していることを確認でき、政府機関からの要求事項を簡単に満たすことが可能になります。

NPO法人会計ソフトの機能は、教会会計ソフトと建設業向け会計ソフトなどの他の会計ソフトの機能と比較されることが多くあります。NPO法人会計ソフトは、これらの他の会計ソフトと同様に、特定の業界や、詳細な業務に特化した会計ツールを提供しています。

NPO法人会計ソフトには通常、コア機能と一般的な機能が搭載されています。一般的な機能は各ソフトウェアによって異なります。一方、コア機能については、NPO法人会計ソフトには不可欠であり、すべてのNPO法人会計ソフトに含まれます。このカテゴリに含まれるソフトウェアが提供している主な機能の一部を以下に紹介します。

  • すべてのソフトウェアが、買掛金を追跡および管理する機能に対応しているわけではありませんが、すべてのNPO法人会計ソフトは、法人に支払われるべき基金を適切に処理できなければなりません。
  • NPO法人は収益を上げることを目的としておらず、基金会計はNPO法人の運営に不可欠です。そのため、すべてのNPO法人会計ソフトでは基金会計に対応している必要があります。 銀行勘定調整の機能も、帳簿と実際の取引との不一致を明確にできることから、NPO法人会計ソフトに搭載されていなければなりません。
  • NPO法人は、会計に関する説明責任を営利組織よりも明確に果たさなければならないことが多いため、これらの多くのソフトウェアは基本的に財務報告機能を搭載しています。

NPO法人会計ソフトとは?

NPO法人会計ソフトは、非営利団体の会計処理を効率的かつ正確に行うことができるようにします。他の会計ソフトと同様に、NPO法人会計ソフトも、財務の追跡、レポートの作成、請求書の支払いなどの方法を提供します。他の会計ソフトとの違いは、NPO法人会計ソフトは非営利団体向けの機能に特化していることです。これらの違いは些細に感じられるかもしれませんが、非営利団体は一般的な営利組織とは運営方法が異なります。

非営利組織の運営では一般的に説明責任が重視され、会計の開示性が求められます。営利企業は、経費と収入についてはすべて報告しなければなりませんが、NPO法人のようにすべての細目を明示する必要はありません。非営利団体は、資金の用途を完全に開示しなければならず、多くの場合、広報用にこれらの情報を分かりやすいプレゼンテーションにまとめる必要があります。そのため、これらのソフトウェアでは財務報告のためのツールが不可欠です。

多くのNPO法人会計ソフトは、特定の非営利団体に関連する項目を追跡するための専門的な機能を搭載しています。例えば、ギフトエイドによる寄付を追跡して、対象の寄付金1ポンドにつき25ペンスを慈善団体が追加で請求できるようにします。また、NPO法人がさまざまな種類の寄付を記録できる寄付金管理システムも提供し、NPO法人のWebサイトから直接支払いを受けられるようにする機能も提供するソフトウェアもあります。最新のNPO法人会計ソフトだけではなく、最新のあらゆる種類の会計ソフトは、クラウドやSaaSモデルへの移行をさらに進めており、ユーザーはリモートから簡単にシステムを利用できるようになっています。

NPO法人会計ソフトの利点とは?

NPO法人会計ソフトを使用する主な利点は、会計を簡潔化かつ効率化できることです。多くの場合、営利企業向けの通常の会計ソフトでも、非営利団体のニーズを満たすことができるでしょう。しかし、NPO法人会計ソフトには、非営利団体の会計処理に特化した機能が搭載されています。NPO法人会計ソフトを使用することで得られる具体的な利点を、以下に紹介します。

  • データの一元化:最新の会計ソフトの多くは、クラウドサービスとして提供されているか、クラウドポータルを提供しており、寄付や寄付者、また団体が保存する必要のある他のデータを一元化できる利点があります。データを一元化することで、全員が同じ情報を利用して作業でき、連絡のミスや不正確なデータによるミスや遅延の発生を減らすことができます。

  • 寄付者情報の簡単な検索:データを一元化する利点は、データの参照先が一つになることだけではありません。寄付者、サプライヤー、その他のNPO法人と協働している組織に関する情報を簡単に検索できます。特に、多くの寄付者を獲得するためには、これらの情報を素早くかつ容易に入手できることが大切です。

  • 非営利団体のための専用機能:通常の会計ソフトでも、非営利団体で必要となるほぼすべてのタスクを処理できますが、NPO法人会計ソフトは、これらのNPO法人に特化した目的で設計されています。そのため、寄付金の追跡や財務報告の強化など、NPO法人の活動に特化した機能が追加されています。これらの機能が追加されているため、NPO法人の会計処理をさらに円滑にすることができます。

  • ソフトウェアメンテナンス費用の削減:SaaSモデルを利用すると、サービスプロバイダーが会計ソフトのメンテナンスを担うため、メンテナンスコストを削減できます。サービスプロバイダーは、このようなクラウドネイティブ・ソリューションを提供することを専業としており、一般的な企業よりも多くの時間と労力をこれらのメンテナンスやアップグレードに費やすことができます。これは、一円のコストも無駄にできない、NPO法人にとって特に大切です。

  • 知見の向上:多くのビジネスソリューションで見られるように、NPO法人会計ソフトでもAIなどの高度なアルゴリズムから有用な知見を獲得できるようになっています。これらの知見は、期間別の業績の検証や効果的なマーケティング戦略の立案など、さまざまな意思決定に役立てることができます。

  • 他のシステムとの連携:最近のソフトウェアは、他のシステムと連携させて、一体的なエクスペリエンスを提供できるようになっていますが、NPO法人会計ソフトも例外ではありません。これらのソフトウェアは、在庫管理やマーケティング戦略ソフトなど、関連性のあるシステムと連携できることが多くあります。

NPO法人会計ソフトの機能とは?

NPO法人会計ソフトの機能は主に、これらの法人の会計を簡潔にすることを重視しています。コア機能と一般的な機能があり、コア機能はほぼ全てのNPO法人会計ソフトに搭載されています。一方、一般的な機能は、ソフトウェアによって異なる場合があります。NPO法人会計ソフトに一般的に搭載される機能を以下に紹介します。

  • 買掛金:非営利団体であっても購入した商品やサービスを支払う義務があり、多くのNPO法人会計ソフトは買掛金を追跡する機能を搭載しています。この機能には、請求書の支払期限を通知する機能や、支払った金額を財務報告書に転記する機能などが含まれます。

  • 売掛金:慈善団体などのNPO法人は、寄付を集めることだけを目的としているわけではありません。一般企業と同じように、商品の販売や募金活動、実店舗を運営することもあり、受け取る代金の管理も必要になります。通常、NPO法人会計ソフトには売掛金機能が組み込まれており、法人が受け取る代金を追跡できます。

  • 基金会計:基金会計は、主に非営利団体で使用される会計手法です。非営利団体の目的は利益を上げることではないため、利益追求の概念とは異なる目的で、受け取った現金を追跡できます。NPO法人では、さまざまな目的でいくつもの基金を設立することがありますが、基金会計を利用すれば、管理作業を大幅に合理化できます。

  • 銀行勘定調整:銀行勘定調整により、法人の会計処理が格段に容易になりますが、コンプライアンスも徹底できます。NPO法人はすべての会計を開示するように、政府や市民から厳格な監視の目が注がれているため、これには大きな利点があります。銀行勘定調整により、ソフトウェアと銀行口座を連携させることで、記録された取引と実際の銀行口座の入出金を照合し、不一致を容易に特定できるようになります。

  • 財務報告:NPO法人の運営には、会計の可視化や開示性について多くの要件が課せられます。政府機関だけでなく一般市民も会計を参照する必要があります。実際、慈善団体などのNPO法人の資金の用途が明示されていなければ、不信感が高まり、支援や寄付金の減少につながる恐れがあります。この可視化に利用されるのが、堅牢な財務報告ツールです。このツールは、市民にわかりやすい形で法人会計を伝えることを可能にします。

  • ギフトエイドの追跡:ギフトエイドとは、英国などの政府が定めた制度で、慈善団体が対象となる支払いについて、1ポンドの寄付につき25ペンスが上乗せされるようになります。NPO法人会計ソフトには、この寄付金を追跡する特定の機能が搭載されていることが多く、他の国の類似あるいは代替の制度に対応している場合もあります。

  • 連絡先管理:継続的な寄付者と関係を深めることは資金確保のための有効な手段です。そのため、必要な時にこれらの寄付者の詳細がすぐに分かるようにしておくことが大切です。多くのNPO法人会計ソフトには、過去の寄付者、サプライヤー、非営利団体と取引があった組織の連絡先を素早く簡単に検索できる機能が搭載されています。

  • 寄付管理:寄付や募金には、さまざまな方法があります。寄附管理機能によって、最も効果的な寄附の方法を把握でき、効果が芳しくなく方向転換するべき方法も特定できます。寄付管理では、寄付の種類に応じた金額や傾向を確認できます。

NPO法人会計ソフトの購入時に考慮すべき点は?

NPO法人会計ソフトを購入するときには、組織が享受できる利点を検討しなければなりません。クラウドソリューションの多くは、従来型のソフトウェアよりも費用対効果に優れていますが、提供される機能とソフトウェアの価格を考慮し、総合的なプラスの効果を確認する価値があります。無用な出費を抑えることが重要であるため、機能と価格については慎重に検討してください。NPO法人会計ソフトの購入を検討する際に、具体的に考慮すべきいくつかの点を以下に紹介します。

  • NPO法人会計ソフトの主な機能とは?

新しいNPO法人会計ソフトを検討するときには、ソフトウェアが提供する主な機能と、それらの機能がNPO法人のニーズを満たすことができるかどうかをまず検討しなければなりません。このソフトウェアにはさまざまな機能が搭載されており、非営利団体向けの機能を提供する会計ソフトと、非営利団体向けに特化している会計ソフトの区別も曖昧です。いずれにしても、ソフトウェアが提供している機能と組織が必要とする機能を照らし合わせることで、適切なソフトウェアを選定できるようになります。一般的に、機能が多いほどコストは高くなるため、組織にとって不要な機能がないソフトウェアを選択すれば、コストを削減できます。

  • NPO法人会計ソフトのコストは?

機能を確認したら、次に、候補となるソフトウェアの費用対効果について検討しましょう。コストを検討する場合には、ソフトウェアの代金だけではなく、ソフトウェアの潜在的なコスト削減効果についても考慮しなければなりません。例えば、ある作業にかかる時間が半減すれば、実質的な作業費も削減されます。このようなコスト削減は、ソフトウェアのコストと相殺できます。つまり、ソフトウェア自体のコストが高くても、ソフトウェアによる節約効果を考慮すると、総合的な費用対効果は高くなる可能性があります。

  • ソフトウェアはクラウドネイティブか?

オンプレミスのモデルからクラウドモデルに移行することは、特に会計などのサービスにおいては、プラス面がマイナス面を大きく上回っており、大きな利点があります。クラウドモデルは、インターネットへの接続環境があれば利用でき、特に全国に分散して活動しているボランティア人材を活用しているNPO法人にとって優れた効果を発揮します。また、データを一元的に管理できるため、何か変更があった場合、他のユーザーが最新の情報を使用できる利点もあります。

  • 国税局や税務署との統合は?

一般的には、会計ソフトは国税局や税務署のシステムと円滑に統合され、ソフトウェアから税務情報を自動的に提出できます。この統合機能によって作業時間を大幅に節約でき、会計ソフトから国税庁や税務署のWebサイトに関連データをコピーするときに生じる恐れがあるミスも排除できます。

  • 既存のシステムとの連携は?

非営利団体は、通常の業務でさまざまなソフトウェアを使用する必要があります。イベント管理ソフトや在庫管理ソフトが使用される場合もあります。業務を円滑に運用するためには、他のソフトウェアと適切に連携させる必要があります。最新のクラウドモデルの会計ソフトを使用すれば、シームレスな連携が可能になる場合が多くあります。

  • 充実した財務報告ツールを搭載しているか?

先に説明したように、NPO法人は会計の詳細を開示し、高い透明性を維持することが求められます。政府機関が資金の用途を検証する必要があるだけでなく、市民に対して情報を開示することで、信頼を獲得し多くの寄付を受けることができるためです。充実した財務報告ツールを利用できれば、非常に容易に会計情報をエクスポートして関係者と共有できます。

  • 許可や権限によって適切にアクセスが管理されているか?

NPO法人では、多くの有給のスタッフやボランティアが働いています。財務データや支払を記録する必要があるすべての担当者が会計ソフトに直接アクセスできれば、運営をよりスムーズに行うことができます。適切なアクセス制御によって、ユーザーがアクセスできる項目やシステムを変更できる領域を決定する権限を割り当てることができ、セキュリティを確保・維持しながら、多くのユーザーが会計ソフトを利用できるようになります。

  • 顧客データの取り扱いは?

サプライヤーからスタッフ、寄付者まで、NPO法人会計ソフトでは多くのユーザーデータを取り扱い、保存しなければなりません。現在では個人情報やプライバシーの保護が特に重要となっています。SaaSモデルのソフトウェアでは通常、堅牢なデータセキュリティポリシーが適用されていますが、個人情報とデータセキュリティに関するすべての規制を満たしていることを確認してください。

NPO法人会計ソフトに関する注目トレンドは?

NPO法人会計ソフトで最も注目されるトレンドは、他のシステムとの連携と人工知能に関連しています。さまざまな業務環境がクラウドへ移行していく中で、他のシステムやサービスと連携することで、寄付者との関わりを強化することも可能になります。NPO法人会計ソフトにおける最も重要なトレンドを以下に紹介します。

  • 連携:APIやパートナーシップによって他のサービスと連携することで、NPO法人が寄付を受け取る機会を増やすことができます。寄付がしやすくなるほど、慈善事業などのNPO法人の活動を効果的に推進できるようになることから、NPO法人会計ソフトの開発者は、今後このトレンドに注目するようになるでしょう。

  • 人工知能:人工知能は、大規模なデータセットから知見を引き出します。慈善事業も他の業務と同様に、過去のデータや傾向を詳細に分析することで大きな利益を得ることができることから、AIが提供する優れた知見は今後も注目されることになるでしょう。

  • 寄付者との直接の対話:寄付者が直接寄付できる方法を提供することは、中間マージンを排除できるため効果的です。NPO法人会計ソフトは、今後もこのような仕組みを活用しながら、サブスクリプションモデルで繰り返し寄付できるようにしたり、寄付者が支払を管理するダッシュボードを提供したりするなど、クラウドファンディングの手法を取り入れていくことになるでしょう。

出典 本書で紹介した機能は、NPO法人会計ソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラ (アクセス日:2022年6月28日、火曜日)
  2. ウィキペディア - 非営利団体 (アクセス日:2022年6月28日、火曜日)
  3. 英国政府 - ギフトエイド (アクセス日:2022年6月28日、火曜日)
  4. Accounting Tools - Fund Accounting Definition (会計ツール - 基金会計の定義) (アクセス日:2022年6月28日、火曜日)