キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

配送ルート最適化ソフト

配送ルート最適化ソフトとは、物流や食品業界などの宅配ドライバーが、複数の配送先や目的地に効率よく配送するために最適なルートを作成してくれるソフトです。 従来はベテランドライバーの知恵と経験に頼ってマニュアルに計算していたものを、「どの車両が、どの順で、どの経路で」配達するのが最適かを、AIの技術を使って即座に計算することができます。膨大な組み合わせのルート候補から、各種条件に合致した最も効率的なルートを導き出してくれます。

日本 日本製品のみ表示

25件の結果

Tookanを使用すれば、可能な限り最速かつ最短のルートを提示して、リソース計画を最適化することができます。 Tookanの製品詳細
Tookanは、あらゆるルーティングのニーズに対応するスマート・ルート・プランナーです。Tookanを使用すれば、可能な限り最速かつ最短のルートを提示して、リソース計画を最適化することができるため、ルート計画が容易になります。 近いルートを簡単な手順で確認できますので、燃料使用の無駄を減らし、コストと時間の効率を上げて、事業コストを大幅に節約することができます。 Tookanの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
交通状況や天候などに基づいて、ドライバーのルートを変更したり、遅れに備えたりできるので、よりスマートにマップを作成できます。
使いやすい単一のプラットフォームから、GPS追跡、スマートダッシュカム、電子ログ記録装置 (ELD) の使用義務遵守、ディスパッチ、メンテナンスなどの機能にアクセスできます。車両、トレーラー、および機器をリアルタイムで追跡できます。人工知能 (AI) 検知で危険運転を特定し、スマートダッシュカムでドライバーの容疑を晴らすことができます。簡単かつ確実に法令遵守できる、優れたELDです。車両診断と点検リマインダー機能により、メンテナンスコストを削減します。これらのさまざまな機能は、35万台から成るKeepTruckinの車両ネットワークから得た知見に基づいて実現したものです。 Motiveの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
Verizon Connectのフリート管理ソフトウェアは、5台以上の車両を持つ中小企業向けです。
Verizon Connectなら、業務を最適化し、成長を促進するために必要な知見とインテリジェンスを企業の顧客に提供することができます。クラウドベースのエンドツーエンド・ソリューションを通じて、Verizon Connectならユーザーのフリートパフォーマンスを正確に測定し、隠れたコストや効率改善の機会を明らかにすることができます。また、リアルタイムのアラートやレポートにより、企業はより適切にサービスを管理できるようになります。 Verizon Connectの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
ルーティングの混沌をようやく解消できます。極めて使いやすいRoute4Meは、ルートを計画して、ナビゲーション機能が組み込まれたモバイル・アプリに配信します。
ルーティングの混沌をようやく解消できます。極めて使いやすいRoute4Meは、ビジネスのルートを自動的に計画し、ナビゲーション機能が組み込まれたモバイル・アプリに配信します。 フィールド・サービス、フィールド・セールス、フィールド・マーケティング、フィールド・マーチャンダイジング、販売区域管理、ラスト・マイル配送の最適化を必要とするあらゆるビジネスに最適です。 Route4Meは、小企業と大企業34,000社以上が利用している世界有数のルート・シーケンス化および最適化ソフトウェアです。 Route4Meの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
Badger Mapsでは、現場の販売担当者がマッピング、ルーティング、スケジューリング、レポートの機能を利用して販売数を増やすことができます。CRMに接続すれば、データを収集しやすくなります。
Badger Mapsは、現場の販売担当者と外部販売担当者の効率を高めることができるアプリです。販売担当者のモバイル・デバイスやラップトップ上でGoogleマップ、顧客関係管理 (CRM) データ、ルート最適化、スケジューリング、リード生成の機能を組み合わせることにより、営業チームによる販売区域の管理を向上させることができます。現場からCRMにデータを送信することもできます。販売マネージャーが現場の状況を理解し、レポートとインサイトを取得して、販売チームの管理を向上させることができます。 Badger Mapsの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
Onfleetのソフトウェアは、現地配送業務を最初から最後まで簡素化します。今すぐ無料トライアルを開始してください。
Onfleetのモダンで快適な配送管理ソフトウェアは、企業による現地配送の計画や管理を容易にします。Onfleetには、ドライバー用の直感的なスマートフォンアプリ、ディスパッチャー用のリアルタイムWebダッシュボード、自動SMS通知、顧客用のドライバー追跡機能が搭載されています。また、APIを利用してオンライン注文やその他のシステムに統合可能です。このソフトウェアは世界60か国以上の多くの企業で利用されています。今すぐ無料トライアルを開始してください。 Onfleetの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
Headlight Solutionsは、積み荷計画やルーティングの課題を簡単に解決できる、最先端のテクノロジーソリューションです。
Headlight Solutionsは、積み荷計画やルーティングの課題を簡単に解決できる、最新の人工知能を採用した最先端のテクノロジーソリューションです。 運行管理者のワークフローを合理化し、積み荷とルートを最適化して、企業を業界の最前線に押し上げることができます。 Headlight Solutionsを使用すれば、比類のない効率性を実現し、業界をリードする存在となることができます。 価格設定情報やデモのリクエストは、お電話でお問い合わせください。 Headlight Solutionsの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
効果的で高度なルート計画を提供するLogiNextは、ルート計画と最適化におけるカテゴリー・リーダーおよびソート・リーダーです。
LogiNext Mileは、ルートの計画と最適化の分野を牽引する製品です。 高性能な機械学習機能を搭載しているため、その時の交通状況と気象分析に基づいて、配送に最適なルートを選択することができます。 配達に最適なスケジュールや順序を計画することにより、移動距離を最短にしながらフルフィルメントを最大化できます。ルート計画では、移動時間と距離を短縮し、リソースと燃料コストを削減することができます。 また、この製品のルート計画では、ライブ通知を利用した配達予定日 (ETA) の動的更新機能も使用することができます。 LogiNext Mileの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
深層学習を使用して宅配便業者への物流を簡素化する自動ルート・プランナー。
Locus Dispatcherは、深層学習を使用して配送エージェント、ドライバー、運行管理者への物流を簡素化する自動ルート・プランナーです。ほぼ人間の介入なしに、フルフィルメント業務を強化し、輸送計画における一貫性を高めるロジスティクスにおける包括的なソリューションです。このソフトウェアは、実際の制約と流通モデルを考慮し、最短かつ効果的な配送ルートを提供し、輸送コスト全体の最適化を実現します。 Locus Dispatch Management Platformの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
OnTime 360は、他の宅配ソフトウェア企業の製品と比較して、より多くの機能をより低価格で提供します。豊富な機能をお試しください。
OnTime 360は、市場で高い評価を受けている宅配ソフトウェア・ソリューションです。この宅配管理ソフトウェア・ソリューションを導入すると、業務を時間通りにスムーズに遂行し、チームや顧客と常につながることができます。OnTime 360は、より多くの機能を低価格で提供しています。カスタマイズ可能な顧客Webポータル、約300か国の国際サポート、柔軟な顧客価格体系、高度なルート・ストップ・スケジューリング機能などを利用できます。 OnTime 360の製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
電子配達証明システムを採用すれば企業効率が改善し、最大で50%のコスト削減が可能となります。
Detrackは、企業の業務効率化や収益改善を支援する配送管理ソフトウェアです。DetrackにはGPS追跡、リアルタイムの最新情報、ルートの最適化機能などが搭載されているため、配送状況の追跡や時間通りに予算内で配送することが簡単になります。また、このソフトウェアでは配送業務に関する貴重な知見も得ることができるため、改善が必要な箇所を特定することができます。 Detrackの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
このソフトウェアは、フィールド・サービス、物流、販売活動のスケジューリングを最適化して30%の生産性向上を達成するために広く使用されています。
Opti-Timeは受賞歴のあるルーティング最適化ソフトウェアです。地理への最適化機能を利用して、企業の競争力を高めることができます。予約件数が増え、移動距離が減ることにより、生産性が30%向上します。予約、配達、ルート最適化、実施の追跡などに対応するOpti-Timeのソフトウェアは、意思決定者や計画者が通話や配達の正確、的確、迅速な実施とコスト削減のために活用できるカスタマイズ可能な総合ソリューションを提供します。Opti-TimeはGeoconcept Group (1991年創立) のメンバーです。 TourSolverの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
ラストワンマイル・デリバリーを最適化する、API駆動型のSaaSプラットフォームです。先進的なUI/UXにより、革新的な顧客体験を実現します。
ラストワンマイル・デリバリーを最適化する、API駆動型のSaaSプラットフォームです。先進的なUI/UXにより、革新的な顧客体験を実現します。 店舗から顧客の戸口まで、一分単位で追跡できます。Radaroを導入すると、社内外のサービス・プロバイダーに対するリアルタイムのインサイトを得ることができ、運用コストの削減につながるほか、顧客にもこれまでにないインサイトを提供することができます。 ラストワンマイルの配送とサービスの提供を今日、変革しましょう。 Radaroの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
GSMtasksのルート計画および最適化ソフトウェアを使用すると、車両マネージャーは、その日のマルチストップ・ルートを簡単に計画することができます。
GSMtasksのルート計画および最適化ソフトウェアを使用すると、車両マネージャーは、自動的にルートを最適化しながら、その日のマルチストップ・ルートを簡単に計画することができます。GSMtasksでは、コストの削減、ルートの効率の向上を実現でき、詳細な分析が提供されます。最適化されたルートにより、ドライバーはより多くのタスクを短時間で完了し、顧客の満足度を維持することができます。GSMtasksには、ドライバー用の直感的なスマートフォン・アプリ、派遣担当者用のリアルタイムWebダッシュボード、自動SMS通知、顧客用のドライバー追跡機能が搭載されています。 GSMtasksの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
マルチストップ配達の最短ルートと最速ルートを入手することができます。毎日最大1時間の節約で、時間とコストを抑えることができます。
Zeo Route Plannerは、ドライバー、ロジスティクス・マネージャー、宅配業者、小規模企業を対象とした最先端のルート・プランニング・ソリューションを提供します。 ドライバーは、Zeoが推奨する最短かつ最速のルートを使用して、1日1時間以上、1カ月あたり最大$200を節約することができます。平均で、運転時間を30%、燃料費を20%節約することができます。 iOSおよびAndroidモバイル・アプリは、配送ドライバーを対象として設計されています。1人のドライバーまたは複数台の車両向けのWebベースのログインも用意されています。 Zeo Route Plannerの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
飲食店などeコマース宅配ビジネス向けの簡単に使える地域宅配管理ソフトウェア。
Shipdayは、直感的に使えるドライバー・アプリ、ライブ配達追跡、顧客へのSMS通知を利用して、宅配の注文を簡単に発送、追跡、管理できるオールインワンの地域宅配管理ソフトウェア・プラットフォームです。 飲食店の出前、食料雑貨店やコンビニの特急配達など、オンデマンドの迅速な地域宅配に最適です。スケジューリングされている配達の経路を計画および最適化することもできます。 . 30日間の無料トライアルを今すぐお試しください。クレジット・カードは不要です。 Shipdayの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
Logistiaは日々のルート・プランニングのパートナーとして、複数の目的地を含めた最速のルートを提供します。
独自の配送車両を持つ企業向けに設計されたLogistiaは、リソース管理と最適なルートでのドライバーの派遣に役立ちます。エネルギー、時間、燃料を節約し、配達直前の混乱を取り除きます。 独自のルールを定義し、数秒でルートを生成して何時間もの手動作業を削減することができます。 移動中のドライバーに関する情報を企業と顧客に提供し、精度の高い予測と透明性を実現します。 英語、スペイン語、フランス語、ルーマニア語で使用できます。 Logistiaの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
インテリジェントな最適ルーティング機能を装備しています。このラスト・マイル・デリバリー・プラットフォームを使用すれば、コスト効果の高い、納期厳守の配送を実現することができます。
クロス・ドッキング、追跡、ドライバー管理、名簿管理、ルーティングと発送、配達証明、集荷および返品、請求書作成、請求処理などの業務を変革することで、効率的なラスト・マイルを実現します。動的ルーティングのパワーを活用して、納期厳守での配送を実現します。 FarEyeのカスタマイズ可能なラスト・マイル配送プラットフォームでは、迅速なイノベーションの展開とロールアウト、小包の配送、集荷ポイントのドロップオフ、さらに多くの機能を利用することができます。 より低コストで納期厳守の配送を実現します。 FarEyeの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
NextBillion.aiは、企業が複雑なロケーションの問題に対処し、ロケーション・データを管理する業務を支援する空間データ・プラットフォームです。
地図システムは、いつの時代も多くのエンドユーザーを想定して開発されてきました。しかし、必ずしも企業を想定して開発されているわけではありません。このギャップはNextBillion.aiが解決します。マッピング・エコシステムに新たな時代を築き、高いスケーラビリティを備え、的を絞ったカスタマイズ可能なソリューションが企業の成功をサポートします。 NextBillion.aiは、企業がロケーション・データを管理し、AI主導型アプローチをあらゆる地域とユースケースに適用するための統合空間データ・プラットフォームです。 NextBillion.aiの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
ElasticRouteは、ヒューリスティック・ベースのルート計画および最適化アルゴリズムです。大規模なフリートに対する車両ルーティング問題を解決することができます。
自然なクラスター・ベースのルートを生成するルート計画ソリューションで、最適化プロセスに人間味が加えられています。独自のヒューリスティック・アルゴリズムを使用することにより、より自然に見えるルートが生成され、ドライバーの抵抗を大幅に軽減することができます。 ElasticRouteを使用すると、90秒で1,000回以上という記録的な数の停車を計画することができるため、世界中の企業が計画外の配達変更などの課題に対処することができるようになります。 ElasticRouteの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
リアルタイムのアポイントメント予約、ジョブ・スケジューリング、サービス・レベル・アグリーメント (SLA) モニタリング、ジョブ・ディスパッチ・オプションを備えたモバイル・ワークフォース管理ソフトウェアです。
以下を提供しています。 中規模からエンタープライズ・レベルの企業に最適なスケジューリングとモビリティのソリューションです。雇用された労働力を管理し、25~50%の大幅な生産性向上を実現するようカスタマイズされています。Planzoneは真のマルチテナントのSaaS保証請求処理および発送ソフトウェアを提供する企業です。北米の製造業者、小売業者、サードパーティ管理者の大多数がサードパーティ・サービスの提供プロセスの自動化と改善のためにPlanzoneを利用しています。 ServicePowerの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
配送業務の処理、ルート計画、ドライバーのリアルタイム追跡などを行うことができる、クラウドおよびモバイルベースのツールです。
配送業務の処理、ルート計画、ドライバーのリアルタイム追跡などを行うことができる、クラウドおよびモバイルベースのツールです。 詳細については、公式サイトを参照してください。 営業担当者への問い合わせ方法についても、 公式サイトを参照してください。 Deciosの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
複雑な配達ルートの最適化、出発前およびラストワンマイル配達のソフトウェアとドライバー・アプリケーションです。 配達ルートの計画時間を短縮し、また、顧客へのライブ通知を備えています。
配達ルートの最適化、ラストワンマイル配達、およびドライバーの出発前安全点検の管理に役立つ配達ルート計画ソフトウェアです。 - 注文の一括インポート - - 業務のスケジュール設定とディスパッチ - - 動的な配達ルートおよび積載の最適化 - - ドライバーの出発前安全点検 - - ドライバー・モバイル・アプリ - - 自動化された顧客通知 - - デジタル配達証明 - - 大型車両のナビゲーション - - カスタム安全点検の構築 - - 一括管理 - - 安全レポート・ダッシュボード - - 点検チェックリストと修理 - SolBoxの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
日本 国内製品
配送ルート最適化ツールで、最適な配車計画を作成できます。
Loogia(ルージア)は、最適な配車計画を作成できる配送ルート最適化ツールです。国内最高峰の最適化アルゴリズムを使用し、複数の配送先や車両などの多様な条件を組み合わせ、最適な配車計画を自動で算出します。Loogiaを導入することで、属人化から脱却した配車業務フローを構築できます。高精度な経路探索(特許取得済「最適経路決定装置及び最適経路決定プログラム」)を実現できるため、計画通りに配送できます。これにより、配送現場は運行・配送に集中できます。本サービスは、日本語のみでのご利用となります Loogiaの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS
日本 国内製品
“地図”と“AI”を使って ルートの最適化・コースの自動作成・ドライバーへの指示を行うソフトウェアです。
ジオルーターは、配送業務や訪問業務でお使いいただけるソフトウェアです。 パソコンやスマートフォンを使って、ルートの最適化・コースの自動作成・ドライバーへの指示を行います。 独自開発した"配車AI"により、自動配車を実行。 自動計算により複雑な制約条件を考慮した計画を短時間で作成します。 また、作成したコースは、地図上で"見える化"し、ドライバーと共有できます。 配送/訪問作業前日の配車計画から、作業当日まで、スムーズな業務をサポートします。 GeoRouterの製品詳細

機能

  • ドライバーのライブ追跡
  • 土地管理
  • パフォーマンス測定基準
  • 燃料追跡
  • ステータス追跡
  • スケジューリング
  • モバイル・アクセス
  • 配達追跡
  • GPS

配送ルート最適化ソフトのお役立ちガイド

配送ルート最適化ソフトは、最も効率的な配送経路 (ルート) を計画するために利用され、複数の配送先がある場合に、車両を最も有効に活用できるようにします。これは、ルート最適化ソフトとも呼ばれ、配送ルートを最適化するためのソフトウェアです。これらのソフトウェアは、配送ルートや配送先の順番を検討するときに、さまざまな状況を考慮できます。

配送ルート最適化ソフトでは、複数の配送先があるルートの自動的な計画、ルートに関するパラメータの修正、複数の車両を使用する場合の最適なルートの決定などが可能になります。配送ルート最適化アプリは通常、担当地域、急送、ドライバーを管理する機能を備えています。また、一部のソフトは、パフォーマンス指標を管理でき、綿密な調査が必要な物流業務の領域を明確に把握できるようになります。

物流関連の企業は、配送ルート最適化ソフトを利用することで多くの利点を享受できますが、特に重要な利点はコストの削減です。車両を運転する時間の短縮、燃料費の削減、さらにはメンテナンス頻度の長期化などによって、コスト削減を実現できます。また、顧客に正確な配送時刻を伝えることができることも利点です。

配送ルート最適化ソフトは、主に物流業務で使用されるソフトウェアであり、在庫管理システム車両メンテナンスソフトなどのカテゴリにも関連しています。物流業務を円滑化するために必要なソフトウェアのすべてがシームレスに相互に連携されるわけではありません。しかし、関連する多くの機能は、さまざまなソフトウェア間で連携できることが多くあります。

配送ルート最適化ソフトを検討する場合には、対象とする車両規模や、導入している関連システムとの連携のしやすさなど、多くの要素を考慮しなければなりません。また、ソフトウェアに搭載される機能も注目すべき大切なポイントです。配送ルート最適化ソフトによって搭載される機能は異なりますが、通常、コア機能はすべてのソフトウェアに搭載されています。これらのコア機能の一部を以下に紹介します。

  • ジオフェンシング機能により、ドライバーが設定されたルートや担当地区を離れたときに通知できます。
  • 高速なルート設定機能やルート再設定機能により、新しいルートを計画するときに待機時間を発生することなく、事故による予期せぬ渋滞など新たな状況が発生しても、状況に合わせてルートを素早く変更できます。
  • ドライバー管理機能では、各ドライバーの詳細なプロフィールを把握でき、ドライバーの1日の勤務時間を考慮しながらルートを計画できます。
  • 担当地域 (テリトリー) 管理機能により、特定のドライバー、車両、配送先場所の境界を明確に設定し、ルート計画に反映できます。
  • 動的なルート設定機能では、ルートを計画するときに、複数車両、配送先、ドライバーの勤務時間、交通時間の変化など、多くの変数を扱うことができます。

配送ルート最適化アプリとは?

配送ルート最適化ソフトは、効率的なルートを計画し、費用対効果を向上するように設計されています。多くのビジネスで共通することですが、ルート計画もまた、効率化できる小さな要素を積み重ねて、全体として大幅な改善を実現するプロセスです。その大幅な改善は、コストの削減、効率的な運用、そして顧客や取引先へのサービス品質の向上につながります。

物流業務では配送先への最短経路だけでなく、さまざまな変数を考慮しなければなりませんが、これらの変数もまた複雑化しています。物流業務を最大限に効率化するためには、時間帯によって変化する交通量、交通規制などによるルート変更、担当地域、ドライバーの勤務時間など、さまざまな要素を考慮しなければなりません。配送ルート最適化ソフトで考慮できる要素を追加していくと、物流業務で使用する車両の運用にかかる費用を少しずつ削減することが可能になります。多くの車両群を扱っている場合、その積み重ねが大きなコスト削減につながります。

現在の物流業界では、車両の運用効率を最大化するだけでなく、宅配便の受取人、サービス技術者の到着を待っている取引先、また、車両の運用を関連するあらゆる形態のビジネスの顧客に優れたサービスを提供するために、配送ルート最適化ソフトが利用されています。これらのソフトウェアは、車両メンテナンスソフトや在庫管理システムなどの関連するソフトウェアと連携できる場合が多く、自動化を取り入れて、サプライチェーンと物流業務をさらに効率化できます。

配送ルート最適化ソフトの利点とは?

配送ルート最適化ソフトの主な利点は、可能な限り多くの領域で効率性を向上して、物流業務の運営コストを削減することです。このような効率性の向上によって、収益が改善するだけでなく、顧客に提供するサービスを向上する効果も期待されます。物流や車両の運用で配送ルート最適化ソフトを活用する具体的な利点を以下に紹介します。

  • 高度なルート計画機能:優れた配送ルート最適化ソフトに求められる基本的な機能の一つは、効率的なルート計画です。最新の配送ルート最適化ソフトには、単にある拠点から一つの配送先までの最短ルートを特定するだけでなく、いくつもの配送先にも対応し、交通量や交通規制などの動的な要素を考慮して、全車両と全ルートを考慮して、最適な車両の配置方法を決定することが求められます。

  • 高速なルート計画:従来よりも優れたルートを計画する能力だけでなく、できる限り迅速に最適なルートを見つける能力も重要です。最新の配送ルート最適化ソフトは、従来のソフトウェアや手動による方法よりもはるかに迅速にルートを計画できます。また、状況に合わせてルートを変更する場合も、迅速に処理できます。これにより、交通事故による突然の渋滞や配送のキャンセルなどにも動的に対応しながら業務を進めることができます。

  • 移動時間と走行距離の短縮:ルート計画を改善する直接的な成果の一つは、ドライバーの走行距離と移動時間を短縮できることです。結果として、燃料費を削減でき、一定時間内に多くの場所に配送することが可能になるなど、さまざまな効果が期待できます。

  • カスタマーサービスコストの削減:高度なルート計画では、通常、不在や遅配がはるかに少なくなるため、顧客からの配送に関する問い合わせや、不在による再配達についての苦情も少なくなります。これはカスタマーサービスコストの間接的な削減につながります。

  • 車両メンテナンスコストの削減:また、ルート計画を改善する間接的な利点として、車両の運用におけるメンテナンスコストの削減があります。車両の維持や修理のコストは、車両をどれだけ使用したかに大きく関係します。配送ルート最適化ソフトを使用してもメンテナンス自体のコストが下がるわけではありませんが、メンテナンスする間隔が長くなることで、車両を配送に利用できる時間が長くなり、収益を生み出す活動に充てることが可能になります。この結果、メンテナンスコストを実質的に削減できます。

  • エンドユーザーへのサービス向上:最適なルートを計画し、精度を向上できれば、コスト削減と遅配防止の効果のほかに、カスタマーサービスの向上も可能になります。例えば、配送ルート最適化ソフトによって精度の高いルートを計画できれば、より正確な配送日時を提示できます。また、データを動的に追跡できるため、何らかの変更があった場合でも、リアルタイムで顧客に最新情報を提供できます。

  • サプライチェーンサステナビリティの向上:サプライチェーンが環境に与える影響については、これまで以上に厳しい監視の目が注がれており、企業は自社の事業のサステナビリティへの取り組みを向上させなければならなくなっています。ルート計画を改善することで、走行距離、燃料、メンテナンスコストを削減し、環境への負荷を低減します。物流業務の効率化を進めることは、環境にとってもやさしいことなのです。

  • さまざまなデータへのアクセス:最新の多くのビジネスソフトウェアと同じように、配送ルート最適化ソフトの大きな利点は、業務に関連する大量のデータを収集して分析できることです。これらのデータは、季節ごとの傾向の把握や、物流ネットワークの弱点の特定など、さまざまな用途に活用できます。

配送ルート最適化ソフトの機能とは?

配送ルート最適化ソフトの機能は、物流業務におけるルート計画の効率性を向上することを重視しており、その目的からすべての機能が派生しています。配送ルート最適化ソフトが基本的なナビゲーション機能 (ルートプランナー) と異なるのは、単一の車両だけでなく、物流業務に関するさまざまな要素を包括的に考慮できる点です。配送ルート最適化ソフトが計算するときには、担当地域内で稼働しているすべての車両が考慮されます。配送ルート最適化ソフトの一般的な機能を以下に紹介します。

  • 動的なルート計画:配送ルート最適化ソフトは、指定された車両に対して最速のルートを特定するだけではありません。物流業務を行っている企業では、多くの車両を保有しており、集荷、配送、修理サービスなど、さまざまな場所に車両を移動します。動的なルート計画とは、道路工事、交通状況、ドライバーの欠勤、車両の故障など、計画したルートに影響を与える可能性のあるあらゆる事象をリアルタイムに考慮し、業務全体で最も効率的となるようなルートの組み合わせを特定する機能です。

  • ジオフェンシング:物流業務を担当するマネージャーは、業務状況を常に把握して効率性を高めています。業務の効率性が高くなるほど、ちょっとした出来事によって引き起こされる混乱は大きくなります。ジオフェンシングとは、対象の車両やドライバーのルートの周りに仮想的な境界 (ジオフェンス) を設けて描画することです。その車両やドライバーをGPSで監視し、定められた境界を越えた場合に通知することができます。この機能により、配車担当者はすぐにドライバーと連絡を取り、問題の原因を突き止め、車両を正しいルートに戻すことが可能になります。

  • 迅速なルート最適化:多くの配送ルート最適化ソフトは、高度なルート計画機能を提供しているだけでなく、迅速にルートを計画できるように設計されています。例えば、始業時にルートを計画する場合、スピードは特に重要ではないかもしれませんが、特に複雑な物流業務では状況が刻々と変化することがあります。現在の多くの配送ルート最適化ソフトが、予期せぬトラブルが発生した場合に迅速にルートを調整できる機能を搭載しています。

  • シンプルなデータ処理:現在の物流業務は大規模化しており、従来のデータ処理の方法で膨大なデータを扱うことが非常に難しくなっています。そのため、最新の配送ルート最適化ソフトでは、インポートから統合、自動化まで、これらのデータを簡単に処理するためのツールが多数提供されています。

  • 連携:物流は、サプライチェーンマネジメント車両管理在庫管理などの他の多くの分野と交差する業務です。そのため、多くのソフトウェアプロバイダーは、配送ルート最適化ソフトと他のビジネスソフトウェアとの連携性を向上できるように継続的に取り組んでいます。シームレスに連携できるようになると、特定のルーチンタスクやデータの交換の自動化が可能になり、時間を節約し、効率性を向上できます。

  • 担当地域管理:高度な配送ルート最適化ソフトの一部は、担当地域を管理する機能を搭載しています。この機能は、特定の物流拠点 (デポ) の車両が、別のデポの担当地域を通過するルートを通らないようにできます。担当地域管理機能により、複数のエリアを定義し、重複を避けて業務を管理できます。

  • ドライバー管理:ドライバー管理も、配送ルート最適化ソフトの一般的な機能です。ドライバーの詳細なプロフィールを把握しておくと、従業員の評価や懲戒処分を下すときに役立つだけでなく、ルートを計画する際にも、ドライバーが24時間以内に運転可能な時間を法律で定められた労働時間と照らし合わせて考慮できます。

  • 分析とレポート:分析とレポートツールは、現在のあらゆるビジネスソフトウェアで不可欠になっていますが、配送ルート最適化ソフトも例外ではありません。データの傾向を分析すれば、重要なビジネス上の意思決定や、今後の業務の方針決定するために役立てることができます。

配送ルート最適化ソフトの購入時に考慮すべき点は?

配送ルート最適化ソフトを購入するときには、自社の事業規模を考慮し、その規模の事業を管理するタスクに対応できるかどうかを見極めることが大切です。逆に、小規模な企業が配送ルート最適化ソフトを検討する場合には、小規模な企業向けのソフトウェアを選択する方が経済的な利点があるでしょう。配送ルート最適化ソフトを購入するときには、以下の要素について具体的に検討してください。

  • ソフトウェアが対応できる車両規模は?

最初に考慮する必要があるのは、配送ルート最適化ソフトで管理できる車両の規模です。検討しているソフトウェアが運用している大規模な車両群に対応できないのであれば、購入しても十分な効果は得らえないはずです。同様に、自社が所有している車両数よりもはるかに大規模な車両群を扱うようにソフトウェアが設計されている場合、小規模で安価なソフトウェアを探したほうがよいかもしれません。しかし、将来的なニーズと拡張性についても考慮するようにしてください。例えば、100台の車両を保有している企業は、100台の車両を上限にしているソフトウェアを導入すべきではありません。これは、将来的に車両数を増やす場合に、ソフトウェアのアップグレードや変更が必要になるからです。

  • 顧客向けの機能の提供は?

配送業者や宅配業者など、消費者と直接取引する物流業務では、顧客がリアルタイムで荷物の配送状況を追跡したり、配送先のどこに荷物を置くかといった指示を残したりできるなど、顧客向けの機能を備えたソフトウェアを見つける価値があります。これらの機能は、顧客に提供するサービスの質を向上できるだけでなく、顧客が会社に問い合わせる必要もなくなるため、カスタマーサービスへの問い合わせ件数を減らすことも期待できます。

  • データの扱いは?

SaaSモデルのソフトウェアでは通常、データを保存する責任はソフトウェアプロバイダーにありますが、そのプロバイダーのデータ保存ポリシーに満足できるどうかを確認する価値があります。結局のところ、サービスプロバイダーによってデータが不適切に扱われた場合、法的な責任は負わないかもしれませんが、企業の評判などのマイナスの影響を受けることは間違いないでしょう。

  • コストに見合うだけの利点があるか?

重要な製品を購入したり、運用方法を変更したりする場合には、費用便益分析を行う必要がありますが、配送ルート最適化ソフトでもそれは同じです。旧式のソフトウェアや従来の手動による方法を使用している大企業は、最新の配送ルート最適化ソフトに切り替えることで、大きな利益を得ることができるはずです。すでに配送ルート最適化ソフトを導入している企業や、小規模企業の場合は、最新の配送ルート最適化ソフトを導入して得ることができる利点がそれほど大きくない場合もあります。多くのケースで、利益を得ることができると考えられますが、購入前に費用便益分析を行って確認しておく価値があるでしょう。

  • 他のソフトウェアとの連携は?

前述のように、配送ルート最適化ソフトは、他の多くの物流関連のソフトウェアと連携して運用しなければならないことがあります。導入しているソフトウェアとスムーズに連携できれば、移行はよりスムーズになります。また、統合型の技術スタックを構築できるように支援すると、全体的な業務運用の効率性を向上できます。

配送ルート最適化ソフトに関する注目トレンドは?

配送ルート最適化ソフトで注目すべきトレンドの多くは、人工知能 (AI) などのスマートテクノロジーの活用による物流業務の効率化に関連しています。ソフトウェアの基盤はすでに完成しているため、この分野のソフトウェア開発では、大規模な変更というよりは、漸進的な改良に重点が置かれています。配送ルート最適化ソフトの分野で注目すべき主なトレンドを以下に紹介します。

  • 人工知能の活用の拡大:配送ルート最適化ソフトは、すでに人工知能を活用していますが、AIがさらに進化し、より効果的になるにつれて、さらにAIへの依存度が高まっていくでしょう。AIは、従来のソフトウェアや人間よりも早く、効果的にデータを分析し、物流に最適なルートを見つけることができます。またAIテクノロジーの性質上、利用を重ねることでデータが蓄積され、精度はさらに向上していきます。

  • 自動運転車:配送ルート最適化ソフトの開発者は、自動運転などの物流業務の変化に対応するための計画を立てており、近い将来、これらのソフトウェアが自動運転車を管理する機能を搭載するようになるでしょう。

  • 自動化の推進:ルート計画では効率性が何よりも重要です。小さな改善を積み重ねることで、業務全体の効率性を高めることができ、サービスの向上、コスト削減、利益の向上につながります。今後、できる限り多くのタスクを自動化し、人が監視する必要性を軽減するように開発が進められていくと考えられます。

出典 本書で紹介した機能は、配送ルート最適化ソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラ (アクセス日:2022年7月2日 土曜日)
  2. wiki.gis.com (アクセス日:2022年7月2日 土曜日)
  3. Circuit Blog (アクセス日:2022年7月2日 土曜日)