キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

バーチャルツアー作成ソフト

バーチャルツアー作成ソフトとは、バーチャルリアリティ(VR)技術により360度の景観をプレゼンテーションすることができます。ほとんどのバーチャルツアー作成ソフトは不動産会社向けに設計されていて、画像や音声クリップ、ビデオ、3Dマップ、パノラマなどを使って効果的にバーチャルツアーを作成するため、住宅購入者は実際に足を運ばずに物件見学ができます。 不動産以外にも教育や健康、フィットネスなど他のビジネス向けのバーチャルツアー作成ソフトもあり、ユーザーそれぞれのニーズに合ったサービスを提供しています。

日本 日本製品のみ表示

10件の結果

コスト効果の高いバーチャル・ツアーをすばやく簡単に撮影して作成できるバーチャル・ツアー・ソフトウェア。不動産の写真撮影に最適です。
不動産業者、フォトグラファー、建築家、デザイナー、ディーラー向けに特別に設計された使いやすいバーチャル・ツアー・ソフトウェアです。コスト効果の高いバーチャル・ツアーをすばやく簡単に撮影して作成することができます。リード・ジェネレーションと販売用に設計された、ホワイトラベル、フロアプラン、およびキャッチーなCTAボタン。特定のニッチ分野に焦点を当て、バーチャル・ツアーから多くのリードを獲得できるソフトウェア・バージョンを備えたバーチャル・ツアー・ソフトウェアです。 このシステムは使いやすく、時間効率の高い設計です。 My360の製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
Concept3Dのエンタープライズ・ツアーとマップ・プラットフォームを使用すれば、カスタム仮想環境作成用のデータ、360°ビデオ、3Dレンダリング、マップを作成することができます。
Concept3Dはバーチャル・ツアーとインタラクティブな地図のプラットフォームです。Concept3Dは360°の写真から3Dレンダリングされたパノラマまで対応しています。エンタープライズ・ユーザーに堅牢な臨床管理システム (CMS) を提供し、バーチャル・ツアーの作成と管理を可能にするソフトウェアです。 Concept3Dには、360°ツアーとマップ・ツアーの2種類のバーチャル・ツアーを作成する機能があります。360°ツアーは、オーディオ、行動喚起、ストップして詳細を表示、追加画像、ブランディング・オプションなど、高度なカスタマイズ機能を備えたVR対応ツアーです。マップ・ツアーは、設定済みのインタラクティブ・マップ内であれば無制限に利用できるロケーションベースのツアーです。 Concept3Dの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
日本 国内製品
x

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
不動産・プロパティ管理者向けのシンプル、短時間、手ごろな仮想ツアー。15分のモバイル・ツアーを1物件あたり$5から作成できます。
不動産営業およびプロパティ・マネージャー向けの360°仮想ツアー・ソフトウェア。1物件あたりわずか$5で15分以内のモバイル・ツアーの作成と公開が可能です。インタラクティブ・フロアプラン、情報ポイント、URLリンク、無料VRツアー、無料ビデオ・チュートリアル。素晴らしいオーストラリアベースのサポートと無料のマンツーマン研修。無料のカスタム・ブランディング。 より多くのベンダーを獲得し、適格なリードを育成し、競合他社より優位に立つことができます。 VTCツアーは、不動産資産 (REA) リスティング・カルーセルの2番目の写真に表示されます。 Virtual Tours Creatorの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
不動産や観光マーケティング向けの仮想ツアーソフトウェア。Webサイトでの共有や掲載が可能なインタラクティブ・バーチャルウォークスルー
不動産や観光業界のあらゆる規模の企業が、写真、動画、音声、フロアプランなどの内蔵マルチメディア要素を使用してバーチャルツアーを作成することができる、バーチャルツアー・ソリューションです。3DVista Virtual Tour Suiteでは、クリック可能なホットスポットを追加して、詳細な画像や、購入ウィンドウ、3Dモデルを開くことができるようにし、顧客を引き付けることができます。また、アニメーションやライブパノラマ、3Dトランジションエフェクト、360度動画を追加して仮想現実 (VR) 対応ツアーを作成することも可能です。 3DVista Virtual Tour Suiteの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
Web拡張現実 (AR) コンテンツの作成、ホスト、公開、共有に役立つ、ノーコード/ローコードのソフトウェア開発キット (SDK) ARプラットフォームです。
Web拡張現実 (AR) コンテンツの作成、ホスト、公開、共有に役立つ、ノーコード/ローコードのソフトウェア開発キット (SDK) ARプラットフォームです。 45億人以上のIOSおよびAndroidのグローバルユーザーへのアクセスが可能で、世界中の92.94%のデバイスとの互換性があります。 Web ARはアプリが不要で、非常に速くアクセスしやすい方法でARを体験できるため、エンドユーザーの障壁を取り除くことができます。 小売、観光、文化、eコマース、レジャー、エンターテイメント、イベント、その他多くのインパクトセクター向けのB2C体験のためのB2Bソリューションです。 Onirix Studioの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
360度のバーチャル・ツアーを作成、カスタマイズ、共有することができるバーチャル・ツアー・ソフトウェア。
企業が住宅、大学、学校などのオンライン・バーチャル・ツアーを作成、公開、管理することができるよう設計されたバーチャル・ツアー・ソフトウェアです。このプラットフォームの機能には、カスタマイズされたブランディング、主要ドメインへのツアーの追加、調整可能な多角形マーカー、ツアー・マップまたはフロア・プラン、ガイド、モバイル・アクセス、バックグラウンド・オーディオ、ユーザーのWebサイトに埋め込むことができるモバイル・フレンドリーなレスポンシブ・ビューアーなどがあります。 Threesixty.toursの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
TINTは、AIおよびARテクノロジーを使用して非常にリアルな化粧品ショッピング体験を提供する、仮想体験型プラットフォームです。
TINT Virtual Try-On Platformは、実際と変わらない試着、高度なAI美容アドバイザー、わかりやすいUIを組み合わせた、すぐに使えるWebソリューションです。美容商品小売店、化粧品、メガネ、宝飾品のメーカーにおけるオンライン販売のコンバージョン率の増加、返品の削減、顧客満足度の向上をサポートします。 TINT Virtual Try-On Platformの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
リアルなバーチャル製品をすばやく作成し、これらをWebサイトに埋め込んで、トラフィックやエンゲージメントを追跡することができます。
建設業や不動産業を対象としたBRIOは、インタラクティブな3Dプレゼンテーション、バーチャル・ツアー、ARを実現できるクラウドベースのプラットフォームです。 360度の写真、3Dレンダリング画像、完全テクスチャ加工のアセットを使用して、完全没入型の3Dバーチャル住宅ツアー、キュレーションされたウォークスルー、AR間取り図を作成することができます。 24時間年中無休のオープン・ハウスを実現しましょう。この製品は自宅を出ることなく住宅を見学するのに最適な方法です。BRIOのスタッフと一緒に売上を伸ばしましょう。 BrioXRの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ
高性能の仮想ツアーを作成し、業務を披露し、どこでも共有できます。
Scenicsは、仮想ツアーを作成するプロセスの複雑さを取り除きます。360度カメラからパノラマ画像をアップロードすれば、内蔵ドラッグ・アンド・ドロップ・エディタを使ってインタラクティブな仮想ツアーに変換できます。Webリンク、ホットスポット、リッチテキストの説明、マップ、音楽、環境音、追加のビデオ情報、シーン間のトンネルなど、さまざまなメディア形式がすでに搭載されています。 Scenicsの製品詳細

機能

  • 仮想現実
  • 間取り図、フロアマップ
  • ボイスオーバー/音声
  • パノラマ
  • ホットスポット
  • インタラクティブ・コンテンツ
  • ブランディングのカスタマイズ

バーチャルツアー作成ソフトのお役立ちガイド

バーチャルツアー作成ソフトとは?

バーチャルツアー (VT) 作成ソフトは、360度仮想現実 (VR) を用いて不動産物件や風景のVTを作成し、紹介するためのソフトです。VRのヘッドギアやサウンドシステムを使用して、建築プランやレイアウト、デザインを3Dの顧客体験として提供できます。

バーチャルツアー作成ソフトの導入メリット

  • 物件訪問回数の増加:不動産業者や購入者が1日に訪問できる物件の数は限られます。バーチャルツアー作成ソフトを使用すれば、実際にその場所に足を運ぶことなく、1日に複数の物件を仮想的に内覧できます。業者にとっても購入者にとっても、訪問できる物件の数が増えます。

  • 効果的でプロフェッショナルなデジタルプレゼンテーション:不動産業界では、効果的でプロフェッショナルな物件のプレゼンテーションが販売の鍵になります。バーチャルツアー作成ソフトは、インタラクティブな画像、オーディオクリップ、動画、3Dマップ、パノラマを使ってプレゼンテーションを作成できるので、印刷されたパンフレットよりも魅力的な体験を提供することができます。

バーチャルツアー作成ソフトの一般的な機能

  • バーチャルリアリティ:音声と映像の要素を取り入れたデジタルツアーをコンピュータで作成し、インタラクティブなバーチャル体験を創出する。
  • 間取り図とマップ:デジタルツールを使用して、実際の間取りと位置をバーチャル間取り図にマッピングして、再現する。
  • ドラッグアンドドロップによる編集機能:デジタル要素をドラッグアンドドロップして、プレゼンテーションやツアーを作成する。
  • ソーシャルシェアリング:ソーシャルメディアでバーチャルツアーを共有して、より多くのオーディエンスにリーチし、物件リストを宣伝する。
  • ホットスポット:バーチャルツアー内の特定のエリアをトリガーとして機能させる。特定の部屋やマップにホットスポットを追加し、クリックすると特定のアクションを実行するようにリンクを設定する。

バーチャルツアー作成ソフトの購入時に考慮する点

  • 特定の業界に特化したソフトウェア:ほとんどのバーチャルツアー作成ソフトは不動産ビジネス用に設計されていますが、他の業界向けに設計されたものもあります。教育機関向けのプラットフォームでは、学生にVR教育体験を提供することができます。スポーツ施設やレクリエーション施設向けのシステムでは、室内バーチャルトレーニングを設計することができます。不動産以外の事業を展開する中小企業には、自社の業界に特化したバーチャルツアー作成ソフトを購入することをお勧めします。

  • 完成済み物件のツアーと未完成物件のツアー:不動産業向けのバーチャルツアー作成ソフトは、完成済み物件と未完成物件の両方に対応していますが、使用する技術が異なります。未完成物件の場合は、コンピュータ生成の画像を使用して、建設中の物件を表示します。完成済み物件の場合は、フォトグラフィックVTソフトウェアを使用して、実際の現場の高解像度画像や動画をVR変換します。購入の際には、どちらか一方だけが必要なのか両方とも必要なのかを判断し、候補を絞り込みましょう。

バーチャルツアー作成ソフトに関する注目トレンド

  • バーチャル不動産ツアーにおけるチャットボットチャットボットは、ほぼすべてのサービスセクターで顧客エンゲージメント体験に変革を起こしています。不動産業界も同様です。チャットボットが、バーチャルツアーの中で顧客の質問に対応するバーチャルアシスタントとして導入されるケースが増えています。また、チャットボットを使用して、ツアー終了時に物件についての意見を顧客から集めることもできます。

  • WebVRによるVR導入の促進:WebVRシステムは、Webブラウザで利用できるVRアプリケーションです。設計者がバーチャルツアーをオンラインで公開すると、顧客はインターネット対応デバイスからそのツアーにアクセスできます。これまでは、ほとんどのVRツアーが企業所有の専用デバイスのみに対応していたため、顧客は不動産業者のオフィスに出向く必要がありました。WebVR技術が普及し、VRデバイスの価格が下がるにつれ、企業がバーチャル物件ツアーをオンライン掲載して、スマートフォン経由で顧客にリーチし、売上高や訪問数を増やそうとする動きが活発化すると予想されます。