キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

ウェビナーツール

ウェビナーツールでは、企業は、インタラクティブなライブ、録画されたプロモーション、または教育ビデオプレゼンテーションを既存または潜在的な顧客に配布できます。

日本 日本製品のみ表示

54件の結果

Zoom Meetingsは簡単で信頼性が高く、セキュアに、多数のシステムにまたがってHDビデオ、オーディオ、コンテンツの共有を提供します。
Zoom Meetingsは、モバイルやデスクトップの各種デバイスから電話や会議室システムまでのあらゆるもので、HDビデオ、オーディオ、コンテンツの共有を行う、簡単で信頼性が高い、セキュアなツールです。特別な機能として、書き起こし付きのクラウド記録とローカル記録、画面共有を介したマルチユーザー注釈機能があります。ワンクリック操作でアクセスでき、暗号化されたコンプライアンスに準拠した設定で、プラットフォーム間でのチャット、ファイル共有を簡単かつセキュアに行います。 Zoomの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
毎日数百万もの人がリアルタイムのバーチャルコミュニケーションに使用している、高速で簡単な信頼できるオンラインミーティング・ソフトウェアです。
世界中の企業がオンラインビデオ会議に利用している業界トップレベルのGoTo Meetingが、中小企業向けのオールインワン・コミュニケーションソフトウェアであるGoTo Connectの一部として提供されるようになりました。顧客が対面での打ち合わせ、会議内チャットや会議通話を使った同僚とのやり取り、プレゼンテーションの画面共有をボタンワンクリックで行える、高速で簡単な信頼できるプロフェッショナルなソリューションです。GoTo Connectのミーティングソリューションは生産性と柔軟性を兼ね備えています。 GoTo Meetingの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
チャット、会議、ファイル共有などの管理に役立つ、ビジネス・コミュニケーション用に開発されたクラウドベースのアプリケーションです。
チャット、会議、ファイル共有などの管理に役立つ、ビジネス・コミュニケーション用に開発されたクラウドベースのアプリケーションです。 Microsoft Teamsの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
デスクトップ、ブラウザ、モバイル、ビデオ・デバイスで、世界のどこからでも会うことができます。
Cisco Webexは、あらゆる規模の企業が音声/ビデオ会議と画面共有機能を介して、チーム間でコミュニケーションを取るためのコラボレーション・プラットフォームです。このソリューションにより、従業員は統一されたインタフェース上で絵文字を使用して、ジェスチャーの表現、重要なメッセージのピン留め、会議の議事録の設定などを行うことができます。また、バックグラウンドのノイズ除去、リアルタイムでの言語翻訳、ビデオのレイアウトの変更、音声通話からビデオ会議への切り替えを行うフィルターも提供します。 Webexの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Zoomの信頼できる拡張性のあるウェビナーソリューションでは、リーチを広げることができます。あらゆる場所のオーディエンスを結びつけ、企業コミュニケーションに関与させることができます。
膨大なリーチとインパクトをもたらすZoom ビデオ ウェビナーでは、YouTubeやFacebook Liveのストリーミングオプションで視聴のみの出席者10,000人、最大100のパネリストへサービスを提供することができます。インタラクティブでダイナミック、高品質な機能には、質疑応答、投票、挙手、レポート、MP4やM4Aのトランスクリプト付き録画、リマインダーやフォローアップメールといった登録オプションなどがあります。これらは高品質の動画、音声、画面共有と共に使用することができます。 Zoom Events and Webinarsの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
GoTo Webinarは毎年数百万件ものウェビナーをサポートし、現在はGoTo Connectの一部となっているオールインワンの中小企業向けコミュニケーションソフトウェアです。
GoTo Webinarは他のどんなオンラインウェビナー・ソリューションよりも多くの顧客に信頼されており、毎年数百万件ものウェビナーをサポートしています。マーケティング、研修、企業コミュニケーションなど、どのような目的に使用するウェビナーであっても、GoTo Webinarなら非常にシンプルな使い心地の信頼できるテクノロジーでウェビナーを再び楽しいものにできます。オーディエンスを惹きつけ、ビジネスを推進する個人的な繋がりを生み出すために必要な機能、統合、分析があります。 GoTo Webinarの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
インスタント・メッセージ、音声およびビデオ通話、ボイス・メッセージ、デスクトップ共有、会議など、ビジネスで役立つWeb会議ツールです。
インスタント・メッセージ、音声およびビデオ通話、ボイス・メッセージ、デスクトップ共有、会議など、ビジネスに役立つWeb会議ツールです。このツールは、コンサルティング、金融、ヘルスケア、その他の業界の中規模から大規模の企業向けに設計され、チーム間のメッセージング、リモートでのコラボレーションなどを提供するWeb会議ツールです。 Cisco Jabberの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Vimeoには、個人、チーム、企業向けの強力なツールが搭載されており、使いやすい単一プラットフォーム上で動画を活用しながら必要なことを実行できます。
Vimeoを使用すると、あらゆるタイプの動画クリエイターや企業が、優れたストーリーを語り、オーディエンス、顧客、従業員とつながることができるようになります。Vimeoは150カ国以上に9,000万人以上の会員を擁し、クリエイターが動画をホスト、共有、販売するための強力なツールや、企業が社内コミュニケーションやマーケティングのニーズを満たすための動画ソリューションを提供しています。 Vimeoの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
開始から終了まで、イベントのライフサイクル全体 (対面およびバーチャル) を扱う、イベント・マーケティングおよび管理プラットフォームです。
Cventは、イベント・ライフサイクルの各段階の管理を簡素化するのに役立つ優れたテクノロジーを提供し、その価値を最大化するために必要なデータとインサイトを提供します。対面、バーチャル、ハイブリッドのいずれのイベントでも、サプライヤーの検索、オーディエンスのエンゲージメント、スポンサーの価値の最大化、重要なイベント・データの取得など、必要なあらゆる要素を1つのプラットフォームで行うことができます。 Cvent Event Managementの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
双方向オンライン会議の開催、ビデオ会議、魅力的なウェビナーの企画を実現するWeb会議ソリューション。
Zoho Meetingは、オンライン会議やウェビナーのニーズに合わせて構築された堅牢なWeb会議ソリューションです。完全にブラウザベースなので、会議やウェビナーの出席者がアプリケーションをダウンロードする必要はありません。Windows、Linux、およびMac向けのデスクトップ用プラグインに加え、iOSアプリ、Androidアプリ、Google Chromeの拡張機能、Firefoxの拡張機能、埋め込みウィジェット、カレンダー統合により場所に制限されることなく会議を開催することができます。埋め込み型のウェビナー登録、投票、質疑応答、発言の許可、記録、詳細分析などが利用可能です。 Zoho Meetingの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
学習用に開発されたウェブ会議ソリューションは、完全に再設計されており、従業員が場所と時間を問わずトレーニング要件を満たすことができます。
教育とトレーニングに重点を置いたBlackboard Collaborateは、シンプルさとアクセシビリティを重視し、教育とトレーニングのワークフローをサポートします。このワンクリック・バーチャル・トレーニング・ソリューションは、オンライン会議、バーチャル・グループ・トレーニング、リモート従業員同士のコミュニケーションなどの場面で、学習者が物理的な空間にいるように感じられるつながりとエンゲージメントを提供します。 Blackboard Collaborateの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Restreamは、YouTubeライブ、Facebookなど、複数のプラットフォームでライブを配信できる、プロ仕様のウェブベースのライブ・ストリーミング・ツールです。
Restreamは、中小企業向けの優れたライブ・ストリーミング・ツールで、高品質のビデオを視聴者に配信するのに役立ちます。ブラウザから複数のソーシャル・プラットフォームにプロフェッショナルなウェビナーを簡単に配信することができます。ブランドに合わせてカスタマイズが可能で、組み込み済みのライブ・チャットでオーディエンスと交流したり、ライブ・ストリーミング中にアクションを起こすことができます。300万人を超える配信者からなるコミュニティがあり、Facebook、YouTube、Twitter、LinkedIn、その他30以上のプラットフォームで、Restreamを使用して同時にライブ配信しています。 Restreamの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Livestormは、ブラウザ経由でライブ研修やデモ・ウェビナーを開催する大小規模の企業向けにカスタマイズされたウェビナー・ソリューションです。
Livestormは、顧客向けの研修セッションとデモを行うことができるウェビナー・ソリューションです。ダウンロードする必要はありません。リアルタイムで、ブラウザ内で動作します。あらゆる作業 (ランディング・ページ、分析、記録、メール自動化など) を管理できるので、技術面にリソースを割く必要はありません。Livestormでは、すでに大小規模の企業がウェビナーを開催しています。 Livestormの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
BigMarkerは、強力なビデオ・テクノロジーと堅牢なマーケティングおよびインタラクティブな体験機能を融合した、完全にカスタマイズ可能なウェビナー・プラットフォームです。
BigMarkerは、強力なビデオ・テクノロジーと堅牢なマーケティングおよびインタラクティブな体験機能を融合した、完全にカスタマイズ可能なバーチャル・イベントおよびウェビナー・プラットフォームで、独自のブランド化されたバーチャル・イベントを作成することができます。 BigMarkerの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
ON24は、クラウドベースのSaaSアプリケーションを通して、企業のコミュニケーションやデマンド・ジェネレーションに必要なデジタル体験とウェブキャストを提供します。
ON24は、企業がオーディエンスとどのように関わり合うかを再定義することを使命としています。インタラクティブでデータに富んだウェビナーやコンテンツ体験を提供することで、人々がより人間的なレベルでつながり、よりスマートなビジネス上の意思決定を行えるよう支援しています。マーケティング担当者は、ON24を通じてパーソナライズされたエンゲージメントをライブかつオンデマンドで作成し、そこから業務に役立つような実用的な情報を引き出すことができるようになります。10億分を超えるエンゲージメントから得られる情報をもとに、マーケティング担当者は、ON24で他のどのチャネルより多い収益を上げています。 ON24の製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
WebinarGeekのインタラクション、マーケティング、および分析用の豊富なツールは、ウェビナーのマーケティングを容易にします。あらゆる種類のウェビナーを簡単に開催できます。
WebinarGeekは総合的なウェビナー・プラットフォームです。交流、アセスメント、評価を伴うウェビナーを開催することができます。お気に入りのマーケティング・ツールを統合して、ウェビナーを上手に活用できます。ウェビナーを共有する独自のチャンネルを作成できます。GDPRに完全準拠したさまざまな機能が手頃な価格で提供されています。WebinarGeekは、ウェビナーを開催するための高い信頼性を備えた安全なウェビナー・プラットフォームです。ダウンロードの必要はありません。 WebinarGeekの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Remo Conferenceは、有意義な会話を通じて真の関係を構築することに焦点を当てたライブ・オンラインイベント・プラットフォームです。
Remo Conferenceを使用すると、クリエイター、コーチ、イベント主催者は、ユーザーが実世界で体験しているかのように学んだり、互いにつながったりできる没入型のオンラインイベントを作成することができます。ユーザーはこれらのイベントに、コンピューターのブラウザから直接アクセスすることができます。Remoは、対面式のネットワーキングをオンライン上で可能にするWebビデオプラットフォームです。ユーザーは、まるで対面式イベントに参加しているかのように有意義な会話を交わし、関係を築くことができます。 Remoの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Airmeetでソーシャル・ウェビナーを実施することができます。ウェビナーで人がつながることにより、オーディエンスは価値を見出し、主催者は目標を達成できるようになります。
現在のウェビナーでは、オーディエンスが重視されていません。Airmeetでソーシャル・ウェビナーを実施することができます。 専用のネットワーキング・ラウンジと臨場感のあるエンゲージメント空間でオーディエンスとつながりながら、優れたコンテンツを配信することができます。 ソーシャル・ウェビナーで、オーディエンスの維持率を高め、肯定的な口コミを増やし、競争で優位に立つことができます。 ウォルマート、ボルボ、Microsoft for Startups、アクセンチュア、トロント大学などのブランドが、Airmeetで複数のイベントを主催しています。 Airmeetの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
非常に先進的でカスタマイズ可能なウェビナー・プラットフォームです。
LiveWebinar.comは、小規模のチームにもエンタープライズ・クラスの企業にも最適なクラウド・ベースのウェビナー・ソフトウェアです。ウェビナーとオンライン会議を管理することができます。販売、人事、マーケティングのいずれのチームにも最適です。それぞれのオーディエンス用にカスタマイズしたオンライン・イベントを簡単に開催することができます。 ライブ・ストリーミング、プレゼンテーションや画面共有を可能にする機能、完全にカスタマイズ可能なブランディング・オプションから、投票やアンケート、選挙、行動のきっかけなどのユーザー・エンゲージメント機能まで、多彩な仕様の製品です。 LiveWebinarを使用すれば、オーディエンスのエンゲージメントを分析することができます。 LiveWebinarの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Hubiloは、エンゲージメントとイベント・エクセレンスを実現するために構築された仮想およびハイブリッドのイベント・プラットフォームです。
Hubiloは、エンゲージメントとイベント・エクセレンスを実現するために構築された仮想およびハイブリッドのイベント・プラットフォームです。Hubiloの第一の使命は、エンゲージメントを推進し、より大きなビジネス成果を生み出すことです。徹底したブランド体験と、プロアクティブで常時対応可能なカスタマー・サクセス・チームとのエンゲージメントにより、Hubiloプラットフォームは対応するあらゆるイベントを成功へと導きます。 Hubiloの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
GoBrunchは、参加者の積極的な関与を促すユニークなインタフェースを備えた、ウェビナー・プラットフォームです。インストールは不要です。
GoBrunchは、参加者の積極的な関与を促すユニークなインタフェースを備えた、ウェビナー・プラットフォームです。インストールは不要です。ウェビナー、ミーティング、研修、バーチャル・イベント向けのオールインワン・プラットフォーム。ウェビナー・イベントの作成、カメラの電源オン、画面の共有、ビデオの共有、他のプレゼンターのブロードキャスト、録画などを行うことができます。無料版を試してください。 GoBrunchの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
バーチャル・イベントとハイブリッド・イベントがかつてないほどリアルで魅力的なものになりました。
バーチャル・イベントとハイブリッド・イベントがかつてないほどリアルで魅力的なものになりました。 イベントを企画して、すべての参加者のためにパーソナライズされた魅力的な体験を提供できます。スマートなマッチメイキングやきめ細かなインサイトなどの豊富な機能を活用して緊密に結びついたコミュニティを構築し、ブランドに関する多くの話題を作ることができます。 Let's Get Digitalの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
200万人以上のエンタープライズ・ユーザーが使用するGoogle Workspaceアプリケーションのウェビナー・プラットフォームです。ウェビナー、Webキャスト、ライブビデオ、Web会議ソフトウェア。
Business Hangoutsは、マーケター、トレーナー、起業家、中小企業向けの堅牢なウェビナー・ソリューションです。閲覧者はダウンロードもPINも必要ありません。YouTubeやソーシャル・メディアを直接録画できます。また、次回のウェビナーについての視聴者へのお知らせや、ブランドについてのフォローアップを行うことのできる統合メールサービスが含まれています。また、複数のプレゼンター、プライベートまたはパブリックのイベント、複数の共有オプション、完全なモデレーター・コントロールによる統合チャットのサポートが含まれます。Google Workspace Marketplaceからダウンロードできます。 Business Hangoutsの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
FLOOR (旧称oDASH) は、コミュニティを構築し、成長させ、管理するための仮想空間です。
FLOOR (旧称oDASH) は、コミュニティを構築し、成長させ、管理する仮想空間です。10timesを活用した完全な仮想イベント・スイートで、優れたシステムとアクセス許可で安全性を確保し、仮想イベントの管理、マーケティング、収益化を可能にします。 サミット、ミートアップ、基調講演、賞、博覧会、会議、ライブ説明会、研修イベントなど、あらゆるオンライン・イベントをスタンドアロン形式または物理的なイベントとのハイブリッド形式で設定することができます。 FLOORの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議
Onstream Mediaのウェビナー・プラットフォームは、情報のコミュニケーション、やり取り、共有に最適なインタラクティブなツールを提供します。
Onstream Mediaのウェビナー・プラットフォームには、ウェビナーを成功させるために必要なあらゆるツールが用意されています。Onstreamは、シンプルでコスト効果の高いプロセス全体の制御を可能にします。招待状の送信、登録情報の収集、備忘メールの送信、セッションの記録、フォローアップのコミュニケーションの配信を1つのソリューションで行うことができます。 Onstream Webinarsの製品詳細

機能

  • ブランディングのカスタマイズ
  • アラート/通知
  • 調査、投票
  • 複数ホスト
  • Q&A管理
  • ファイル共有
  • アンケートおよびフィードバック
  • ミーティング管理
  • 登録管理
  • プレゼンテーション・ストリーミング
  • イベント・スケジューリング
  • ビデオ会議

ウェビナーツールのお役立ちガイド

ウェビナーツール

ウェビナーツールは、ビデオプレゼンテーションを配信するために法人セクターで使用されるアプリケーションです。ウェビナーツールを使用すると、エンタープライズマネージャー、人事スタッフ、プロフェッショナルチームは、安全なポータルを通してライブビデオや録画へのアクセスとその共有、同僚向けの研修、コラボレーション、チャットを実現することができます。主催者は、招待状の送信、イベントのプロモーション、出席者リストの管理、アクセス制限に加え、ウェビナー、ワークショップ、マスタークラス、オンライン会議中の質問への回答を行うことができます。

この種のソフトウェアは、製品やサービスの紹介、セールスピッチの提供、ユーザー向けチュートリアルの実行を目的として広く使用されます。そのため、アプリケーションの利用範囲は従業員のオンボーディングや研修にとどまりません。多くのセールス、マーケティング、カスタマーサービスのチームがウェビナーツールを使用して、顧客とのコミュニケーション、信頼の構築、ビジネスでの関係性発展を実現しています。また、不動産、資産管理、法律、医薬、コンサルティングなど、対面での接客が多い分野のプロフェッショナルにも活用されています。イベントプランナーもサミット、カンファレンス、エキスポ、受賞式などに使用しています。企業のプロフェッショナルは、このソフトウェアを使用して、臨時の会議、緊急サミット、ライブロードショーを開催することができます。

ウェビナーツールは、企業と顧客のどちらにとっても多くの利点があります。ウェビナーアプリケーションを使用すると、組織は関心の生成、リードの獲得、ユーザーベースの活性化を容易に実現することができます。通常、オンラインコンテンツには、ほとんどのデバイスからいつでもアクセスできるので、視聴者はライフスタイルや能力に関係なく、ウェビナーを視聴することができます。企業は、このエンゲージメントを通じてユーザーの行動から学習し、トライアルの変換率の向上、顧客向け教育、顧客離れの削減を実現することができます。イベント参加者にとって、インターネットで開催されるセミナーの利便性や効率性は、対面でのインタラクションの価値を上回ることがあります。 これらのアプリケーションの一部はウェビナープラットフォームとも呼ばれ、ランディングページビルダー、ブランディング、カスタマイゼーション、ビデオ制作ツール、分析などの追加の機能を提供します。また、かつては一方向のインタラクションでのみ使用されていたソフトウェアツールも、ウェビナーツールのインタラクティブ機能を搭載するようになりました。

こうした市場競争の結果、ライブ配信ソフトWeb会議システムプレゼンテーションソフト会議ツールリモートワークツールなどのカテゴリーの境界線は曖昧になってきています。フル機能を搭載したウェビナーツールを必要とする企業もあれば、ユーザーのニーズに合わせるために統合機能を使用してシンプルなツールを組み合わせたいと考える企業もあります。

ウェビナーツールは、ユーザーベースのニーズに応える幅広い機能を備えています。しかし、ほとんどのツールは基本的な機能を提供します。ほとんどのウェビナーツールツールには、次のような根本的なタスクを実行する機能が搭載されています。

  • コードを記述する必要なく、ライブまたは録画コンテンツを使用したオンラインイベントを企画および主催する。
  • コンテンツを表示するオンラインポータル、ランディングページ、ダッシュボードへのアクセスを提供および許可する。
  • 自動的に招待状を送信する、参加者リストを管理する、特定のユーザーにコンテンツを割り当てる。
  • 参加者に主催者とのやりとりを許可し、オンラインでのコラボレーション、貢献の記録を実行する。
  • コンテンツを推進するためのソーシャルシェアリングとレビューのオプションを提供する。

ウェビナーツールとは?

ウェビナーツールは、ライブビデオプレゼンテーションの実行や同僚、ビジネスパートナー、顧客との録画共有のため法人環境で使用されるアプリケーションです。ウェビナー主催者と出席者は、ウェビナーアプリケーションを使用して、ワークショップ、マスタークラス、オンボーディング、研修、セールスプレゼンテーション、顧客向け教育を行います。クラウド対応のライブストリーミングとマルチホスティングを使用すると、会社全体で多種多様なビデオやポータルの活用および多くのユーザーの参加を実現することができます。多くのツールはWebベースですが、ユーザー層をデスクトップやノートパソコンからモバイルデバイスにまで拡大するスマートフォンアプリバージョンも提供されています。

ビデオプレゼンテーション、研修セッション、コラボレーション会議、ブレインストーミングアクティビティを実行できるほか、ウェビナーアプリケーションは製品紹介にも使用できます。財産ポートフォリオから医療機器、コンサルティングサービス、ソフトウェアツール、美容化粧品まで、ウェビナーを使用するとセールスパーソンやマーケターは独自のセールスポイントを効果的に伝えることができます。すべての参加者による同時アクセスが可能なリアルタイムのデモ、インタラクティブなFAQ、ウォークスルーを使用すると、ウェビナーアプリケーションはセールスピッチの提供、懸念への対処、そして問題が深刻になる前の解決を実現できます。人事、教育、セールスに従事するプロフェッショナルだけでなく、マーケティング代理店や製造業の従業員にとっても、ウェビナーアプリケーションは有用です。

ウェビナーツールにはプログラミングのスキルは必要ありません。そのため、あらゆる分野に従事するプロフェッショナルがコンピューターの知識の有無にかかわらず使用することが可能で、イベントを主催することやイベントに出席することができます。多くのツールでは、視聴者はイベントへのオンラインアクセスが付与される前に登録する必要もありません。通常、コンテンツはURLをクリックするだけで視聴できるので、身体的な制約や能力に関係なくアクセスできます。オンデマンドアクセスや1回限りのイベント登録などのオプションもあります。主催者向けのダッシュボードとユーザー向けのポータルまたはランディングページという2つのインタフェースがあるアプリケーションもあります。

オンラインのみで開催される場合でも、参加者の一部がオンサイトから出席するハイブリッドイベントの場合でも、ウェビナーを開催するには、主催者と視聴者間の適切なインターネット接続が必要です。そのため、多くの開発者は年中無休24時間のアクセス、信頼性の高いストリーミング速度、高解像度、バッファリング不要のコンテンツの実現を目的とするクラウドベースのウェビナーストリーミングとストレージを提供しています。その結果、人的エラーの可能性が排除され、対面のセミナーと比較した場合、スタッフによるイベントの企画、主催、参加が簡単になります。

ウェビナーツールの利点とは?

ウェビナーツールの利点は、ツールの洗練度や使用の目的と関連しています。ウェビナーアプリケーションの目的は、地域、タイムゾーン、オフィスを超えて人数にかかわらず人々をつなぐことです。最も基本的なツールでも、デモンストレーション、講義、製品発表、セールスピッチに使用することができます。現在のウェビナープラットフォームは複雑で、カスタマイゼーション、統合、エンドツーエンドのソリューションなど、ビデオコンテンツの制作、プロモーション、配信、収益化を実現する豊富な機能を備えています。ただし、操作の範囲にかかわらず、どのウェビナーアプリケーションにも次のような基本的な利点があります。

  • 汎用性と有用性:通常のセミナーと比較した場合、ウェビナープラットフォームは大人数向けのプレゼンテーションスライドの表示、ビデオ再生、ライブスピーチのストリーミング、動的な意思決定の実現、ユーザーインタラクションのサポートをより容易に実現できます。また、主催者は、招待、チャット、調査投票の共有、質問の回答、コラボレーション、ユーザーの進捗状況のモニタリング、分析の追跡をリアルタイムで行うことができます。主催者と参加者はオンラインの発券システムを活用することもできます。キュー管理の必要がなく、視聴者のニーズに応える機会を損失することもないからです。
  • 大規模な配信:ウェビナープラットフォームでは、主催者はビデオを録画およびアーカイブして、将来的に使用することができます。ライブ視聴率を向上させるツールだけでなく、録画済みの素材を使用してより幅広いオーディエンスにリーチする機能も利用できます。幅広い顧客ベースを有する企業、分散型のチーム、サプライヤーやパートナーによる幅広いネットワークにとって、ウェビナーツールは関係者とのエンゲージメントを深める効果的なソリューションです。常に最新のコンテンツを提供することで、主催者は、このような利点を継続的に活用できます。将来的にリーチできる視聴者数や獲得可能な収益が制限されることはありません。
  • 効率的な節約:ウェビナーでは、出席管理、移動、およびグループ収容施設の手配が必要ないので効率的です。継続的な節約が可能なので、通常のセミナーと比較して、より大規模で迅速な投資回収が可能です。主催者はトレードショーへの出席、シンポジウム参加のための国をまたぐ出張、日々の通勤などに伴う大規模な経費について心配する必要はありません。こうして節約した経費を価値のある投資にあて、さらに視聴者エクスペリエンスを向上させることができます。
  • 信頼関係の構築:ウェビナーツールを使用すると、ビデオでのインタラクションを通して、より優れたビジネスの関係性を構築できます。名前と顔を一致させること、ボディランゲージを使用すること、そしてエンゲージメントを維持することが可能です。どれも電話やメールでのやりとりでは実現することができない事柄です。ウェビナーを使用すると、コンサルティング、顧客向け教育、重要なセールス業務などの対面業務サービスを提供することもできます。受講者によるシナリオの視覚化がサポートされ、教育者は伝えるべきポイントを容易に伝達することができます。
  • 接続の信頼性:ウェビナーには、クラウドベースの接続やストリーミングを介してあらゆる人が参加できます。Webベースのアプリケーションでもモバイルアプリでも、ウェビナーツールツールを使用すると、出張者や旅行者は空港からリゾート地まで、世界中どこからでも接続することができます。クラウドを活用することにより、主催者は多くのユーザーが参加できる十分な帯域幅を使用して複数のウェビナーをストリーミングし、全体を通して良質な接続を維持できるようになりました。プロバイダーや支払いプランに応じて、主催者はバッファや遅延がなく信頼性の高いストリーミングを提供することができます。リアルタイムでイベントを視聴することができるため、視聴者も会話に参加していると感じることができます。
  • 機会のブランディング:多くのウェビナープラットフォームにカスタマイゼーションやブランディングのツールが搭載されています。イベント主催者は企業のブランドアイデンティティに沿ったロゴ、テーマ、画像、グラフィックを使用して、ランディングページやコンテンツを作成することができます。ホワイトラベルツールの一部には、既製のテンプレートやカスタマイズ可能な機能が備わっているため、主催者はほんのわずかな手順を実施するだけで自社ロゴを挿入したり、ブランド認知度を高めたりすることができます。ランディングページからユーザーダッシュボード、ユーザーレポート、ログインUIまで、ユーザージャーニーのすべてのステップにシンボルやグラフィックを加え、自社らしい外観を形成することやブランド認知度を高めることができます。

ウェビナーツールの機能とは?

ウェビナーツールの最新機能は、開発者がテクノロジーの境界を超えてイノベーションを続けていることの証明です。主要なソフトウェアツールには、メール配信、SMSのフォローアップテキスト、AIポップアップ、コラボレーション、ゲーミフィケーションソリューションが搭載されています。イベント登録システムや発券ツールに加えて、メタ投稿、Googleリターゲティング、カスタマイズされたネットワーキングソリューションが含まれていることもあります。しかし、コンサルタント、スタートアップ企業のリーダー、企業のリクルーターなど、幅広い業界のユーザーが、どのウェビナーアプリケーションにも期待する機能があります。ウェビナーツールの一般的な機能は以下のとおりです。

  • イベント管理:招待者、出席者、欠席者のリストを管理する。スケジュール管理、キャンセル、ウェビナーの立ち上げ、イベント設定にかかわる物流に対処する。ライブ、録画、シミュレーションのライブストリーミング、オンデマンド、即時のイベントなど、さまざまなウェビナー形式を最小限の手間で、コードを記述する必要なく実行する。これらはウェビナーアプリケーションの機能の一部に過ぎず、ツールによっては、音声認識や自動ユーザー切り替えなどの独自の機能が搭載されている。この機能があると、話している人の画面やキャプチャされたビデオが前面に表示されるので、切り替えの時間や手間が減り、主催者はイベント管理タスクに集中できる。
  • 強力なビデオストリーミングと録画:さまざまなブラウザで使用可能かつ容易に埋め込み可能なビデオ (HTML5ビデオプレーヤーなど) を使用して、高品質の映像と音声を提供する。ウェビナーアプリケーションには、迅速なストリーミングと高品質の音声を伴うバッファリングなしの高解像度コンテンツを提供することが求められる。また、今後の使用のために、プレゼンテーションの録画、字幕作成、保管、アーカイブを実行できることが望ましい。こうした基本的な機能を利用して、主催者はプレゼンテーションの第一印象を完璧なものにし、継続的に視聴者を惹きつけようとする。そのために、オフラインでも視聴可能なコンテンツ、自動的な議事録作成、再生やフォローアップが可能なセッションの録画を提供することができる。
  • 画面共有:ホストと出席者はウェビナー中にスクリーンキャストをキャプチャすることができる。これにより、参加者は休憩時間やクイズの間に確認しておきたい箇所があればアクセスし、プレゼンテーション資料を表示することができる。優れたウェビナープラットフォームでは、ライブストリーミング中に資料を保管、共有できるため、参加者はイベント終了後に自分のペースで資料を確認できる。初期のツールでは、画面共有の権利は組織者のみに付与されていたが、最近開発されたソフトウェアツールではこうした権限を主催者に渡し、あらゆる参加者が画面を共有してリアルタイムのコラボレーションできるようになっている。
  • 顧客タッチポイントの管理:プライベートまたは公式の場で視聴者からの質問に対応するためのツールを主催者に提供する。顧客関係管理 (CRM) 統合や最新の顧客の声 (VOC) ソリューションを搭載したウェビナーツールは少ないが、基本的なアプリケーションでもQ&Aオプションは付いている。言語の切り替え、色別に分類されたカード、ポップアップメニュー、必須の質問ボックス、Q&Aアクセス制限を備えている場合もある。クエリを受信すると、主催者は手動で順番に回答するか、プリセットのテンプレートを使用して一括で回答を返信するか、あるいはこの2つの方法を組み合わせるかを選ぶことができる。
  • 調査投票、クイズ、選挙:調査投票、調査、クイズを簡単に作成し、ユーザーのエンゲージメントを維持する。スライドやトピックの合間に複数選択式の質問をリアルタイムで送信し、出席者の注意や関心を引くことができる。優れたウェビナーアプリケーションには簡単な調査作成ツールが搭載されており、セッション中、休憩中、またはプレゼンテーション終了時に簡単な投票を行うことができる。匿名性を確保するため、視聴者と共有する調査結果は、個別の回答ではなく、一般的な傾向を示す棒グラフや他の画像で表示される。視聴者と結果を共有することで、投票プロセスの透明性を保証し、ユーザーは自分と他のユーザーの理解度を比較することができる。
  • 組み込みのライブチャットツール:参加者がリアルタイムでチャットする。組み込みのテキストベースのチャットを使用して、主催者と参加者の間でリアルタイムのコミュニケーションを促進する。それによって、さまざまなユーザーグループがつながり、コミュニティ意識を生成することができる。主催者はこのツールを活用する一方で、使用を制限してウェビナーの邪魔にならないようにすることもできる。ウェビナーツールによっては、AIチャットボットアシスタントが搭載されており、主催者の負担が減り、基本的な質問や誤解に対応できる。
  • カスタマイゼーションとブランディング:ウェビナーをカスタマイズして、ブランド固有のデバイスやテーマを表示する。独自のランディングページの作成やプリセットのホワイトラベルインタフェースのカスタマイズができるツールは限られるが、ブランドエクスペリエンスを創造する機能はほとんどのツールに備わっている。たとえば、ユーザーがポータルに登録した際、ブランドのロゴタイプ、色テーマ、スローガン、グラフィックを表示することができる。ビデオにブランドのロゴを表示したり、主催者ではなくウェビナー開発者が構築したブランドロゴ付きのアプリをダウンロードしたりできるものもある。
  • マルチホスティングオプション:共同主催や複数セッションの主催の許可を付与する。コラボレーションに基づき、複数ユーザーが同時にセッションを主催できる。ウェビナーツールによっては、主催者が瞬時に共同主催者を追加できる。より構造化されたホスティングアプローチを取るツールもある。また、単一の主催者が同時に複数イベントを実行できるウェビナーアプリケーションもある。管理者の承認を得ると、主催者は複数のイベントを切り替えて、必要に応じてシミュレーションライブストリーミングを実行できるので、主催者が不在になってもユーザーに気づかれることがない。

キャプテラのウェビナーツールディレクトリによると、掲載されているすべてのウェビナーツールツールの利点として、意思決定の通知や選択プロセスの迅速化が挙げられます。ユーザーは上記に記載された機能を加味して、ビジネスや目標に沿ったツールを選択することができます。

ウェビナーツールの購買時に考慮すべき点とは?

ウェビナーツールを購買する際、第一の選択は予算編成と人気度に基づくことが少なくありませんが、他にも検討すべき項目があります。ウェビナーの品質は主催者と同じくらい、コンテンツキュレーターによって左右されます。オーディエンスの種類 (従業員、顧客、ビジネスパートナーなど) とオーディエンスが期待する機能に応じて、ユーザーはソフトウェアツールを決定する前に、いかに示す主要な質問に対応する必要があります。

  • 価格モデルと予算編成の制限:ウェビナープラットフォームによっては、価格設定で出席者または主催者、あるいは双方の数が制限されているものもあります。ユーザー数に基づいて割引を提供するプラットフォームもあります。ブロードキャストの長さを考慮して価格設定を変更しているものもあります。プラットフォームによって価格戦略が異なるため、混乱が生じる場合があります。主催者は慎重に調査を進め、特定のサブスクリプションプランの選択を決定する必要があります。ユーザー制限がある場合、階層型の価格オプションは優れたマーケティングキャンペーン後の良質なリードへのアクセスを制限する可能性があるので、主催者は価格プランの選択における柔軟性を確認する必要があります。
  • スケーラビリティと成長の可能性:ウェビナーツールが対処可能なユーザー数には制限があり、その制限を超えると技術的なエラーが発生します。多くのコンテンツが話題となったり、あっという間に廃れたりする今日において、ユーザー数の予測は困難です。しかし、グローバルのオーディエンスをターゲットとするビデオコンテンツには予測が必要不可欠です。クラウドベースのサービスプロバイダーは、ピーク時と閑散期の移行を簡単に行うことができるようにするべきですが、ウェビナーアプリケーションの購買前にユーザー制限について再度確認することも重要です。
  • アクセス性とダイヤルイン:ウェビナーへの参加は常に簡単であるわけではありません。アプリ、互換性のあるWebブラウザ、OSのダウンロードや更新を求められる場合があります。アカウントの作成や興味のないプロモーションコンテンツへの登録が求められることもあります。ウェビナーへのアクセスに必要なのは、利便性です。そのため、視聴アクセスの制限を行ってブランドを保護するとともに、ユーザーが不要な操作を実行せずに済むようバランスを取る必要があります。特定のデバイスから別のデバイスへの切り替えはスムーズに行われるべきであり、セッションへのアクセスも同様です。ユーザーフレンドリーなオプションとして、ダイヤルインでのデータ入力を最小化するURL経由の無制限アクセスや、組み込みの認識ソフトウェアなどがあります。
  • 安全対策の強度:暗号化、2段階認証、ワンタイムパスワードが組み込まれたウェビナーツールも存在します。こうした手順によりプライバシーやデータの一貫性を保護するとともに、データ保護法に準拠することができます。特に、医療、フィンテック、セキュリティ業界のプロフェッショナルはウェビナーツールプロバイダーを選択する際は注意を払う必要があります。しかし、クラウドベースのツールには固有の脆弱性があり、クラウドストレージ施設は日々悪意のある攻撃の対象となっています。一部のウェビナーツールのプロバイダーでは、追加の保護や安全なバックアップのためのオンプレミスストレージが提供されています。

ウェビナーツールに関するに関する重要なトレンドは?

最も重要なウェビナーツールの傾向は、新たな消費者ニーズや、ニーズへの適応に関する課題の発生と関連性があります。中小企業や大企業にとっては、トレンドを追いかけるだけでなく、この市場内の変化を予測することも必要不可欠となります。現在最重要とされているウェビナーツールのトレンドを以下に示します。

  • ウェアラブルテクノロジーへの移行:ウェアラブルテクノロジーはより幅広いオーディエンスやロケーションへのアクセスを獲得する可能性があります。スマートウォッチが広く浸透し、ウェビナーツール開発者がスマートウォッチアプリの製造を開始している今、プロフェッショナルがこのテクノロジーを使用し、リモートワークの一環としてウェビナーのストリーミングを行なっていることも驚きではありません。まだ黎明期ですが、ソフトウェア開発者がスマートグラス、ブレスレット、ベルト、靴などのウェアラブルに高画質な画像や映像を送信することができるようになれば、この市場は急成長する可能性があります。
  • 拡張現実 (AR) および仮想現実 (VR) テクノロジーの適用:ARとVRを使用すると、ウェビナーでより優れた対面型サービスを実現することができます。VRヘッドセットを使用すると、ユーザーは新たな方法でのVR計画、環境の確認、スライドとのインタラクションを通して主催者とより深くつながることができます。モバイルデバイスを使用すると、主催者はAR経由で行動をトリガーし、人目を引く3Dフィギュアを通して重要な情報を視覚的に提示することができます。エフェクトをリアルタイムで提示して、視聴者からの提案や質問を可能にすると、プレゼンテーションであらゆる角度からトピックを確認することができます。たとえば、3Dの詳細モデルがポップアップで表示されると、主催者と視聴者はさまざまなシナリオの確認や手順の周知を行い、より細かい点に関する気づきを得ることができます。これによりプレゼンテーションの品質が向上するとともに、ウェビナーセッション中に信頼関係が構築され、エンゲージメントが高まります。
  • AIと予測分析の進歩:予測分析を使用すると、大規模なユーザー行動データを活用することができます。カスタマーエクスペリエンスをモニタリングし、特定の行動をとるよう促して、ホストに報告することで、AIツールは継続的に結果を改善することができます。AIは継続的に主催者へ情報を提供し、リード生成とオーディエンスエンゲージメント指標を向上させます。ただし、AIツールではプリセットを使用して作業するため、プリセットに基づく判断しかできません。AIツールに不正確なデータを提供した場合、判断力が鈍り、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を与える場合があります。AIを導入して、過去の行動に基づき将来的なユーザー行動を予測したいと考えている企業は、悪循環に陥る可能性があります。企業は悪しき習慣を強制するのではなく、ポジティブな購入者行動に重点を置き、このデータを使用してAIツールにとるべきステップを教えることができます。

出典

ここで紹介した機能は、製品を提供するキャプテラのディレクトリに記載された製品の関連性および割合に基づいて識別されています。この文書では、次の出典からの情報を掲載しています。