キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

翻訳ツール

翻訳ツールを使用すると、ウェブサイトなどのコンテンツを迅速に翻訳できます。複数の言語でウェブコンテンツを定期的に更新する必要がある企業の場合、このようなツールを使用すると自動的に機械翻訳(Ai翻訳)を行うこともできます。翻訳ツールの中には、プロジェクト管理やクライアントとのコミュニケーション、報酬管理機能が搭載されたコンテンツ翻訳作業の効率化に役立つ翻訳管理システムもあります。

日本 日本製品のみ表示

45件の結果

モバイル・アプリ、Webアプリ、デスクトップ・アプリ、ゲーム、ヘルプデスクなどを柔軟にローカライズすることができる理想的な翻訳管理プラットフォームです。 Crowdinの製品詳細
Crowdinは、Webサイト、モバイルアプリ、ゲーム、デスクトップやWebアプリ、ヘルプセンター、ブログ、メールキャンペーンなど、あらゆるコンテンツのローカライズを支援するローカライゼーション管理ソフトウェアです。 Crowdinにはローカライゼーションプロセスの自動化を支援するアプリや統合機能が450以上存在し、40以上のファイル形式に対応しています。 Crowdinは最新のテクノロジーソリューションを提供しており、翻訳やローカライゼーションを可能な限り簡単にします。 Crowdinの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Lokaliseは、ローカリゼーション・プロセスの自動化を目指すアジャイル・チーム向けに構築された翻訳管理システムです。 Lokaliseの製品詳細
Lokaliseは、クリーンでクリアなユーザー・インタフェース (UI)/ユーザー・エクスペリエンス (UX) と適切な価格設定を備えた、世界で特に急成長している翻訳管理プラットフォームです。世界中の数千の企業から信頼されています。 Lokaliseは、真のマルチ・プラットフォームで、アジャイル・チームがWebアプリやモバイル・アプリ、ゲーム、他のソフトウェア、マーケティングなどのドキュメントなど、あらゆるデジタル資産を1か所で翻訳できます。 Lokaliseは、製品化までの時間の短縮、コストの削減、反復作業の自動化を目指す企業に最適です。 Lokaliseの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Google Translateは、ニューラル機械翻訳ツールです。ある言語から別の言語に無料でテキストやドキュメント、Webサイトを翻訳することができます。
Google Translateは、ニューラル機械翻訳ツールです。ある言語から別の言語に無料でテキストやドキュメント、Webサイトを翻訳することができます。Google Translateは、テキスト、スピーチ、静止画または動画内のテキストをはじめ、書類、Webサイト、ドキュメント、スピーチ、画像、手書き文字を翻訳する機能を備えています。 Google Translateの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Phrase TMSは、より簡単で、より速く、費用対効果の高いローカリゼーションを求めるグローバル企業向けの翻訳管理システムです。
Phrase TMS (旧Memsource) は、グローバル企業の翻訳を効率的にサポートします。Phrase TMSは、500以上の言語、50以上のファイルタイプ、30以上の機械翻訳エンジンをサポートしています。Phrase TMSは、特許取得済みの最先端のAIテクノロジーにより、翻訳品質を向上させながらコストを削減することを可能にします。Phrase TMSは、ヨーロッパ、米国、日本のオフィスに120名を超えるチームを擁し、Uber、Supercell、Vistaprint、Zendeskなどの大手ブランドを始めとする世界中の多くの顧客にサービスを提供しています。 Phrase Localization Platformの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Weglotはシンプルかつ高速なWebサイト翻訳ソリューションです。Webサイトを複数の言語に翻訳し表示します。
Weglotはシンプルかつ高速なWebサイト・ローカリゼーション・ソリューションです。コーディング不要で、Webサイトを複数の言語に翻訳し表示します。 50,000ものWebサイトから支持を集めるWeglotは、自動翻訳、手動編集、プロの翻訳者を注文または追加できるオプションを備え、高品質かつ均一な翻訳を実現します。 Weglotはあらゆるコンテンツ管理システム (CMS) に対応し、多言語SEO向けに最適化されています。 Weglotの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
DeepL Proは、11の言語を翻訳するソフトウェアです。結果は、設定オプションを使用してカスタマイズすることができます。
DeepL Proは、中国語、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、日本語、オランダ語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語の翻訳ソフトウェアです。翻訳は自動的に行われ、使用可能な結果を企業に提供します。この結果は、さまざまな設定オプションでカスタマイズすることができます。ドキュメントを翻訳する場合、画像、書式、フォントなどのPowerPointまたはWordの要素が保存されます。 DeepL Proの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Sonixは、40以上の言語でオーディオ・ファイルやビデオ・ファイルの自動書き起こしや翻訳を行います。 迅速、正確、かつ手頃な価格。
Sonixは、40以上の言語でオーディオ・ファイルやビデオ・ファイルの自動書き起こしや翻訳を行うほか、こうしたファイルの整理に役立ちます。 迅速、正確、かつ手頃な価格。 世界中で何百万人ものユーザーに使用されています。 Sonixにファイルをアップロードすると、5分以内にオンラインの文字起こしが完了します。トランスクリプトの検索、トランスクリプトの共有、多数のエクスポート・オプション、統合、字幕、キャプション、フルAPI。 Sonixの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Webサイト、Webアプリ、eラーニング・コース、ビデオといったデジタル・コンテンツやアプリを開発するチーム向けのビジュアル・レビュー兼バグ追跡ソリューション。
zipBoardはビジュアル・レビュー兼バグ追跡ツールで、開発中にデジタル・コンテンツやアプリに対するフィードバックを収集することができます。 zipBoardは、Webサイト、Webアプリ、eラーニング・コース、ビデオ、PDF文書を大規模に開発しているチームを対象としています。 ビジュアル・レビュー・ツールを使えば、非技術系のステークホルダーや顧客が注釈や画面記録機能を用いてレビューを共有することができます。これによりチームが問題点を把握し、内蔵のバグ追跡ツールを使って開発ワークフローに組み込むことが可能になります。 zipBoardの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Trados Studioは翻訳家に対し、自分の翻訳プロジェクトを編集、レビュー、管理できる豊富なCATツールを提供しています。
Trados Studioは個人の翻訳家に対し、自分の翻訳プロジェクトを編集、レビュー、管理できる豊富なコンピュータ翻訳支援 (CAT) ツールを提供しています。その多くの機能は、翻訳のプロセスの加速と一貫性の向上を支援しながら、何度も利用できる資産リポジトリを構築できるよう設計されています。 Studioにはクラウド機能も搭載されているため、好みに合わせてデスクトップとクラウドの作業を切り替えることができます。どこでも、どんなデバイスでも、いつでも作業できるようになります。 Trados Studioの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
開発者および翻訳者向けの使いやすいオープンソースのWebベースのローカリゼーションプラットフォームです。
開発者に適したオープンソースのローカライゼーションプラットフォームです。ソースコード内のキーを探したり、ローカリゼーションファイルを編集したり、翻訳者のためにデータをエクスポートしたりする必要はもうありません。 不正確な翻訳の背後にある主な理由は、コンテキストの欠落です。Tolgeeでは、これまで以上に簡単にスクリーンショットをアップロードしてコンテキストを提供することができます。TolgeeのChromeプラグインを使用すると、コンテキスト内の編集ビューでスクリーンショットを自動的に生成することができます。 Tolgeeの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
LingoHubは、テキストと翻訳プロジェクトを1か所で作成する際に役立つ翻訳管理ソフトウェアです。
LingoHubは、テキストと翻訳プロジェクトを1か所で作成する際に役立つ翻訳管理ソフトウェアです。 コンテンツを1か所で保存、管理、翻訳することができます。テキストの変更を自動的に検出し、翻訳が確実に最新のものになるようにします。 また、LingoHubでは、手頃な価格で40以上の言語のローカリゼーションの専門家とつながることができます。 Lingohubの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
1か所から国際化、ローカリゼーション、および翻訳管理に対応。Localazyは、利用者の範囲を全世界に拡大します。
さまざまな言語を話して、ユーザー・ベースを拡大しましょう。Localazyは、デジタル製品メーカー向けに構築された自動ローカリゼーション・プラットフォームです。Localazyをビルドチェーン (Github Actions、Bitrise、継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD)) に統合して、面倒な作業は忘れましょう。ローカライズ可能なファイルに手間をかける必要はもうありません。 Localazyの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Text Unitedは翻訳を自動化するテクノロジー企業で、高度で非常に使いやすい翻訳管理システム (TMS) を開発しています。
企業が超高速かつスムーズに翻訳プロセスを進められることを目指し、セルフサービス型の翻訳システムを開発しました。クラウドベースのプラットフォームを利用すれば、企業はあらゆるメディア・チャネルで顧客とコミュニケーションを取れるだけでなく、各タッチポイントで現地の言語を使ってグローバル・オーディエンスにリーチすることもできます。Rosenbauer、Swarco、Metagenicsといった数百もの国際ブランドがこのプラットフォームを選択し、豊富な機能や優れたサポートを活用しています。 Text Unitedの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
GlobalLinkの製品スイートは、ローカリゼーション・プロセス全体で必要な時間、労力、コストを大幅に削減します。
GlobalLinkは、ベンダーに依存しないクラウド・ベースのテクノロジー・プラットフォームで、エンタープライズや中小企業向けに翻訳管理を最適化します。コンテンツ管理システム (CMS)、商品情報管理 (PIM)、eコマース、その他のサードパーティ・システム向けに40を超える統合機能を搭載したGlobalLinkは、翻訳の品質と一貫性を向上しながら、多言語コンテンツの管理、デプロイ、維持のプロセスを効率化します。 GlobalLinkの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
レポートの作成、音声コマンドへのアクセスなどにより、翻訳プロジェクトを管理するオンプレミスおよびクラウドベースのツール。
レポート作成、プロジェクト変更の追跡、音声コマンドへのアクセスなどにより、翻訳プロジェクトを管理するオンプレミスおよびクラウドベースのツール。 memoQの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Web、バックエンド、モバイル、ファイル・ベースのコンテンツの翻訳を自動化する強力なソリューションです。
Localizeは、高度な翻訳ワークフローを備えたフル機能のクラウド・ベースのコンテンツおよび翻訳管理システムを提供します。コンテンツ・マネージャや翻訳者が翻訳の提案、レビュー、公開を簡単に行うことができます。社内翻訳者がいない企業に、プロの翻訳者ネットワークを通じて高品質でオンデマンドの翻訳を提供します。30以上のサービスと統合可能です。以下の例をご覧ください。Squarespace、Shopify、Unbounce、React、Knack、Webflow、WordPress。 Localizeの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
ワンクリックで、あらゆるアプリやWebサイトからテキストを翻訳することができます。
WindowsおよびMacOS用のReversoデスクトップアプリでは、ワンクリックであらゆるWebサイトやアプリケーションのテキストを翻訳することができます。単語や表現を入力し、文脈の中で無数の例を見つけ、異なる翻訳間の微妙な違いを理解することができます。 統合された人工知能 (AI) ベースの同義語辞書 (13の言語に対応) を使用して、文章を洗練させることができます。 Webサイトに記載されているとおり、お気に入りの表現、適切な発音、語形変化 (10の言語で利用可能) を使用することができます。 Reverso Contextの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
TransifexはSaaSベースの翻訳およびローカリゼーション・プラットフォームです。スタートアップから大手まで、さまざまな企業によるグローバル展開を支援します。
Transifexはスタートアップから大手まで、さまざまな企業がグローバルに事業を展開できるよう支援します。SaaSベースの翻訳およびローカリゼーション・プラットフォームを使用して、Webサイト、モバイル・アプリ、ゲーム、ビデオ、ヘルプ・センター、字幕などのデジタル・コンテンツを継続的かつ簡単に翻訳することができます。 Atlassian、Eventbrite、Salesforce、HubSpot、Waze、Microsoft などの大手企業がTransifexを使用して、真に多言語かつ国際的なビジネス展開を実現しています。 Transifexの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Pairaphraseは、Webベースの企業向け翻訳管理ソフトウェアです。作業コストと時間を削減しながら、安全に翻訳できます。
Pairaphraseの翻訳管理ソフトウェアは、企業や組織が迅速かつ安全な翻訳を実現するのに役立ちます。このWebベースの翻訳ソフトウェアは、AIと組み合わされた簡単でわかりやすいユーザー・インタフェース (UI) およびユーザー・エクスペリエンス (UX) を提供します。翻訳の生産性を向上させ、タスクを自動化し、コストを削減することができます。24のファイル形式を100の言語に翻訳することができます。Pairaphraseは、Microsoft Officeユーザーおよび翻訳プロジェクト管理用に最適化されています。エンタープライズレベルのセキュリティと機密性、および翻訳分析を提供します。 Pairaphraseの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
オンサイトやリモートでのさまざまな通訳業務依頼を管理できる、最新の安全でスケーラブルなクラウド・ベースのシステムです。
オンサイトやリモートでのさまざまな通訳業務依頼を管理できる、最新の安全でスケーラブルなクラウド・ベースのシステムです。低コストで優れた価値を提供しつつ、ワークフローを合理化し、より良い業務プロセスを推進するために構築されたソフトウェアです。Boostlingoのスケジューリング・システムは堅牢な財務追跡・管理システムに接続されており、請求や請求書に関するあらゆるニーズに対応することができます。詳細な業務分析とレポートのモジュールで、リソースの計画と管理を行うことができます。 Boostlingoの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Nitroは、Alconostが作成した、APIアクセスを備えたプロフェッショナルなオンライン人手翻訳プラットフォームです。70以上の言語に素早く翻訳することができます。
Nitroは、Alconostが作成した、APIアクセスを備えたプロフェッショナルなオンラインの人間による翻訳プラットフォームです。70以上の言語に素早く正確に翻訳できます。Nitroでは、テキスト、iOS文字列、Googleドキュメントを2~24時間以内に翻訳できます。翻訳メモリの設定や、コメントの交換、翻訳者向けコンテキストノートの利用も可能です。Nitroの翻訳者は、経験豊富なネイティブスピーカーのプロの言語スペシャリストです。 Nitroの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
グローバル企業におけるコンテンツの作成方法と消費方法の変革を支援しています。
Smartlingの翻訳管理プラットフォームは、コンテンツの作成方法と消費方法を変革するグローバル企業を支援しています。 Smartlingの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
Localizely は、アプリ内のテキストを翻訳して多言語市場をターゲットにするのに役立つ翻訳管理プラットフォームです。
Localizely は、すべてのローカリゼーション ファイルを 1 か所で管理できる翻訳管理プラットフォームであり、さまざまな市場をターゲットにしてワークフローを自動化するのに役立ちます。 Localizely を次の目的で使用します。 -自動化されたローカリゼーション -合理化された翻訳 -より良いコラボレーションとワークフロー -市場投入までの時間の短縮 - あらゆる種類のアプリ、ウェブサイト、ゲーム.. タイプミスを修正したり、モバイル アプリ内の翻訳を少し変更したりしたいですか? 新しいアップデートをリリースする必要はありません。無線機能でこれを行うことができます Localizelyの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
あらゆる規模のチームやワークフローに適したオンライン翻訳管理システムおよびローカリゼーション・プラットフォーム。
POEditor は、クロスプラットフォームの翻訳管理システムおよびローカリゼーション プラットフォームです。 チームが翻訳と l10n ワークフローを改善するためのスケーラブルなオンライン コラボレーションおよび自動化ツールを提供します。 主な機能: API、GitHub、Bitbucket、GitLab、Azure Repos との統合、翻訳メモリ、共同翻訳編集者、自動翻訳、翻訳注文、自動品質保証、タグ、スクリーンショット。 POEditor は、ローカリゼーション用に 20 を超えるファイル形式をサポートしています。 POEditorの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理
写真やポートレートに動画の要素を追加することができるAI対応テクノロジースイート。
Live Portrait、Face Lit、Speaking Portraitなどの人工知能 (AI) 対応テクノロジースイートを使用すると、写真やポートレートに動画の要素を加味することができます。 D-IDの製品詳細

機能

  • コラボレーションツール
  • 自動ローカライゼーション
  • ワークフロー管理
  • 多言語
  • メモリ管理

翻訳ツールのお役立ちガイド

翻訳ツールは、Webサイトなどのコンテンツをすばやく簡単に他の言語に翻訳するソフトウェアです。AI翻訳ツールでは自動翻訳技術が使用されており、人間に翻訳を依頼しなくても、最新のコンテンツを各国の言語に翻訳して世界の各地域で提供できます。このプロセスはローカリゼーションと呼ばれ、これまではコンテンツが更新されるたびに翻訳を依頼しなければなりませんでした。

翻訳ツールの購入を検討するときには、コンテンツを自社で通常使用している言語から別の複数言語に自動的に翻訳する機能などのコア機能が備わっていることを確認してください。Webサイトを自動的に翻訳するソフトウェアを導入すれば、翻訳が必要になるたびにソフトウェアを起動する必要はありません。例えば、新しいコンテンツを自動的に翻訳し、言語ごとにキャッシュすることができます。

このタイプのソフトウェアの主な利点は、コンテンツを迅速かつ効率的にローカライズできることです。自動翻訳であるため、翻訳の精度は完璧ではありませんが、通常は元のメッセージの内容を十分に伝えることができます。人の翻訳者は、生成された翻訳を校正することも可能です。どちらの場合も、言語ごとに翻訳者を雇うよりも、時間とコストをかけずに翻訳を完成させることができます。

翻訳ツールは、翻訳ソフトとして分類される他のソフトウェアと同じようにコンテンツの翻訳に重点が置かれていますが、CMS (コンテンツ管理システム) などのカテゴリと比較されることもあります。翻訳ツールは、ローカルにインストールされる場合も、他のソフトウェアのプラグインやアドオンとして、あるいはSaaSソリューションとして提供される場合もあります。

翻訳ツールの購入を検討している場合、組織の規模、事業展開する地域、使用する翻訳手法の有効性 (アルゴリズムとAIの比較など) などさまざまな要素を考慮しなければなりません。どのようなケースでも、ソフトウェアの機能を精査し、組織のニーズを満たすことができるかを確認してください。翻訳ツールとして定義されるソフトウェアは通常、以下の機能を搭載しています。

  • ローカリゼーションを自動化する機能により、新しいコンテンツが自動的に指定した言語に翻訳され、人手を介さずに対象とする地域向けのコンテンツを公開できます。
  • ワークフロー管理機能により、コンテンツの翻訳プロセスを効率的に管理できます。例えば、コンテンツ管理システムから新しいコンテンツを自動的に取得し、翻訳対象としてフラグを立て、翻訳者に割り当てることができます。
  • メモリ管理機能により、単語やフレーズを保存して再利用できるため、毎回一から翻訳し直す必要がなくなります。
  • すべてのソフトウェアが多言語への翻訳機能をサポートしているわけではありませんが、一般的に提供されます。

翻訳ツールとは?

翻訳ツールは、システム (通常はWebサイトやコンテンツ管理システム) の翻訳ニーズを、人間の翻訳者よりも効率的に処理できるよう設計されています。自動ローカリゼーションなどソフトウェアを導入すれば、新しいコンテンツの公開や既存のコンテンツの変更の際に、迅速に各地域の言語に翻訳できるため、すべての顧客に最新の情報を提供できます。

インターネットが普及し、ユビキタスな環境が実現しており、国際的な大企業のみならず、多くの企業のビジネスがグローバル化しています。しかし、中小企業では、製品やサービスを国際的に販売することはできても、ローカリゼーションプログラムを効果的に実行するためのリソースがあるとは限りません。ましてやリアルタイムで実行することは不可能でしょう。翻訳ツールを使用すれば、中小企業でもローカリゼーションが可能になります。一方、大企業でもワークフローの効率化による利点がもたらされます。翻訳の正確さが重視される場合、翻訳管理システムを導入することによって、人による翻訳を引き続き取り入れながら、プロセスをスピードアップできます。

製品やサービスをオンラインで販売し、世界のどこにでも簡単に発送できるようになった今、国際的なビジネスにとっての大きな障壁の一つが言葉の壁です。翻訳管理システムは、その障壁をすべて取り除きます。また、人工知能 (AI) の登場により、これらのソフトウェアによる翻訳の精度は大幅かつ飛躍的に向上しています。将来的に、ソフトウェアによるローカライズを校正する人間の翻訳者も不要になる時代が来るかもしれませんが、当面は、翻訳プロセスを可能な限り迅速かつ正確に進行させる翻訳ツールの機能を利用することになるでしょう。

翻訳ツールの利点とは?

翻訳ツールの主な利点は、ローカリゼーションを可能な限り簡単かつ効率的に行うことです。言語の異なる地域にコンテンツを提供する作業負荷を軽減できれば、その地域における市場プレゼンスを容易にそして効果的に高めることできます。上記を含めた、翻訳ツールの利点を以下に紹介します。

  • 自動化による時間短縮:自動翻訳ツールによってもたらされる最も大きな利点は、翻訳の自動化です。このソフトウェアによって、新しいコンテンツを目的の言語に自動翻訳できるため、人の翻訳者が関与する必要性が減少する、あるいはなくなります。これによってプロセスが高速化するだけでなく、多くの場合は費用対効果も向上します。また、一般的に翻訳ツールには堅牢なインポート機能とエクスポート機能が搭載されており、円滑にコンテンツをソフトウェアに取り込むことができます。

  • データ保護の強化:ローカリゼーションプロジェクトで人間の翻訳者を雇用する場合に問題となるのは、翻訳者と企業の所在地が異なることです。このような場合、メールなどの安全とは言えない方法で、機密データが送信されます。翻訳ツールは、データにアクセスするための安全な環境を提供します。人間の翻訳者が関与する場合は、ソフトウェアへのアクセス権を付与し、ソフトウェア内で翻訳を実行します。この仕組みによって、データの窃取や漏洩を確実に防止できます。

  • コラボレーションとコミュニケーションの改善:自動翻訳の精度は高まっていますが、ローカリゼーションプロジェクトには、開発者、デザイナー、マーケティングチームだけでなく、人の翻訳者も必要となる場合があります。ローカリゼーションに関わるすべての人が、翻訳されたコンテンツにアクセスし、簡単にコミュニケーションできることが必要です。最新の翻訳ツールでは通常、これらの機能が提供されます。また、コピーライター、編集者、翻訳担当のリーダーがプロジェクトに参加している場合など、複数の担当者間におけるワークフローが円滑化されます。

  • 翻訳の重複の防止:アプリケーションやWebサイトが更新されるたびに、コンテンツの翻訳が必要になることは多くあります。チームが大規模であり、コンテンツが大量にある場合、コミュニケーションの行き違いが原因で翻訳の重複が生じる可能性があります。翻訳管理システムを使用して翻訳タスクのワークフローを慎重に管理すれば、このような事態は回避できます。翻訳管理システムによっては、新しいコンテンツと過去の翻訳を照合して、重複するコンテンツの有無を確認できます。

  • 翻訳用語集の作成:2つの言語がまったく同じであることはありませんし、組織で使用されるすべての用語が他の言語にそのまま翻訳できるとは限りません。いずれの場合でも、経験豊富な翻訳者であれば、許容できる適切な訳を作成することができます。翻訳ツールでは、そうした単語や語句の用語集を作成し、将来の翻訳で自動的に適用できます。

  • プロジェクト管理の簡素化:翻訳管理システムは、効果的なプロジェクト管理ツールとして機能します。ローカリゼーションプロジェクトのすべてのタスクをこのシステムに集約できます。プロジェクト管理者は翻訳管理システムで、プロセスの各段階、タスクの割り当て、完了予定日などを監督できます。多くの翻訳管理システムでは、翻訳対象の新しいコンテンツがあることを翻訳者に通知できます。

  • 品質保証の簡素化:多くの翻訳ソフトには品質保証の機能が組み込まれており、人による翻訳であれ自動翻訳であれ、翻訳の精度を公開する前に簡単に確認できます。この機能は、文字体系の異なる言語に翻訳するときに発生しがちな、デバイスの互換性の問題を確認して解消するために役立ちます。

翻訳ツールの機能とは?

翻訳ツールには通常、コア機能と一般的な機能が搭載されています。コア機能は必須の機能であり、すべての翻訳ツールに備わっている必要があります。一方、一般的な機能は多くのソフトウェアが搭載していますが、機能の組み合わせはソフトウェアによって異なります。一般的な翻訳ツールの機能を以下に紹介します。

  • 自動翻訳機能:コンテンツをある言語から別の言語に自動的に翻訳する機能は、あらゆる翻訳ソフトウェアの中心的な機能です。この機能は従来、開発者がコーディングした複雑なアルゴリズムを使って提供されていました。しかし、この方法は、改善のための開発労力の割に収穫に乏しく、多くの企業が求める品質に達しないことが多いという限界がありました。そこで登場したのが、さらに費用対効果が高く、翻訳精度の高い人工知能 (AI) を活用したソフトウェアです。この方法では、AIを「学習」し、使用することで精度を改善していく機械学習が用いられています。

  • コラボレーションツールとプロジェクト管理ツール:翻訳ソフトの精度が高まり、人の翻訳者が不要になったとしても、適切なプロジェクト管理機能は必要です。そのため、多くの翻訳ツールにこの機能が搭載されています。この機能により、新しいコンテンツの翻訳者への通知や管理者によるスケジュールの管理など、コンテンツとローカリゼーションのさまざまなタスクを効果的に連携させることができます。

  • Webサイトやアプリに翻訳を直接掲載する機能:多くの翻訳ツールはコンテンツ管理ソフトのプラグインやアドオンとして提供されるか、他のコンテンツ管理システムとの連携させることが可能です。これらの機能を使用すると、翻訳ソフトから手動でコンテンツを抽出してコンテンツ管理ソフトに入力することなく、新たな翻訳をWebサイトやアプリに自動的に掲載できます。この機能を提供するソフトウェアは通常、アプリケーションやWebサイトに翻訳を掲載する前に、新しい翻訳を保留にして承認する機能も提供します。

  • データのインポートとエクスポート機能:ローカリゼーションプロジェクトを実行する場合、一般的に、コンテンツ管理システムと直接統合しますが、この方法を使えないこともあります。コンテンツ管理システムと統合できない場合や、アプリケーションやWebサイトのローカリゼーションプロジェクトとは別のプロジェクトで翻訳が必要な場合などでは、コンテンツを手動でインポートして翻訳する必要があります。多くの翻訳ツールでは、堅牢なインポートとエクスポート機能が提供されているので、手動の作業が必要な場合であっても、ユーザーは簡単にコンテンツをソフトウェアに取り込み、翻訳できます。

  • API:アプリケーションプログラミングインタフェース (API) は、ソフトウェアサービスやデータベースを扱う上で非常に有用です。SaaSと比較した場合、ソフトウェアを自社向けに構築し、維持するコストは、選択肢になり得ないほど高額になります。APIを使用すれば、ソフトウェアのコア機能 (この場合は翻訳管理機能) をサービプロバイダーに委ね、さらにはAPIにフックすることによって追加機能を作成できます。この方法を用いれば、企業は膨大なコストをかけてソフトウェアをゼロから開発せずに、自社で必要となる機能を利用できます。

  • 独自の用語集:ある言語の語句に相当するものが別の言語に存在するとは限りません。その言語にはない単語や、他の言語では意味をなさない言い回しなどがあります。翻訳ツールには用語集機能があり、各言語に適した翻訳を保存できます。また、その翻訳を別のプロジェクトで使用することができます。また、メモリ管理機能により、翻訳ソフトでは過去の翻訳を参照し、メモや変更点を確認できるため、より迅速で正確な翻訳が可能になります。

  • 多言語対応:対応している言語は翻訳ツールによって大きく異なりますが、多言語に対応していないソフトウェアはほぼありません。英語から中国語、中国語から英語など、根本的に異なる言語の翻訳は難しく、すべてのソフトウェアで提供されてはいませんが、英語とフランス語など、一般的な翻訳であれば、多くのソリューションで提供されています。

翻訳ツールの購入時に考慮すべき点は?

翻訳ツールを購入する際には、コストと統合に関する問題を含めて、いくつかの要素を検討する必要があります。例えば、スタンドアロンのアルゴリズム翻訳ソフトを1回限りのライセンスで購入することは可能ですが、提供される機能は限られるため、コンテンツのインポートやエクスポートで問題が生じる可能性があります。一般的にはSaaSの方が人気がありますが、継続的な費用が発生します。翻訳ツールを購入する前に具体的に検討すべき点を以下に説明します。

  • 翻訳管理システム (TMS) を必要としているか?

まず、自社のビジネスに翻訳ソフトが必要かどうかを検討しましょう。例えば、比較的小規模な企業で静的なWebページを運営しているのであれば、一度だけのローカリゼーションプロジェクトに人の翻訳者を雇った方が費用対効果が高くなるかもしれません。一方、定期的に新しいコンテンツを公開する大企業は、翻訳プロセスを簡素化したりコラボレーションツールを導入したりすることで恩恵が得られます。

  • TMSのコストは?

一般的に、ソフトウェアのコストで問題となるのは、1回で支払う金額ではなく、継続的なコストです。SaaSソリューションの使用には、通常継続的なサブスクリプション料金の支払いが必要です。1回限りの購入でローカルに導入されるソフトウェアは、初期コストは高額であっても、無期限に使用することができます。ただし、従来型のソフトウェアがどのくらいの期間で時代遅れになるか、また、更新やアップデートなどにかかる費用についても考慮する必要があります。

  • 企業規模に適しているか?

大半の企業では、翻訳ツールを検討する際にキャパシティが問題になることはありません。毎日数ページ以上のコンテンツを公開している企業は多くありません。企業の規模が問題になるのは、組み込まれているコラボレーションツールを使用する場合です。優れたコラボレーション機能が必要となる可能性は、中小企業よりも大企業のほうが高くなります。

  • 他のソフトウェアとの互換性は?

翻訳ツールをコンテンツ管理ソフトなどの他のソフトウェアソリューションと連携させる場合には、検討している翻訳ツールがそれらのソフトウェアソリューションと互換性があることを確認することが大切です。例えば、翻訳されたコンテンツをコンテンツ管理システムに自動的にパブリッシュする機能などが必要となる場合があります。

翻訳ツールに関する注目トレンドは?

インターネットの普及によってビジネスのグローバル化が進み、コンテンツやコミュニケーションを多言語で提供する必要に迫られているのは大企業だけではありません。翻訳ツールの重要なトレンドを以下に紹介します。

  • 効率性の重視:翻訳ソフトは間違いなく人よりも高速で翻訳できますが、必ずしも効率的とは限りません。人間が翻訳をチェックする必要がある場合、そのプロセスには時間がかかり、効率は低下します。これまでは、高い精度が要求される翻訳は人間の翻訳者に任せた方が効率的でした。しかし、状況は変わりつつあり、今後翻訳ソフトの開発者はさらなる精度の向上を目指していくでしょう。精度が向上すれば、人が介入する必要性が減り、翻訳プロセスははるかに効率化されます。

  • オーディオビジュアル翻訳:従来、翻訳ツールはテキスト翻訳が中心でしたが、さまざまなコンテンツのマルチメディア化が進んでおり、オーディオビジュアルコンテンツへの注目も高まっています。そのため、ローカリゼーションを効果的に行うには、オーディオビジュアルコンテンツも翻訳する必要があります。翻訳ソフトはすでにボイスオーバーや字幕の翻訳で成果を上げており、この傾向はほぼ間違いなく続き、翻訳の精度も向上していくはずです。

  • 人工知能の活用の拡大:旧来の翻訳ソフトは、ハンドコードで書かれたアルゴリズムでテキストを翻訳していました。この方法は、ある程度までは効果的です。しかし、このようなアルゴリズムの精度を向上させることは指数関数的に難しくなるため、翻訳プロセスの処理に人工知能 (AI) が使用されることが多くなっています。ニューラル機械翻訳 (NMT) は、登場してからあまり時間が経っていませんが、すでに翻訳管理に大きな影響を与えています。機械学習はコーディングではなく「学習」によって向上します。したがって、AIシステムの改良ははるかに容易で、精度も高くなっています。このトレンドは間違いなく続き、翻訳AIは今後数年でさらに改良されるでしょう。

  • クラウドベースの翻訳プラットフォームの増加:AIは他言語への翻訳をより効果的に行うことができますが、特に、グローバルなWebサイトのように大規模な翻訳では、リアルタイムで大量のリソースを必要とします。また、セットアップと保守にもコストがかかります。これらの理由から、クラウドベースの翻訳プラットフォームが、従来の翻訳ソフトに完全に置き換わる可能性があります。また、 AIは基本的に繰り返し学習するものであるため、多くのユーザーを擁する翻訳プラットフォームは、ユーザーからのフィードバックによって飛躍的に改善される可能性があります。

出典 本書で紹介した機能は、翻訳ツールとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラ (アクセス日:2022年6月7日、火曜日)
  2. 翻訳管理システム - ウィキペディア (アクセス日:2022年6月7日、火曜日)
  3. 機械学習 - ウィキペディア (アクセス日:2022年6月7日、火曜日)