キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

資産追跡ソフト

資産追跡ソフトは、マネージャーが内部リソースとIT資産のインベントリを追跡するために必要なツールを備えています。資産追跡ソフトを使用すると、資産の使用、保証、パフォーマンスを一元的なシステムで管理できます。このタイプのアプリケーションの多くには、バーコード化機能が含まれていて、修理スケジュールを向上させるとともに資産のダウンタイムを短縮することができます。関連ツールについては、EAMソフトウェア、固定資産管理ソフトウェア、< a href="/it-asset-management-software">IT資産管理ソフトウェアも参照してください。

注目のSaaS

レビュー投稿数の多い製品

資産追跡ソフトカテゴリで、ユーザーによるレビューが最も多い製品をご確認ください。

44件の結果

Jira Service Managementは、迅速に行動する必要のあるチームをサポートし、優れたサービス体験をともにすばやく提供するITサービス・マネジメント・ソフトウェアです。 JIRA Service Managementの製品詳細
Jira Service Managementは、高速IT、開発、運用、ビジネス・チームをサポートするITサービス・マネジメント・ソリューションです。サポートを得たチームは、従来のITサービス・マネジメントの複雑さにとらわれることなく優れたサービス体験を提供し、Jiraのオープンなコラボレーション・プラットフォームを通じてさらに優れた取り組みを進めることができます。合理化されたワークフロー、自動化ルール、キュー、SLA、セルフサービス・ポータルを使用すると、IT、開発、運用、ビジネス・チームは、サイロ化に陥ることなく優れたサービス管理を大規模に実現することができます。 JIRA Service Managementの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
MaintainXは、効率性とリアルタイムのインサイトを向上させるモバイルファーストの作業指示および手順のデジタル化ソフトウェアです。 MaintainXの製品詳細
MaintainXは、企業が事後的および予防的なメンテナンスを追跡し、安全検査、品質検査、および操作チェックリストなどの日常業務を管理するのを支援します。 次のようなクリップボードに取り付けられていたものをデジタル化することができます。 - 安全手順 - 環境チェックリスト - 工具および計測のレポート - メンテナンス手順 - 監査/検査ワークフロー - 研修チェックリスト また、現場からリアルタイムのビジネスのインサイトを提供することで、業務リーダーがより効率的に活動できるよう支援します。 MaintainXの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
tracefiiは、すべての資産を管理および追跡できる資産管理プラットフォームです。 tracefiiの製品詳細
tracefiiは、すべての資産を管理および追跡できる資産管理プラットフォームです。 tracefiiの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Metquayは、業界トップクラスのISO 17025認定キャリブレーション管理システムです。ライブ・デモについては、メールでお問い合わせください。 Metquayの製品詳細
優れたキャリブレーション、テスト、およびデータ管理システムで最先端のキャリブレーション管理が可能になります。Metquayには手順とワークシートのエンジンが内蔵されており、ユーザー自身がキャリブレーション手順やワークシートを作成して管理することができます。Metquayは、ジョブの作成、割り当て、完了を行う手間を軽減します。証明書の生成、バージョン番号付け、および追跡が自動的に行われるので、品質リスクとエラーを最小限に抑えることができます。Metquayを使用すれば、監査対策万全の状態を常に維持できます。 Metquayの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Nlyteは、ガートナーによってハイブリッド・デジタル・インフラストラクチャ管理 (HDIM) 領域で基盤技術を提供している点が高く評価されました。 Nlyte DCIMの製品詳細
Nlyteは、アセット・ライフサイクルの追跡を自動化します。搬入口でアセットをスキャンし、迅速にデプロイできます。自動化されたネットワーク探索では、ネットワークに接続されたアセット、ソフトウェア、およびIoTデバイスの追加、ステータス変更、移動を追跡できます。ネットワークがモニタリングされ、アセット・データベースに変更が加えられます。また、信頼できる単一の情報源として構成管理データベース (CMDB)、ITサービスマネジメント (ITSM)、および財務システムが統合されます。ユーザーベースのレポートでは、IT運用チームとセキュリティ・チームに例外レポートを提供できます。 Nlyte DCIMの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
インベントリ追跡、PO、メンテナンス、QRコード/バーコードのスキャニング、RFID統合を搭載した資産追跡ソフトウェア。無料で試すことができます。 EZOfficeInventoryの製品詳細
EZOfficeInventoryはコスト効果の高いクラウドベース・ソリューションで、資産管理のニーズに対応した直感的なインタフェースを搭載しています。モバイルアプリを利用したバーコードやQRコードのスキャン機能で資産の予約、メンテナンス、点検、監査といったリモート・チームによる共同作業を支援します。運用開始までの時間もかかりません。 資産の追跡や調整が必要なリモート・チームに最適です。COVID19関連の特別割引をご用意しています。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。 EZOfficeInventoryの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Asset Pandaが、Forbesの2022年度アセット追跡ソフトウェア部門で最優秀に選ばれた理由をご覧ください。14日間の無料トライアルでAsset Pandaをお試しください (クレジットカードは不要です)。
Asset Pandaのアセット追跡ソフトウェアは、企業がアセット管理を合理化する上で役立ちます。このクラウドベースのアセット追跡ソフトウェアは、柔軟でユーザーフレンドリー、カスタマイズ可能で、多くの統合機能を備えています。このソフトウェアは、無料のバーコードスキャニング機能付きのiOSおよびAndroidのモバイルアプリと一緒に使用できます。アセットの追跡および管理に加えて、在庫追跡、固定アセットの監査、メンテナンス追跡、減価償却、機器追跡などもサポートしています。14日間の無料トライアルを今すぐ試してください (クレジットカードは不要です)。 Asset Pandaの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
UpKeepは、作業指示、施設、資産管理の合理化において高い評価を受けるモバイル・ファーストの資産追跡ソフトウェアです。
UpKeepの資産追跡ソフトウェアは、チーム向けの最新のメンテナンスおよび資産管理ソリューションです。デスクトップからスマートフォン、さらにはタブレットまで、時間や場所を問わず簡単にUpKeepにアクセスできます。外出先で作業指示を作成したり、タスクの更新時に通知を受け取ったり、資産が低下した際にアプリから直接アラートを受信したりできるため、これまで以上に効率的にビジネスを運営できます。 UpKeepの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Verizon Connectのフリート管理ソフトウェアは、5台以上の車両を持つ中小企業向けです。
Verizon Connectなら、業務を最適化し、成長を促進するために必要な知見とインテリジェンスを企業の顧客に提供することができます。クラウドベースのエンドツーエンド・ソリューションを通じて、Verizon Connectならユーザーのフリートパフォーマンスを正確に測定し、隠れたコストや効率改善の機会を明らかにすることができます。また、リアルタイムのアラートやレポートにより、企業はより適切にサービスを管理できるようになります。 Verizon Connectの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Fishbowlの在庫および製造管理ソリューションでは、ビジネスを最大限に活用して資産の追跡を簡単に行うことができます。XXX
リアルタイムデータへ即座にアクセスできるFishbowlの在庫管理ソフトウェアなら、製造業者、機械工場、ジョブショップによる複雑な製造環境の管理や資産の追跡をサポートすることができます。強力な機能を搭載したインタフェースは使いやすいため、在庫の設定、追跡、管理が容易です。 Fishbowlの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Rockwell Automation企業のFiixの資産管理ソフトウェアを使用すると、資産パフォーマンスを向上させ、アップタイムの目標を達成することができます。
Rockwell Automationのグループ企業であるFiixは、資産のパフォーマンスを追跡、測定、最適化を容易に行うツールを提供します。FiixのクラウドベースおよびAI搭載の資産管理ソフトウェアは、資産や在庫の整理、作業の管理、ビジネス・システムの接続、データ主導型の意思決定を支援します。作業、部品、コスト、スケジュール設定、重要業績評価指標 (KPI) を包括的に把握できるため、稼働時間目標の達成が可能となります。オンラインでもオフラインでも、資産を管理することのできる技術者重視のデスクトップおよびモバイル・アプリです。 Fiixの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
オンラインで販売する場合であれ、実店舗で販売する場合であれ、Square for Retailは小売事業の規模やスタイルにかかわらず活用できます。
Square for Retailには、小売業の運営に必要なすべてのツールが含まれています。Square for Retailは、使いやすいPOS、統合決済、シームレスなオンラインストア、高度な在庫管理や強力なレポート作成機能を備え、店内とオンラインでシームレスに販売できるようになります。非接触型決済と店内受け取りを提供し、すべての注文を管理できます。Squareの強力なエコシステムと統合されているため、請求書からEメールマーケティングまでのあらゆる機能を使用して、ソリューションをカスタマイズできます。無料でお試しください! Square for Retailの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
非常にシンプルで、モバイル・フレンドリーな資産追跡システムです。数千もの企業に選ばれています。今すぐ無料アカウントを作成しましょう。
Sortlyは、ビジネス資産とそれらの場所や状態などの詳細を視覚的に把握でき、より直感的な方法で追跡することができる、非常にシンプルな資産追跡システムです。Sortlyは非常に直感的なので、セットアップは自分で行う場合でもほんの数分で完了します。今すぐ無料アカウントを作成しましょう。 主な機能: - コンピュータ、タブレット、スマートフォンからアクセス可能 - チームや顧客へのアクセス権付与機能 - 任意のバーコードやQRコードの作成および接続 - スキャナによるチェックイン/チェックアウト機能 - カスタマイズ可能なフィールド Sortlyの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
eMaint CMMSは、メンテナンス・チームの効率化とメンテナンス作業コストの削減に役立ちます。堅牢でカスタマイズ可能、簡単に使用することができます。
eMaintコンピュータ制御メンテナンス管理システム (CMMS) ソフトウェアは、優れたカスタマー・サービスを提供し、資産の信頼性の向上と機器の延命を支援します。eMaintを使用すると、ワークフローを標準化し、プロセスを最適化して人件費を削減できるようになります。このシステムを活用して、作業指示を管理したり、PMスケジュールを自動化したり、スペア・パーツの利用を可能にしたりすることができます。クラウドベースのシステムを使えば、工場や現場、リモートなど、働く場所にかかわらず、チームはどこからでも重要なデータにアクセスできます。 eMaint CMMSの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Maintenance Connectionは、複数サイト、複数業種対応のCMMSおよびEAMです。企業が資産障害を回避し、ダウンタイムを削減する上で役立ちます。
AccruentのMaintenance Connectionは、市場をリードするCMMSおよびEAMです。メンテナンスチームが事後対応型から予防型の保守に移行し、資産障害を回避し、ダウンタイムを削減し、複数サイトの運用を合理化する上で役立ちます。拡張性が高く、あらゆる組織に対応できるように設計されています。柔軟で、詳細な設定が可能であるため、さまざまな主要産業で充実した機能を利用できます。 Maintenance Connectionの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
ServiceDesk Plusは、ワークステーション、プリンター、ルーター、アクセスポイントを検出し追跡する自動スキャン機能により、アセットマネージャーを支援します。
ManageEngine ServiceDesk Plusは、ヘルプデスクおよび資産管理ソフトウェアです。インシデント管理 (トラブル・チケット発行)、資産追跡、購買、契約管理、セルフサービス・ポータル、ナレッジベースを備えた統合パッケージを手頃な価格で提供します。ServiceDesk Plusは、優れたITヘルプデスクおよび生産的なヘルプデスク・スタッフに必要なツールを提供します。ManageEngine ServiceDesk Plusは、オンプレミスとオンデマンドの両方のバージョンが提供されています。 ManageEngine ServiceDesk Plusの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
iAuditorは、現場全体の有効性をリアルタイムで可視化することで、企業がベスト・プラクティスを更新して配信することを可能にします。
iAuditorは、安全性、品質、管理、業務のために、あらゆる業界で毎月200万件以上の検査に利用されています。 世界中で25,000以上の企業が年間6億件以上の検査に利用し、職場の安全と品質を改善しています。 検査データはリアルタイムで取得されるため、検査漏れや不合格品を瞬時に特定し、リスクを迅速に軽減することができます。 SafetyCultureの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Rentmanは、どのような場所からでも資産を管理できるようにします。時間のかかるスプレッドシートを使った追跡を、ビジュアルシステムに置き換えることが可能です。
詳細説明 (カスタマイズしたもの) で、機器の場所をいつでも把握できます。よりスマートな方法で、場所、人、チーム間の資産移動を追跡可能です。企業が資産データ、移動、利用状況などを管理し、資産状態を把握することができる、柔軟で使いやすい資産管理システムです。 Rentmanの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
DataSnipperは、監査および財務チームの生産性を加速する、資産追跡に関するインテリジェントなExcel内自動化プラットフォームです。
DataSnipperは、監査および財務チームの生産性を加速する、資産追跡に関するインテリジェントなExcel内自動化プラットフォームです。 DataSnipperを使用すると、繰り返しの作業をなくし、監査および財務手順のソースを抽出、相互参照、文書化することができます。 Excelアドインを使用して作業プロセスを効率化し、より早く作業を完了できるようになります。 Deloitte、EY、KPMG、PwC、BDOなどの市場大手企業から信頼されています。85以上の国で、50万人以上の財務専門家に使用されています。 DataSnipperの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
CHEQROOMは、使いやすい革新的な資産追跡ソフトウェアです。IT資産を完全に管理することができます。
CHEQROOMは、企業機器の明確な概要をクラウド上で提供します。CHEQROOMのモバイル資産追跡アプリケーションを使用すれば、機器がどこにあるのか、誰が使っているのか、いつ返却されるのかを常に正確に把握することができます。CHEQROOMを使用すると、機器の情報を適切な場所で最新の状態に保つことができます。いつでもどこでもインベントリを管理できます。また、請求書、契約書、機密ファイルも追加で保存できます。CHEQROOMの資産追跡ソフトウェアなら、さまざまなことが可能です。 Cheqroomの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
ワークフローを最適化し、コミュニケーションを強化し、施設の継続的なメンテナンスを可視化することができます。
小売業者とレストランのコミュニケーションおよび解決管理。 複数の小売サイトを管理するには、調整された計画、コミュニケーション、実行を通して、企業の経営戦略を効果的に実行する必要があります。 Big Sky Technologiesは、複数サイトの小売業務に影響する問題をキャプチャ、追跡、管理、解決するための高度な通信および解決管理システムを提供しています。 ServiceChannelの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Alloy Navigatorは、現実世界のIT担当者によって、現実世界のユーザーのために設計された、現実世界のソリューションです。
資産を確実に計上することは、IT組織にとって非常に重要です。そこで、IT機器の監査と追跡、サードパーティ・ツールとの統合、有意義な方法での環境分析を可能にする強力なツール・セットを備えた、Alloy Navigatorが設計されました。Alloy Navigatorは、複数のプラットフォームのサポート、多様な監査方法、インテリジェントなソフトウェア・ライセンスにより、優れたITインベントリ・ソリューションとして機能します。 Alloy Navigatorの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
Oracle Fusion Cloud ERPは中堅・大手企業向けにせっけいされた、完全かつ最新のクラウドERPソリューションです。
Oracle Fusion Cloud ERPは、組織のスピードを落とす手動プロセスを自動化するAI、市場の変化にリアルタイムで対応する分析、最新状態を維持して競争優位を獲得する自動更新などの高度な機能を提供します。 財務会計をはじめ、調達管理、プロジェクトポートフォリオ管理、リスク管理、統合業績管理(EPM)などの管理系業務、そして製造や物流などの業務システムにいたる、企業活動に関わる全ての情報を一元管理するERP(Enterprise Resource Planning)です。クラウドサービスとして提供することにより、より柔軟な導入と運用を可能にするプラットフォームです。 Oracle Fusion Cloud ERPの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
スプレッドシートを使用せずに資産を管理することができます。最大50の資産まで無料です。今すぐデモをお試しください。
BlueTallyを使用すると、スプレッドシートや扱いにくいシステムが不要になります。 BlueTallyは、ピアノから電話まで、あらゆるものの整理と管理に役立つ強力な資産管理ソフトウェアです。 「資産の場所」 資産のある場所とその数の概要を確認することができます。 「資産の所有者」 探している資産を所有している従業員と、それ以前にその資産を所有していた従業員を検索することができます。 「資産の残数」 点検、修理、または現在使用中の資産の数を簡単に確認することができます。 BlueTallyの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター
企業における資産のモニタリングや管理に役立つiOSおよびAndroidアプリを搭載したプラットフォームで、Webベースの資産追跡ソフトウェアを提供しています。
Asset Infinityでは、場所、部門、従業員ごとに資産を追跡して移動履歴を提供することができる資産追跡ソフトウェアを提供しています。 資産の盗難や置き違えを防ぐ上で役立つ正確な資産情報。この機能を使用すると、在庫の追跡も実行できます。バーコード、QRコード、無線自動識別 (RFID) タグを使用して資産を追跡します。移動中でも、モバイルアプリケーションで資産追跡を行うことができます。この資産追跡ソフトウェアを使用すれば、スペアや消耗品の追跡が可能です。 Asset Infinityの製品詳細

機能

  • 監査証跡
  • 在庫管理
  • チェックイン、チェックアウト
  • アクティビティの追跡
  • 減価償却管理
  • メンテナンス管理
  • モバイル・アクセス
  • 作業発注管理
  • 資産ライフサイクル管理
  • 機器追跡
  • 検索/フィルター

資産追跡ソフトのお役立ちガイド

資産追跡ソフトは、マネージャーが社内のリソースとIT資産のインベントリを追跡するために必要なツールを備えています。このソフトウェアでは、資産の保証、使用状況、減価償却などの関連情報も追跡できます。資産追跡ソフトは、通常、バーコードやQRコードなど、資産を効率的に追跡するための機能を実装しています。これらの機能を活用して、資産を利用できないダウンタイムを短縮し、修理のためのスケジュールを効果的に立てることができます。

資産追跡ソフトには主に、資産のライフサイクルをマッピングする機能、機器の効率性を追跡する機能、組織の資産に関連するあらゆる側面をモニタリングする機能が含まれます。大規模な企業にとって資産追跡は在庫管理と同様に重要であることから、この課題を解決するための専用のソフトウェアが存在しています。また、これらのソフトウェアでは通常、組織が独自のロールや従業員プロフィールを設定し、資産へのアクセスを管理できます。

資産管理ソフトを利用する最大の利点は、コストを削減できることです。資産を適切に管理することで、さまざまな費用を削減できる可能性があります。コスト削減の例として、必要な時に機器を利用できないために作業が遅れる事態を避けることができます。また、資産を適切に追跡すれば、資産の価値を容易に把握でき、EOL (廃棄) 計画を効果的に進めることができ、財務管理の効率化にも役立ちます。

資産追跡ソフトでは、資産に関連する管理業務を中心に行いますが、密接に関連する他のソフトウェアカテゴリもあります。関連するソフトウェアカテゴリには、固定資産管理システムIT資産管理ツールなどがあります。

資産追跡ソフトを検討するときには、重要ないくつかの要素を考慮し、自社のニーズに合ったソフトウェアを選択しましょう。特に重点的に検討するべきなのは、ソフトウェアが提供している機能です。これらのソフトウェアが提供している機能は、コア機能と一般的な機能に大きく分けられます。コア機能は、このカテゴリに欠かすことができない機能です。一般に、資産追跡のカテゴリに含まれるソフトウェアには、少なくとも以下の機能が含まれています。

  • 故障とメンテナンスの追跡機能。これは、ダウンタイムや資産の交換などに関する重要な意思決定に役立ちます。
  • 資産ライフサイクルマッピング。過去の故障やメンテナンスから収集した履歴データを、今後の購入の意思決定や多額のメンテナンスコストの予測に役立てることができます。
  • 機器の効率性の追跡機能。機器などの資産の効率性を測定し、買い替えやアップグレードを検討する際に必要なデータを提供できます。
  • 従業員のロールとプロフィール。資産のメンテナンスなどのタスクを適切な担当者に簡単に割り当てることができます。
  • バーコードやQRコードの生成と読み取り機能。資産を正確に追跡し、一部のプロセスを自動化し、資産追跡に関わる作業を軽減します。

資産追跡ソフトとは?

資産追跡ソフトは、企業が所有する資産の性能や予想されるEOL (廃棄) など、資産に関連するさまざまな指標を追跡するのに役立ちます。資産管理ソフトを使用することで、これまでの資産管理における非効率な部分を取り除き、資産の所有に関連するコストを削減できます。たとえば、資産が適切にメンテナンスされていないため予期せぬダウンタイムが発生する可能性を減らすことや、予期しないときに資産が廃棄されることがないようにできます。

多くの組織にとって、適切な資産追跡は在庫管理と同様に重要です。これらの資産には、組織が抱えている在庫から、工具や重機など、通常の業務で使用するあらゆる種類の機器が含まれます。これらの資産の重要性は組織によって変わりますが、資産を適切に管理することの重要性は変わりません。資産があるべき場所にない、二重に予約されている、または故障して使用できない場合、業務の遅れや経費が発生します。資産追跡ソフトは、業務に悪影響を及ぼすこのような状況を軽減するために役立ちます。

最新の資産追跡ソフトには、資産を効率的かつ正確に追跡するさまざまなテクノロジーが組み込まれています。バーコードやQRコードの読み取り機能はその一例です。これらの機能を使用すると、特定の資産に対応するコードを作成できます。資産をシステムに登録しておくと、資産を移動したり新しいプロジェクトで使用したりするときにコードを読み取って、資産の場所を常に把握できます。データ分析もまた、最新の資産追跡ソフトで広く利用されているテクノロジーの一つです。最新の資産追跡ソフトは、高精度なアルゴリズムとAIを使用して、企業の資産の使用状況を把握し、メンテナンス業務などで正確な予測を立てることが可能になります。

資産追跡ソフトの利点とは?

資産追跡の利点は多岐にわたりますが、企業の資産をより効率的に使用することが最大の目的です。この目的は、いくつかの機能によって実現され、最終的にあらゆる種類の資産の所有、使用、メンテナンスに関連するコストを削減できます。資産追跡ソフトを利用する具体的な利点を以下に紹介します。

  • 資産管理の効率化:資産追跡ソフトの大きな利点は、効率性が向上することです。メンテナンスが必要な資産の現状や、特定時点における資産の物理的な場所など、あらゆる面で資産を正確に追跡することができます。

  • コストの削減:例えば、使用できない時間に作業を予約することを避ける、業務上都合の良い時間帯にダウンタイムを確保する、資産の利用期間を正確に予測することなどが可能になり、コストを削減できるようになります。特に車両や重機などの高価な多くの資産を抱える大企業では、優れた資産追跡ソフトに移行すれば、コストを大幅に節約できるでしょう。また、資産追跡ソフトは、資産を追跡する人員不足の解消や、顧客サービスの向上などにより、コスト削減に寄与します。

  • 説明責任:最新の資産追跡ソフトでは、資産を使用するユーザーの管理を自動化し、資産を使用するときに問題が発生した場合の責任の所在を簡単に特定できます。従業員が資産を利用するときに、このソフトウェアを使用して資産に割り当てられたQRコードを読み取り、資産を返却するときに再度QRコードを読み取ります。この仕組みによって、最後に資産を使用したユーザーを特定でき、常に責任を明確にできます。

  • 法規制や財務関連のコンプライアンス:業界によっては、規制や税制上の理由から、詳細な資産追跡の記録が求められる場合があります。資産追跡ソフトでは、必要な書類を提出しなければならないときでも、詳細なレポートを自動的に作成でき、関連する他のソフトウェアに直接接続することができ、このような規制にも容易に対応できます。

  • リアルタイムの情報:マネージャーや経営幹部は、資産の場所をリアルタイムで簡単に把握でき、それらの情報のレポートを作成することが可能です。

  • 資産変更に伴う記録を容易に調整可能:通常は、組織が購入した資産を廃棄するまで使用しますが、このシナリオに該当しない場合もあります。資産を売却する場合や組織内で移動する場合には、税金の計算などに影響を与えることがあります。資産追跡ソフトでは、このような変更も簡単に取り入れることができます。

  • 詳細なレポートと知見の提供:資産追跡ソフトでは、これまで資産を追跡するために使用していた帳簿や表計算ソフトよりも、多くのデータポイントを取り入れることができます。豊富なデータを利用できるため、これまでは作成できなかったような詳細なレポートを提供できるようになります。AIなどの分析機能が常に進化しており、多くの資産追跡ソフトは、収集した情報をもとに高度な知見を提供できます。

資産追跡ソフトの機能とは?

資産追跡ソフトの機能は、コア機能と一般的な機能に分けることができます。コア機能は、市場のほぼすべての資産追跡ソフトに搭載されていますが、一般的な機能の組み合わせはソフトウェアによって異なる場合があります。最も一般的な資産追跡ソフトの機能を以下に紹介します。

  • メンテナンスや別のダウンタイムの追跡:資産の稼働率などの最新情報を詳細に把握することは、資産を効率的に活用するために極めて重要です。資産追跡ソフトは、通常、故障やメンテナンスなどのダウンタイムの原因を追跡するための機能を提供します。これらの機能を使用すると、頻繁に故障しており交換が必要な資産や、アップグレードや交換する利点がある資産を簡単に確認できます。

  • 資産のライフサイクルマッピング:資産のライフサイクルを計画することは決して容易ではありませんが、資産追跡ソフトを使用すると簡単に計画できるようになります。資産追跡ソフトでは、故障やメンテナンス費用など、さまざまなデータを追跡することができ、資産のライフサイクルをより効果的にマッピングし、将来的な計画に活かすことができます。

  • 機器の効率性の追跡:資産は予定されている寿命まで使用できるとは限りません。事故による損傷、メンテナンスの判断ミス、事業の変化、または資産が期待される効果を発揮しない場合など、資産を早期に廃棄した方が費用対効果が高くなる場合があります。資産追跡ソフトによって、あらかじめ定義されたパフォーマンス指標を基準として、資産の効果を明確かつ簡単に把握できます。これにより、特定の資産を買い替えるべきかなど、豊富な情報に基づいて意思決定を行うことができます。

  • クラウドネイティブ・アプリケーション:最近の多くのビジネスアプリケーションと同じように、多くの資産追跡ソフトの開発元は、製品のクラウド化を進めています。クラウド化によって、リモートからの資産追跡やデータの一元管理が可能となり、従業員はモバイルデバイスなどのインテリジェントデバイスを使用して資産を読み取る機能などを活用できます。

  • QRコードの作成と読み取り:QRコードやバーコードには、資産を識別するために必要なすべての情報が含まれているため、資産の貸出と返却を容易に行うことが可能になります。数秒でこれらのコードを読み取ることができ、読み取った従業員や日時の情報とともに、資産の場所を詳細かつ自動的に記録できます。また、これらのQRコードを作成できるソフトウェアもあります。

  • 従業員のカスタムロールとプロフィール:従業員に特定のロールやプロフィールを割り当て、特定の資産のメンテナンスなどの作業を割り当てるプロセスを簡単に自動化できます。特定の資産を利用する従業員に適切な権限があるかどうかを判断し、自動的に承認または拒否することも可能です。

  • レポート作成と計画のための対話型のダッシュボード:資産追跡ソフトでは通常、多くのレポートオプション、資産とその場所の概要、資産情報の更新や新しいQRコードの作成など、さまざまなタスクを実行する使いやすいユーザーインターフェースを利用できます。多くの場合、これらのダッシュボードはクラウドで利用でき、適切なデバイスがあれば、権限を付与されている従業員はどこにいてもアクセスできます。

  • 予防保全計画:資産追跡ソフトが収集する豊富なデータと予測機能により、資産が故障してから慌てて対応するのではなく、資産の予防保全計画を進めることも可能になります。必要なメンテナンスを理想的なタイミングで行うことができれば、長期的に大きなコスト削減につながります。

資産追跡ソフトの購入時に考慮すべき点は?

資産追跡ソフトを購入するときには、コストと機能などのいくつかの要素を検討する必要があります。また、すべての資産追跡ソフトは同じではありません。開発元の評判や利用可能なソフトウェアのすべてのレビューを調査する価値があります。特に、クラウドネイティブのソリューションについては評価やレビューを十分に検討してください。導入する資産追跡ソフトを決定するときに、具体的に検討すべき事項を以下に紹介します。

  • 資産追跡ソフトの主な機能とは?

ソフトウェアの主な機能は、自社にとって最適なソフトウェアであるかどうかを左右する重要な要素です。手頃な価格のソフトウェアでも、組織が必要とする機能がなければ意味がありません。組織にとって不要な機能がないソリューションを選ぶと良い場合も多くありますが、長期的な視点でソフトウェアを検討することも大切です。現在は必要のない機能でも、近い将来利用する可能性があるかもしれません。

  • 開発元は信頼できるか?

ローカルにインストールする標準的なソフトウェアでも、SaaSモデルで利用するクラウドネイティブ・アプリケーションでも、開発元が顧客サービス、テクニカルサポート、ソフトウェアのメンテナンスなどについて優れた実績があるかどうかを確認する価値があります。資産追跡は、あらゆる企業にとって重要です。開発元が技術的な問題に直面し、対応できないといった心配のないソフトウェアを選びましょう。

  • ソフトウェアは安全か?

資産追跡ソフトの利点の一つは、資産を適切に活用できないことによる金銭的な損失を削減できることです。ただし、これはソフトウェアを安全に利用できることが前提です。データの保存方法など、ソフトウェアのいくつかのセキュリティ面について注意しなければなりません。特に、SaaSプロバイダーと契約する場合、自社でデータを管理しないため、セキュリティ対策が特に重要になります。

  • ソフトウェアは自社の規模に適しているか?

資産追跡に関しては、中小企業のニーズと大企業のニーズは大きく異なります。そのため、候補となるソフトウェアが、自社の規模に適しているかどうかを確認することが重要です。導入を計画しているソフトウェアに追跡できる資産の数に制限がないか、大規模な組織では複数の拠点でソフトウェアを利用できるかなどを確認しましょう。

  • 他のソフトウェアと互換性があるか?

資産追跡ソフトによって、会計など他のさまざまな業務が容易になりますが、その利点を活かすためには、選択したソフトウェアが既に導入している関連ソフトウェアと連携できることが必要となります。

  • 開発元は積極的にソフトウェアのサポートや改善を行っているか?

後述しますが、資産追跡は開発が活発に進んでいる分野であり、今後、これらのソフトウェアに影響を与えると考えられるトレンドが多くあります。資産追跡に関する最新トレンドに対応するために積極的な開発を続けている開発元を見つけることができれば、重要な新しいトレンドにも対応できるようになるでしょう。

資産追跡ソフトに関する注目トレンドは?

資産追跡ソフトの注目トレンドは、資産についてより多くのデータを収集し、収集したデータをどのように活用するかという取り組みに関連しています。資産管理ソフトに関連するトレンドを以下に詳しく紹介します。

  • 予防保全:近年、AIの分析能力は、多くの分野で革命を起こし続けています。資産追跡でも、AIによる分析機能が積極的に取り込まれています。資産追跡ソフトには、今後さらに正確な予防保全機能が組み込まれ、どのような資産にいつ予防保全を実施するかを正確にスケジュールできるようになり、さらにコストを削減できるようになるでしょう。

  • フリートテレマティクス:配送車や運搬車などの車両 (フリート) 資産の場合、車両を追跡するためにGPSトラッキング機能が有効です。今後、この機能は多くの資産追跡ソフトで提供されるようになるだけでなく、車両資産を追跡する機能として標準で搭載される可能性があります。

  • IoTの追跡の増加:先に説明したトレンドと似たテーマになりますが、バーコードやQRコード、RFIDチップによって資産を追跡する手法が普及しています。これらのさまざまなオプション機能の精度が向上しており、コストも低くなっていることから、今後さらに多くのセンサーが資産を追跡するために利用されるようになるでしょう。温度、湿度、衝撃、圧力などのセンサーが広く利用されていくと考えられます。これらのデータポイントを追加してくと、ライフサイクルやメンテナンスのスケジュールなどをさらに正確に把握できるようになるでしょう。適切に使用していたのに故障した資産は、事故や、設計や仕様通りに使用されなかったために故障した資産と区別する必要があります。

  • クラウド移行のトレンドの継続:資産追跡ソフトは、一般的にクラウドで利用できる、SaaSアプリケーションとして提供されるようになっています。コスト削減、リモートアクセス、データの一元管理などの利点があることから、このトレンドは今後も継続し、従来型のソフトウェアが選択肢となることは稀になるでしょう。

出典 本書で紹介した機能は、資産追跡ソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラ (アクセス日:2022年6月13日、月曜日)
  2. Forbes - What is Asset Tracking? (資産追跡とは?) (アクセス日:2022年6月13日、月曜日)
  3. ウィキペディア - Asset Tracking (資産追跡) (アクセス日:2022年6月13日、月曜日)