キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

リスクマネジメントシステム

リスク管理ツールとは、データ管理を効率的に行い企業や業務がリスクにさらされる危険性の低下や損失の最小化を実現することに役立つツールです。企業がデータを効果的に管理できるようになるので、オペレーショナルリスクや企業全体のリスクが軽減されます。

注目のSaaS

レビュー投稿数の多い製品

リスクマネジメントシステムカテゴリで、ユーザーによるレビューが最も多い製品をご確認ください。

日本 日本製品のみ表示

98件の結果

日本 国内製品
海外ビジネスのリスクを一元管理できるサービスです。 Glocalistの製品詳細
Glocalistは、ベトナムやインドなど、海外へ進出したビジネスのリスクを検知・共有・整理できるサービスです。現地の公的機関、省庁等による公告を即時収集・翻訳して提供するだけでなく、現地法律に精通した専門家による解説記事も添えて提供されるため、日本語で体系的に現地の最新一次情報を確認することができます。また、収集したリスク情報はタグ付けによって整理し、他のユーザーと簡単に共有することもできます。本サービスは、日本語のみでのご利用となります。 Glocalistの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
DefendX File Auditorを使用することにより、ストレージ環境全体で誰がどのドキュメントにアクセスしているかを即座に把握できます。 DefendX Controlの製品詳細
DefendX Software File Auditorを使用することにより、ストレージ環境全体で誰がどのドキュメントにアクセスしているかを即座に把握できます。リアルタイムのビューを表示できます。このファイル監査ソフトウェアは、自動レポート機能と監査ツールを提供します。これらのツールは、会社の機密ファイル・データと知的財産に関するセキュリティの強化に役立ちます。 DefendX Controlの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
iDenfyは、グローバルで一体型の不正防止プラットフォームです。人工知能、生体認証技術を組み合わせます。 iDenfyの製品詳細
iDenfyは、グローバルで一体型の不正防止プラットフォームです。iDenfyは、人工知能、生体認証技術、社内のKYC専門家チームを組み合わせることで、不正を防止し、コンプライアンスを遵守しながら、使いやすい本人確認を実現します。 iDenfyの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Log360は、ログ管理機能で内部および外部のセキュリティ攻撃を防御する包括的なSIEMソリューションです。 ManageEngine Log360の製品詳細
ADAudit PlusとEventLog Analyzerを1つのコンソールに統合した統合ソリューションであるLog360は、ログ管理およびネットワーク・セキュリティの課題に対応するワンストップ・ソリューションです。リアルタイムのログ収集、分析、相関、アーカイブ機能を提供し、機密データの保護、内部セキュリティへの脅威の阻止、外部攻撃対策を支援します。重要なセキュリティ、監査、およびコンプライアンスの要件を満たすために、1,200以上の事前定義されたレポートおよびアラート基準があらかじめパッケージ化されています。 ManageEngine Log360の製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Verisk 3Eの3E Protectは、化学物質の在庫および関連する安全データシート (SDS) に24時間年中無休で即時アクセスを提供します。 3E Protectの製品詳細
Verisk 3Eの3E Protectは、化学物質の在庫および関連する安全データシート (SDS) に24時間年中無休で即時アクセスを提供します。大量のバインダー、スプレッドシート、またはWebサイトで探すことをやめましょう。利用者無制限でユーザーフレンドリーなインタフェースのソリューションを利用して、所望の管轄区域と言語で必要なSDSを検索できます。この非常に効率的で手頃な価格のEHSソリューションにより、即時のインターネット・アクセスと、これまでにない24時間体制のサービスとサポートが得られます。いつでも。どこでも。 3E Protectの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
2014年~2016年のガートナー・マジック・アドラント・リーダーであるNlyteは、世界最大かつ非常に洗練されたDCIM実装を有しています。 Nlyte DCIMの製品詳細
ITチームはNlyteを導入し、重要なインフラストラクチャの自動化、管理、およびリスク軽減を行っています。データ・センターからコロケーション、エッジ、クラウドまで、Nlyteは、物理および仮想コンピューティング、インフラストラクチャ、ソフトウェア、IoT資産を検出、管理、およびレポートします。Nlyteには、資産、電力、エネルギーのモニタリング、および管理が含まれます。アセット・ライフサイクルには、容量管理、what-if計画、予測分析、ワークフローに加え、IT、バッテリー管理システム (BMS)、重要なビジネス・インテリジェンス (BI) システムとのすぐに使用できる統合が含まれます。 Nlyte DCIMの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
RiskPartnerなら、保険証書の管理に革命をもたらし、複雑さを合理化して比類のない効率性を実現できます。 RiskPartner RMISの製品詳細
RiskPartnerは、保険証書の管理を簡素化および強化するために設計された包括的なプラットフォームです。このソリューションを使用すると、企業は複雑な保険書類の取り扱いを容易にし、プロセス全体を効率化できます。RiskPartnerを使用すれば、発行から追跡、コンプライアンスまで、証書の効率的かつ組織的な管理を実現し、証書関連情報への信頼できる安全なゲートウェイを提供できます。 RiskPartner RMISの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Wrikeは、タイムトラッキングツール、自動レポート、認証、データ暗号化などの機能を備えたリスク管理プラットフォームです。
Wrikeは、140か国で200万人以上が利用するリスク管理プラットフォームです。財務管理、プロジェクトのリスク低減、収益性向上のためのWrikeの強力なソフトウェアをぜひお試しください。タイムトラッキングツールでリソースを最適化して予算超過を確実に防ぐことができ、自動レポート機能が、プロジェクトに対する有益な知見の獲得やリスクをはらむ可能性のある領域の特定を実現します。役割に基づくアクセスおよび認証などの企業レベルのセキュリティで、データを安全に守る機能も備えています。 Wrikeの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
ニーズに合わせて簡単に拡張できるSolarWinds Service Deskは、あらゆる規模の企業向けの使いやすく、手頃な価格のITSMソリューションです。
SolarWinds Service Deskは、スマートなチケット・ルーティング、自動ワークフロー、統合されたアセット管理により、企業のチケットあたりのコストを最大15%削減し、問題解決までの時間を最大48%短縮するクラウド・ベースのITヘルプデスク・ソリューションです。加えて、AIを活用したナレッジ・ベースも備えており、問題を迅速に解決するために必要なリソースを従業員に提供することができます。従来は数か月を擁していたセットアップは数日で完了し、200以上のクラウド・アプリケーションと統合可能なので、企業のニーズにもシームレスに対応できます。 SolarWinds Service Deskの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
電子文書管理、研修管理、是正措置、監査、サプライヤー管理などを含む品質管理ソフトウェア。
MasterControl Riskでは、さまざまな製品ライン、ビジネス・プロセス、ビジネス・ユニットをはじめとする組織全体のリスク・マネジメントについて包括的な概要が提供されます。また、この可視性により統一性も得られ、標準的なリスク分析プロセスが全従業員によって使用されるようになります。このソリューションでは、繰り返し発生する問題への自動追跡と堅牢な分析機能が搭載されているため、潜在的な問題を検出することができ、リコールの回避や規制措置の対応などを行うことができます。 MasterControl Quality Excellenceの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Fortune 100企業中92企業からの信頼を得ているSplunkは、組織のデータすべてに対する調査、モニタリング、分析、およびアクションの実行に役立ちます。
Fortune 100企業中92企業からの信頼を得ているSplunkは、調査、モニタリング、分析、およびアクションの実行を後押しするカスタマイズ可能なデータ分析プラットフォームです。ITからセキュリティ、そしてビジネス・オペレーションまで、Splunkはリアルタイムで措置を講じることを可能にするData-to-Everythingプラットフォームです。Splunkを使用することによって、IT問題の予測と防止、セキュリティ・スタック全体の合理化、予定外のダウンタイムの最小化、および透明性向上のためのビジネス・プロセスの探索と視覚化のすべてを1つのプラットフォームで実現できます。 Splunk Enterpriseの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
iAuditorでは、安全性、品質、および効率を向上させるために必要な情報を一箇所で簡単に取得することができます。
iAuditorは、安全性、品質、管理、業務のために、あらゆる業界で毎月200万件以上の検査に利用されています。 世界中で25,000以上の企業が年間6億件以上の検査に利用し、職場の安全と品質を改善しています。 検査データはリアルタイムで取得されるため、検査漏れや不合格品を瞬時に特定し、リスクを迅速に軽減することができます。 SafetyCultureの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
企業が健康、セキュリティ、および安全に関するベスト・プラクティスを実施するのに役立つ、カスタマイズ可能な企業向け訪問者管理プラットフォーム。
企業向けの訪問者管理を牽引するTraction Guestは、従業員や訪問者に、安全で安心できる、スムーズなオンサイト体験を提供します。Thermo Fisher Scientific、Gore、UPSなどのグローバル・ブランドは、ローコードでグローバルに拡張可能なプラットフォームを活用して、職場復帰プロトコルへのコンプライアンスを実現しています。ZeroTouchサインイン機能、Salesforce Work.comの統合、ウォッチリスト、SOC2認証により、Traction Guestをグローバルに拡張し、場所固有のニーズに合わせて構成することが可能です。 Sign In Solutionsの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Q-Pulseは、企業の品質管理に対するリスク・ベースのアプローチを検討する活動に沿って、組織が主要なISO規格を充足することができるように支援します。
Q-Pulseは、Ideagenの品質管理ソフトウェアです。組織がプロセスを効率化し、特定の業界標準や規制に準拠できるよう支援します。使いやすいソフトウェアです。文書やリスク・マネジメントから監査や報告まで、さまざまなモジュールが必要とされる品質管理のあらゆる側面をサポートします。 Ideagen Quality Managementの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
データのセキュリティ・リスクを継続的に評価し、積極的に軽減します。
Netwrix Auditorは、ハイブリッドIT環境における変更、構成、アクセスを制御することであらゆる場所のデータ保護を行う、ユーザー行動分析およびリスク緩和のための可視化プラットフォームです。このプラットフォームはセキュリティ・インテリジェンスを提供し、セキュリティ・ホールの特定、ユーザー行動の異常の検出、脅威パターンの迅速な調査により、実際の被害を防止します。 このインテリジェンスは、最も重要なオンプレミスおよびクラウドのITシステムを通じて、統合された方法で提供されます。 Netwrix Auditorの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Safeticaは、インサイダーの脅威からデータを保護し、規制への準拠を支援します。
Safeticaは、使いやすいオンプレミスおよびクラウドネイティブのデータ損失防止ソリューションとインサイダー脅威防止ソリューションを提供し、企業のデータ保護と法規制順守を支援します。Safeticaは2007年に設立されたヨーロッパのソフトウェア会社で、世界120カ国で顧客にサービスを提供しており、データ損失防止とインサイダー脅威対策のソリューションを提供しています。Safetica NXT (クラウドネイティブ) Safetica ONE (オンプレミス) Safeticaの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
監査および検査のためのスマートなモバイルプラットフォームです。品質、安全性、運用基準およびコンプライアンスを効率的に改善できます。
監査および検査のための完全なソリューションを実現するスマートなモバイルアプリです。検査の計画やスケジュール設定、お気に入りのデバイスでの迅速なモバイル監査の実施(オフラインでも可)、修正タスクの即時割り当てを行うことができます。検査後は、知見に富んだレポートを即座に生成し、リアルタイムの情報を適切な人物に自動的にメールで送信することが可能です。高度な分析ダッシュボードを通じて、運用に関するこれまでにない知見を得ることができ、投資収益率を最大化できます。プロフェッショナル向けのシンプルで手頃な価格のソリューションです。 GoAuditsの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
プロジェクト・マネージャーによる計画の開発、リソースの配分、進捗の追跡、予算の管理、作業負荷の分析を支援します。
RationalPlanは強力なプロジェクト管理ソフトウェアです。チームやプロジェクト・マネージャーによる一貫したプロジェクト計画の作成、リソースの割り当て、ワークロード分析、作業の進捗状況の追跡、プロジェクト・コストの見積もり、予算管理を行うことができます。 RationalPlanの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
ProcessGeneは複数の子会社を持つ企業向けに先進的なガバナンス・リスク・コンプライアンス (GRC) ソフトウェア・ソリューションを開発しています。
ProcessGeneは、複数の子会社を持つ企業向けに先進的なGRCソフトウェア・ソリューションを開発しています。ProcessGeneは、主要なアナリスト企業に業界のリーダーおよびイノベーターとして知られています。世界中の企業や政府機関がProcessGeneのソリューションを使用して、リスクの管理と制御、ポリシーや規制の遵守、コーポレート・ガバナンス・プログラムの管理、内部監査の実施を行っています。 ProcessGene GRC Software Suiteの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
認定を受けたEHSQの専門家によって設計、展開、サポートされるエンタープライズEHSソフトウェア・ソリューション。
Corityのリスク・アセスメントおよび職場ハザード分析 (JHA) ソフトウェアは、この環境、安全、産業衛生ソフトウェア・スイートの重要なコンポーネントです。EHS専門家チームがクライアント企業の専門家と協力して、市場の先を行くリスク評価ソフトウェアを提供しています。この堅牢なソリューションを使用することで、効果的なリスク評価プログラムを計画および構築し、継続的な分析を実施して、リスクの評価と軽減を行うことができます。 Corityの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
無料トライアルを試してください。従業員のモニタリング、リモート管理、データ損失防止。モバイル・アプリで外出先から従業員を監視できます。
Teramindは、従業員やリモート・ユーザーの行動を追跡するためのコンピュータ・モニタリングおよびデータ損失防止ソフトウェアを提供します。このソフトウェアを使用すると、疑わしいアクティビティの特定、潜在的な脅威の検知、生産性の最適化、規制コンプライアンスの確保を行うことができます。内蔵リモート・デスクトップ・コントロール (RDP)、リアルタイム・アラート、ログ。警告、ブロック、ロックアウトなどの自動化されたアクションを実行して、ビジネスを安全かつ効率的に運営することができます。Androidモバイル・アプリで外出先から従業員を監視できます。 Teramindの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Benchmark ESGのリスク・マネジメント・ソフトウェアを使用すると、運用上のリスク・マネジメントおよびコンプライアンス保証を促進することができます。
Benchmark ESGのリスク・マネジメント・ソフトウェアを使用すると、運用リスク・マネジメントとコンプライアンス保証の目標を達成することができます。この包括的なソリューション・スイートを使用すると、ESGリスク回避プログラムの基盤を事業化し、損失、罰金、ビジネスへの悪影響から組織を保護することができます。機能的リーダーに堅牢なデジタル・ツールを提供して、効果的なリスクの特定、管理、回避、プログラム・パフォーマンスの向上、コンプライアンスへのコミットメントを行いましょう。 Benchmark Gensuite EHSの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
企業のリスクを特定、評価、対応、監視する統合リスク・マネジメント・ソフトウェア。
HighBondは、エンドツーエンドのリスク・プロセス全体にわたってコア・リスク・マネジメントのアクティビティを単一の統合プラットフォームに一元化して簡素化します。また、このソフトウェアは、リスク指標を評価プロセスにシームレスに統合することによって、主観的な要素も削減することができます。さらに、リモート・ワークショップを通じて、分散したチームがリスクを特定し、リスク評価を集約できるように支援します。結果として、リスク・マネジメントにおけるプロセス管理に費やす時間を減らし、変更に影響を与える時間を増やすことができます。 Diligent One Platformの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Intellectは、誰でもイノベーションできるノーコード・プラットフォームを備えた最新のQMSソフトウェア・ソリューションを提供しています。
Intellectの品質管理システム (QMS) ソフトウェアは、品質管理を向上させ、全体的な監査コストを40%削減できることが実証されています。Intellectのアプリは、認定品質専門家によって設計され、会社のビジネス・ニーズに正確に適合するように、ノーコード・プラットフォームとドラッグ・アンド・ドロップ・テクノロジーを利用して、簡単にカスタマイズすることができます。使いやすい最新ソリューションを導入すると、チームがリモート・アクセス、モバイル・アプリ、動的ワークフロー、分析、レポートを利用できるようになります。アプリには、ドキュメント・コントロール、従業員研修、監査管理、是正措置・予防措置 (CAPA)、不適合への対応などの機能が含まれます。 Intellect QMSの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理
Onspringのリスク・マネジメント・ソフトウェアにより、エンタープライズ・リスク・マネジメント (ERM) プログラムを制御できます。使いやすく、セットアップが簡単で、完全な設定が可能です。
Onspringのクラウドベースのソフトウェアを導入すると、全社的なリスク・マネジメント・プログラムの明確性を高め、管理を強化することができます。戦略目標、ビジネス機能、サービスに影響を与える可能性のあるリスクを特定することができます。リスクを評価し、重要度や階層別に優先順位を付けることができます。リスク軽減計画を策定・監視し、リスク責任者と経営陣にリアルタイムで報告することができます。 Onspringの製品詳細

機能

  • 監査管理
  • コンプライアンス管理
  • 是正措置・予防措置 (CAPA)
  • 内部統制管理
  • ビジネスプロセス管理
  • リスク評価
  • リスク分析
  • 監査証跡
  • リスクアラート
  • レポート/分析
  • インシデント管理
  • ドキュメント管理

リスクマネジメントシステムのお役立ちガイド

はじめに

リスク管理ツールは主に、企業がデータを効果的に使用および管理できるように支援し、オペレーショナルリスクや企業全体のリスクを軽減します。リスク管理ツールを使用すると、通常、以下が可能になります。

  • 既存のプロセス、アクティビティ、またはプロジェクトのリスクのレベルの測定
  • ビジネスを成功させる上で最も重要なリスクの優先順位付け
  • 法規制についての文書化と、リスクの現状と組織で発生した特定のインシデントに関するレポートの作成による、リスクの軽減

企業と従業員は、リスク管理ツールを効果的に使用することで、リスクを軽減するための適切な行動を取り、リスクが実際に問題になるのを阻止する予防措置を容易に講ずることができます。リスクマネージメントツールを導入すれば、リスクを認識した文化を醸成し、ポリシー、計画、ビジネスプロセス、意思決定、トレーニング活動を通じてこの文化を成熟させていくことができます。

さまざまなソリューションを利用することができます。各ソリューションに実装されている機能の範囲と特徴は異なりますが、共通する機能もあります。リスク管理ツールの特長は、リスクの特定、リスク評価、リスク軽減、予防措置を実施できるように支援するツールが組み込まれていることです。また、多くのツールでは、監査を実施し、関連するレポートを作成する機能も利用できます。

リスク管理ツールの機能は非常に特殊であり、リスク管理、コンプライアンス遵守、業務上支障となる問題の回避を目的としていますが、他のさまざまなツールと連携させることができ、他のソフトウェアと共通する機能も多く実装されています。関連するプログラムの例には、GRCツール監査ツール財務リスクマネージメントツールがあります。

リスク管理ツールのカテゴリには多くの選択肢があり、それぞれ独自の機能、長所、短所がありますが、このカテゴリのソフトウェアに不可欠な重要なコア機能がいくつかあり、多くのアプリケーションに実装されています。リスク管理ツールのこれらのコア機能を使用すると通常、以下が可能になります。

  • リスクを特定および分類し、脅威の深刻度を示すスコア、評価、または指標を割り当てる。
  • 社内のプロセスを評価し、規則や法規制を遵守していることを確認する。
  • 主要リスク管理指標 (KRI) を定義し、特定のセキュリティ違反や障害が発生したときに発行するアラートを設定する。
  • コンプライアンス、リスク状況、社内で発生したインシデントに関するレポートを作成する。

リスク管理ツールとは?

リスク管理ツールは、企業のリスクやオペレーショナルリスクを最小限に抑えるように設計されています。企業は、高品質なリスク管理ツールを効果的に活用して、リスクを認識し、規則や法規制を遵守し、社内で発生したインシデントに対応する準備を整えることができます。さらに、プロセスや作業手順を最適化して、簡単かつ効率的に監査を行い、重大な問題を回避したり、影響を最小限に抑えたりすることができます。

リスク管理ツールを使用して実施できるタスクには、以下があります。

  • 組織に存在する特定のリスクの識別
  • 各リスクがもたらす脅威レベルの評価
  • リスクを軽減するために役立つプロセス、アクション、戦略の策定
  • 潜在的なリスクが実際に影響を及ぼすことないように防止すること。

リスク管理ツールは、リスク評価ソフトやリスクマネジメント・システムと呼ばれることもあります。リスク評価はこれらのソフトウェアのコア機能であり、これらのソリューションを採用する最大の理由の一つは、リスクを意識した文化の醸成を推進できることです。最終的な目的は、業務上の支障となり、コストの負担をもたらす恐れのある問題を回避することです。

リスク管理ツールの利点とは?

リスク管理ツールの利点は、主に、リスクを特定および定義して、これらのリスクがもたらす脅威を測定し、悪影響を回避または軽減する措置を講じることができることです。これらのソフトウェアは、組織がプロセス、トレーニングプログラム、さらには企業全体の文化を変革するときに役立ちますが、リスク管理ツールを使用する利点や、利用すべき重要な理由をできる限り具体的に把握しておくことが大切です。これらのソフトウェアが企業にもたらす大きな利点は、以下の通りです。

リスクを特定し問題を迅速に解決する。リスク管理ツールを使用する最大の利点は、企業やビジネスリーダーがリスクを特定および定義し、できる限り迅速に対応できることにあります。これらの多くのソフトウェアを使用すると、リスクを特定して把握することができ、リスクの脅威レベルに基づく総合的なスコアを確認して分類することが可能となり、リスクの本質を理解できるようになります。また、さまざまな脅威の関係についても調査できます。最終的に、リスクに対して効率的で自社にとって最適な方法で対応できるようになることが大きな利点です。

最大の脅威となるリスクに優先的に取り組む。すべてのリスクの脅威が同じレベルではありません。甚大な被害をもたらす特定の問題が存在することを認識することが重要です。優先的に対応しなければならないリスクが存在しており、これらのリスクを把握することで、問題の発生を未然に防ぐことができるだけでなく、問題が発生した場合でも、重要な脅威に優先して対処できるようにリソースを適切に割り当てることが可能になります。リスク管理ツールは、リスクや脅威をスコアとして表示する重要な機能を提供しており、すべてのリスクが同じ優先順位で扱われることがないようにし、主要なステークホルダー全員が重要なリスクを把握できるようにします。

リスクに対応するプロセスを策定する。組織が直面しているさまざまなリスクを特定して把握した後には、各リスクに対応するプロセスを構築しなければなりません。しかし、単に実施するアクションを決定するだけで、このプロセスが完了するわけではありません。リスクとその理由に応じて対応するステークホルダーを決定する必要もあります。社内の従業員は、どのようなリスクを管理する責任があり、どのような対応を期待されているのかを理解する必要があります。

リスクを認識した文化を育む。先に説明したように、リスク管理ツールを幅広く活用して組織と従業員が恩恵を受けるようにする方法の一つは、リスクを認識することを重視する文化を育むことです。企業が直面する重大な問題の多くは、問題を見落としていたり、特定できなかったりすることが原因です。リスク管理ツールを使用することで、何が起こりうるか、その結果はどうなるか、悪影響を避けるためにできる対策を熟考できるようになります。これにより、不測の脅威を軽減し、一般的な脅威への対策を強化できます。 全体的なリスク登録簿を確立する。リスク管理ツールは、個々のリスクを特定してスコアを表示できます。これは、見落とされがちなもう一つの大きな利点につながっています。組織が直面しているリスクや脅威の数を明確に把握し、各リスクにスコアを付けることができれば、直面しているリスクの全体的なレベルを包括的に把握することが可能です。リスク登録簿を作成することで、リスクの全体像を把握し、広範にわたるリスク戦略を容易に策定できます。

コンプライアンス対策を強化する。最後に、リスク管理ツールを使用すると、コンプライアンス対策を強化できます。明確なルールを確立し、コンプライアンスが重要である理由を詳しく説明できるようになり、この強化を実現できます。また、存在するリスクを理解し、そのリスクを回避または軽減するために適切な措置を講じている企業は、適用される法律や業界規制を遵守して事業を推進している可能性も非常に高いはずです。新しい規則が策定される場合には、プロセスも調整する必要がありますが、リスク管理ツールによって迅速にプロセスを変革できるようになります。

リスク管理ツールの機能とは?

リスク管理ツールの主要な機能は、企業全体または特定のプロセスに関するリスクを特定して対応できるようにすることです。もちろん、リスク管理ツールが提供する機能は同一ではありませんが、ほぼすべてのパッケージにコア機能と呼ばれる特定の機能が搭載されており、多くのアプリケーションに共通する機能が実装されています。これらの主要な機能を以下に説明します。

  • リスク評価:企業に存在するさまざまなリスクを評価し、各リスクに対してスコアや評価を割り当てます。リスク管理ツールのリスク評価機能の目的は、組織が直面するさまざまな脅威を理解し、脅威がどれほど深刻であり、どの程度注意または対応に注力するべきかを理解できるようにすることです。また、スコアやリスク評価を割り当てることで、さまざまなリスクを直接比較し、簡単に分類することができます。ソフトウェアの中には、財務リスク評価、ITリスク評価、法務リスク評価、オペレーショナルリスク評価など、リスクマネジメントの特定の分野に特化したものもあります。これらのソリューションには、特定のリスクマネジメント分野に関連するいくつかの機能が追加されている場合があります。

  • リスクレポート:リスクレポートを作成します。これらのレポートには、現在および将来的なリスクに関する情報と、組織によるリスクの現在の管理方法に関する詳細が記載されます。最終的に、リスクレポートは、ポリシーやコントロールについて、効果を発揮しているか、十分な効果が得られていないものがないか、今後重要となるものは何か、変更が必要なものは何かを、ビジネスリーダーや他の主要なステークホルダーに報告できなければなりません。リスクレポートのもう一つの重要な役割は、主要リスク管理指標 (KRI) を特定し、この KRI を基準として特定のアクティビティのリスクレベルを測定できることです。リスク管理ツールを使用すると、これらのレポートを作成し、困難な事態や損害を発生させるような問題が発生する前に予測することが可能になります。

  • 監査とコンプライアンス管理:監査を実施し、コンプライアンス情報を最新の状態で維持し、規則や法規制を完全に遵守しながら業務を行っていない領域を特定し、解決するための措置を講ずることができます。特に新しい法律が策定されるときには、監査を行い、コンプライアンスを管理する機能が不可欠になります。厳格で透明性のあるプロセスでEU市民の個人データを取り扱い、安全に保管することを企業に新たに求めるようになった一般データ保護規則 (GDPR) はこの好例です。しかし、GDPRが施行されてから1年が経過した後でも、欧州企業の30%が、自社がGDPRに完全に準拠しているかどうかを確信できないと回答しています。リスク管理ツールにより、コンプライアンスに関する問題を特定し、迅速に解決できるようになるため、これらの問題を避けることが可能です。その結果、企業は罰金、訴訟、他の多くの罰則を避けることができます。

  • ダッシュボード:リアルタイムに情報を提供するライブダッシュボードを使用して、リスクマネジメントのパフォーマンスを監視します。優れたリスク分析ソフトウェアは、組織が設定したKRIを使用し、インタラクティブな画面上に有用な情報を表示します。これにより、リスクマネジメントやコンプライアンスなどの分野に携わる従業員は、対策を講じる必要がある領域や新たなリスクが発生している場所を把握できます。

  • アラートと通知:アラートと通知を設定することで、早急な対応が必要な変更を通知できます。一般的に、リスク管理ツールのアラートや通知システムは、選択した主要リスク管理指標とシステムに入力されたコンプライアンス情報の両方と連動するように設定できます。これにより、セキュリティ侵害が発生したとき、リスクが深刻な問題に発展したとき、あるいは新しい法律やコンプライアンス要件が実際に適用されたときに、通知することが可能になります。これにより、適切な部署の従業員が最適なタイミングで対策を講ずることが可能になり、混乱や損害を最小限に抑えることができます。

キャプテラのリスク管理ツールのディレクトリでは、各ソリューションに実装されている詳細な機能を迅速かつ簡単に調べて、比較できます。また、提供されている機能を基準に利用可能なオプションをソートして、基本的な要件を満たすソフトウェアのみを表示することもできます。

リスク管理ツールの購入時に考慮すべき点は?

リスク管理ツールを購入する際には、さまざまな要素を慎重に検討し、最適なオプションを選択する必要があります。しかし、利用可能なソリューションの中には、特定の業界を対象としているものや、優れた機能を実装していても自社では実際に役に立たない場合もあるため、自社のニーズに最適なソリューションを慎重に見極めることが大切です。時間をかけて以下の質問に回答することで、さまざまな重要な要素を検討できます。

  • リスク管理ツールのコストとは? 新しいソフトウェアを検討するときには、その費用と使用できる予算について慎重に検討する必要があります。基本的には、現実的に購入できる最も優れたソリューションを探すことになりますが、コストの問題については包括的に考える必要があります。購入費用やインストールや設定の費用は、全体的なコストの一部でしかありません。また、ソフトウェアの継続的な運用にかかるコスト、スタッフのトレーニングに投資する必要があるコスト、テクニカル・サポートの利用や新バージョンのリリースに伴うソフトウェアのアップグレードにかかるコストなどを総合的に見ていく必要があります。SaaSオプションを採用する場合、継続的なサブスクリプション費用と、サブスクリプション契約を終了するときに発生する可能性のあるコストを考慮する必要があります。

  • リスク管理ツールの展開方法とは? 現在のソフトウェアの展開方法には、大きく2つの選択肢があります。一つはオンプレミスへの展開であり、ソフトウェアを購入および設定して、オンサイトで管理し、自社で完全に所有して管理する方法です。もう一つはクラウドベースで展開するアプローチです。これは、SaaSとして提供されることが多く、サードパーティーのサービスプロバイダーがソフトウェアやアップデート、データストレージを管理し、リモートからソリューションを利用できるようにします。両方のモデルにそれぞれ長所と短所があります。オンプレミスの展開方法は管理しやすく、クラウドベースの展開方法はコストを予測しやすく、より柔軟に利用できます。これらの長所と短所だけを見るのではなく、これらのモデルが自社にどのように適用されるのかを検討することが大切です。

  • リスク管理ツールに具体的に何を期待するか? 次に、リスク管理ツールに具体的に何を求めるのか、そして、最も重視する機能を明確にします。自社で使用する目的を明確にすれば、企業向けの優れたリスク管理ツールを簡単に比較できます。ソフトウェアに含まれるすべての機能が自社で必要とは限りません。また、実装されている機能が優れていたとしても、意思決定のプロセスで重要な役割を果たすとは限りません。実際に何が必要かを検討し、その情報基準としてキャプテラのソフトウェアディレクトリにあるさまざまなオプションを比較してください。

  • モバイル・リスクマネジメントのオプションはあるか? 近年、在宅勤務や現場で作業する従業員が増えていますが、こうした従業員もリスク管理ツールとその機能を利用する必要があるかもしれません。このため、自社でもこの状況が当てはまる場合には、提供されているモバイルアクセシビリティについて確認してください。モバイルアクセシビリティは、専用のモバイルアプリとして提供されることもあれば、モバイルのWebブラウザからクラウドベースのソフトウェアにアクセスして提供される場合もあります。

  • 業界に特化したソリューションが必要か? 最後に、金融や情報テクノロジーなどの業界でビジネスを展開している場合、業界に特化したリスク管理ツールについて検討する価値があるかもしれません。これらの業界特化型のソリューションは、業界特有の一般的なリスクを考慮して設計されており、スタッフの全体的な作業負担を軽減するために役立ちます。

リスク管理ツールに関する注目トレンドは?

現在だけでなく長期的に活用していく必要があるため、リスク管理ツールに関する重要なトレンドも購入するときの判断材料にする必要があります。つまり、新しいソフトウェアと既存のソフトウェア、そして企業向けのリスクマネジメント・テクノロジーと連携させて使用することができ、現在の職場における最新のプロセスや手順に統合できるソフトウェアを選択することが重要です。これらを念頭に置いて、重要ないくつかのトレンドを以下に紹介します。

  • 人工知能 (AI) の改良:人工知能や機械学習の品質や精度の向上は、多くのカテゴリのソフトウェアに影響を与えていますが、リスク管理ツールも例外ではありません。リスク管理ツールにおいてAIは、リスクが顕在化する前に予測し、脅威を抑制するために特定のアクションを自動的に実行し、問題に対して実施された過去の解決策を学習し、コンプライアンスとリスク対応に関連する分野を自律的に管理できます。これらの機能によって、リスクマネジメントを効率化でき、対策を担当する社員が社内にいなくても、最適なタイミングで対応できるようになります。このような利点を念頭に置き、選択するソフトウェアのAI機能を検討する価値があります。

  • クラウドテクノロジーの普及:特に、重要なデータを保護して復元する能力や継続的なバックアップ機能など、クラウドテクノロジーを活用する潜在的な利点について、多くの企業が認識するようになっています。さらに、クラウドベースのソフトウェアは、オンサイトで必要となるストレージが少なく、オンサイトで採用するIT専門家も少数で済むため、自社で維持する環境を小規模にすることができます。また、インターネットに接続できるデバイスであれば、従業員は世界中のどこからでもソフトウェアにリモートでアクセスできるようになります。これは、クラウドベースのオプションを利用するときの大きな利点です。ITインフラストラクチャをクラウドに移行する企業が増えていますが、リスク管理ツールのニーズに対してクラウドベースのオプションを利用することが、将来を見据えたソリューションとなるかどうかを検討する価値があります。

  • 現在のワークスタイルの変化:インターネットの高速化、通信テクノロジー、クラウドコンピューティングの進化によって、現在のワークスタイルに大きな変化が生じていますが、新型コロナウイルスの感染拡大によってこの変化はさらに加速しています。キャプテラの調査によると、世界の中小企業の70%がパンデミック時に自社のサービスをバーチャルで提供できるように対応しており、リモートワーカーの67%が在宅勤務について好意的に捉えていることが明らかになりました。リモートワークやハイブリッド・ワークへの期待が高まる中、企業もこの期待に応える必要があり、現在のこれらのワークスタイルを念頭に置いた専用のソリューションに投資することを検討しなければならなくなっています。リスク管理ツールの場合、リモートの従業員がアクセスする必要がある場合、クラウドベースの展開やオフサイトからアクセスするように設定できるオプションを重視することは合理的でしょう。

  • 企業内で利用されるモノのインターネット (IoT):モノのインターネット (IoT) とは、日常的に使用されるデバイスにインターネット接続機能を実装し、相互に通信できる「スマートデバイス」にしたものです。IoTテクノロジーの概念は、職場で広く取り入れられるようになっています。リスクを自動的に検出するため、これらのスマートデバイスの一部を活用することを検討する価値があります。IoTテクノロジーの利用を検討している場合は、スマートデバイスに対応するソフトウェアを探してください。現在、自社でIoTテクノロジーをまだ活用していなくても、IoTデバイスは今後さらに安価になり、さまざまなビジネスシーンで活用されるようになる傾向があります。将来的に企業に恩恵をもたらすリスク管理ツールを優先して取り入れる場合には、このような傾向があることを念頭に、購入するソフトウェアを決定する必要があるでしょう。

出典

本書で紹介した機能は、リスク管理ツールとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. Best Risk Management Software (推奨されるリスク管理ツール) - キャプテラUK (アクセス日:2021年10月4日、日曜日)

  2. GDPR turns one – is your SME compliant? (GDPRの施行 - 取引先の中小企業のGDPRの対応状況の確認のすすめ)- キャプテラブログ (アクセス日:2021年10月5日)

  3. Risk Glossary:Key Risk Indicators (リスク用語集:主要リスク管理指標) - Risk.net (アクセス日:2021年10月5日)

  4. Digital transformation:70% of SMEs worldwide adapted their business offerings as a result of COVID-19 (デジタルトランスフォーメーション:全世界の中小企業の70%が新型コロナウイルスの影響によって提供する製品やサービスを変更) - キャプテラブログ (アクセス日:2021年10月5日)

  5. Top 5 Tech Trends for Small Businesses (中小企業のテクノロジートレンド上位5位) - キャプテラブログ (アクセス日:2021年10月6日)