キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

物流ソリューション

物流ソリューションを使用すると、倉庫管理、輸送管理、発送、その他の物流機能を自動化し、サプライヤーからエンド・ユーザーへの商品のフローを監視できます。これらのアプリケーションには、入出庫管理、倉庫管理、購買と受入、販売と出荷、バーコード/RFIDスキャン、ラベル印刷を始めとするさまざまな機能が搭載されています。物流ソリューションは、通常、ベンダーおよび顧客の管理、経理、ビジネス報告ツールと統合されています。物流ソリューションは、流通ソフトウェア、RFIDソフトウェア、発送ソフトウェア、トラック輸送ソフトウェア、倉庫管理ソフトウェアと関連付けられています。

日本 日本製品のみ表示

57件の結果

NetSuiteは、未処理の受注の迅速な処理やコンテナ管理など、あらゆる管理に対応するダッシュボードを備えています。 NetSuiteの製品詳細
効率的な輸送、受領、保管の管理と調整は、ビジネスの成功に不可欠です。NetSuiteは、未処理の受注の迅速な処理、コンテナ管理、特定の受領日のスケジューリングなど、あらゆる管理に対応するネイティブ・ダッシュボードを備えています。受領後には検査を行い、ベンダーの品質を追跡して、製品が要件を満たしているか確認することができます。 NetSuiteの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
日本 国内製品
自動派遣システムTOMASなら、配送業務の収益を最大化できます。 人工知能 (AI) を超えた自動配車システムTOMASなら、配送業務の利益を最大化できます。 TOMASの製品詳細
ドライバー不足・人材不足はいまや大きな社会問題です。TOMASの自動派遣システムは、ルート最適化以上の役割を担っています。TOMASが提供するものは、「スケジュールの最適化」です。 ドライバー不足・人材不足はいまや大きな社会問題です。 特に物流に関わる企業は「ドライバー不足」、「高齢化する配車マンの継承問題」、「コンプライアンス厳守による管理コストの増加」、「2024年問題:働き方改革による労働時間短縮」と四重の課題に頭を抱えています。今後ますます大きな問題となるこれらの課題に対し、最新の自動配車システムをご提供することで物流業界の業務改革を実現したいと考えています。 TOMASの自動配車システムは、単なる経路の最適化ではありません。TOMASが提供するのは「スケジュールの最適化」なのです。 TOMASの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
リアルタイムのGPS追跡、AI搭載のスマートダッシュカム、ELDの使用義務遵守、ディスパッチ、メンテナンスなど、世界クラスのフリートを支援するために構築されています。
Motive (旧KeepTruckin) では、物的経済を支える企業の安全性、生産性、および収益性を向上させるテクノロジーを構築しています。Motiveの自動オペレーションプラットフォームは、モノのインターネット (IoT) ハードウェアとAI搭載のアプリケーションを組み合わせて、車両や機器の追跡、ドライバーの安全、コンプライアンス遵守、メンテナンス、支出管理などの自動化を可能にします。Motiveは、トラック輸送や物流、建設、石油およびガス、食品および飲料、フィールドサービス、農業など、12万社以上の企業に利用されています。 Motiveの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
自分のコンピューターやプリンターでUSPS認証の郵便を印刷できる、オンラインの郵便管理ソフトウェア。
Stamps.comは、オンライン小売業者、中小企業、eコマースの業者によるアメリカ合衆国郵便公社 (USPS) 認証の郵便や配送先ラベルの印刷を支援するメール室管理ソリューションです。このプラットフォームでは、カスタマイズ可能なスタンプ、配送先ラベル、封筒を作成したり、さまざまな顧客にコードを割り当てて郵便印刷を追跡したりすることができます。管理者は、さまざまな販売プラットフォームからの注文の自動インポート、配送方法の選択、配送追跡の顧客との共有を行えます。 Stamps.comの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
ShipStationのソフトウェアなら自動化機能で日に数時間もの業務を削減し、物流プロセスを整理して効率化することができます。
ShipStationの物流ソフトウェアなら、販売場所や配送方法にかかわらず、あらゆる規模の配送を成功に導きます。ShipStationをオンラインストア、マーケットプレイス、運送業者、eコマースツールと数秒で接続し、配送情報をシームレスに同期することができます。配送設定を自動適用し、100以上の販売チャネル、マーケットプレイス、企業資源計画 (ERP)、顧客関係管理 (CRM)、在庫管理システム (IMS) から注文をインポートすることが可能です。 ShipStationの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
物流は製造の基盤です。Fishbowlの完全な製造管理では、サプライチェーン・プロセスを簡素化することができます。
注文から完成品まで、在庫と物流を1つのシステムで管理することができます。Fishbowlの完全な製造および在庫管理ソリューションなら、製造プロセスの自動化と簡素化を実現できます。この高度な機能には、作業指示、資材所要量計画 (MRP)、部品表、バーコードスキャニングなどがあります。 Fishbowlの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
複雑なeコマースのあらゆる段階においても、意図した通りの配送を実現します。Shippoを使用した配送を無料で始めましょう。
eコマースは複雑です。配送は必ずしも複雑である必要はありません。Shippoを使用すると、企業は多くの運送業者のベストレートにアクセスできるようになります。ビジネスと統合したソリューションやあらゆる段階での豊富な経験に基づいたサポートで、企業の将来的な成長を支援することができます。あらゆる販売チャネルの配送を管理し、米国郵政公社 (USPS)、UPS、FedEx、DHL、その他80社からの限定割引料金を利用できます。また、自動ワークフロー、詳細な追跡と通知、シームレスな返品、国際通関申告などの機能も利用できます。 Shippoの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
ルーティングの混沌をようやく解消できます。極めて使いやすいRoute4Meは、ルートを計画して、ナビゲーション機能が組み込まれたモバイル・アプリに配信します。
ルーティングの混沌をようやく解消できます。極めて使いやすいRoute4Meは、ビジネスのルートを自動的に計画し、ナビゲーション機能が組み込まれたモバイル・アプリに配信します。 フィールド・サービス、フィールド・セールス、フィールド・マーケティング、フィールド・マーチャンダイジング、販売区域管理、ラスト・マイル配送の最適化を必要とするあらゆるビジネスに最適です。 Route4Meは、小企業と大企業34,000社以上が利用している世界有数のルート・シーケンス化および最適化ソフトウェアです。 Route4Meの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Frontは、ロジスティクス企業が大量のメールを簡単に管理できる、優れた顧客コミュニケーション・ハブです。
メールからの収益を増やしましょう。Frontは、ロジスティクス企業が大量のメールを簡単に管理できる、顧客コミュニケーション・ハブです。共有受信トレイによってメッセージの重複が減り、可視性と透明性が得られます。明確な割り当てによって作業の重複や混同を回避できます。自動化によって手動での優先順位付けが不要になるため、優先度の高いメッセージから確実に処理できるようになります。また、分析によって、リーダーは応答時間のサービスレベル契約 (SLA) を追跡し、測定することができます。 Frontの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Zoho Creatorは、業務の遂行に役立つモバイル対応のカスタム・アプリケーションを作成することができるローコード・アプリケーション開発プラットフォームおよびソフトウェアです。
2地点間の商品輸送は、言葉で言うほど簡単ではありません。ただし、このアプリがあれば大丈夫です。荷物、車両、ドライバーを簡単に管理することができます。また、メールやSMS通知の自動化とモバイル対応により、物流業務がさらにスムーズになります。このロジスティクス・アプリケーションは、ワークフローの自動化に役立つロジックを使用するローコード・スクリプト言語であるDelugeを使用しています。このアプリは、Web、Android、iPhone、iPad用にカスタマイズできます。 Zoho Creatorの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Onfleetのソフトウェアは、現地配送業務を最初から最後まで簡素化します。今すぐ無料トライアルを開始してください。
Onfleetのモダンで快適な配送管理ソフトウェアは、配送業者による現地配送の管理や分析を簡単にします。Onfleetには、ドライバー用の直感的なスマートフォンアプリ、ディスパッチャー用のリアルタイムWebダッシュボード、自動SMS通知、顧客用のドライバー追跡機能が搭載されています。また、APIを利用してオンライン注文やその他のシステムに統合可能です。このソフトウェアは世界60か国以上で多くの配送業者で利用されています。今すぐ無料トライアルを開始してください。 Onfleetの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Headlight Solutionsは、積み荷計画やルーティングの課題を簡単に解決できる、最先端のテクノロジーソリューションです。
Headlight Solutionsは、積み荷計画やルーティングの課題を簡単に解決できる、最新の人工知能を採用した最先端のテクノロジーソリューションです。 運行管理者のワークフローを合理化し、積み荷とルートを最適化して、企業を業界の最前線に押し上げることができます。 Headlight Solutionsを使用すれば、比類のない効率性を実現し、業界をリードする存在となることができます。 価格設定情報やデモのリクエストは、お電話でお問い合わせください。 Headlight Solutionsの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
優れたクラウドベースのロジスティクス管理と最適化により、車両/ドライバーの利用率、効率性、収益性が向上します。
LogiNext Mileは、機械学習機能を備えたロジスティクス管理ソフトウェアです。このソフトウェアでは、効果的な配達スケジュールとルートの計画、車両タイプ、積載量、ドライバーのスキル・セットに基づく配送の自動割り当て、使いやすいスキャンを使用した積み込み/積み下ろしによる迅速な発送、車両のライブ追跡、入荷量に基づくハブ・ロード・バランシング、容易な配達検証と処理などを行うことができます。ロジスティクスを最適化して、配送移動コストの削減、効率の向上を実現できます。 LogiNext Mileの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Tookanは将来対応型の既製の配送ソフトウェアです。配送業務の合理化に役立ちます。
Tookanは、ビジネス・リソースを管理するための完全にカスタマイズされたエンドツーエンド型フィールド管理ソリューションです。最適化されたルーティングとリアルタイム追跡で、企業の配送サービスを改善できます。すべての業務を合理化するだけでなく、インテリジェント発送システムを使って時間とコストも節約できます。Tookanは、通知とアラート、バーコードのスキャニング、地理分析を備えたレポートといった機能を備えた、エージェント・アプリとマネージャー・ダッシュボードを提供します。 Tookanの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
モジュール方式のスケーラブルなクラウドベース (SaaS) TMSでは、荷主が輸送活動の調達、計画、実施、決済、分析を行うことができます。
Alpegaは、クラウドベースのモジュール方式輸送管理ソリューション (TMS) の大手プロバイダーです。あらゆる規模や業界の荷主、物流業者、運送業者が、商品輸送のエンドツーエンド・プロセスを共同で管理し、効率化することを支援しています。Alpegaで輸送活動の調達、計画、実施、決済、分析を行うことで、効率の向上、積載率の向上、輸送費の削減、二酸化炭素排出量の削減を実現することができます。Alpegaのスケーラブルで柔軟なソリューションの料金は、低い総所有コスト (TCO) と短期間の投資収益率を達成できるように、従量課金制になっています。 Alpega TMSの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
最新のロジスティクスとサプライチェーン管理のためのオールインワン型プラットフォーム。
貨物の見積もり作成から必要な通関書類の作成、在庫管理手順の実行、ラスト・マイルのロジスティクスまで、あらゆるロジスティクス業務を1つのプラットフォームで管理することができます。予約、集荷注文、倉庫の領収書、出荷、請求書などを1つにまとめた使いやすいソフトウェア・プラットフォームを作成することで、データ入力の重複を回避し、時間を節約し、業務サイロを解消することができます。 Magaya Supply Chainの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Neuroredは万能な物流ソリューションです。Salesforce AppExchange - 1つのツールであらゆる輸送モードや世界規模の物流に対応
NeuroredのTMSで、物流の未来を是非体験してください。このソフトウェアには、ニッチな物流技術パートナーとのエリートパートナーシップとSalesforce Platformの汎用性によって可能になる、業界を刷新する最先端の機能が備わっています。 このカスタマイズ可能なソリューションは単なるツールではなく、ユーザーをガイドし、並外れたレベルの効率性、可視性、自動化、コラボレーションの実現をサポートします。Neuroredを使用すると、物を動かすだけでなく、それ以上のことが可能になります。 Neurored TMS & SCM Softwareの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
物流ソフトウェア。Webベースのデータベース・アプリを設計するか、または事前定義済みソリューションを使用して、ビジネス情報を収集、共有、管理することができます。
ロジスティクス管理のオンライン・データベースは、ロジスティクス企業が製品の効率的な移動と保管を計画、調整、管理するための一元的で検索可能なソリューションとなります。 柔軟なカスタマイズが可能です。各組織に適した方法でデータを管理することができ、ビジネスにとって重要な要素を反映させるために、必要に応じてアプリケーションを変更できます。 TeamDeskの特徴は、無制限の記録とストレージ、無制限のサポート、安定した評価、そして無料トライアルがあることです。 TeamDeskの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Multiordersは、業界トップレベルの在庫管理および出荷管理ソフトウェアです。マルチチャネル販売を完全に最適化します。
Amazon、eBay、Etsy、Wix、Shopify、Squarespace、Woocommerceなど、eコマースの大手企業と統合しているため、販売業者は5倍の速度で注文を処理できます。1度のクリックであらゆる配送業者と接続し、ラベルを印刷できます。さまざまな販売チャネルの価格設定と在庫レベルを単一の場所から管理します。このツールには、USPS Commercial価格などの最適な出荷オプションが含まれています。数量要件はありません。有名な配送業者も利用できます。 Multiordersの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
深層学習を使用して宅配便業者への物流を簡素化する自動ルート・プランナー。
Locus Dispatcherは、深層学習を使用して配送エージェント、ドライバー、運行管理者への物流を簡素化する自動ルート・プランナーです。ほぼ人間の介入なしに、フルフィルメント業務を強化し、輸送計画における一貫性を高めるロジスティクスにおける包括的なソリューションです。このソフトウェアは、実際の制約と流通モデルを考慮し、最短かつ効果的な配送ルートを提供し、輸送コスト全体の最適化を実現します。 Locus Dispatch Management Platformの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
この強力なリアルタイム配送追跡および電子配達証明ソリューションは、ローカルデリバリーに携わるあらゆる企業に適しています。
Detrackは、パワフルなロジスティクス管理ソフトウェアです。一人目の運転手は、永久に無料。このソフトウェアを使用すれば、地図上で車両をライブで追跡し、iOS/AndroidアプリだけでリアルタイムのE-PODをキャプチャすることができます。このアプリは26の言語に翻訳され、世界中で毎日使用され、何百万もの配達を完了しています。 Detrackの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Logitude Worldは、貨物輸送業者に最初の真のSaaS貨物輸送ソフトウェア・ソリューションを提供します。
Logitude Worldは、貨物輸送業者に最初の真のSaaS貨物輸送ソフトウェア・ソリューションを提供します。Logitudeのクラウド・ソリューションは、最適な機能を提供する最新の貨物輸送管理ソフトウェアを搭載し、貨物輸送のライフサイクル全体を網羅しています。使いやすいシステムは、複数の貨物輸送業者のソフトウェア・モジュールで構成されています。さらに、貨物輸送システムを使用すると、事前定義されたクエリを通じて貨物を直接処理できます。 Logitude Worldの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
Easy4Proは、世界中の荷送人と運送業者をつなぎ、緊急輸送の簡素化と透明化を実現するデジタルプラットフォーム (輸配送管理システム (TMS))です。
緊急輸送を通常輸送と同じくらい効率的に行うことができる、ビジネスの物流業務を簡素化する物流管理プラットフォームです。リアルタイムの可視性、高度なプランニング、協働コミュニケーション、カスタマイズされたレポート作成などの機能が備わっています。Easy4Proを使用すると、効率を改善し、コストを削減して、顧客満足度を向上させることができます。この物流調達用ソフトウェアは、大きな組織のプロセスを簡素化し、コストを削減しながら、適切な市場の知見を提供するように設計されています。 Easy4Proの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
100%クラウドベースのERP。月額$55でユーザー数は無制限。販売、購買、在庫、会計など。無料のモバイル・アプリとメッセンジャー。
100%クラウドベースのビジネス管理プログラム。在庫、生産、販売、購買、会計、給与計算の管理に必要なあらゆる機能を提供します。使用するモジュールを選択してカスタム・ワークフローを設計することができます。時間や場所を問わず、あらゆる機能をオンラインで使用することができます。月額$55でユーザー数は無制限です。実装、アップグレード、メンテナンスの追加コストはありません。今すぐ無料トライアルを開始してください。 ECOUNTの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡
急速に成長する中堅企業が、複雑性やコストに煩わされることなく成長および競争することを可能にする単一のクラウドERPソリューション。
SAP Business ByDesignは、クラウドベースの企業資源計画 (ERP) ソフトウェアを利用して中堅企業による競争や成長を支援できるよう設計された機能豊富で適応性のあるオンデマンドのビジネス・ソリューションです。この単一の統合ソリューションには、財務や営業から製品管理、購買まで、あらゆる人が使える既製のプロセスが用意されています。そのため、企業のあらゆる部門が実証済みのベスト・プラクティスや詳細な分析を利用することが可能です。 SAP Business ByDesignの製品詳細

機能

  • バーコード処理、RFID
  • CRM
  • 注文管理
  • サプライヤー管理
  • 車両管理
  • クロスドッキング
  • 発送管理
  • 3PL管理
  • 需要予測
  • ルート最適化
  • リアルタイム更新
  • 配達追跡

物流ソリューションのお役立ちガイド

物流ソリューションは、物流、出荷、倉庫、輸送などのさまざまな業務を支援します。これらのソフトウェアには、在庫管理、バーコード読み取り、ラベル印刷機能から、注文管理、輸送管理、ベンダー管理、顧客関係管理ツールなどが含まれる場合があります。

物流ソリューションは、物流に関連する重要な情報を参照、管理、監視し、サプライヤーやメーカーから最終的なエンドユーザーまでの商品の移動を管理する作業のための中心的な場所として機能します。このソフトウェアはさまざまな業種の企業によって使用されますが、Eコマース企業、配送業者・運送会社、その他のオンライン販売者が最も多く使用しています。

物流ソリューションは、物流管理システム、物流計画ソフトとも呼ばれます。このカテゴリのソフトウェアを効果的に利用すれば、正確に在庫を管理し、物流に関連する多くの業務の効率性を向上し、改善が必要な領域を把握できます。さらに、物流ソリューションは、関連する多くのプロセスを自動化します。これにより、コストを削減し、タスクの見落としを防止しながら、スタッフの作業時間を減らすことができます。

多くの場合、物流ソリューションは既存のワークフローに統合でき、物流ソフトウェア、サプライチェーンマネジメントシステム倉庫管理システムを連携させる機能を利用できます。これらのツールと連携されることで、さらに効果的に機能させることができ、アプリケーション間でデータを共有し、複数のプログラムを操作する時間を短縮できます。

多くの物流ソリューションは、輸送管理システムの機能と多くの共通点があります。そのため、高品質の物流ソリューションを使用すれば、専用の輸送管理システムへの投資が不要になる場合もあります。物流ソリューションにはさまざまな機能が含まれますが、対象の業種によって提供される機能が異なることも多くあります。物流ソリューションにはいくつかのコア機能があり、これらの機能を使用することで、以下が可能になります。

  • 重要な在庫情報を追跡し、在庫が少なくなったら新しい在庫を注文する
  • さまざまな輸送方法を管理し、輸送車両の現状を継続的に把握する
  • 配送や出荷に関するさまざまな業務を3PL (サードパーティロジスティクス) 事業者に委託する
  • 顧客、取引先、ビジネスパートナー、見込客とのやり取りを管理し、需要をモニタリングする
  • サプライヤー/ベンダーに関するすべての重要な情報を含むデータベースを作成、整理、管理する

物流ソリューションとは?

物流ソリューションは、物流に関連する企業を支援するソフトウェアです。一般的にこれらのソフトウェアは、重要な情報を一元化し、データの検索や業務管理を容易にしながら、主要な業務を一箇所で実行できるようにします。さらに、物流ソリューションは多くの作業を自動化でき、時間とコストを節約します。 物流ソリューションの具体的な機能や重点分野には、注文管理、輸送管理、出荷、顧客関係管理、倉庫管理、在庫管理などがあります。このカテゴリの多くのソリューションでは、ベンダーやサードパーティーの物流会社を管理できます。優れたソリューションには、車両を追跡および管理するオプションも含まれています。

物流ソリューションは、Eコマース企業、配送業者、運送会社が最もよく使用していますが、商品の移動に関連する業務を行っており、サプライヤーや製造者から顧客やエンドユーザーへの商品の移動を追跡する必要がある組織であれば、物流ソリューションを活用できます。物流管理システムは、サプライチェーン、倉庫、輸送、車両管理などのソフトウェアと連携させて利用できます。しかし、物流ソリューションでは、上記のソフトウェアの機能が含まれている場合もあり、これらのスタンドアロンのソフトウェアへの投資が不要になる場合もあります。

物流ソリューションの利点とは?

物流ソリューションの利点は、一般的に、重要な情報に簡単にアクセスできること、重要な物流データを追跡する機能を利用できること、そして、手動で実行されており多くの時間と労力を費やしている日常的で予測可能なタスクの一部を自動化する信頼性の高い機能を利用できることです。物流ソリューションに関連する具体的な利点を理解し、導入する価値を明確に把握しておきましょう。物流ソリューションを購入することで、以下のような利点がもたらされます。

  • 精度の向上:物流ソリューションにより、組織が扱うデータの精度が大幅に向上しますが、これはいくつかの重要な分野で大きな利点をもたらします。例えば、在庫管理では、現在の在庫量や在庫数の推移の傾向を正確に把握できます。このプロセスの多くは完全に自動化され、個々の商品が出庫または入庫するときにスキャンされるため、企業は在庫の量やレベルがどのように減少しているかについて高い精度のデータを得ることができます。物流ソリューションは、レポートを作成し、経理・財務部門に正確な情報を提供して、予測と財務報告の精度を向上します。また、受注や輸送に関わるすべての情報を把握し、顧客や取引先、ベンダーに対して正確な情報を伝えることができるため、簡明なコミュニケーションが可能になります。

  • 効率性の向上:物流ソリューションを使用すると、以下のいくつかの理由から効率性を大幅に向上できます。まず、物流ソリューションは通常、さまざまな業務を遂行するための包括的なオールインワンのソリューションとして機能します。物流に関する主な活動を実施するときに、複数のアプリケーションを利用する必要がなくなります。次に、日常的で予測可能な作業や反復的な作業の多くを自動化できるため、スタッフが関わらなくても完了できるようになります。このような自動化により、重要な作業を常に時間通りに実行でき、繁忙期にこれらの作業を見落とすこともなくなります。さらに、自動化によってダウンタイムや休憩時間が不要となり、いつでも作業を実行できるようになり、24時間365日、発注や顧客への連絡が可能になります。

  • 情報の一元化:物流ソリューションのもう一つの大きな利点は、出荷、倉庫管理、在庫管理、輸送、注文管理、ベンダー管理、顧客関係管理の情報を一元的に管理できることです。これにより、複数のアプリケーションを使用する場合に発生するデータの重複を軽減し、データの収集と保存を効率化できます。また、一元化することで重要な情報を素早く簡単に見つけることができるようになり、最終的には生産性の向上につながります。さらに、従業員がいくつものアプリケーションにアクセスする必要がなく、一つのソフトウェアにアクセスするだけですべての機能を利用できるため、利便性も向上します。

物流ソリューションの機能とは?

物流ソリューションの機能は、在庫管理、出荷管理、顧客関係管理、ベンダー管理、輸送管理などに関連する最も重要なすべての問題について企業を支援することを目的としています。エンタープライズレベルのソリューションもあれば、基本的な機能のみを搭載するソリューションもあり、提供される機能は大きく異なりますが、これらの多くのソフトウェアには以下の共通するコア機能が搭載されています。

  • 在庫管理:在庫数を把握し、オンデマンドでリアルタイムの在庫情報にアクセスできます。多くの優れたソリューションには、バーコードや無線自動識別 (RFID) オプションが含まれており、在庫が倉庫に入庫または出庫されるときにスキャンできます。これにより、在庫数をより正確に把握でき、在庫情報を手動ではなく自動的に更新できます。最も優れた物流ソリューションでは、在庫レベルが定義したしきい値に達したときにアラートを設定する機能も利用できます。また、自動的に再注文する機能もあり、一定の在庫レベルに近づくと新たに注文できます。これにより、企業は重要な業務を確実に実行し、顧客の要望に応える十分な在庫を常に確保できます。また、自動化ツールを使用することで、新しい在庫を最適なタイミングで再注文することができ、特定の商品を見落としたり、新しい注文を忘れたりするのを避けることもできます。

  • 注文管理:注文に関する情報を収集し、データを保存していつでも参照できるようにします。注文管理機能では通常、注文された商品、顧客が支払った金額、選択された配送方法など、特定の注文に関する詳細を確認できます。物流ソリューションの注文管理機能は、注文した商品の発送や顧客への配送に関連する活動を支援するだけでなく、顧客に最新情報を提供し、顧客サービスの品質を向上させることも可能です。

  • 輸送/車両管理:輸送方法を計画し、配送用の車両を管理します。輸送機能には、企業から顧客やエンドユーザーへ商品を届けるための輸送や発送を手配するオプションが含まれる場合があります。物流ソリューションのこの機能にはいくつかのオプションがあり、各注文に最適な輸送方法を選択できる場合があります。配送車両を運用する企業は、個々の車両の管理、メンテナンス状況の把握、関連規制の遵守、リアルタイムでの位置確認などを実行するツールを利用できるようになります。これらの機能によって、企業が配送の進捗状況を監視し、保有する車両が適切にメンテナンスされていることを確認できるようになります。

  • 3PL (サードパーティロジスティクス) の管理:商品の配送を3PL (サードパーティロジスティクス) 業者に委託します。この機能は多くのソリューションに搭載されており、企業は過去に協力したことのある3PL業者や今後協力する可能性のある3PL業者のデータベースを維持できます。これには、連絡先の詳細、3PLサービスを必要とする過去の配送記録、新しいサービスを依頼する機能が含まれます。Eコマース企業の場合、サードパーティーのサービスプロバイダーに配送業務を委託することで、プロセスを合理化でき、専門業者のスキルを活かして、顧客に迅速かつ確実に商品を発送できます。

  • 顧客関係管理:顧客の基本情報をデータベース化して維持します。これにより、リードの特定と整理、顧客やビジネスパートナーの連絡先情報の管理、取引先、顧客、ビジネスパートナー、見込客とのすべてのやり取りを記録できます。最終的に、物流ソリューションの顧客関係管理コンポーネントによって、企業は過去のリクエストのフォローアップ、顧客に関する問題の別の従業員への連絡、および一貫性の確保によるコミュニケーションの向上が可能になります。一方、エンタープライズ向けの物流ソリューション以外では、統合オプションを利用できる場合があります。通常、これらの統合オプションにより、物流ソフトウェアからサードパーティーの顧客関係管理 (CRM) ソリューションやCRMソリューションのデータにもアクセスできます。これにより、注文を特定の顧客と照合したり、顧客との過去のコミュニケーションにアクセスして参照したりできるようになります。

  • レポートと需要計画:重要な情報が掲載されたレポートやダッシュボードにアクセスし、在庫レベル、支出、収益、その他のKPIに関する最新情報を簡単に確認できます。また、多くの物流ソリューションにはレポート機能が搭載されており、現在の需要レベルや需要の傾向を詳細に把握できます。その結果、企業は需要の増大に備えて、顧客や取引先、ビジネスパートナーのニーズに応えるための計画を容易に策定できます。また、在庫の問題が長期化しないように、需要が低下したときの計画を策定することもできます。

物流ソリューションの購入時に考慮すべき点は?

物流ソリューションを購入するときには、考慮しなければならないいくつかの要素があります。購入者は、単に品質に優れたソリューションを求めるのではなく、投資するソリューションが自社の特定のニーズを満たすことを確認しなければなりません。このために、いくつかの重要な質問に回答できるようにし、回答を通して、適性の低いソリューションを排除しながら、最適な選択肢を特定していくと良いでしょう。特に、以下のような質問に対して回答できるようにしてください。

  • エンタープライズソフトウェアと統合型のソフトウェアのどちらを選択するか?

物流業務は、注文管理、顧客関係管理、車両管理、サプライヤーやベンダー管理、さらには会計など、さまざまな領域にまたがります。物流ソリューションは、エンタープライズ企業を対象としており、これらの領域の多くまたはすべてを網羅している場合があります。一方で、市場にある他のアプリケーションは、基本的な機能を搭載し、車両管理ソフトやCRMソフト、その他のサードパーティアプリケーションと統合するオプションを提供している場合があります。この2つのアプローチのどちらが自社のニーズに合っているのかを慎重に検討する必要があります。さまざまなソフトウェアをすでに導入して使用している企業であれば、既存のシステム環境にシームレスに適合できる統合型の物流ソリューションを選択した方が良い場合があります。また、新しい組織であれば、利便性を重視して、単一のエンタープライズレベルのソリューションを選択するほうが良い場合もあります。しかし、業務によってはサードパーティー製品の機能を利用する利点もあるため、この問題は慎重に判断する必要があります。

  • 物流ソリューションのコストは?

コストは大切ですが、物流ソリューションについては単にソフトウェアの基本価格だけを見るのではなく、より詳細に検討しなければなりません。物流ソリューションは複雑であり、さまざまな部門に関わる機能を搭載しているため、全体的な品質が重要になります。決まった予算内でソフトウェアを購入することは大切であり、手頃な価格のソリューションを選ぶことには明確な利点もありますが、ソリューションがもたらす価値を重視しなければなりません。優れた物流ソリューションを入手するためには、相応の費用を支払うことをお勧めします。購入のための初期費用のほかにも、隠れた出費もあるため、コストの問題はさらに複雑になっています。例えば、ソフトウェアのセットアップや従業員への適切な使用方法のトレーニングに費用がかかる場合があります。また、クラウドベースのソリューションではサブスクリプション費用や、データ保存などの問題に関連するコストも発生する可能性があります。

  • 最適な展開オプションは?

物流ソリューションを購入する前に考慮すべきもう一つの重要な点は、自社にとって望ましい展開方法です。通常、物流ソリューションはオンプレミスに展開されます。この場合、購入した企業が、ソフトウェアのライセンス料を支払い、自社のシステムにソフトウェアをインストールし、ソフトウェアに関連するデータを保存する責任を負います。この方法では、初期コストは高額になります。長期的な運用コストは通常低くなりますが、予測することは困難になります。一方、クラウドベースの展開方法が急速に広がっています。このアプローチは、サードパーティーのサービスプロバイダーがSaaSモデルでソフトウェアを提供します。サービスプロバイダーは、クラウドテクノロジーを使用してソフトウェアを展開し、クラウドでデータを保管します。通常は月または年単位で継続的に利用料を支払うため、初期費用が低くなり、長期的なコストも予測可能になります。セットアップも容易であり、必要となるのはインターネットへの接続環境とインターネットに接続できる互換性のあるデバイスだけです。クラウドベースのアプローチは、リモートアクセスやモバイルアクセシビリティという利点があり、すべてのユーザーがリアルタイムに最新のデータを参照できます。クラウドに展開する場合は、メンテナンスも通常サービスプロバイダーが行いますが、オンプレミスに展開する場合は、自社で行う必要があります。最終的に、自社にとって最適な展開方法を決定するときには、予算、リモートアクセスの要件、既存のインフラなどいくつかの要因を検討しなければなりません。

  • 物流ソフトウェアを使うべき業種は?

物流ソフトウェアは多様であり、同じ機能を提供しているわけではありません。幅広い業種の組織を対象に広範な機能を搭載しているソリューションもあれば、特定の業種の企業を対象としているソリューションもあります。各ソリューションが対象としている業種を正確に把握し、提供されている機能が自社にとってどの程度適しているか時間をかけて確認してください。国際的な運送会社におけるニーズは、比較的小規模なEコマース会社のニーズとは大きく異なります。市場で利用可能なソフトウェアについて時間をかけて調査し、自社の業種を対象としており、必要な機能を搭載しているソフトウェアを選択する必要があります。

  • 物流ソリューションの規模を拡大・縮小できるか?

最後に、物流ソリューションの規模を簡単に拡大・縮小できるかどうかを考慮することも不可欠です。企業が成長すれば、さまざまな物流業務が複雑になる場合があります。しかし、ソフトウェアを変更し、すべてのデータを新しいソリューションに対応させる場合には膨大なコストがかかるため、可能な限り避けなければなりません。完全にリプレースするのではなく、必要に応じて規模を拡大・縮小できるようなソリューションを探す必要があります。このようなソリューションの拡大について適切に考慮しておくと、企業の規模が拡大したり、何らかの理由で縮小したりした場合でも、同じソフトウェアを継続して利用できます。

物流ソリューションに関する注目トレンドは?

物流ソリューションで注目されるトレンドは、新しいテクノロジーの出現による企業と従業員、顧客との関係の変化に大きく関わっています。物流ソリューションに関する重要なトレンドは、近い将来、物流業務に影響する可能性があるため、十分に理解しておかなければなりません。さらに、購入するソフトウェアを可能な限り長期間にわたって利用できるように、新しいトレンドを意識して設計されたソフトウェアを探す必要があります。最も重要ないくつかのトレンドを以下に説明します。

  • 予測の価値:人工知能の精度が向上し、企業が収集するデータ量が増加しているため、予測能力が向上しています。このため、需要の変化をより正確に把握でき、需要のレベルに影響を与える外的な要因の一部についても有用な知見を得ることができるようになりました。このテクノロジーが今後向上し、物流ソリューションに広く導入されるようになれば、企業は物流に関連する多くの問題について、発生した変化に事後的に対応するのではなく、戦略的で先見性のあるアプローチを採用できるようになります。さらに、物流ソリューションから収集した関連データを分析することで、重要なビジネス機会を特定できる場合もあります。予測能力の高いソリューションに将来的に移行しなければならない状況を避けるため、予測機能を支援するAIテクノロジーを実装しているソフトウェアを優先的に選定することも検討してください。

  • 在宅勤務の拡大:現在では、物流業務に携わる多くの作業者が常にオンサイトで勤務しているわけではありません。リモートワークやハイブリッドワークの導入が進み、輸送、倉庫管理、在庫管理、ベンダー管理などの業務を従業員が在宅で行うケースも増えています。さらに、配送業者やEコマース会社には現場で働く従業員がいる場合もありますが、これらの従業員が物流ソリューションを利用する場合もあります。このような背景から、企業はリモートアクセスが可能であり、さまざまなデバイスから使用できるソリューションに投資することが不可欠です。これらの2つのニーズは、クラウドベースのソリューションの導入が人気を集めている理由にもなっています。このニーズはさらに広がる可能性がありますので、モバイルアクセシビリティなどの問題を考慮しなければならないでしょう。

  • メタバーステクノロジーとEコマース:最後に、Eコマース会社は今後、メタバースについての理解を深める必要があります。メタバースとは、ユーザーがアバターと呼ばれる自分の分身が他者と交流できる3Dの仮想環境です。メタバースは通常、仮想現実、拡張現実、ゲーミフィケーションの概念と結びついており、企業にとって新しい空間で顧客とつながる機会を提供します。メタバースに関連するキャプテラのブログでは、メタバースを活用するためには適切なテクノロジーへの投資と準備期間が必要であることを説明しています。また、メタバースの分野では、データの収集やサイバーセキュリティに関する問題など、解決しなければならない課題もあります。しかし、メタバース空間におけるユーザーとの交流が増大すれば、物流ソリューションは、関連する顧客とのコミュニケーションデータを収集し、VRヘッドセットなどメタバースに関連するデバイスとの統合オプションを提供するタスクに対応しなければならなくなるでしょう。

出典 ここで紹介した機能は、物流ソリューションと、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. Top 5 CRM software and their key features (CRMソフトのトップ5と主な機能) - キャプテラ英国ブログ (アクセス日:2022年6月29日、木曜日)

  2. On-premise vs cloud: which option is better for your company? (オンプレミスとクラウドの比較:会社にとってどちらのオプションが適切か)- キャプテラUKブログ (アクセス日:2022年6月28日、月曜日)

  3. Can the metaverse transform e-commerce? (メタバースはEコマースを変えられるか?)- キャプテラUKブログ (アクセス日:2022年6月29日、月曜日)