キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

BIツール

BIツールとは、ERPや基幹システムによって蓄積されたデータを分析・可視化するためのツールで、ビジネス・インテリジェンス・ツールの略です。 情報へのアクセスや分析、共有を効率的にして、パフォーマンス指標の収集を通して意思決定を向上させることができます。主要データの編集、分析、配信のためのインフラストラクチャを利用することでレポートとデータ追跡の精度を高めて、戦略の実施と評価を円滑に進めることができます。 BIツールは、報告ソフトウェア、ナレッジ管理ソフトウェア、調査ソフトウェアに関連付けられています。

日本 日本製品のみ表示

167件の結果

PursuantのGivingDNAは、資金調達担当者が資金調達担当者のために開発した製品で、自動化された寄付者インテリジェンスを提供します。 GivingDNAの製品詳細
GivingDNAは、非営利団体が詳細なセグメント化を行うための寄付者調査およびデータ可視化ツールを含むプラットフォームです。資金調達担当者やダイレクト・マーケティング担当者は自動化されたインテリジェンスを獲得することができ、寄付者の迅速なプロファイリングやセグメント化を実現し、カスタマイズされたドナー体験を提供するための次の段階に進むことが可能になります。GivingDNAはサードパーティのインサイトを用いてデータを補強することで、資金全体の構成要素を包括的に確認することができます。製品は使いやすく、コーディングやスプレッドシートの高度なスキルは必要ありません。 GivingDNAの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Tableauは、分析分野の信頼できるリーダーとして、ユーザーや組織がよりデータ主導型となるために役立ちます。詳細をご覧ください。
Tableauを使用すると、影響を与えるアクション可能なインサイトへとデータを変換することができます。場所や形式に関わらず、保存されているデータに簡単に接続できます。隠れたチャンスを特定するアドホック分析を迅速に実行します。ドラッグ・アンド・ドロップで、高度なビジュアル分析を備えたインタラクティブなダッシュボードを作成することができます。そして、自身の作品を共有して、ビジネスに影響を与えましょう。グローバル企業、初期段階のスタートアップ企業、中小企業など、あらゆる人がTableauを使用してデータを表示し、把握しています。詳細をご覧ください。 Tableauの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Semrushは、オンライン・ビジビリティ管理のための、業界トップレベルのSaaSプラットフォームです。
Semrushは、オンライン・ビジビリティ管理のための、業界トップレベルのSaaSプラットフォームです。 Semrushは、検索、コンテンツ、ソーシャル・メディア、市場調査のためのツールや、140カ国以上のデータ、Googleやタスク管理プラットフォームとのシームレスな統合機能など、オンライン・ビジビリティ管理のための50以上の製品、ツール、アドオンを備えています。オンライン・プレゼンスに真剣に取り組むあらゆる企業に不可欠なソリューションです。 Semrushの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
拡張性のある次世代eコマースとラインオブビジネスソリューションを迅速に提供するための、データベースと分析機能です。
拡張性のある次世代eコマースとラインオブビジネスソリューションを迅速に提供するための、データベースと分析機能です。 Microsoft SQL Serverの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
レポーティング、データ準備、およびデータ可視化ツールを備えたビジネス・インテリジェンスと分析ソフトウェアのスイートです。
レポーティング、データ準備、およびデータ可視化ツールを備えたビジネス・インテリジェンスと分析ソフトウェアのスイートです。 Microsoft Power BIの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
NetSuiteは、スマートな意思決定と成長に必要な可視性とコントロールを提供する、業界トップレベルのクラウド型ビジネス・ソリューションです。
NetSuiteは、顧客関係管理 (CRM) や在庫などのバックオフィス・プロセスを合理化するための統合プラットフォームを備えた、世界屈指のビジネス・ソリューションです。組み込み分析ツール、レポート、リアルタイム可視化の機能を備えたNetSuiteを利用すると、あらゆる規模や業界のビジネスが決算を最適化し、ITコストが削減され、業務上の非効率をなくすことができます。これにより、バックエンド・システムを心配するよりも、収益を生み出す重要な決定に専念できるようになります。 NetSuiteの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Bitrix24は、800万社の企業が利用する無料の総合ビジネス管理・BIスイート製品です。CRM、タスク、プロジェクト、ドキュメント、メールなど。
Bitrix24は、100%無料の総合的なビジネス管理とビジネス・インテリジェンスのためのソフトウェアです。CRM、タスク、文書管理、プロジェクト管理、時間管理、ビジネス・プロセスの自動化、請求書の作成、コラボレーション、欠勤管理、メールマーケティング、仮想PBX、共有カレンダー、会社ディレクトリ、HRMSなど、35種類以上の無料ツールを利用できます。クラウドおよび独自のサーバにインストールできるソフトウェアで利用可能で、30秒もかからずに使用できるようになります。 Bitrix24の製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
UKGの目的は「人」です。人事とワークフォース管理への情熱を、人を中心とした文化の実現によって表現しています。
UKG Proは、中規模から大規模の企業向けに独自の文化主導型のソリューションを提供し、組織の一員として日々、重要な瞬間を経験している人々をサポートします。UKG Proは、人材の報酬から人材の支援、人材開発などに関わる業務を管理することができる強力な人材管理 (HCM) スイートです。世界中の人材にとって有意義な経験を生み出すことができます。 UKG Proの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
ActivTrakは、企業に秘められた生産性を解放します。
ActivTrakは、企業に秘められた生産性を解放します。受賞歴のある労働力分析/生産性管理ソフトウェアは、人材の強化、プロセスの最適化、テクノロジーの最大化を実現する専門的なインサイトを提供します。 ActivTrakの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Sisenseは、散在する大規模なデータセットで迅速かつ本格的な分析を実現し、複雑なデータを簡単に探索することを可能にします。
Sisenseは、ユーザーが複雑なデータを簡単に準備、分析、および視覚化できる優れたビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアです。Sisenseは、複数のソースからの増大し続けるデータセットに対処するエンドツーエンドのソリューションを提供します。テラバイト規模のデータの処理と何千人ものユーザーのサポートを行う機能が出荷時の状態ですぐに利用可能で、すべての機能を単一の汎用サーバで実行できます。 Sisenseはすでに、eBay、Henry Schein、およびNASAなどの最もデータ集約的な世界一流の企業で使用されています。 Sisenseの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
ビジネス情報に関する新しい洞察を得ることができるオンライン・レポートおよびビジネス・インテリジェンス・サービスです。
Zoho Analytics(ゾーホー・アナリティクス)は営業・マーケティング・会計・顧客サポートなどでご利用中のツール内のデータを一元集約し、データ分析を可能にするBIツールです。世界14,000社に導入されています。 □━Zoho Projrcts でできること━□ ○あらゆるデータを一元集約し、データ分析を可能に ファイル、データベース、クラウドサービスなど、複数の経路からデータを取り込み。あらゆるデータを集約して分析できます。定期的なインポート処理の設定も可能です。 ○ドラッグ&ドロップでダッシュボードを作成、視覚的にデータを分析 ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、データの傾向や最新情報をグラフやダッシュボードで視覚的に表示できます。 ○どこからでもデータに接続してどこからでもデータを統合 使いやすいコネクターで、ファイルやフィード、一般的なビジネスアプリ、クラウドやオンプレミスのデータベース、カスタムアプリなど、さまざまなソースに接続できます。また複数の経路から取得したデータを組み合わせたレポートを作成できます。 ○取り込んだデータを数式&集計関数で算出 元の値を用いた計算結果を表示できます。合計や平均などの集計に役立つ関数も標準で利用できます。 ○チームメンバーへの共有&権限設定 他のユーザーとレポートを共有して共同で分析。権限は細かに設定できます(表示のみ、追加や編集も可能など)。フィルターを設定して任意の範囲のデータのみを共有することも可能です。 Zoho Analyticsの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
BIアナリストでも開発者でも、生データを強力なインサイトに変えることができます。
データを活用して現代的なビジネスを構築することができます。あらゆるデータ・ソースに接続してデータを1つのビューに統合し、分析を利用してインサイト・ベースのアクションを推進することができます。セキュリティと制御も維持することができます。 Domoの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Boomiでは、デジタル・エコ・システム内のあらゆるものを迅速かつ簡単に統合できるため、より優れたビジネス成果をより早く達成できるようになります。
Boomiのインテリジェントで柔軟性と拡張性に優れたプラットフォームでは、あらゆるデジタル・エコ・システムやすべての人を、さまざまなチャネル、デバイス、プラットフォームにわたって迅速かつ簡単に統合できます。このクラウド・ネイティブなプラットフォームは、ログインするだけで簡単に開始でき、信頼性と安全性の高い拡張を行うことができます。直感的なインタフェースを備えた洗練された機能、内蔵されたインテリジェンス、Boomiコミュニティから得られる洞察により、ITとビジネスのユーザーの双方が短時間でより多くの作業を行えるようになります。 Boomiの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Qlik Senseは、BIおよびビジュアル・アナリティクス・プラットフォームです、グローバル企業がより速く、より能率的に働くための支援をします。
Qlik Senseは、最新のアナリティクスをあらゆる人の手に委ねて、グローバル企業がより速く、より能率的に働くために支援する、ワールドクラスのビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアです。データの大小にかかわらず、データの結合、読み込み、可視化、探索を容易に行うことができます。管理可能な環境で、パワフルでインタラクティブなダッシュボードを作成・共有することができます。エンタープライズSaaS、ご使用中のクラウド、またはオンプレミスで、卓越したパフォーマンスとスケーラビリティを実現します。完成度の高いBIプラットフォームで、ビジネス価値への道を加速します。 Qlik Senseの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
あらゆるユーザーをサポートする分析。データの確認と共有が可能になります。あらゆる部署のレポートと知見。
データ分析ソリューションのLookerを使用すると、ビジネスインテリジェンスおよびデータ視覚化について再考することができます。Lookerを使用すると、チームはデータソース間のデータを単一のビューにすばやく簡単に統合し、データサイロを分解することができます。組織内の誰もが最新かつ信頼性の高いデータにアクセスできれば、情報に基づいたより良い選択を行うことができます。 Lookerの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
人、情報、および業務をビジネス・ネットワークで接続し、業務パフォーマンスを最適化することができるアプリケーション。
人、情報、および業務をビジネス・ネットワークで接続し、業務パフォーマンスを最適化することができるアプリケーション。SAP BusinessObjects Business Intelligenceは、独自のアイデンティティ、目的、機能を持つ多数のレポート作成および分析アプリケーションで構成されています。探索ツールを利用して大量のデータを検索し、その結果を独自に視覚化することができます。 SAP BusinessObjects Business Intelligenceの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Fortune 100企業中92企業からの信頼を得ているSplunkは、組織のデータすべてに対する調査、モニタリング、分析、およびアクションの実行に役立ちます。
Fortune 100企業中92企業からの信頼を得ているSplunkは、調査、モニタリング、分析、およびアクションの実行を後押しするカスタマイズ可能なデータ分析プラットフォームです。ITからセキュリティ、そしてビジネス・オペレーションまで、Splunkはリアルタイムで措置を講じることを可能にするData-to-Everythingプラットフォームです。Splunkを使用することによって、IT問題の予測と防止、セキュリティ・スタック全体の合理化、予定外のダウンタイムの最小化、および透明性向上のためのビジネス・プロセスの探索と視覚化のすべてを1つのプラットフォームで実現できます。 Splunk Enterpriseの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
意思決定を的確に行うために必要な財務と経営に関する情報を得ることができる事業予算管理ソフトウェア。
エンタープライズ・プランニング・ソフトウェアでは、予算管理、計画、モデリングを向上させることができます。使い慣れたExcelのようなシートで計画プロセスを効率化することができます。セルの値にドリル・ダウンして、戦略的インサイトを抽出して共有できます。構成可能なオプションや、モデル内でカスタム演算を作成する機能を利用して、事業の成長や変化に柔軟に適応できます。Workday Adaptive Planningは、ガートナーの2019年クラウド財務計画および分析 (FP&A) ソリューションのマジック・クアドラントでリーダーに分類されました。 Workday Adaptive Planningの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
訪問者インテリジェンス・ツールを使用すれば、ビジネスの健全性をモニタリングして、Webサイト訪問者のコンバージョン率が上がらない理由を明らかにすることができます。
収益およびリード生成のためにWebサイトを活用する企業向けの強力な訪問者インテリジェンス・ソフトウェアです。Lucky Orangeのコンバージョン率最適化ソフトウェアを使用すると、訪問者の購入や詳細情報のリクエストを妨げる障壁を発見することができます。カスタマイズ可能なダッシュボードを使用して、オンライン・ビジネスの健全性を迅速に評価し、さらに深く掘り下げて訪問者の行動を直接調査することができます。 Lucky Orangeの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Boardは、計画、予測分析、ビジネスインテリジェンスを統合した最高の意思決定プラットフォームです。
Boardは、計画、予測分析、およびビジネスインテリジェンスアプリケーションを単一プラットフォーム上で迅速に提供し、ビジネスに変革をもたらす業界屈指の意思決定プラットフォームです。世界で2,000社以上の企業に導入されています。Boardを使用することで、企業はデータを直感的に収集および活用して、単一かつ正確で完全なビジネス情報を包括的に把握できます。更に、実用的なインサイトにより組織全体のパフォーマンスを完全に制御できます。Boardは、目標設定から業務運用までの意思決定プロセス全体を管理およびコントロールできる、分析、シミュレーション、計画、および予測する機能を備えたユーザーが使いやすい環境を単一のプラットフォームで提供しています。 BOARDの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
単一のダッシュボードから競合他社のモニタリング、価格の最適化、収益の最大化を容易に行うことができる価格設定ソフトウェア。
中小企業からFortune 500企業まで、さまざまな企業がPrisyncのデータを利用して詳細な経営幹部向けの分析を行って戦略を実施することで、1週間のコーヒー代よりも少ない金額で平均20%以上の売上と利益率増加を実現しています。5つ星を獲得した24時間年中無休のオンライン・カスタマー・サポート・チームは多様な要望に数分で対応し、価格以上の価値を提供します。長期的な利用を促進するために無料のオンボーディング・サービスも提供されています。 Prisyncの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
わずかな時間とコストでUX問題を特定し、解決することができます。
従来のアプリケーション・パフォーマンス管理 (APM)/ビジネス・プロセス管理 (BPM)/デジタル・エクスペリエンス管理 (DEM)/リアル・ユーザー・モニタリング (RUM)/自動化はコストが高く、カスタマイズ不足であり、問題の検出と洞察、自動化、アラート・リレーが不十分です。しかし、germainAPMソフトウェア・プラットフォームでは、完全にカスタマイズ可能でコスト効果の高いAPM/BPM/DEM/RUM/自動化を提供することができます。これは、クラウド・ベースまたはオンプレミスのプラットフォームで、ユーザー・セッションのビデオの記録、機能的および技術的な問題のエンドツーエンドでの根本原因分析の提供、問題のプロアクティブな検出や解決の自動化を行うことができます。 Germain UXの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
Geckoboard:チームが主要なビジネス・データを表示できるTVダッシュボード。
チームにデータ情報文化を根付かせたいと考えるリーダー向けに設計されたGeckoboardのテレビ・ダッシュボード・ソフトウェアでは、ライブ・データを非常に簡単に表示することができます。60以上のデータ・ソースから最も重要な測定基準を収集し、その情報をテレビ画面で配信するダッシュボードを簡単に構築することができます。重要なビジネス・データがスプレッドシートやツールに埋め込まれるのではなく、違いを生み出すことができるチームにとって目に見える実用的なデータとなります。 Geckoboardの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
予算編成や計画プロセスの合理化を目指している中規模企業および大企業向けのパフォーマンス管理ソリューション。
CCH Tagetikでイノベーションを推進しましょう。 財務部が所有する統合プラットフォームであらゆる財務プロセスやデータを管理することで、デジタル・トランスフォーメーションを実現し、戦略を推進することができます。 多くの企業がCCH Tagetikの企業パフォーマンス管理ソフトウェアを利用して、時間の節約、コスト削減、リスク軽減を行っています。 単一の信頼できるソースを利用して、データ、プロセス、人を接続することで、決算処理の高速化、より先を見越した計画、そして詳細な分析が実現します。 CCH Tagetikの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準
セルフサービスのデータ準備とアジャイルな予測モデリングにより、Tableau、Power BI、その他のデータ視覚化ツールで生産性を強化します。
Alteryxは自動化によって飛躍的な進歩をもたらします。それが個人的な成長、変革的なデジタル・アウトカムの達成、急速なイノベーションであっても、他に類を見ない結果を生み出します。分析、データ・サイエンス、プロセス自動化を1つの使いやすいプラットフォームに統合した独自のイノベーションにより、ビジネスを変えるような飛躍的な進歩を実現して現状を変えることができます。 Alteryx Designerの製品詳細

機能

  • ベンチマーキング
  • KPI (重要業績評価指標)
  • 予測分析
  • 収益性分析
  • 戦略的計画
  • 傾向/問題インジケータ
  • アドホック・レポート
  • コラボレーションツール
  • データ・コネクタ
  • データの可視化
  • 複数データソース
  • パフォーマンス測定基準

BIツールのお役立ちガイド

はじめに

BIツール (ビジネスインテリジェンスツール) は、業績指標や運用に関する情報など、社内外のさまざまなソースから重要なデータを収集し、企業を支援するために設計されています。ビジネスリーダーは、有益なインサイトを獲得するためにBIツールから情報にアクセスして分析し共有することができます。最終的には、BIツールは企業の戦略作成から意思決定、そして全体的な業績を向上させることに役立ちます。

BI分析ソフトで収集分析できるデータは膨大であることから、BIツールはビッグデータツールデータ可視化ツールなどのカテゴリに分類されることもありますが、BIツールにはCPMツールレポートツールなどの他のパッケージと共通する機能や特徴もあります。

市販のさまざまなBIツールは、レポート作成や分析などビジネスインテリジェンスの一部の機能に特化している場合もありますが、多くのBIツールは包括的な機能を搭載しているため、前述の製品やサービスの代わりに利用できる場合があります。機能や品質は異なりますが、このカテゴリのソフトウェアとして不可欠であると考えられるいくつかのコア機能があります。

一般に、ビジネスリーダーはBIツールを利用して以下を実行できます。

  • ビジネス統計、業績データ、他の重要な情報の継続的な追跡
  • 社内外のデータの保存、アクセス、分析によるインサイトの獲得と業績の評価
  • グラフ、チャート、インタラクティブダッシュボードなどのデータ可視化機能の活用
  • 高度なデータ分析による予測モデリングやデータマイニング

BIツールとは?

BIツール (ビジネスインテリジェンスツール) は、企業や経営幹部が業務や業績の状況について貴重なインサイトを獲得できるように設計されています。このカテゴリのソフトウェアは、社内外のさまざまなソースからデータを収集管理し、そのデータを分析することで、現状を把握し、より優れた予測を可能にして、将来的な業績を向上するための戦略を立案することを可能にします。

BIツールのさまざまな利用方法を理解するために、まず「ビジネスインテリジェンスとは何か」を押さえておきましょう。ビジネスインテリジェンスとは基本的に、企業や従業員が企業情報を分析し、優れた意思決定を行うために使用するさまざまな手法、戦略、ツールを意味します。このような背景から、BIツールは、企業が財務の詳細データや顧客データ、従業員データなどにアクセスし、分析および抽出するためのさまざまな機能を提供しています。

収集されたデータを加工および分析し、傾向を特定したり、そのデータの意味を導き出したりすることができますほか、データをわかりやすい形式で表示することができます。データの可視化はこのカテゴリにおける多くの製品の重要な機能となっています。BIツールをスマートに活用することで、企業はインテリジェントな意思決定、新しい戦略の実行、優れた競争力の獲得、そして自社の弱点の把握が可能になります。 多くの場合、情報はリアルタイムで収集および分析され、優れた効果を発揮します。

BIツールの利点とは?

BIツールの利点は数多くあります。しかし、主な利点は、データを容易に理解できるようにし、データを分析し、他のツールでは見逃してしまうかもしれない重要な傾向を特定できることでしょう。一般に、ビジネスインテリジェンスの最も最重要なコンポーネントは、業務と業績の全体像を提供するために、社内外の両方のデータソースを使用できるようにする機能です。BIツールの具体的な利点を、以下に詳しく説明します。

  • 明確な全体像の提供:企業がBIツールに投資する主な理由の一つは、業務と運用の現状、そして将来の予測について、全体像をより詳細に把握できることです。予測型のデータ解析、データマイニング、運用評価 (ベンチマーキング)、レポート作成などの手法を組み合わせることで、豊富な情報に基づいて根拠のある意思決定を簡単に行うことが可能になり、効果が最も高く成功する可能性も高い戦略を実行できます。ビジネスインテリジェンスは、現状を把握し、将来のためのアクションプランを立案する方法になります。
  • データの理解の促進:現代のビジネスは、さまざまなソースから膨大なデータを収集して保存しています。これらのデータを手動で処理および分析し、ステークホルダーにデータを提示することは、時間のかかる作業です。BIツールには、データを多くのユーザーが理解できるようにするツールがいくつも用意されています。中でもデータの可視化は重要な機能の一つです。ビジネスリーダーが重要なデータにアクセスし、それを理解し、現状を詳細に把握できるようになれば、データを実用的なインサイトに変え、現実に即した計画を簡単に立案できます。
  • 業績の継続的なモニタリング:BIツールを使用するもう一つの大きな利点は、組織が業績を継続的にモニタリングする能力にあります。業績の低下をリアルタイムに検知することができれば、適切な対応策を講じることも可能です。また、多くのツールでは、アラートを設定し、重要業績評価指標 (KPI) に関連付けることも可能です。例えば、売上や収益、生産性などが一定のレベルを下回った場合に、自動的にアラートを送信するように設定できます。
  • データ分析の向上:BIツールでは、将来の事象を予測し、より正確な予測を行うことを目的とした予測分析など、いくつかの高度な手法を使用できます。人工知能 (AI) や機械学習を利用すれば、多くの分析作業を自動化することができ、多くのプロセスを効率化できます。これにより、最適なタイミングで意思決定を行うことができ、多くのケースで優れた効果を生み出すことが可能になります。

BIツールの機能とは?

BIツールには包括的なものから特定の分野に特化しているものがあり、市販されているこれらのツールの機能は大きく異なる場合があります。しかし、優れた多くのBIツールには、欠かすことのできないコア機能が搭載されています。これらのBIツールに含まれる一般的なコア機能のいくつかを以下に紹介します。

  • ビジュアル分析:グラフ、チャート、グラフィック、インタラクティブインターフェースやビジュアルプレゼンテーションなど、理解および解釈しやすい方法でデータを表示します。ビジュアル分析では、複雑なデータでも利用しやすくするために、データ分析、グラフィックデザイン、コンピュータサイエンスなどの分野の機能が統合されています。ビジュアル分析の大きな利点の一つは、情報を明確にそして分かりやすく表現できることです。さまざまなビジネスシーンで、上級管理者やステークホルダーにレポートや結果を伝えることができるほか、一般の従業員もデータをより効率的に取り扱うことができるため、ビジュアル分析は非常に有効です。
  • セルフサービスのデータ準備:高度な専門知識がないユーザーでも、データを保存、アクセス、削除、再構築することができ、有効に活用できます。セルフサービスのデータ準備の重要なポイントは、分析対象のデータを準備するプロセスを可能な限り簡素化し、誰もがアクセスできるようになることです。中小企業では、ITリソースが限られていたり、IT部門の規模が小さかったり、従業員の専門知識がデータを準備するために求められるレベルに達していなかったりする場合があるため、この機能は特に有用となることがあります。多くのBIツールは、高度な機能を提供していますが、これらの機能が分かりやすく説明されており、組織のすべての利用者がこれらの機能を効果的に活用できるように設計されています。
  • ダッシュボード:業務、会社の業績、従業員、顧客などに関する重要な情報を、使いやすいダッシュボードで一元的に表示できます。多くのBIツールのダッシュボードは、実際にデータにアクセスして統計情報を追跡するための中心的なハブとして機能します。ダッシュボードは、ユーザーがビジネスインテリジェンスの効果を統括し、業務の状況を確認できる場所です。また、BIツールの他の領域にアクセスし、特定の作業を行ったり、特定の機能を使用したりできます。
  • 予測分析:将来を予測するために、データマイニングや予測モデリングなどのさまざまな手法を活用します。予測分析では、将来的なイベントや業務の状態を予測したり、顧客の関心や需要の増減を予測したりします。このプロセスでは基本的に、ソフトウェアが過去のデータから傾向、パターン、関係性を見つけ出し、その情報を利用して将来に関するインテリジェントな推測を行います。さらに、予測される将来のイベントに確率のスコアを割り当てることで、発生する可能性が高いイベント、確実に発生するイベント、適切な行動や戦略によって容易に回避できるイベントを的確に把握できるBIツールもあります。
  • 重要業績評価指標:さまざまなプロセス、手順、戦略の現在および過去の有効性を測定するために、企業の重要業績評価指標を継続的にモニタリングします。業績を分析することは、業務の運営を最適化するために欠かすことができません。BIツールは、さまざまなソースのデータを使って、リアルタイムに業績を分析して最適化を可能にします。そして、BIツールは中央のKPIデータベースとして機能し、すべての部署の従業員が同じ最新情報にアクセスできるようにします。これにより、事業戦略の変更や業績に関連する傾向を容易に把握することが可能になります。
  • コラボレーションツール:チームワークや共同作業を支援するために特別に設計されたさまざまな機能を活用できます。多くの優れたBIツールは、他のユーザーとファイルやデータを共有する機能を提供しており、特にクラウドベースのソリューションでは、リアルタイムにデータが更新されすべてのユーザーが最新の情報を参照できます。非常に高度なツールには、テキスト、ビデオ、オーディオベースのコミュニケーション機能も組み込まれています。コラボレーションツールに搭載されている機能は、ツールが対象とする業界や、BIが特化している分野によって異なる場合がありますが、優れた多くのBIツールはユーザーが簡単に協力し合えるようにする機能を提供しています。

キャプテラのソフトウェアディレクトリを使用すると、実際にBIツールに搭載されている機能に基づいて利用可能なBIツールを絞り込むことができ、自社にとって最適なBIツールを簡単に見つけることができます。購入者が必要としている機能を搭載するBIツールだけを表示して、その中から絞り込むことができるため効率的に選定できるようになります。必要な機能を搭載しているBIツールのリストで簡単に比較検討することができ、実際に製品を使用したことがあるユーザーの評価を参照しながら、最適なソフトウェアを購入することができます。

BIツールの購入時に考慮すべき点は?

最適なBIツールを見つけるために考慮すべき重要となる点がいくつかあります。これらの要素については慎重に検討してください。購入前にこれらの重要な要素を検討するための優れた方法の一つは、いくつかの質問に対して回答することです。企業や意思決定者がこの方法を取り入れると、必須の機能、有効に利用できる機能、重要ではない機能を明確に把握することができます。

このプロセスに役立つ質問の例を、以下に紹介します。

  • BIツールを何に使用するか? 購入するBIツールを決定するときには、実際にBIツールをどのような目的で使用するのかを最初に慎重に考えましょう。市販の多くのBIツールは、多様な機能を提供していますが、通常、企業は実際にこれらのすべての機能を必要とするわけではありません。一般に優れていると評価されているソフトウェアであっても、自社にとっては必ずしも最適な選択肢とは限りません。必要以上に多くの機能が搭載されている、あるいは、自社のビジネスを成功させるために不可欠な機能がないBIツールもあります。必要とする主要な機能をできるだけ具体的にリストアップし、その条件に最も合うBIツールを探してください。

  • BIツールに最適な導入オプションは? 導入方法としては、サードパーティーが通常SaaSモデルで提供するクラウドベースの方法と、社内のシステムにソフトウェアをインストールしてデータを管理するオンプレミスモデルの2つの方法があります。最初のSaaSモデルでは、サブスクリプション費用がかかりますが、初期費用が安くなる傾向があります。クラウドベースの導入方法の利点は、リモートアクセスの向上と、データの継続的なバックアップが挙げられます。オンプレミスモデルは導入時の費用は高くなりますが、継続的なサブスクリプション費用が発生せず、所有と管理が容易になります。

  • ビジネスインテリジェンスを使用するために必要なスキルとは? 次に、企業はBIツールを使用するために必要なスキルについて検討し、自社の従業員の現在のスキルを確認する必要があります。高度な専門知識のないユーザーでも利用できるように、使いやすさを重視して設計されている市販のBIツールもあります。また、これらのBIツールには、ビジネスインテリジェンスのプロセスや手順に関する知識を既に有している、スキルの高いユーザーを対象としているものもあります。組織の従業員が既に有しているスキルを考慮して、適切なBIツールを選択することが重要です。

  • BIツールは既存のテクノロジーとの連携は可能か? 新しいソフトウェアの購入を成功させなければならない中小企業にとって、テクノロジースタックを統合して構築することが、重要な成功要因となることが多くあります。つまり、ビジネスで使用しているさまざまなソフトウェアを、不要な摩擦や互換性の問題を発生させることなく、互いに連携して動作させることが重要です。そのため、企業は分析ソフト、レポート作成ソフト、業績追跡ソフトなど、自社で使用している既存のツールについて慎重に検討し、互換性のあるBIツールを選択する必要があります。

  • BIツールへのリモートアクセスやモバイルアクセスが必要か? また、意思決定者はBIツールを使用する場所と目的を検討する必要があります。これは最終的な決定に大きく影響する場合があります。特に、リモートワークの普及は重要な要素であり、従業員がBIツールにリモートでアクセスする必要がある場合、クラウドベースのBIツールを使用する必要があるでしょう。さらに、すべての従業員がオフィスでBIツールを使用する場合であっても、モバイルアクセシビリティが必要となる場合があります。従業員の中には、職場内を移動してタブレットデバイスやスマートフォンを使用して作業しなければならない場合もあるかもしれません。このような状況では、高度なモバイルアクセシビリティを提供するBIツールが有利になることがあります。

  • BIツールのコストは? 最後に、BIツールのコストは、購入するツールを最終的に決定するときに大きな影響を与える可能性があります。企業は、初期費用と予算内でBIツールを取得できるかどうか、そして長期的な運用コストについても合わせて検討することが必要です。例えば、BIツールの中には、アップデートやテクニカルサポートを利用するときに費用がかかるものがあります。クラウドベースのBIツールは、サブスクリプション費用が設定されていることが多くあります。さらに、BIツールを使用するための従業員へのトレーニングや、BIツールに関連するデータを保存および保護するための費用についても考慮してください。

BIツールに関する注目トレンドは?

ビジネスインテリジェンスとの関連性が高いソフトウェアトレンドも、購入を決定する前に考慮しなければなりません。企業は、重要なトレンドとこれらのトレンドが現在の職場に与える影響を十分に意識して作成されているソフトウェアに投資しなければなりません。さらに、新たなトレンドを理解しておけば、短期的、中期的、長期的に何が必要となるかを検討することができ、最終的な決定を行うための判断材料にすることができます。BIツールに関する注目のトレンドを以下に紹介します。

  • クラウドテクノロジーの進化:多くの企業でクラウドテクノロジーの利点の理解が浸透し、広く普及するようになりました。BIツールに関しては、クラウドソリューションにより、場所に関係なくすべてのユーザーのデータをリアルタイムに更新できます。さらに、クラウドソリューションは、データが誤って削除されるなどの問題から安全に保護するために役立ちます。これは、データが業務に関連している場合は特に重要です。また、これらのBIツールは、使用しているオペレーティングシステムやユーザーの物理的な場所にかかわらず、Webブラウザがありインターネットに接続するほぼすべてのデバイスからアクセスできる傾向があるため、互換性に関する利点も備えています。
  • 音声による操作の需要の高まり:最近の重要なテクノロジートレンドの一つは、音声コントロールの普及です。このテクノロジーは、モバイル音声アシスタントやスマートスピーカーなどに影響するものですが、一般的なソフトウェアにも大きな影響を与えています。AIや機械学習をソフトウェアで利用すれば、音声認識によってユーザーが音声だけでコマンドを実行できるようになります。これはさまざまな理由で企業に有益となる可能性があります。まず、両手を使用して複雑な作業を行いながら音声で操作できるため、生産性を向上できる可能性があります。また、障がいや健康上の理由でキーボードによる入力やマウス操作が困難な従業員にとって、アクセシビリティが向上する利点もあります。しかし、音声コマンドは正しく解釈されない場合もあり、本来なら避けられるミスを引き起こす恐れもあります。音声操作については利点と欠点とのバランスを取る必要があります。
  • リモートワークとハイブリッドワーク:2020年以前にも多くの業界でリモートワークの取り組みが始まっていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって2020年に大きな転機を迎え、2020年以降には従業員の在宅勤務を定期的に許可する企業が増加しました。これは全世界で見られる傾向であり、全従業員の32%が少なくとも一部の期間についてリモートワークを行っていると推定されています。リモートワークに関するさまざまな調査では、リモートワークによってもたらされる柔軟性と自由な働き方を多くの従業員が歓迎していることが明らかになっています。当然、リモートアクセスに対応するように設計されているソリューションは、オフィスのみで使用することを前提にしているソフトウェアよりも好まれる可能性が高いため、ソフトウェアに投資する際には、このトレンドを考慮することが重要です。
  • データストーリーテリングの登場:BIレポートツールによって、データ分析をより活用しやすくなります。また、この分野のもう一つの重要なトレンドに、新しく登場したデータストーリーテリングという概念があります。データストーリーテリングとは、ハードデータに意味を付与して、インタラクティブなインターフェースやプレゼンテーションを使って、オーディエンスを引き込むプロセスです。データストーリーテリングに関する一定レベルの機能を搭載しているツールは、複雑な概念をステークホルダーに伝えたり、特定のアクションプランの緊急性を強調したりするときに特に有効です。
  • AI/機械学習:ビジネスインテリジェンスについて注目すべき最後のトレンドは、人工知能と機械学習機能の進歩です。これらの概念を十分に活用するソフトウェアでは、特に繰り返しの多い作業を自動化することができ、企業に大きな利点をもたらします。このような自動化は、状況が変化しても、データ分析やデータ準備のタスクを手動で行うことができる従業員がいない場合に有用になる可能性があります。また、業績に関するトレンドを、人が特定するよりも早く把握できる場合もあります。

出典

本書で紹介した機能は、BIツールとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. Best Business Intelligence Software (推奨されるBIツール) - キャプテラ (アクセス日:2021年11月1日、月曜日)

  2. 5 Tips to choose software for small business successfully (小規模企業向けのソフトウェアを上手に選ぶ5つのヒント) - キャプテラUK (アクセス日:2021年11月2日、月曜日)

  3. Hybrid and Remote Workers Change How They Use IT Equipment (ハイブリッドおよびリモートワーカーによって変わるIT機器の使用方法) - Gartner.com (アクセス日:2021年11月2日、月曜日)