キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

訴訟管理システム

訴訟管理システムでは、訴訟事例に関連する文書、スケジューリング、利益相反、連絡先、および報告を整理することができます。このタイプのアプリケーションは、事例管理、クライアント履歴の追跡、契約、請求、経理を自動化する統合ソリューションとして機能します。また、多くの訴訟事例管理ソリューションには、データベース管理、電子情報開示、および自動文書テンプレート編集機能が搭載されていて、主要な事例関連データの管理、配布、および更新を行うことができます。訴訟管理システムは、法務文書管理ソフトウェア、法務管理ソフトウェア、法的請求ソフトウェアと関連付けられています。

26件の結果

App4Legalは、直感的に使用できる法務管理ソリューションです。ユーザー・フレンドリーなインタフェースを搭載した完全統合型のソリューション。 Lexzurの製品詳細
App4Legalは、法律事務所や社内の法務部門の弁護士市場全体に対応できる包括的な法務管理ソリューションです。 App4Legalは、複数の言語と通貨をサポートします。 クラウド、プライベートSaaS、およびサーバ (オンプレミス) で利用可能です。 App4Legalは、法律の専門家が使用しているあらゆるツールに代わる単一ソリューションです。モジュラー式で使いやすく、市場全体に対応できる製品は、67か国以上であらゆる規模の顧客が利用しています。 Lexzurの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
monday.comはクラウド型のWork OSです。オフィス、自宅、外出先のいずれからでも、チームによるプロジェクトや日常業務の遂行を支援します。
monday.comはケースの管理を支援する、優れた法的ケース管理ソフトウェアです。文書、スケジュールの競合、連絡先、各法的事例に関連する報告を調整することができます。ファイル、コメント、チェックリストなどを共有し、ケースの開発を通じて最新の状態を維持します。モバイル・アプリからリアルタイムで最新情報を入手し、外部のステークホルダーやクライアントなどを招待して、ケースを追跡し透明性を促進することができます。 monday.comの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
レポート、時間/予算追跡、自動化に対応したWrikeの訴訟管理ソフトウェア。進捗状況を追跡し、請求業務をシンプルに。
Wrikeは世界230万人から信頼されており、訴訟管理ソフトウェアとしても簡単にご利用いただけます。Wrikeのレポート、予算追跡、カレンダー、プロジェクト管理といった強力な機能により、クライアントへの成果を高めることができます。カスタムのリクエストフォームとテンプレートを使用してプロセスを自動化し、時間を節約。共有チームダッシュボードでの訴訟の進捗追跡や書類の保存も可能です。使いやすいタイムトラッキングで請求業務もシンプルになります。 Wrikeの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
Clioは5つ星のレビューを多く獲得している高評価の優れた訴訟管理ソフトウェアです。詳細については、ライブデモをご予約ください。
Clioは5つ星のレビューを多く獲得している高評価の優れた訴訟管理ソフトウェアで、キャプテラで1,000件以上のレビューがある唯一の法務ソフトウェアです。 Clioは、法律事務所をどこからでも安全に管理することのできるクラウドベースの訴訟管理ソリューションです。 1つの中央システムで業務にアクセスし管理することができます。案件、連絡先、請求など、必要なあらゆる情報が1か所にまとめられています。詳細については、ライブデモをご予約ください。 Clioの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
Freshsalesには、さまざまな機能と非常に直感的なUIが備わっているため、業務を行う際に複数のツールを使い分ける必要はありません。
Freshsalesは、営業チーム向けの本格的な営業チーム自動化ソリューションです。質の高いリードへの訴求、状況に適した会話を、AIを活用した知見に基づく取引、顧客関係の育成など、営業担当者が必要とするさまざまな機能を提供します。メール、電話、チャット、テレフォニーを搭載したFreshsalesを使用すると、販売プロセスを自動化して営業チームの日常業務の効率と生産性を向上させることができるので、営業チームは営業活動により多くの時間を使うことができます。 Freshsalesの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
手頃な価格の使いやすいSaaSソリューションで、時間や経費の追跡を行うことができます。14日間の無料トライアルをお試しください。
請求可能な時間の追跡が、請求書を迅速に提出できない原因になってはいけません。Bill4Timeを使用すれば、請求書を数分で作成し、瞬時に整理し、クラウドにデータを安全に保存することができます。 数千の企業と10年以上にわたる経験によって実証されたBill4Timeは、弁護士のための優れたSaaSソリューションです。14日間の無料トライアルとカスタマー・サクセス・チームによる無制限のサポートをお試しください。 Bill4Timeの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
LawPay、Word、Excel、Outlook、Evernote、QuickBooks、Acrobat、Calendar/Court Rules、WordPerfect、Googleと統合することができます。
Webアクセスが可能で、データを社内またはクラウドに保持することができます。案件、連絡先、メールおよびドキュメントの管理を行うことができます。ドキュメント・アセンブリ、ワークフロー自動化、請求および委託、タスク・スケジューリング、グループ・カレンダー、ワンクリックでのPDF生成、ドキュメントとメールのテンプレート、ドキュメントを含む全文検索、メールおよびメール添付ファイル、コラボレーション・ツール、カスタマイズ可能なフィールド・フォームとリストをはじめとする、豊富な機能が搭載されています。Word、Excel、Outlook、Evernote、QuickBooks、Acrobat、Calendar/Court Rules、Googleと統合することができます。 HoudiniESQの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
法律相談時間の追跡、請求書作成、ケースと顧客の管理、オンライン決済などの多くの作業を1か所で対応するためのクラウド・ベースのソフトウェアです。
手頃な価格でありながら効率的な法律実務管理ソフトウェアの使用を開始して、今年を成功の年にしましょう。無期限で無料のCaseFoxの基本プランは、1万人以上の弁護士によって使用され、多くの5つ星レビューを獲得しています。法律専門業務の複雑さを念頭に置いて作成されており、中小規模のビジネスでの使用が可能です。CaseFoxは、顧客、会議、請求、および支払いのすべてを1か所で管理する利便性を法律事務所に提供するクラウド・ベースのソフトウェアです。 CaseFoxの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
連絡先、電子メール、カレンダー、文書、タスクを管理し、QuickBooks、Outlook、Googleと同期機能も備えた使いやすいCRMです。$99 + 無料アップグレード付き。
InfoFloは、顧客情報の管理に適した使いやすく手頃な価格のケース管理ソフトウェアです。パワフルなOutlook同期機能を備えています。連絡先や関係、電子メール、カレンダー、文書、タスクを管理するソリューションが統合されています。 ソフトウェアは1回限りのコストであるべきです。InfoFloの使いやすいCRMソフトウェアは、1ユーザー当たり$99のワンタイム・コストで利用できます。無料のライフタイム・アップデート付きで、月額料金ありません。 InfoFloの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
統合とダッシュボード・レポートに対応した、契約、リスク、保険、請求、インシデント、資産、ワークフロー管理ソフトウェアです。
Webベースの契約、リスク、請求、インシデント、訴訟、コンプライアンス、および保険管理ソフトウェアです。ドキュメント管理、承認ワークフロー、ログ履歴、ドキュメント・テンプレート、メール通知、連絡先メモ、日時スタンプ、カスタマイズ可能なレポート作成、ドキュメントのバージョン管理機能を備えています。完全ホスト型またはセルフホスト型のオプションを利用することができ、プライベート・ラベリングと自社Webサイトへの統合が可能です。複数の通貨と複数の言語に対応しています。 A1 Trackerの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
Xakiaは社内法務部向けの法務管理ソフトウェアです。SSOTで事案や文書を一元管理することができます。
Xakiaは社内法務ソフトウェアです。情報を集中させて信頼できる唯一の情報源 (SSOT) を作り、ワークロード、納期、優先順位を常に把握できるようにします。リアルタイム分析により、チームの能力、予算、顧客との明確なコミュニケーションを効果的に管理することが可能です。Xakiaは、OutlookやGmailといった重要なソフトウェアと迅速かつシームレスに統合できるので、既存のワークフローにもシームレスにフィットします。Xakiaは強力な生産性を備えた、セキュアで直感的な、導入の速い (1時間未満) 製品です。 Xakiaの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
法務、銀行、企業セクターで10,000件を超えるトランザクションを完了させた大手データ・ルーム・ソリューション。
HighQのセキュア・プラットフォームは、法務、銀行、企業セクターで10,000件を超えるトランザクションを完了させた、業界を牽引するデータ・ルーム・ソリューションです。他に類を見ない使いやすさとグローバルな高性能により、迅速なセットアップと高速アクセスが不可欠な重要なプロセスに最適なプラットフォームを提供します。 HighQの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
時間と場所に制限されることのないアクセスとセキュアで使いやすいコンテンツ管理機能を求める組織に最適です。
NetDocumentsは、優れたクラウド型のドキュメントおよびコンテンツ管理ソフトウェアです。任意のデバイスを使用して、どこからでもドキュメントを作成、編集、保存、検索、コラボレーションできる信頼性が高くセキュアな方法を提供するので、法務チームは成果を出すこととクライアントに集中することができます。 高度なテクノロジーを提供するNetDocumentsでは、既存のツールをゼロから作り出す必要がなくなり、チームが成果を出すことに集中できるようになります。 NetDocumentsの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
商標管理とIP管理ソリューションは、USPTOのステータスを自動更新し、無料でデータを取得できます。
商標管理および知的財産管理ソリューションには、米国特許商標庁 (USPTO) のステータス自動更新、175以上の管轄区域の監査によるグローバル・アクセスおよび商標データの取得、100以上の管轄区域での無料オンライン商標検索、リンクされた文書の保管および管理、紛争、ドメイン名、著作権、検索、譲渡、Eコマース、特許および設計、会社管理のモジュールが含まれます。米国、カナダ、EU、マドリッド議定書の事例にも特別な対処をします。 TM Cloudの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
Workshareのインテリジェント・プラットフォームを使用すると、世界中のユーザーは重要文書を比較し、保護することができます。
Deltaviewとしても知られるWorkshareの革新的でインテリジェントなプラットフォームを使用すると、どのデバイスでも重要文書を比較、保護、共有することができます。コンテンツの所有者は貢献者が行った修正を正確に追跡し、比較することができます。一方、企業は協働して作業し、絶え間ない変化のあるプロセスを安全に管理することができます。 Litera Compareの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
ワンストップのカスタマー・ポータルを利用して仮想ブランチを強化し、顧客とのやり取りやファームの管理を自分のブランドで行うことができます。
Moxtraはワンストップのカスタマー・ポータルを提供します。これは法律の専門家がどこからでも自分のブランドで顧客へ迅速に対応し、訴訟を管理することができる仮想ブランチです。このワンストップのカスタマー・ポータルは、安全なメッセージのやり取り、文書上の共同作業、ビデオ会議、電子サイン、取引などを行うのに最適なソリューションで、適合、監査可能な電子ペーパー・トレイルに対応しています。 Moxoの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
Curo365は、訴訟/案件管理、ドキュメント管理、コミュニケーションおよびカレンダー作成、財務/企業資源計画 (ERP) データを取り扱えるように構築されています。
中心となるCuro365では、Microsoft365クラウド・スイート内の複数のクラウド・アプリケーションを使用して、強力なレポート機能とカスタマイズ機能を持つ革新的で包括的な法律実務管理プラットフォームを提供します。これらのアプリケーションはあらゆるエンタープライズに対応しています。つまり、Curo365は、グローバル企業だけでなく、個人開業者にも容易に対応することができます。また、エンタープライズ・レベルのセキュリティ (あらゆる法律事務所にとって重要な懸念事項です) も、完全にCuro365に組み込まれています。 Curo365の製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
誰でも安全な内部告発プラットフォームを簡単にセットアップおよび維持できる無料のオープンソース内部告発ソフトウェア。
誰でも安全な内部告発プラットフォームを簡単にセットアップおよび維持できる無料のオープンソース内部告発ソフトウェア。 GlobaLeaksの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
法律事務所が時間管理、チーム・コラボレーション、レポート作成、タグ付けに関連するプロセスを合理化できるAIベースのソリューション。
LawGroは、法律事務所の事業拡大を支援します。人工知能 (AI) およびリアルタイム分析を利用するクラウドおよびモバイルベースの法律実務管理ソフトウェアを提供します。LawGroは、より価値ある体験を提供するために、クライアントとの安全かつ協力的なエンゲージメント方法を提供します。実務を自動化して、チームにより多くの時間を提供します。LawGroは、ユーザーあたり平均32%の請求可能時間または週12時間以上の時間を解放します。非常に簡単に今すぐ始めることができます。クレジットカードは必要ありません。 LawGroの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
法律事務所がデータベース、カレンダー、レポートを管理できるよう作られたクラウドベースの訴訟管理システム。
LawBaseは、カスタマイズ可能なセキュリティ設定、カレンダー機能、アドホック・レポートの作成機能、統合機能などを搭載した非常に直感的なユーザー・インタフェースを提供します。独自のデータベース画面をカスタムでデザインできるため、独自の用語、構成、プレゼンテーション形式を利用することが可能です。カスタマイズ可能と謳いながらも限られた数のユーザー定義項目しか提供されていない他の訴訟管理システムとは違い、LawBaseは業務に合わせて完全に調整することができます。 LawBaseの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
捜査管理ソフトウェア・ソリューションとして、大手の民間企業、公的機関、連邦政府機関に採用されています。
Columnは、7年以上にわたって捜査やプロセスケース管理のためのソリューションを提供してきたベンダーです。何百ものアプリケーションを開発してきました。Columnの最新のケース管理ソリューションは、捜査のベストプラクティスの90%が組み込まれており、すぐに使用できます。ユーザーのニーズに合わせて設定可能で、簡単に設定を変更できるよう設計されています。主な機能は、関連性の分析、ファイル管理、見やすく直感的なユーザー画面、強力なレポート・エンジンです。 Column Case Managementの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
JWorksには主なコンテンツ管理システム・コンポーネントが搭載されています。最新のテクノロジーが採用されているので、ケースフローの自動化、タスク割り当て、キーワード検索などに対応可能です。
画面レイアウトやワークフロー・ルールのカスタマイズのニーズを持つ裁判所は、JWorksのコンテンツ管理システムを使用して、より個別化されたソリューションを設計することができます。JWorksには主なコンテンツ管理システム・コンポーネントが搭載されています。最新のテクノロジーが採用されているので、ケースフローの自動化、タスク割り当て、キーワード検索、その他オペレーションのあらゆる処理に対応可能です。レスポンシブ・デザインなので、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど、任意のデバイスからアクセスすることができます。 JWorks CMSの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
ブランドおよびIP保護のための非常に優れたケース管理ソフトウェア
DH AnticounterfeitのOrigoは、ブランドおよび知的財産 (IP) 保護のためのケース管理における業界標準を設定する信頼性の高いプラットフォームです。 このデジタルワークスペースを使用すると、ブランド保護チーム、法務専門家、調査員は、IP侵害、偽造品、グレーマーケット活動、海賊品の流通との戦いにおいて、効率の最適化、ワークフローの合理化、プロセスの自動化、および生産性の向上を実現できます。 満足度の高い顧客ベースに参加し、Origoのメリットを体験してください。 Origoの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
法律文書の取り扱いから顧客データの取得まで、訴訟プロセスの自動化を支援する、弁護士のための業務管理ツールです。
顧客からの問い合わせや案件管理を自動化できるので、事務所と顧客にとって特に価値のある業務にフォーカスすることができます。 MrPracticeの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理
裁判所システムにおけるスタッフとステークホルダーがシームレスにコミュニケーションを取り、データを管理して結果を分析できるようにします。
Noble Justiceは、裁判所システムをクラウド内に引き入れるために設計されました。このアプリケーション・スイートは、Salesforce Government Cloud上に構築されており、非常に高度でセキュアなアプリケーションとして利用できます。世界のさまざまな裁判所システムに対応できる優れたソリューションです。構成が簡単で使いやすく、デスクトップとモバイルに対応しています。 Noble Justiceの製品詳細

機能

  • 信託勘定
  • 請求、インボイス
  • カレンダー管理
  • コンフリクト・マネジメント
  • 事件一覧表管理
  • 経費精算
  • メール管理
  • 時間追跡
  • タスク管理
  • 事例管理
  • コミュニケーション管理

訴訟管理システムのお役立ちガイド

訴訟管理システム

訴訟管理システムとは、弁護士やパラリーガルなどの法律の専門家や法律事務所が訴訟関連の情報と業務を管理するためのソフトウェアソリューションです。統合ソリューションとして利用できるように設計されており、関連データの収集、保存、アクセス、修正が可能です。さらに、アプリケーションを切り替えずに1か所で、クライアントの追跡、事例管理、契約管理、会計業務を行うことができます。

訴訟管理システムに含まれる集中管理データベースでは、関連データを論理的な方法で保存して整理できるので、ユーザーは目的のデータを簡単に見つけることができます。このカテゴリーの最高水準のソリューションのほとんどは自動化ツールを備えているため、予測予見可能な作業、手順が決まっている作業、反復作業などを自動化して、人による操作を最小限に抑える、あるいは完全になくすことができます。そうすることで、ユーザーは注意が必要な別の部分に専念する時間を確保できます。

訴訟管理システムは、重要な情報を安全に保護し、それらを論理的な方法で構造化するほかにも、効率性を向上させ、カレンダー管理をサポートして、法律事務所間での連携とコラボレーションを補助することを目的としています。その機能と用途の性質から、このソフトウェアは法務文書管理ソフト法務管理ソフト、および法的請求ソフトなどの類似するソフトウェアソリューションとともに分類されることがあります。このようなプログラムでは、特に機能面で多くの共通点が存在し、多くの場合に訴訟管理システムとの連携が可能です。

販売されている訴訟管理システムごとに機能が異なり、機能の性能や実装方法もさまざまですが、この種の高品質ソフトウェアパッケージに期待されるいくつかのコア機能があり、訴訟管理システムのカテゴリーはそれらの機能を基準に定義することができます。そのため、これらのソリューションでは通常、以下の操作や作業のすべてを行うことができます。

  • 訴訟に関する重要な情報が含まれたケースノートを作成、保存、管理する。
  • クライアントに関する情報を管理し、複数の伝達経路にまたがるコミュニケーションを管理する。
  • 請求書を生成して送付し、財務トランザクションに関する関連データを保存する。
  • カレンダーツールを活用して、予約、締め切り、および重要な日付を管理する。

訴訟管理システムとは?

訴訟管理システムとは、法律および関連分野の従事者が訴訟関連の情報と業務を管理するためのソフトウェアソリューションです。これには、ケースノート、クライアントの連絡先情報、契約などの重要文書、財務情報などが含まれます。この種のソフトウェアは、統合ソリューションとして機能することが一般的で、弁護士、パラリーガル、法律事務所などによって使用されます。

訴訟管理システムの主な目的は、重要なデータを安全に保護して論理的に整理し、特定の情報を簡単に見つけられるようにすることです。データを1か所に保存することで、全体の効率を向上させることもできます。このソフトウェアは、法律事務所内または複数の組織間でのコラボレーションを強化すると同時に、組織内や外部クライアントとのコミュニケーションの強化にも役立ちます。

ほとんどの場合、訴訟管理システムは主に集中型データベースとして機能するため、関連情報の安全な保存、アクセス、編集、削除が可能になります。人工知能 (AI) による自動化機能が搭載されていることも多いため、法律の専門家による操作なしで予見可能なタスクや反復タスクを実行することができます。

一般的に、訴訟管理システムはスタンドアロンソリューションとして提供されますが、包括的な法務管理ソフトパッケージに同じ機能の多くが備わっていることもあります。

訴訟管理システムの利点とは?

訴訟管理システムの主な利点は、複数のソフトウェアソリューションに分散されていたデータを統合することで、法律事務所や法律分野の従事者が、必要なときに必要なデータに簡単にアクセスできるようになることです。ただし、その他にも利点があるため、訴訟管理システムのあらゆる利用方法を検討することは、ユーザーや法律事務所にとって有益です。

  • データの整理:訴訟管理システムを使用すると、訴訟に関するすべての情報とデータを整理して、後で簡単に検索してアクセスできるようになります。 ケースノート、契約情報、クライアントの連絡先情報、予約、スケジュール情報、請求書、請求情報のすべてを1か所にまとめておくことは、法律事務所や専門家にとって極めて有益です。余計なわずらわしさがなくなり、膨大な量のデータを扱う組織を構造化できるからです。1つのパッケージ内でデータを整理することは、データの一貫性と標準化にも役立ちます。
  • より優れた効率性:優れた訴訟管理システムパッケージを使用することで、法律の専門家による業務の効率を大幅に向上させることができます。これにはいくつかの理由があります。まず、データの一元化によってソフトウェア内ですべての関連データにアクセスできるため、法律事務所、弁護士、パラリーガルは目的のデータを迅速に見つけることができます。さらに、特に優れたソフトウェアの場合は、さまざまな自動化オプションもあります。その結果、不必要に時間のかかる活動やタスクの多くを自動化し、人の介入を最低限に抑えられるので、本当に人が行う必要のある活動やタスクにより多くの時間を費やすことができます。
  • データセキュリティの強化:訴訟情報を1か所に保存しておくことは、法律事務所のデータセキュリティ面でも利点があります。情報はいつでも利用可能で、破損、不注意による削除、外部からのサイバー脅威から情報を保護することができます。クラウドベースのソリューションでは、データを元の状態に迅速かつ簡単に復元ため、データの保護に役立ちます。オンプレミスで導入する場合は、定期的なバックアップによってデータを保護することができます。どちらの導入オプションでも、ソフトウェアの使用を許可されたユーザーのみがソフトウェア内のデータにアクセスできるようにして、情報を保護することができます。
  • スケジュール管理上の利点:搭載されたカレンダー管理機能を使用することで、スケジュールの管理が容易になり、重要な締め切りの見逃しや、特定の時間に実行すべき重要な作業の見落としを防げます。予約や会議を作成してカレンダーに追加して、スケジュールを効率よく管理することができます。重要なイベント、活動、締め切りが近づいたらアラートや通知を受け取るように設定することができます。また、多くのソリューションには時間追跡機能もあります。この機能を使えば、法律の専門家は時間を管理でき、一方、法律事務所は時間がかかっている訴訟や、注意を払う必要がある訴訟を把握することができます。特定の訴訟やタスクへのリソースを増やす必要性についても把握できるようになります。

訴訟管理システムの機能とは?

訴訟管理システムの機能を使用すれば、法律の専門家は自分が関与している訴訟のデータを管理することができます。それには主に、データの簡単な追加、削除、整理、検索ができるデータベース機能を使用します。また、この種のソフトウェアに含まれる機能の一覧を精査し、個々のコンポーネントを完全に理解することも重要です。その点を念頭に、購入者が期待できる重要かつ一般的な機能を紹介します。

  • ケースノート:各訴訟に関するケースノートを作成し、組み込みデータベースに安全に保存する。法律の専門家はケースノートを利用して訴訟活動を追跡し、最新情報を確認し、重要な情報にアクセスすることで、関与している各訴訟の状況を常に把握することができる。ケースノートは、自分がこれまで関与してこなかった進行中の訴訟を理解する際にも重要な役割を担う。高性能な訴訟管理システムでは通常、ケースノートを論理的なカテゴリーに分類して保存、修正、追加することができるので、目的のものを簡単に見つけることができる。
  • クライアント管理:各クライアントについてデータベースエントリを追加し、クライアントの重要なデータを保存する。訴訟クライアントのデータ収集には、連絡先情報、特定の訴訟に関する情報、法律事務所とクライアント間のすべてのコミュニケーションなどが含まれる。これによって、法律の専門家がクライアントへの対応を前回の続きから始めたり、過去の電子メールや他のコミュニケーション手段で収集した情報にアクセスしたりすることが容易になる。他の法律事務所やそこに勤める法律の専門家のデータベースエントリを追加することもできる。これはコラボレーションが必要な状況に役立つ。
  • 文書管理:文書の一元管理機能を使って、文書を作成、保存、管理する。これには、訴訟関連文書、特定のクライアントに関する文書、個人または組織との契約、財務文書などが含まれる。高性能なソリューションには、文書を分類したり、キーワードを割り当てたりするツールが備わっているため、必要な時に目的の文書を簡単に見つけることができる。全文検索機能を備えたソリューションもあり、データベースに保存されたすべての文書の中から特定の単語や句を検索することができる。
  • 請求処理:クライアントへの請求額を計算し、請求書を生成してクライアントに送付する。クライアントは請求書を受け取り、利用したサービスの料金を支払うことができる。クライアントと法律事務所間での財務トランザクションに関連するほぼすべての情報を1か所で管理できる。過去の請求書と請求情報にもアクセスできる。これは会社の財務を管理するうえで重要となる場合がある。高性能なソフトウェアパッケージには、提供したサービス、特定の訴訟に費やした時間、法律サービスの規定料金に基づいた請求書の自動生成ツールが含まれている。請求可能な活動と作業をソフトウェア内で定義することで、このような自動化が可能になる。
  • カレンダー管理:業務カレンダーを更新すると、法律事務所の重要な日付のすべてが強調表示される。具体的には、クライアントとの予約、訴訟業務に関するその他の会議のスケジューリングにカレンダー管理機能を使用できる。組み込みカレンダーツールでは修正を行うことができるので、変更された予約を追跡したり、キャンセルされた予約を削除したりできる。多くのソリューションには通知機能があり、ソフトウェアを使用していない時でも、スケジュールされた活動が近づいたらユーザーにアラートが送信される。
  • クライアントポータル:クライアントにアプリケーション内の専用スペースを提供し、クライアントが自身のデータへのアクセス、訴訟に関する情報の閲覧、過去のコミュニケーションの照会ができるようにする。クライアントポータルでは、カレンダーを提供して、クライアントが予約や重要な日付を把握できるようにしたり、財務関連情報を提供して、請求書へのアクセスや支払いの実行を可能にしたりできる。このような方法でクライアントが法律事務所とやりとりすることで、コミュニケーションを強化できる。クライアント側の直接関与しているという気持ちが強くなるため、連携しやすくなる。
  • タスク管理:実行する必要がある個々のタスクや活動を計画し、スケジュールして、そのステータスを更新する。各タスクを定義し、それを毎日の実行可能な活動に分割することもできる。タスクのステータスを更新し、そのステータスをすべての権限ユーザーに表示することもできる。このような機能は、進捗状況を確認する必要のあるシニアスタッフに有用だが、複数の従業員が同じタスクプールにアクセスする法律事務所でも重要となる場合がある。ハイエンドのソリューションには、法律の専門家がタスクの優先順位を設定して、重要なタスクや時間の制約があるタスクから実行されるようにするツールが備わっていることがある。この機能により、弁護士とパラリーガルが効率よく時間を使い、締め切りを逃さないようにできる。
  • 時間管理:各訴訟にかかる時間や、ある訴訟に関する特定のタスクにかかる時間を監視する。法律専門分野の従事者にとって、時間管理機能にはさまざまなメリットがある。まず、弁護士やパラリーガル、法律事務所が、長い時間を費やしている訴訟や、各訴訟にかかっている時間を把握できるようになる。これと関連して、時間管理機能は、請求可能な業務時間数を計算し、正確な請求書を送付するためにも不可欠である。そのため、時間管理機能は、この種のソフトウェアパッケージの多くで費用追跡機能としての役割も果たしている。

キャプテラの訴訟管理システムのディレクトリでは、ソフトウェアの特定の機能を基に、選択肢を迅速かつ簡単に並べ替えることができます。購入者は、必要のない選択肢を除外して、不可欠な機能を提供するソフトウェアのみを検索することができます。

訴訟管理システムの購入時に考慮すべき点は?

特定のニーズに最適なソリューションを見つけるために、訴訟管理システムの購入の際に購入者が考慮、検討すべき点があります。訴訟管理システムには多くの共通機能がありますが、まず理解しておくべき点は、それらの機能の対象ユーザー、設計目的、レベルが大きく異なるということです。最適なソフトウェアパッケージを見つけるためには、次のような質問に答えてみるといいでしょう。

  • 訴訟管理システムにかかるコストは?

ソフトウェアを購入するときは、料金を検討する必要があります。法律事務所も他の組織と同様に、予算内で業務を行う必要があります。さらに、料金を考慮するべきであるものの、意思決定者は包括的に考えて、関心のあるソリューションの全体的なコストを考える必要があります。具体的に言うと、ソフトウェアの取得、導入、運用に関する総コストについて考えることが不可欠です。これには、従業員の研修、技術サポート、ソフトウェアの更新に関連するコストも含まれます。コストの問題はさらに広い視点から検討する必要もあります。購入の最終判断は、ソフトウェアの内容とコストの比較評価に基づいて行う必要があります。高価なソリューションの方が安価な選択肢よりも明らかに有益であるならば、そのソリューションに投資する価値があるでしょう。同様に、一部の機能を省いたり、機能レベルを下げたりして、手頃な料金のソリューションを購入した方が有益な場合もあります。

  • 訴訟管理システムに不可欠な機能とは?

次に、購入者はその訴訟管理システムに不可欠な機能を考慮する必要があります。ほとんどの選択肢で、主要な機能は類似しています。しかし、すべての法律事務所、法務部、法律の専門家にとって、優先事項や不可欠な機能が同じであるわけではありません。そのため、購入者は自分にとって特に必要な機能について考え、最適なソリューションを探す必要があります。客観的に見て優れているソリューションであっても、その機能の多くを自分が実際に使用しないと思うなら、そのソリューションは除外するということです。

  • 最適な導入オプションは?

市場のさまざまな訴訟管理システムを検討してみると、システムを導入する方法としては主に2つのオプションがあります。オンプレミスでの導入の場合は、ソフトウェアライセンスを購入し、会社のシステムにソフトウェアをインストールします。このオプションでは、初期費用は高くなりますが、長期コストは低くなる可能性があります。また、自分で管理しているという感覚が強くなります。しかし、会社にはデータ処理とその安全性に対する責任が生じます。それに代わる方法がクラウドベースでの導入です。この場合、サードパーティサービスプロバイダーがソフトウェアの導入に責任を持ち、安全にデータを保管するためにクラウドインフラストラクチャを使用します。このオプションの場合は、初期費用が極めて低く、データセキュリティ面での利点があります。ほとんどの場合、インターネット対応デバイスを使用して、世界中どこからでもリモートでソフトウェアにアクセスすることができます。しかし、ほとんどの場合に月間または年間のサブスクリプション料金を支払うことになり、長期コストが高くなる可能性があります。そのため、購入者はこの2つの導入方法の長所と短所を比較して、どちらがニーズ、予算、インフラストラクチャ、広範な戦略目標に適しているかを検討する必要があります。

  • 訴訟管理システムと他のソフトウェアとの連携は可能か?

最後に、そのソリューションが他のソフトウェアパッケージと連携できるかについても時間を割いて検討する必要があります。具体的には、候補のシステムと既存のソリューションとの間に互換性があるかを検討します。高性能なソリューションには、サードパーティ製のカレンダーアプリケーション、データベースソフト、時間管理アプリケーション、タスク管理ツール、CRMソリューションとの連携オプションがあります。このような連携により、アプリケーション間でのデータの一貫性を維持し、データの不要な重複を避けることができます。連携によって、時間と労力を大幅に節約できます。訴訟管理システムを単独で使用する場合よりも多くの業務タスクを実行できるため、生産性が向上します。

訴訟管理システムに関する重要なトレンドは?

購入について判断する前に、訴訟管理システムに関する重要なトレンドと、この分野における全般的なトレンドについて把握しておくことも重要です。トレンドを理解しておくことで、購入を判断するための基盤が整います。購入者は、ソフトウェアが現在の法的状況の認識を念頭に設計されていることを知っておく必要があるからです。さらに、ソフトウェア開発者が重要なトレンドを計算に入れて作成したツールは、その有用性が長期間にわたって維持されます。これは組織の将来性を確保するためにも不可欠です。この点を考慮したうえで、訴訟管理システムに関連する重要なトレンドをいくつか紹介します。

  • 人工知能の改良:訴訟管理システムを検討するときに注意すべき最大のトレンドに、最近の人工知能 (AI) テクノロジーの改良があります。さまざまなソフトウェアカテゴリーで、かつて人間が行う必要があった複雑なタスクの実行に、AIが使用されるようになっています。訴訟管理システムにも、電子情報開示、契約更新、分析など、AIを活用したさまざまなタスクとプロセスがあり、法律事務所がトレンドやパフォーマンスを把握するうえで役立っています。購入者には、AIを最大限に活用するソリューションに投資できるように、このテクノロジーの利用方法や利点を認識したうえで選択肢を検討することが推奨されます。
  • 電子サインの増加:広い地域を対象として、すべてをオンラインで運営するビジネスが増えているため、紙ベースの契約書と実際の署名による法的文書に頼り切ることはできなくなっています。電子サインは、英国、ヨーロッパ大陸、北米など、世界の多くの地域で物理的な署名と同様に有効であると見なされています。法律事務所が使用するソフトウェアも、紙ベースの業務が減少傾向にあることを認識したうえで設計される必要があります。実際に、電子サインによって文書作成の所要時間を大幅に削減できることが調査で明らかになっていることから、電子サインはできるだけ取り入れることを推奨します。そうすることで、取引が迅速に完了し、訴訟が速く進み、全体の効率が向上します。
  • ハイブリッドワークモデルとリモートワークモデル:電子コミュニケーション、特に動画コミュニケーションテクノロジーの改良と、クラウドベースでのソフトウェア導入の増加により、リモートワークモデルとハイブリッドワークモデルを実現できる可能性が高まっています。これらのワークモデルの採用は新型コロナウイルスのパンデミックによって大幅に加速し、企業は引き続き、その利点を最大限に活用しています。必然的に、法律事務所や法律の専門家も、このようなワークモデルを促進するように設計されたソフトウェアソリューションに投資する必要があります。訴訟管理システムにおけるリモートアクセスは、ハイブリッドワークモデルやリモートワークモデルを活用する法律事務所にとって不可欠になります。モバイルアクセスも非常に有益でしょう。

出典:

ここで紹介した機能は、個々の関連性、ソフトウェアを提供するキャプテラのディレクトリにおける製品の割合に基づいて識別されています。この文書では、次の出典からの情報を掲載しています。

  1. Legal Case Management Software (訴訟管理システムお役立ちガイド) - キャプテラUK (アクセス日:2022年2月27日)

  2. On-premise vs cloud: which option is better for your company? (オンプレミス対クラウド:会社にとってどちらのオプションが適切か) - キャプテラUKブログ (アクセス日:2022年2月27日)

  3. Why Digital Signatures Should Be Used In Every Legal Department (すべての法務部で電子サインを使用すべき理由) - キャプテラブログ (アクセス日:2022年2月27日)