キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

イベント管理ツール

イベント管理ツールでは、イベントのマーケティング、登録、調整、スケジューリングを自動化できます。プランナーは、イベント管理アプリケーションを使用して、マーケティング、出席者登録、バッジ作成、カレンダー作成、会場の空間管理など、会議やイベントのプランニングとプロセスを管理できます。このタイプのアプリケーションには、オンライン登録、コンテンツ配信、参加費の支払いを始めとするイベント参加者向けのさまざまなセルフサービス機能もあります。イベント管理ツールは、登録ソフトウェアと発券ソフトウェアに関連付けられています。

日本 日本製品のみ表示

69件の結果

CRM、予約、登録、モバイル、Webサイト、レポート、財務ツールを備えた世界をリードするイベント・ソフトウェア・ソリューションです。 Momentus Technologies (formerly Ungerboeck)の製品詳細
Ungerboeckは、数百万ものイベントを企画する何千社もの企業から信頼されている、世界的なイベント・ソフトウェアです。世界50カ国以上に存在するUngerboeckのユーザーには、世界の主要な展示会、素晴らしいパフォーミング・アート会場、グローバル・コンベンション・センター、世界でも多くの人々が訪れる博物館、プロ・スポーツ競技場などのイベントおよび会場が含まれます。CRM、予約、登録、モバイル、Webサイト、財務レポートを含むイベントおよび会場管理ソフトウェア・ソリューションを提供しています。 Momentus Technologies (formerly Ungerboeck)の製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
LineUprは、モバイル・イベント・アプリを作成するための非常にシンプルな自作 (DIY) ツールです。今すぐ開始して、さまざまな機能を搭載したアプリを数分で開発しましょう。 LineUprの製品詳細
LineUprは、会議、年次会議、サミットなどのモバイル・イベント・アプリを作成するための最速のプラットフォームです。数分でアプリを作成し、すぐに公開できます。コーディングやデザインのスキルは必要ありません。アジェンダ、講演者、スポンサーについて伝えることができます。アンケートを使用して、貴重なイベント・データやライブ・アンケートをキャプチャし、参加者のエンゲージメントを促進します。LineUprは、大企業から地域の非営利団体まで、5,000を超える事業者に信頼されています。公式Webサイトにアクセスして、無料でLineUprをお試しください。 LineUprの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
望みどおりの素晴らしいWebサイトを無料で作成しましょう。
Wix Webサイト・ビルダーを使用して、素晴らしいプロフェッショナルなWebサイトを無料で作成しましょう。サイトを構築する方法には、Wix人工知能、Wixエディター、Wixコードがあります。初めてサイトを作成する場合でも慣れているプロでも、問題ありません。 Wix ADIは、プロフェッショナルなテキストや画像など、ユニークなサイトを構築できます。Wix Editorは、自由なデザインを可能にする高度な機能と、簡単なドラッグドロップを提供します。また、Wix Codeを使用すると、最先端のWebサイトとWebアプリを作成できます。 Wixの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
世界最大規模の参加者ネットワークに向けてイベントの計画、作成、管理、宣伝を行えるイベントのチケット発行およびマーケティング用プラットフォーム。
Eventbriteは、イベント主催者によるイベントの作成、管理、宣伝を支援する世界最大規模のイベントチケット発行およびマーケティングプラットフォームです。コンサートからフェス、コミュニティイベントや、カンファレンスまで、Eventbriteでは180か国で数百万ものイベントをサポートし、ユニークな活動を探している8,300万人以上のネットワークにアクセスできるようにしています。使いやすいチケット発行ソリューションだけでなく、イベント管理やマーケティング用のツールで、チケット販売、コミュニティの拡大、収益の向上を支援します。 Eventbriteの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
monday.comを使用すると、チームは単一の柔軟かつコーディング不要のプラットフォームで、登録からフィードバックまで今後のイベントのあらゆる側面をオーケストレーションすることができます。
monday.comはドラッグ・アンド・ドロップ式のオープン・プラットフォームを採用しています。マーケティング・チームは柔軟なコーディング不要のプラットフォーム上でツールを構築し、イベントを管理することができます。予算管理、ベンダー、運営管理、キャンペーン管理、イベント・プロモーションを単一の便利な場所で確認することができます。また、何を優先すべきかを全員が正確に把握できるように、各従業員に仕事を割り当てます。イベント前の登録からイベント後のフィードバックまで、組織は会議、会社のイベント、ウェビナーをリアルタイムでモニタリングすることができます。 monday.comの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
Wrikeは、テンプレート、ガントチャート、校正ツール、レポートなどの機能を備えたイベント管理用のソフトウェアソリューションです。
Wrikeは、全世界で200万人以上が利用するイベント管理ソフトウェアです。イベント管理テンプレートでプロセスを開始し、メンバーにタスクを割り当てられます。柔軟なガントチャートは、プロジェクトタイムラインの作成に加え、日程の修正もドラッグアンドドロップ式ビルダーであっという間です。デジタルアセットへのフィードバックの直接追加や、直感的な校正ツールによる承認の迅速化も可能。カスタムレポートでキャンペーンパフォーマンスをトラッキングし、成果を分析できるWrikeで、仕事を効率化しましょう。 Wrikeの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
GoTo Webinarは毎年数百万件ものウェビナーをサポートし、現在はGoTo Connectの一部となっているオールインワンの中小企業向けコミュニケーションソフトウェアです。
GoTo Webinarは他のどんなオンラインウェビナー・ソリューションよりも多くの顧客に信頼されており、毎年数百万件ものウェビナーをサポートしています。マーケティング、研修、企業コミュニケーションなど、どのような目的に使用するウェビナーであっても、GoTo Webinarなら非常にシンプルな使い心地の信頼できるテクノロジーでウェビナーを再び楽しいものにできます。オーディエンスを惹きつけ、ビジネスを推進する個人的な繋がりを生み出すために必要な機能、統合、分析があります。 GoTo Webinarの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
対面式およびバーチャルまたはハイブリッドのイベント向けのイベントアプリ、イベント登録、イベントマーケティング、イベント管理を備えたクラウドベースのソフトウェア。
Whovaは、受賞歴のあるイベントアプリ、効率的なオンライン登録、強力なイベントマーケティング、時間を節約するイベント管理ツールで構成される、オールインワンのイベント管理ソリューションです。 Whovaは5年連続でイベントテクノロジー賞を受賞しています。アメリカン・エキスプレス、マイクロソフト、ヒルトン、レゴ、IKEA、ロレアル、アメリカン・マーケティング協会、ハーバード大学、NASAなど、100カ国以上のあらゆる組織で、30,000以上の対面式およびバーチャルまたはハイブリッドのイベントを開催しています。 Whovaの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
Airtableは、素晴らしいスプレッドシート・インタフェースで誰でも使うことができるデータベースです。
Airtableは、我々にとってはリレーショナル・データベースです。誰でも使用できるスプレッドシートのようなインタフェース、リアルタイムのコラボレーション、ファイル添付やレポートなどの豊富な機能を備えたAirtableは、非常に使いやすい最新のデータベースです。 Airtableの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
資産追跡のニーズに合わせた資産ライフサイクル管理ソフトウェアです。減価償却、バーコードなどにも対応します。無料で試すことができます。
この優れた資産ライフサイクル管理ソフトウェアなら、POの作成、サービスのスケジュール設定、ベンダーの管理が簡単に行えます。簡単な減価償却管理やカスタム・レポートで、十分に情報を得た上での経営判断を支援します。モバイルアプリを使えば、RFID、バーコード、QRコードのスキャンが可能で、規制機関にも対応できます。場所やメンテナンスの履歴管理は、固定資産管理に必須の機能です。また、ZendeskやJiraとも統合できます。無料で試すことができます。 EZOfficeInventoryの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
開始から終了まで、イベントのライフサイクル全体 (対面およびバーチャル) を扱う、イベント・マーケティングおよび管理プラットフォームです。
Cventは、イベント・ライフサイクルの各段階の管理を簡素化するのに役立つ優れたテクノロジーを提供し、その価値を最大化するために必要なデータとインサイトを提供します。対面、バーチャル、ハイブリッドのいずれのイベントでも、サプライヤーの検索、オーディエンスのエンゲージメント、スポンサーの価値の最大化、重要なイベント・データの取得など、必要なあらゆる要素を1つのプラットフォームで行うことができます。 Cvent Event Managementの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
業務に必要なあらゆるツールを備えており、多くの企業が無料のイベント管理ソフトウェアとしてBitrix24を利用しています。
業務に必要なあらゆるツールを備えており、多くの企業が無料のイベント管理ソフトウェアとしてBitrix24を利用しています。まず、見積書や請求書の作成、メールの送信、ベンダーの管理ができるCRMと顧客管理モジュールがあります。次に、複数会場のスケジューリングや予約ができる共有カレンダーがあります。さらに、主催者が地上要員を管理するために使用するプロジェクト管理モジュールとタスクテンプレートがあります Bitrix24の製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
CRM、POS、Webサイト、Eコマース、販売、会計、在庫、人事、マーケティングなどを管理する統合アプリのオープンソース・スイートです。
Odooは、完全に統合されたカスタマイズ可能なオープンソース・ソフトウェアで、専門的な観点から開発された使いやすいビジネス・アプリケーションを搭載しています。Odooの直感的に利用できるデータベースは、CRM、販売、プロジェクト、製造、在庫、会計をはじめとする、大半のビジネスニーズを満たすことができます。Odooは、企業の規模 (または予算) に関わらず、あらゆる企業のニーズを満たすように開発された、オールインワンのソフトウェア・ソリューションです。 Odooの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
Slidoは、Q&A、投票、ブレイン・ストーミング、クイズ機能で、会社やチームの会議を最大限に活用できるようサポートします。
Slidoは、業界を牽引する視聴者交流プラットフォームです。Q&A、投票、クイズ機能により、対面、バーチャル、ハイブリッドを問わず、会社やチームの会議やイベントを最大限に活用するお手伝いをします。 Slidoは、一般的なビデオ会議やプレゼンテーションのプラットフォームと機能するため、Webex、Microsoft Teams、PowerPoint、Google Slidesとシームレスに統合します。 2012年の設立以来、Slidoは180万回以上使用されており、5,500万人以上のアクティブな参加者たちと関わっています。 Slidoの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
ON24は、クラウドベースのSaaSアプリケーションを通して、企業のコミュニケーションやデマンド・ジェネレーションに必要なデジタル体験とウェブキャストを提供します。
ON24は、企業がオーディエンスとどのように関わり合うかを再定義することを使命としています。インタラクティブでデータに富んだウェビナーやコンテンツ体験を提供することで、人々がより人間的なレベルでつながり、よりスマートなビジネス上の意思決定を行えるよう支援しています。マーケティング担当者は、ON24を通じてパーソナライズされたエンゲージメントをライブかつオンデマンドで作成し、そこから業務に役立つような実用的な情報を引き出すことができるようになります。10億分を超えるエンゲージメントから得られる情報をもとに、マーケティング担当者は、ON24で他のどのチャネルより多い収益を上げています。 ON24の製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
バーチャル、ハイブリッド、対面型イベント向けに完全にカスタマイズ可能なエンドツーエンドのイベント・テクノロジーです。
Socioはイベント管理プラットフォームです。Microsoft、Google、Nike、Comcast、Questex、Pinterest、Lessonly、ハーバード大学など、70カ国以上のクライアントのバーチャル、ハイブリッド、対面型イベントを支援しています。Socioはウェビナーではなく、イベント向けに作られています。ドラッグ・アンド・ドロップ・テクノロジーを使用して、登録、ストリーミング、エンゲージメント、スポンサーシップ、ネットワーキングを組み合わせてシームレスなイベント体験を実現します。 Webex Events (Formerly Socio)の製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
Airmeetは、インタラクティブなミートアップや会議を主催するためのオールインワンのイベント・プラットフォームです。このプラットフォームは、最大10万人の参加者をサポートします。
Airmeetは、参加者の満足度の高いバーチャル会議、ハイブリッド会議、ミートアップ、エキスポ、フェアを主催できるオールインワンのイベント・プラットフォームです。このプラットフォームでは、セッション・ステージ、ソーシャル・ラウンジ、レセプション、ブースなどのブランディングやカスタマイズを管理することができます。 ウォルマート、ボルボ、アクセンチュア、HackerRank、トロント大学を始めとする2,000以上のブランドが、世界中でAirmeetを利用して毎月何千ものイベントを開催しています。 Airmeetの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
登録と審査をオンラインで管理することができる、業界トップレベルの賞の主催者向けの賞管理ソフトウェアです。迅速かつ安全で、優れた体験を提供します。
Award Forceは、業界トップレベルのコンテスト主催者向けの受賞歴のあるソフトウェアです。賞への応募と審査をオンラインで管理することができます。性能と機能性を考慮して設計された製品です。高速かつ安全で、参加者、審査員、コンテスト・マネージャー向けに優れたエクスペリエンスを提供します。Award Forceにアップグレードすると、賞の発展、審査員の満足度向上、管理の手間とコストやストレスの削減、知名度と管理力の向上、優れたデザインによるコンテストの差別化、より優れた賞の実現を達成することができます。 Award Forceの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
Zoho Creatorは、業務の遂行に役立つモバイル対応のカスタム・アプリケーションを作成することができるローコード・アプリケーション開発プラットフォームおよびソフトウェアです。
Zoho Creatorは、専門知識がなくても、提供されるソフトウェアとツールを使ってカスタム・アプリケーションを作成することができるローコード・アプリケーション開発プラットフォームです。 ビジネス・プロセスはここに一意で同じものはないため、すべてのビジネス・プロセスを解決する単一のソフトウェアは存在しません。これが、世界の700万人のユーザーが独自のビジネス・プロセスを管理するために600万ものカスタム・アプリケーションを構築している理由です。ケース・タディを参照してください。 Zoho Creatorの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
Hubiloは、エンゲージメントとイベント・エクセレンスを実現するために構築された仮想およびハイブリッドのイベント・プラットフォームです。
Hubiloは、エンゲージメントとイベント・エクセレンスを実現するために構築された仮想およびハイブリッドのイベント・プラットフォームです。Hubiloの第一の使命は、エンゲージメントを推進し、より大きなビジネス成果を生み出すことです。徹底したブランド体験と、プロアクティブで常時対応可能なカスタマー・サクセス・チームとのエンゲージメントにより、Hubiloプラットフォームは対応するあらゆるイベントを成功へと導きます。 Hubiloの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
コミュニティの管理と成長を実現するシンプルで手頃な価格のオールインワン・ソフトウェア。
ToucanTechは、企業、学校、非営利団体が使用するコミュニティ・データベースおよびWebサイト・ソフトウェアです。シンプルで美しい1つのシステムは、通信、管理、データを1か所で管理する権限を関係機関に提供します。ソーシャル・メディアと同期し、CRM、分析、メール、支払い、ニュース、メンタリングなどが組み合わされた手頃な価格の柔軟なソリューション。 ToucanTechの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
受賞歴のあるイベント管理ソフトウェアを使用して、構想からフォローアップまで、イベントを1件でも数百件でも企画、宣伝、および実施することができます。
オンラインやオフラインでの大小のイベントを1件でも数百件でも、終始効率よく企画、宣伝、および実施することができます。 DeloitteやFacebookといった企業のように、業務を効率化しエンゲージメントを最大化する高性能ツールで、収益を増やし、時間を節約し、投資収益率を上げることができます。1か所で同期したデータを活用して、長続きする関係を築くことができます。 Glue Up (旧称EventBank) は、イベント・コミュニティを成長させるためのオール・イン・ワン・ソフトウェアです。 Glue Upの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
5万人以上のユーザーに対応可能な、人気のケータリングおよびイベント・プランニング用ソフトウェアです。さまざまなビジネスに適したソリューションです。
Catereaseは、人気のあるケータリングおよびイベント・プランニング・ソフトウェアです。あらゆる規模のイベント・プランナーとのコラボレーションにより設計されたCatereaseは、忙しい一日の仕事をシンプルにするために必要な機能を提供します。この強力なプログラムを使用すると、生産性を向上させ、コストのかかるミスを防止し、貴重な時間とコストを節約することができます。直感的で使いやすい製品です。Catereaseは、誰もが認める製品です。Catereaseは優れた結果を提供します。 Catereaseの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
ユーザーのドメイン名の背後で目立たずに稼働する非常に優れたAMS。常にメンバーシップのことを念頭に置いて開発され、完全にカスタマイズ可能で堅牢なソフトウェア。
世界各地の非営利組織、団体、非政府組織 (NGO) 向けのクラウドベースのオープンソース、SaaS、コミュニティベースのソリューションです。会員管理、イベントの参加登録、寄付管理などの機能を備えた高度なアソシエーション管理ソフトウェア (AMS)。500を超えるサイト全体のコンテンツ固有のアクセス許可などのセキュリティ機能を備え、支部の管理やニュースレターの管理などをサポートする堅牢なソフトウェアと非常に強力でセキュアなWebベースのソフトウェア・プラットフォーム。先見性があり、責任をもって奉仕することを理解して、オープンな未来を求めているリーダーに最適です。 Tendenciの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理
VBO Ticketsは、チケット発行から登録までイベントのあらゆる側面を管理するための顧客独自のチケット発行ソリューションを提供します。
VBO Ticketsは、組織がイベント、チケット、利用者をオンラインで管理するために役立つ、強力で包括的なクラウドベースのチケット発行システムを提供します。ソリューションのセキュアに組み込まれた顧客独自のプラグインを通じて、利用者がWebサイトを離れることなくサイト上で直接販売できます。イベント、チケット、寄付、メンバーシップ、サブスクリプション、登録、商品、割引、カスタムレポートの作成と管理を大幅に効率化できます。このような全機能が内蔵の顧客関係管理 (CRM) と連携します。 VBO Ticketsの製品詳細

機能

  • ボランティア管理
  • 決済処理
  • メール・マーケティング
  • 出品物/ベンダー管理
  • 発券
  • SNSプロモーション
  • アンケートおよびフィードバック
  • スポンサー管理
  • カレンダー管理
  • 連絡先管理

イベント管理ツールのお役立ちガイド

イベント管理ツール

イベント管理ツールは、イベントプランナーなどが関連情報を保存、整理、管理するためのツールです。イベントや会議の計画には、イベント自体のマーケティングとスケジューリング、参加者やビジネスパートナーとのコミュニケーション、コラボレーションの推進、登録の管理、会場に関連するさまざまな事柄の調整など、異なるロジスティクスの要素が含まれます。イベント管理ツールを使用すると、主催者は必要な情報の収集、論理的な方法での保存、必要に応じたアクセスを実現できます。

この種のソフトウェアを有効活用すると、特定のイベントに参加する個人やグループに関する情報を取得し、保存することができます。取得され、保存される情報には、連絡先情報から参加者のステータス、飲食物の好み、スケジューリング情報まで、あらゆる内容が含まれます。こうした情報を取得することで、優れたイベントを簡単に計画し、主催することができます。

イベント管理ツールは、重要な情報の保存、修正、アクセスを実行するための単一のロケーションとして機能するだけでなく、イベント主催者にとって価値のあるコミュニケーションツールにもなります。つまり、会場スタッフ、ビジネスパートナー、サプライヤー、ゲストスピーカー、参加者、出展者との作業を調整するために適した場所となります。

イベント管理ツールと、イベントマーケティングソフトイベント予約システムなどのソリューションには、多くの共通する機能があります。また、イベント管理に関連するすべての局面をカバーするために、イベント管理ツールが、イベントチェックインソフトバーチャルイベントプラットフォームチケット発券システムなどのツールと併用されることがあります。

イベント管理ツールに含まれる機能は多種多様です。提供されるツールは、ソフトウェアが対象としているイベント企業の種類やイベントの規模、会場参加型のイベントやバーチャルイベントといった実施方法などによって異なります。ただし、市場に出回るほとんどのイベント管理ツールは、主要機能が類似しており、それらの機能に基づいてこのカテゴリーを定義することができます。通常、この種のソフトウェアでは次のことが実行できます。

  • 参加者、ベンダー、出展者、ビジネスパートナーなどに関する重要な情報を収集する。
  • チケット発券、イベントのスケジューリング、会場など、イベントのさまざまな局面を管理する。
  • イベントマーケティングキャンペーンの主要な局面の管理、イベントの宣伝、参加者の招待、売上の促進を行う。
  • 財務情報や主要な指標を追跡し、パフォーマンスのモニタリングと分析を実行する。

イベント管理ツールとは?

イベント管理ツールは、イベントプランナーによるイベントまたは会議のさまざまな局面の管理をサポートするため設計されたソフトウェアソリューションです。主な目的は、関連する情報をできるだけ1か所にまとめることです。ユーザーは情報を整理し、特定の情報を迅速に見つけられるようになります。これによりイベントプランナーはイベントを効率的に計画、準備、スケジューリング、宣伝、管理することができます。

高性能なイベント管理ツールを使用すると、イベントに参加するビジネスパートナーや参加者の連絡先情報、参加者の好み、ベンダー、出展者、ゲストスピーカーに関する情報、イベント自体のスケジューリング情報などを簡単に保存して管理できるようになります。こうした情報は論理的な方法で整理することができます。情報整理やデータ内検索といったオプションもあります。

イベント管理ツールは、イベントに関連するさまざまな個人やグループとのコミュニケーション、マーケティング資料の管理、重要業績評価指標の追跡にも活用することができます。これによりイベントプランナーはイベントの状況、財務的な影響、注力すべき点をよく把握できるようになります。つまり、イベント管理ツールアプリはイベントマーケティングを活用するイベントプランナーや企業にあらゆる便利なツールを提供する、オールインワンソリューションだと言えます。

イベント管理ツールの利点とは?

イベント管理ツールの主な利点は、イベントマーケティングを活用するイベントプランナーや企業が、重要な情報を1つの場所に保存、整理、管理できることです。イベント管理は複雑です。流動的な要素が多くあり、慎重に調整する必要があります。そのため、この種のソフトウェアソリューションを使用した場合の特定の具体的な利点を調べることが重要になります。ここでは、イベント管理ツールの利点について詳しく紹介します。

  • データの整理:イベント管理ツールを使用する主な利点の1つは、論理的にデータを整理できることです。特定の情報を探すことが容易になるとともに、トレンドを特定することもできるようになります。この種のソフトウェアが収集するデータには、参加者の連絡先情報や個人的な好みから、会場、ベンダー、機器に関する情報まで、あらゆる情報が含まれます。すべてのデータを1か所に保存すると、イベントのプランニングや管理のプロセスがとても容易になり、多くの局面を自動化することもできます。
  • 人材管理:イベント管理に欠かせないのが、人材管理です。これには、イベント参加者の把握、誰がいつどこにいるかといった情報の追跡、個人が下した個々の決定の理解などが含まれます。それを踏まえて、サービスの最適化、満足度の最大化、契約どおりのイベントの実施のために、このデータのすべてをイベント管理ツールで収集し、参加者、ベンダー、ビジネスパートナー、スポンサー、会場スタッフなどを効率的に管理することができます。
  • イベントプランニングの効率:イベント管理ツールでは、企業やイベントプランナーがプランニング活動の効率を高めることもできます。自動化すれば、自動化できない活動に時間を有効に活用することができます。ソフトウェアによる一元化の結果、複数のソフトウェアソリューションを切り替えずに、1か所から情報にアクセスできるようになります。

イベント管理ツールの機能とは?

イベント管理ツールの機能の主な目的は、ユーザーによるイベントや会議のプランニング、開催情報の管理を支援することです。情報整理のための機能が多く存在し、アクセス性を向上させ、論理的な方法で情報を整理できるようになっています。機能はソリューションによって異なりますが、多くのソフトウェアソリューションには以下の機能が含まれています。

  • 参加者管理:イベント参加者に関する情報の保存、修正、管理、アクセスを行う。これには、連絡先情報、詳しい個人情報、イベントでの参加者のアクセスレベル、VIPリストに含まれているかどうか、飲食物の好み、参加者が登録したセッションやアクティビティなど、あらゆるデータが含まれる。こうした情報すべてを1か所にまとめることは、イベントプランニングの観点から見ると価値が高い。個々の参加者に関する特定の情報を簡単に見つけることができるからである。また、参加者に関するデータを保存する機能を使用すると、イベントプランナーはトレンドを特定し、参加者の関心事、特定のセッションへの参加率、参加者が求める設備などについて正確に把握することもできる。
  • 出展者/ベンダー管理:展示、出展者、イベントに関与するベンダーについての情報をすべて管理する。展示や出展者の管理には、連絡先情報、ブーススペース、アクセスレベルなどの管理が含まれる。ベンダー管理には通常、技術者、ITスタッフ、清掃担当者、ケータリング業者など、イベントの開催を成功させるために必要なベンダーに関するデータの保存と維持が含まれる。重要な情報を出展者やベンダーに伝達し、過去のコミュニケーションにアクセスすることができるように、さまざまなコミュニケーションツールが備わっていることもある。
  • イベントのスケジューリング:イベントを計画し、カレンダーに追加し、すべての関連情報を管理する。効果的なイベントスケジューリングは、マーケティングの最適化、会場の利用可能情報の管理、計画したイベントの予算内実施に必要不可欠である。イベントプランナーは、計画しているイベントとその日時や、イベント期間に会場が利用できない状況にあるかどうかをカレンダーですばやく簡単に確認することができる。多くの高性能ツールは、通知機能を備え、外部カレンダーアプリケーションと連携することもできる。
  • メール配信:メール配信キャンペーンの主な局面を確認し、参加者、ベンダー、出展者、顧客、ビジネスパートナーとのコミュニケーションやコラボレーションの手段としてメールを活用することができる。イベント管理ツールに含まれるメール配信システムツールでは、カスタマイズ可能なメーリングリストを作成し、メールのメッセージにコールトゥアクション (行動喚起) を自動で挿入することができる。多くの場合、ソフトウェアはメールクライアントやマーケティングソフトウェアソリューションと連携できるため、イベントマーケティングを幅広いマーケティング戦略の一部として活用することができる。メール配信は個人や企業をイベントに直接招待するだけでなく、長期的な関係の確立やロイヤリティの醸成にも重要な役割を果たす。ロイヤリティの高い顧客は招待に応じる可能性が高くなるため、これは長期的には効果を得られる。
  • レポート/分析:レポート機能では、イベントのパフォーマンスに関連する主要な指標の追跡、イベントデータの分析、すべての情報へのアクセスを行うことができる。レポート作成は、計画したイベントの状況把握だけでなく、財務、リーチ、リードジェネレーション、売上への短期および長期の影響の評価にも不可欠である。また、分析ツールを使用すると、イベントプランナーや企業は過去のイベントのパフォーマンスの評価、異なるイベントのパフォーマンスの比較、イベントのソーシャルメディアでのリーチの把握、重要なトレンドの特定を行うことができる。イベントパフォーマンスを正確に理解することは、イベントマーケティング戦略を継続的に改善し、参加者が望む内容を提供するために必要である。高性能なイベント管理ツールでは、ダッシュボード機能を使用して、主要なパフォーマンス指標の自動追跡、オンデマンドのレポート生成、主要なデータへのアクセスができる。指標が下降した場合や、データに基づいてアクションが必要な場合に、ユーザーに通知するようにアラートを設定することもできる。
  • 予算管理/予測:予算内でイベントを実施することができるように、イベントに関連するすべての財務データをモニタリングする。イベント管理ツールソリューションには、予算コンポーネントが含まれていることが多い。経費を迅速に計算し、新しいアイデア、サービス、オファーに投入可能な金額についての情報をすばやく得ることができる。イベントプランナーは、財務状況を追跡し、過剰支出を防ぎ、予算の使い方や使うタイミングを根拠に基づいて賢く判断することができるようになる。また、クラス最高のソリューションには予測ツールがあり、イベントプランナーは先を見通すことができる。予測ツールでは、人工知能 (AI)、過去および現在の内部データ、関連性の高い外部データを活用して、将来のイベントに関して予測を立てることができる。これにより、ユーザーはイベントの収益、予定参加者数などを簡単に把握できるようになる。イベントプランナーは、この情報に基づいて、リーチ、収益、利益、売上を最大化し、他の重要なビジネス目標や目的を達成するためにイベントの最適な開催時期を判断できる。
  • イベント登録管理:イベント登録を管理し、参加に関する重要な情報にアクセスする。イベントソフトウェアの登録管理コンポーネントでは通常、イベントの参加登録者数、イベントの特定のセッションへの参加登録者数、チケット情報、ゲストのVIPステータスなどを確認できる。決済システムがある場合は、イベント管理者がチケット代金を受け取り、確認メールや領収書を送信し、キャンセルや返金依頼にも対応できる。

キャプテラのイベント管理ツールのディレクトリを使用すると、各パッケージに含まれている機能をすばやく簡単に確認することができます。さらに、搭載されている機能に基づいて、利用可能な選択肢をソートすることもできます。購入者は、重要な機能を含まない選択肢をすべて除外したり、重要な機能を含むソリューションを優先したりして、検索することができます。その結果、購入可能なソリューションを簡単に絞り込んで、効果が高いと思われるソリューションのみに注目することができます。

イベント管理ツールの購買時に考慮すべき点は?

イベント管理ツールを購入する際に、慎重に検討すべき重要な点がいくつかあります。この種のソフトウェアソリューションの検索プロセスにおいて、イベントプランナーや主催者が重視するべきなのは、特有のニーズに適したオプションを特定することです。つまり、ある個人や企業に適したソリューションが、別の個人や企業に最適なソリューションであるとは限らないことを知っておくべきです。そのために最適な方法は、一連の質問についてよく考えて、答えを出すことです。イベントプランナーが答える質問の例を以下に挙げます。

  • イベント管理ツールのコストは?

何を購入するにしても料金は重要な検討事項ですが、イベント管理ツールを探す場合は、他の製品よりも詳細に検討する必要があります。この種のソリューションに関心を持つイベントプランナー、イベント主催者、企業は、取得コストだけでなく、総所有コストや、継続的な運用コストも慎重に検討する必要があります。ソフトウェアを使用するために必要な初期費用やサブスクリプション料金は、総コストの一部でしかなく、広い視点から検討する必要があります。考慮すべき他のコストとしては、ソフトウェアを使用する従業員の研修コスト、データの保管コスト、ソフトウェアを最新状態に維持するためのコスト、技術的な問題が発生した場合にサポートを利用するコストなどがあります。

  • イベント管理ツールと他のソリューションとの連携は可能か?

高性能なイベント管理ツールは、イベントプランニングを目的とした包括的なソリューションとして機能します。個人や企業が使用する唯一のソリューションとなることは考えにくいため、連携が必要になります。特に、チケット発券システム、イベント登録システムソフトウェア、イベントマーケティングアプリ、会場管理システムツールなどの関連ツールと連携できれば有益です。データベースアプリ、スプレッドシートツール、ワードプロセッサなどの類似アプリケーションと連携できることが理想的です。これにより、組織全体でデータを最新に保ち、互換性の問題を最小化できるからです。顧客関係管理 (CRMツール) ソリューションとの連携により、企業は参加者やビジネスパートナーとのコミュニケーションを改善することもできます。

  • 最適な導入オプションは?

ソフトウェアの導入には、主に2つのオプションがあります。オンプレミスでの導入と、クラウドベースでの導入です。オンプレミスはより確立された方法です。購入者はソフトウェアライセンスを取得し、自社システムにソフトウェアをインストールして、関連データを管理します。クラウドベースでの導入は通常、ソフトウェアアズアサービス (SaaS) として提供されます。サードパーティのサービスプロバイダーがソフトウェアを所有、配信、管理し、支払いはサブスクリプションベースになります。オンプレミスの場合、個人の責任や管理の負担は大きくなりますが、長期コストは減ります。一方、クラウドベースでの導入にも利点があります。ソフトウェアをリモートで導入するため、リモートワーカーのいる企業に適しています。クラウドベースのストレージは、データにアクセスする必要があるすべてのユーザーに対して最新データを維持できます。さらに、セキュリティや互換性の面でも利点があります。データは専門企業によって管理され、さまざまなデバイスでソフトウェアにアクセスすることができます。ただし、初期コストは非常に安く済む一方で、長期コストは大幅に増える可能性があります。そのため、購入者は自社のニーズを満たすためにはどちらの導入方法が適しているかを検討する必要があります。

  • 含まれているイベントマーケティングオプションやツールは?

イベント管理の主要な目的は、参加者、ベンダー、出展者にイベントを認知してもらい、参加してもらうために、イベントを宣伝することです。そのため、購入者はさまざまなイベント管理ツールソリューションに含まれるマーケティングオプションやツールを検討する必要があります。たとえば、メール配信システムツールを搭載したソフトウェアパッケージや、SNSマーケティングに重点を置いたパッケージがあります。これは、SNSで幅広くリーチできるイベント企業やビジネスにとって非常に重要です。購入者はマーケティング戦略や、必要なツールについて検討し、それらのツールをイベント管理ツールから直接使う必要があるかどうかを時間をかけて考える必要があります。そうすることで、選択肢を絞り込み、適切なソリューションを見つけることができるようになります。

イベント管理ツールに関する重要なトレンドは?

購入を決定する前に、イベント管理ツールに関するトレンドも理解しておく必要があります。購入者は、取得するソフトウェアがイベント業界の変化を考慮して構築されていることを確認する必要があります。そうすれば、短期的ではなく、長期的に活用することができます。イベント管理の業界とソフトウェアの重要なトレンドは以下のとおりです。

  • 持続可能なイベント管理:持続可能性は、ビジネス界だけでなく、生活のさまざま面でも重要な概念となりつつあります。人類が気候変動に及ぼす影響についての認識が高まっているからです。キャプテラの調査では、対象となった消費者のうち、企業が環境に配慮して行動することが重要だと回答した人は半数を超えました。プラスチックの使用を減らすことが重要だと回答した人は75%、企業が二酸化炭素排出を減らすことが重要だと回答した人は52%を占めました。持続可能性を重視するこのトレンドは、イベント管理業界にも影響を及ぼしており、企業はできるだけ持続可能かつ倫理的な方法でイベントを開催することを迫られています。注目すべき関連ソフトウェアのトレンドとしては、持続可能なイベント管理ツールやオプションの重視が挙げられます。これには、紙を使用せずに、ソフトウェアや企業アプリで資料を配信するオプションが含まれます。参加者、ベンダー、出展者が物理的に移動しなければならない会場ですべてのイベントやセッションを開催するのではなく、ビデオコミュニケーションツールを使用してバーチャルで開催することにより、二酸化炭素排出を削減することもできます。
  • AI技術の改善:人工知能 (AI) の信頼性は向上しており、より幅広く活用されるようになっています。イベント管理ツールで、マーケティングメッセージの自動送信、イベントパフォーマンスの自動予測、主要なパフォーマンス指標の自動収集などに対応できる可能性があります。AIと機械学習ツールの機能は、生産性を向上させるために重要となります。手作業や操作が必要なタスクのみを従業員が担うことで、生産性が向上します。そのため、購入者はAI機能を最大限に活用するソリューションを重視する必要があります。
  • ウェアラブルテクノロジーの進化:イベントプランナーはウェアラブルテクノロジーの導入の広がりを認識するだけでなく、このトレンドの活用計画を立てる必要があります。つまり、ウェアラブルテクノロジーに関連する機能を搭載したイベント管理ツールアプリを見つける必要があります。ウェアラブルテクノロジーとしては、スマートウォッチやフィットネストラッカーなどがあります。こうしたデバイスの多くには、イベントプランナーの役に立つロケーション追跡ツールが搭載されています。たとえば、ビーコンテクノロジーを使用すると、参加者がイベントの特定の場所に着いたときに特定のメッセージを送信することができます。あるいは、ゲストが到着した際にウェアラブルテクノロジーを搭載したデバイスを配付することで、アクティビティを追跡し、人が集まるイベント内の場所を把握し、効果的なタイミングでマーケティングメッセージを送信することができます。ウェアラブルデバイスとイベント管理ツールを組み合わせることで、イベントにスムーズに入場し、購入の際に非接触方式の支払いオプションを提供することもできます。

出典:

ここで紹介した機能は、個々の関連性、ソフトウェアを提供するキャプテラのディレクトリにおける製品の割合に基づいて識別されています。この文書では、次の出典からの情報を掲載しています。