キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

インターネットバンキングソフトウェア

インターネットバンキングソフトウェアを使用すると、金融機関や銀行の取引管理、監視、および管理を行うことができます。プライベート・バンクや相互資金管理者、およびその他の資産管理会社は、バンキング・システム・アプリケーションを使用して、フロント・オフィス・サービス、および顧客口座追跡、信用承認、財務会計、情報システム統合などのバック・オフィス機能を提供します。インターネットバンキングソフトウェアは、財務リスク・マネジメント・ソフトウェア、投資管理ソフトウェア、融資取組ソフトウェア、および融資サービス・ソフトウェアに関連付けられています。

注目のソフトウェア

最も多くレビューされているソフトウェア

インターネットバンキングソフトウェアカテゴリで、ユーザーによるレビューが最も多い製品をご確認ください。

19件の結果

Tipaltiでは、サプライヤーへの支払いにおいて6つの異なる支払い方法を使用して、120以上の通貨で196か国以上に送金することができます。 Tipaltiの詳細
Tipaltiでは、サプライヤーへの支払いにおいて6つの異なる支払い方法(米国ACH、国際ACH/eCheck、電信送金、PayPal、プリペイド・デビット・カード、小切手)を使用して、120以上の通貨で196か国以上に送金することができます。また、シームレスにプロセスに統合された早期支払いも利用可能なため、サプライヤーは早期に支払いを受け取ることができます。 Tipaltiの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
NOMADIXは、支店内のあらゆる場所でアドバイザリースタッフが取引を処理できるようにする、ユニバーサルなアソシエイト・ポータブルインタフェースです。 NOMADIXの詳細
NOMADIXなら、支店内での体験を変革できます。物理的な取引の障壁を取り除き、より小売りに優しい顧客との交流を生み出すことができます。NOMADIXでは、部門横断的な研修を受けたスタッフが、コアバンキングと直接統合する携帯端末上の簡素化された現金自動預払機のインタフェースを使用して、支店取引の大半を遂行できます。 NOMADIXの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
従来のコアプラットフォームとテクノロジーの統合を最新化して、クラウドとブラウザベースのアーキテクチャへの移行を実現できます。 S4+NORMの詳細
S4+ NORMは、現代のリテールバンキング体験に必要な、基礎的な統合ソフトウェアです。より薄く、仮想的な、さらにはクラウドベースの環境のためのアーキテクチャを提供し、ワークステーションへの依存をなくします。あらゆる現金自動受払のテクノロジーがユニバーサルに統合されたS4+NORMでは、取引ポイント (支店内のあらゆるハードウェア) をコアバンキングに直接接続する最も効率的な方法の作成が可能です。 S4+NORMの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
RTAを使用すると、現金を払い出す際にセキュリティを損なうことなく、支店内のどのワークステーションからでも取引を完了できます。 RTAの詳細
リモートトランザクションアシスト (RTA) は安全なキューシステムであり、すべての支店スタッフが任意のワークステーションから共有取引ポイント (キャッシュリサイクルATMやセルフサービスキオスクなど) で現金取引を処理することが可能です。RTAでは、現金のリクエストをキューに保存し、現金自動預払機に取り付けられた暗証番号 (PIN) パッドにリクエスト担当アソシエイトが一意の1回限りのPINを入力するまで資金の払い出しを行わないことで、セキュリティを強化しています。 RTAの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
CapitalBankerは、銀行の効率、顧客サービス、コンプライアンスの改善に役立つユーザー中心のWebデザインを提供するシステムです。 CapitalBankerの詳細
CapitalBankerは、銀行の効率、顧客サービス、コンプライアンスの改善に役立つユーザー中心のWebデザインを提供するシステムです。 CapitalBankerの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
対面、オンライン、および電話で行われる支払いの管理を支援する、ビジネス向けのクラウド・ベースのPOSソリューション。
対面、オンライン、および電話で行われる支払いの管理を支援する、ビジネス向けのクラウド・ベースのPOSソリューション。 authorize.netの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
銀行、信用組合、金融会社、社内融資担当者、非営利団体、政府機関などを含む、中小企業や大企業。
TurnKey Lenderのエンタープライズ・プラットフォームは、大規模な金融会社向けに設計されており、ビジネス・パフォーマンスを最適化します。TurnKey Lenderは、独自のAIを活用して、ローン・オリジネーション業務、承認の意思決定、ローン・サービシング、回収、デュー・デリジェンス、リスク分析など、融資ライフサイクル全体を自動化します。また、モジュール式のソリューションなので、必要な部分だけを自動化することもできます。 Turnkey Lenderの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
BankPointは、大規模な商業ローン・ポートフォリオを管理する銀行や貸金業者向けに設計された次世代の銀行管理システムです。
BankPointを利用すれば、コア・バンキング・システムの上に、金融機関の運営方法を劇的に改善および簡素化するシンプルでユーザーフレンドリーなソリューションを、シームレスにオーバーレイすることができます。先見性のある金融機関が、ローン・パイプライン管理、ローン・ポートフォリオ管理、コベナンツ追跡、ローン・レビュー、文書管理などの領域を改善するために、BankPointを採用している理由をご確認ください。 BankPointの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
非常にユーザーフレンドリーなオンライン・バンキング・ソフトウェアです。独自のブランディングで24時間以内にオンライン運営を開始できます。今すぐ無料デモにアクセスしましょう。
EBANQは、非常にユーザー・フレンドリーなホワイトラベルのオンライン・バンキング・ソフトウェア・アプリケーションです。銀行、ネオバンク、電子マネー機関 (EMI)、決済機関、送金会社、アセット・マネージャー、暗号通貨取引所、その他顧客口座を管理するあらゆる企業向けのターンキー・ソリューションです。AndroidとiOS用のモバイル・アプリを備えています。独自ブランドのオンライン・バンキング・プラットフォームを24時間以内に運営開始できます。 EBANQの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
Fraud.netは、金融サービス業界とデジタルコマース業界の企業向けの不正防止と不正検知のプラットフォームです。
コスト効率よく収益を増大し、不正を削減します。ガートナーの2021年オンライン不正検知マーケットガイドで表彰されたFraud.netは、金融サービス業界とデジタルコマース業界の企業向けのトップレベルの不正防止と不正検知のプラットフォームです。強力なSaaSソリューションはAIとディープラーニング、集合知、ルールベースの意思決定エンジン、ストリーミング分析を組み合わせることで、リアルタイムで不正検知をスケールアップできます。 Fraud.netの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
オンライン・バンキング・ソフトウェア・ソリューション – 世界をリードするオンライン・コア・バンキング・システム。
NexorONEは、堅牢なスケーラビリティと多様なモジュールにより、次のような幅広い金融機関にサービスを提供しています。オンラインおよび民間銀行、信用組合、eWallet、合同企業、および信託資産管理会社。40カ国で16の言語で使用されているNexorONEは、300以上の金融機関でデプロイされています。カスタマイズ可能なレスポンシブ・インタフェース、ユーザー・グループと管理者ロール、コンプライアンス・ルール (KYC、AMLなど)、API、および継続的な更新機能があります。 NexorONEの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
TIMVEROが提供するtimverroOSは、12倍の速さのインタラクションと20%の利益増を可能にする、最先端の融資オペレーティングシステムです。
TIMVEROが発表したtimveroOSは、現代のニーズに対応できる最新の融資オペレーティングシステムです。銀行がエンドツーエンドの信用ビジネスのワークフローを簡単に統合、カスタマイズできるように設計されています。高度な人工知能 (AI) 分析と金融エンジニアリングモジュールにより、測定可能な改善を推進することが可能です。このプラットフォームを使用すると、銀行は責任者の意思決定を12倍加速させ、平均融資利益を20%向上させることができます。timveroOSには、独自のソフトウェア開発キット (SDK) と管理者サイドの機能が備わっており、高度な適応とカスタマイズが可能です。 timveroOSの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
実績ある安全なクラウドベースのコアバンキングソフトウェアプラットフォームを使用して、新しい金融サービスを構築
Trusekは、次の機能を備えたエンドツーエンドの金融ソフトウェアソリューションです。 コアアカウント・バンキングプラットフォームで ユニークな多通貨口座を管理可能 接続ハブで新しい地域に進出して 決済ネットワークを構築可能 シングルポイントから、サードパーティ・サービスプロバイダーへ統合可能 複数の金融サービスプロバイダーと提携し、最小限の投資でサービス内容を拡大可能 完全な金融エコシステムとして機能 Trusekの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
統一されたバックオフィス・インタフェースと優れたオンライン・バンキング機能が真の多通貨銀行会計を提供します。
Cornicheは、民間銀行、オフショア銀行、およびローンと支払いに関与するその他金融機関の管理を目的に設計されており、統一されたバックオフィス・インタフェース、マーチャントおよびカード・サービス、支払インタフェース、および強力なCornicheオンライン・バンキング機能を備えた真の多通貨会計を提供します。通貨に制限なく複数のエンティティを管理する性能を備えています。Cornicheの設計パラメータは、中小規模の銀行や支店の管理に最適です。 Cornicheの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
Omnibancaは、デジタルチャネル、販売および卓越したユーザー・エクスペリエンス (UX) を提供するデジタルバンキングプラットフォームであり、オムニチャネルおよびセントラルクライアントです。
Omnibancaは、デジタル変革を加速する製品です。従来のデジタルチャネル、ウェブバンキング、モバイルバンキングの提供に加えて、ウォッチ、モノのインターネット (IoT)、オンボード、クレジットオリジネーション、製品販売などのデジタルチャネルも提供しています。 オムニチャネル、セントラルクライアントです。あらゆるレガシーシステムと統合することができ、強力なAPIマネージャー、多言語、通貨、会社が含まれています。 Omnibancaの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
電子マネー決済、複数通貨を管理するためのソフトウェア・スイートであり、仮想通貨もサポートしています。
Revogearは、電子マネー決済、複数通貨を管理するためのソフトウェア・スイートであり、仮想通貨もサポートしています。このシステムはeWalletに基づいており、多くの金融サービスを提供しています。民間の国際銀行、電子マネー機関、および決済サービス・プロバイダー機関を満足させることができるソフトウェアです。多様なモジュールを備えているため、このシステムを使用して特定のビジネス・ニーズに適応することもできます。 Revogearの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
金融機関向けのオムニチャネル (インターネット、モバイル、Webサービスなど) ソリューションです。
金融機関向けのオムニチャネル (インターネット、モバイル、Webサービスなど) ソリューションです。 BANKTRONの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
オーダー管理、ガン分析、戦略バックテスト、チャート取引でビジネスを支援する金融サービス・ソリューションです。
オーダー管理、ガン分析、戦略バックテスト、チャート取引でビジネスを支援する金融サービス・ソリューションです。 MotiveWaveの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理
PayNetのOmnichannel Banking Platformを使用すると、Webサイト、モバイルアプリ、支店、電話など、あらゆるチャネルでシームレスなインタラクションが可能になります。
PayNetのOmnichannel Banking Platformを使用すると、Webサイト、モバイルアプリ、支店、電話など、あらゆるチャネルでシームレスなインタラクションが可能になります。 Omni Channel Digital Banking Platformの詳細

機能

  • ATM管理
  • 貸出管理
  • 複数拠点
  • インターネット・バンキング
  • 証券管理
  • 取引のモニタリング
  • ポートフォリオ管理
  • 顧客アカウント
  • 多通貨
  • コンプライアンス管理
  • ドキュメント管理

インターネットバンキングソフトウェアのお役立ちガイド

インターネットバンキングソフトウェアは、コアバンキング・ソフトとも呼ばれ、銀行業界の商品やサービスを管理および提供するために使用されます。これらのソフトウェアの機能には、銀行間の各種のネットワークや資本市場と接続する機能も含まれます。また、記録の保持や取引の管理もこれらのソフトウェアの重要な機能です。このソフトウェアを使用する用途は、リテールバンキングと投資銀行でいくつか異なる場合もありますが、基本的な目的は同じです。

これらのソフトウェアの主な機能は、銀行顧客の口座取引を詳細に管理し、ATMやインターネットバンキングなどのさまざまな方法で実施される取引を追跡することです。投資銀行の場合、銀行は運用業務 (トレーディングデスク) 管理、投資の追跡、市場分析にこれらのソフトウェアが使用されます。

インターネットバンキングソフトウェアの主な利点は、多くの作業を自動化し、顧客がリモートから多様な操作を実行できるようにすることです。このソフトウェアは、口座のあるユーザーのデータを安全に保管し、必要なときにすばやくアクセスできるようにします。また、銀行などの金融機関のインフラストラクチャに組み入れると、モバイルバンキングやインターネットバンキングを利用する顧客に対する新商品を迅速に展開できるようになります。

インターネットバンキングソフトウェアは銀行業務で利用され、リテールバンキング、プライベートバンキング、コーポレートバンキング、および投資銀行以外で利用されることはほぼありません。ただし、インターネットバンキングソフトウェアは、投資管理ソフト経理リスクマネジメントソフトローンサービスソフトおよび貸付ローンシステムと関連性があります。

銀行業務には厳格な規制が課せられており、企業で問題が発生した場合には罰金が科せられるリスクもあります。そのため、これらのソフトウェアは顧客データの保存方法について厳しい基準を満たさなければなりません。搭載される機能はソフトウェアによって多少異なりますが、基本的な機能以外にも、通常は以下のような多くの機能が含まれます。

  • コンプライアンス管理機能を使用し、透明性を確保しながら、監査で参照できる全取引の完全な記録を保持できるようにし、銀行業務プロセスが関連する業界や政府の規制を遵守して実施されていることを保証します。
  • 詳細で最新かつ正確な顧客データのデータベースは、規制への対応から顧客とのコミュニケーションなどさまざまな用途で使用されるため、金融機関にとって極めて重要です。また、特定の顧客に提供する商品を決定するときにも、完全で最新の顧客情報が必要になります。
  • 取引などの顧客の行動をリアルタイムで監視し、過去の行動や口座のプロフィールと比較することで、詐欺や攻撃が疑われる行動を特定し、効果的な不正防止を可能にします。
  • 新規口座開設やリアルタイムでの取引記録、貸付金の利息計算や支払い処理の自動化を可能にします。
  • 顧客がモバイルバンキングやインターネットバンキングを通じてリモートで機能や商品を利用できるようにします。

インターネットバンキングソフトウェアとは?

インターネットバンキングソフトウェアは、バンキングプラットフォームのための包括的なソフトウェアベースのインフラとして機能するように設計されており、銀行などの金融機関が銀行間ネットワークや他の必要なシステムと接続できるようにします。顧客が自分の口座を操作して取引できるようにし、取引のための機能やそれらの操作に関連するバックエンドのデータ処理機能とストレージを提供します。また、顧客の行動をモニタリングし、顧客プロフィールと自動的に照合し、不審な行動を特定することも可能です。これらはすべて、金融機関の厳格な規制に準拠し、極めて安全なデータストレージ・システムを基盤に構築されています。

現在の銀行は、さまざまな銀行間ネットワークシステム、資本市場、信用機関などと通信する必要があり、大規模な相互接続が行われています。このような通信は、詐欺を防止するため、また個人情報に関するさまざまな消費者契約法を遵守するため、最も厳格なデジタルセキュリティプロトコルを使用して行われなければなりません。顧客とのやりとりが、支店での対面方式からオンラインやモバイルアプリケーションに移行しており、ソフトウェアで安全に通信することがさらに重要になっています。

これらのソフトウェアは、オンラインやモバイルバンキングの利便性を高めるだけでなく、利息計算や手数料の確認などの多くのタスクを自動化します。これらの機能により、銀行などの金融機関は特定の業務に人員を割く必要がなくなり、ワークフローの効率性と費用対効果を向上できます。また、インターネットバンキングソフトウェアを使用することで、ペーパーレス化を劇的に推進できます。顧客は、取引明細書などのデジタルデータを自動的に受け取ることができ、紙ベースのやりとりの必要性が軽減されるとともに、書類の作成に関する人による監視を最小限に抑えることができます。紙の書類が減るため、書類を保管するスペースを減らすことができます。

インターネットバンキングソフトウェアの利点とは?

インターネットバンキングソフトウェアの主な利点は、自動化とセキュリティ、そして顧客の利便性の向上です。銀行業務においてセキュリティは極めて重要であり、犯罪者は詐欺や窃盗の新たな手法を常に考案しています。セキュリティインシデントを防止することは、顧客と銀行の評判を守り、紛争の解決やテクニカルサポートにかかるコストを削減することにつながります。インターネットバンキングソフトウェアの利点には、以下のものがあります。

  • 複数の取引方法の提供:銀行業界は、顧客の利便性を向上するために長きにわたって取り組んできました。この業界ではソフトウェアを活用していくつもの取引方法を顧客に提供することで、さらなに利便性を向上しています。インターネットバンキングソフトウェアによって、顧客はオンライン、電話、モバイルバンキングアプリから取引できるようになります。銀行口座の利便性が高まると、顧客満足度も向上し、銀行に対する顧客ロイヤリティの向上にもつながります。また、物理的な支店の数や支店の業務が軽減され、運営にかかるコストも削減できます。

  • ペーパーレス化:銀行業務が実店舗からWebやモバイルアプリに移行することで、顧客は銀行とデジタルデータでやり取りすることになり、ペーパーレス化が推進されます。ペーパーレス化が推進されるほど、さまざまな経費を節減できます。節減できる経費には、紙の書類を作成するために必要な用紙や機器、物理的な書類のバックアップを保管するスペースも含まれます。ファイリングキャビネットの数を減らすことができるため、スペースを他の用途に利用できるようになり、これまで書類を保管していたスペースが完全に不要になる場合もあります。

  • ワークフローの自動化:一部の作業は依然として人によるモニタリングが必要ですが、これらのソフトウェアにより手間のかかる多くの作業を自動化できます。例えば、利息計算、顧客へのリマインダーやアラートの送信、不審な行動の特定など、さまざまな活動を自動化できます。自動決済の機能も、これまでは銀行の従業員が手動で行っていた作業を自動化したものです。人手不足を解消できるほか、手入力によるミスが発生するリスクを排除することで、サービスの信頼性を向上でき、ミスにより発生する問題への対応にかかる費用を節約できます。

  • 高度なデータ分析:これらのソフトウェアでは顧客の行動に関する多くのデータを収集してアクセスできるようになり、ユーザープロフィールを作成できます。これらのプロフィールは、商品やサービスのターゲティング広告や不正防止など、さまざまな用途に使用できます。不正防止の一般的な例として、顧客が住んでいる国とは異なる国で取引が行われた場合に、攻撃を疑うことなどが挙げられますが、より複雑な分析も可能になります。

  • 顧客との直接対話:上記でも簡単に説明しましたが、従来は実店舗やATMに出向く必要があった多くの操作を、これらのインターネットバンキングソフトウェアによってオンラインで処理できるようになりました。これらの操作には、残高確認、送金、支払いなどが含まれます。最近では、カードを紛失した場合のカード利用の一時停止とその解除もバンキングシステムで行うことができるようになっています。これらにより、銀行顧客の利便性と満足度を向上しながら、顧客の要望に応えるために必要な人員も削減できます。

  • サービス提供時間の拡大:多くのタスクが自動化されると、銀行の支店の銀行員がこれらのタスクを処理する必要がなくなります。このため、顧客は特定の操作をいつでも実行できるようになり、銀行はいくつかのサービスを24時間365日提供できるようになります。

インターネットバンキングソフトウェアの機能とは?

これらのソフトウェアは通常、いくつかのコア機能または多くの製品に見られる一般的な機能から構成されています。コア機能以外にも、一部の製品のみに搭載されている機能があります。また、高度な機能を利用するためにアップグレードパッケージが必要となる場合もあります。最も一般的なインターネットバンキングソフトウェアの機能を以下に紹介します。

  • 連絡先情報データベース:顧客データを保存する一元的なリポジトリを作成して維持することは、銀行業務の運営にとって不可欠ですが、インターネットバンキングソフトウェアによりリポジトリを簡単に作成して維持できるようになります。顧客データがデジタル化されるため、容易に保存でき、必要なときに簡単に調査および参照できるようになります。また、ニュースレターの配信などの顧客対応業務を自動化することも可能です。

  • 主要な銀行の機能:銀行が提供する主要な機能は、インターネットバンキングソフトウェアに含まれています。これらの主要な機能には、新規口座開設、リアルタイムの取引記録、支払い処理、利息計算などの機能があります。基本的に、インターネットバンキングソフトウェアで処理できない基本的な銀行サービスは、通貨を物理的に扱うサービスだけです。他のすべての主要な機能は、このソフトウェアで効率的に実行できます。

  • 取引のモニタリング:顧客へのあらゆる攻撃や顧客による誤操作について銀行が責任を負うわけではありませんが、顧客が詐欺の被害に遭わないようにする対策は、通常、費用対効果を考えても優れた取り組みになります。詐欺行為などを未然に防止するアプローチは、詐欺に対する顧客の認識を向上させ、詐欺に遭った顧客をサポートするためのコストも削減します。インターネットバンキングソフトウェアは通常、取引をモニタリングする機能を提供し、顧客の取引やその履歴、口座プロフィールを分析し、不審な行為を自動的に検出します。

  • インターネットバンキング:インターネットバンキングソフトウェアは、主要な銀行機能を提供するだけでなく、オンラインまたはモバイルバンキングアプリのプラットフォームから、顧客自身がいくつかもの操作を行えるようにします。口座残高の確認、支払い、口座間の送金など、さまざまな操作が可能になります。また通常、顧客はWebサイトやアプリから銀行の商品を申し込むことも可能になります。場合によっては、顧客のプロフィールに基づいてソフトウェアが自動的に申請を承認または拒否することも可能です。また、ソフトウェアが人間が申請内容を審査するように判断する場合もあります。

  • コンプライアンス状況の追跡:銀行などの金融機関は、保存するデータや取引の処理方法など、法的規制に関する厳格なルールを遵守しなければなりません。インターネットバンキングソフトウェアによって、ソフトウェアで処理する情報や操作が政府や業界の規制を満たすことを保証できます。

  • 複数通貨の資金管理:銀行業はグローバルな業界ですが、あらゆるビジネスのグローバル化が進んでいます。多くの個人や企業がグローバルにビジネスを展開する中で、銀行は複数通貨の資金を適切に取り扱わなければなりません。インターネットバンキングソフトウェアは、通貨換算の見積もりや手数料の適用など、複数通貨を管理するために必要な作業を管理します。

  • 顧客とのやりとり:インターネットバンキングソフトウェアによって、多くの顧客とのやり取りが可能になります。前述した口座取引の処理や残高確認などの主要な機能はもちろん、ライブチャットなどの顧客と連絡するための複数の手段も利用できるようになります。また、通常、利用規約の変更、手数料の通知、特別なキャンペーンなどのメッセージを顧客が受け取る受信トレイを設定できます。

  • 金融商品やサービスの開発機能:銀行業界は、他の銀行との業務の差別化が難しいため、自社独自の商品やサービスを提供しなければなりません。多くのインターネットバンキングソフトウェアは、迅速かつ簡単に新しい商品を作成し、顧客に展開できるように、金融商品やサービスを開発するための使いやすい機能を提供しています。

  • カスタマイズ可能なインターフェース:他社と差別化するために必要なもう一つの手法が、ブランディングです。インターネットバンキングソフトウェアは、銀行業界の多くの企業で使用されているため、銀行のブランディング戦略に合わせてソフトウェアのルックアンドフィールをカスタマイズする手段を提供しています。

インターネットバンキングソフトウェアの購入時に考慮すべき点は?

インターネットバンキングソフトウェアを購入するときには、さまざまな要素を慎重に検討しなければなりません。市場で利用可能な多くのインターネットバンキングソフトウェアのコア機能は共通していますが、それ以外の機能は大きく異なります。例えば、リテールバンク向けのソフトウェアと投資銀行向けのソフトウェア、コーポレートバンキング向けのソフトウェアの機能は大きく異なります。この分野のソフトウェアには、非常に専門的で、インターネットバンキングソフトウェアが通常提供している特定の機能に特化しているものがあります。最終的には、自社で必要とする機能が購入するソフトウェアに含まれているか、そして、それらの機能が購入可能な費用で提供されているかどうか最も重要な検討事項になります。以下に、インターネットバンキングソフトウェアを購入するときの具体的な注意点について説明します。

  • ソフトウェアは柔軟性に優れているか?

金融業界には厳格な規制が課せられており、インターネットバンキングソフトウェアには、規制の変更に柔軟に対応できることが求められます。多くの場合、規制が変更される場合、影響を受ける組織に十分な注意喚起と通告が行われますが、ソフトウェアの動作にも大きな影響をもたらす場合があります。このような変化に対応できる能力が、長期的には非常に重要となります。

  • ソフトウェアのデータセキュリティ対策は万全か?

サイバー犯罪や詐欺が巧妙化して蔓延する中で、顧客は銀行などの金融機関を利用するときに、これらの攻撃に対してどのような防止策が講じられているかを注視しています。銀行が保管する必要のある顧客データは、データ保護に関連する法律に従って安全に保管されなければなりません。さらに、顧客がアカウントにアクセスする際には、二要素認証や多要素認証が必要となります。また、送信されるデータが暗号化され、送信中に傍受され解読されないようにすることも重要な機能です。さらに、ネットワークトラフィックをフィルタリングし、悪意のあるアクティビティや不正なアクセスを防止する機能も備えている必要があります。

  • インターネットバンキングソフトウェアの主な機能は?

これらのソフトウェアが提供する機能は、製品によって大きく異なりますので、組織が選択するソフトウェアが自社のニーズを満たす適切な機能を備えていることを確認することが極めて重要です。自社に必要な機能を特定する一般的な方法は、業務形態(プライベートバンキング、リテールバンキング、コーポレートバンキング)を確認することです。これらの全てのコア機能を備えているソフトウェアは当然高価になりますので、リテールバンキング向けの機能のみが必要である場合、これらの3つ形態のバンキング機能を全て搭載しているソフトウェアを選択する意味はあまりないでしょう。同じように、これらの3つの形態の銀行業務のための機能が必要である場合、コーポレートバンキングのための機能しか搭載していないソフトウェアを選択するのは賢明ではありません。

  • インターネットバンキングソフトウェアのコストは?

金融機関の関係者にとって、ソフトウェアのコストが重要な検討事項であることは間違いないでしょう。現実的な予算で必要な機能を搭載するソフトウェアを見つけることが、資金を最大限に活用するために重要です。自社にとって重要でない機能を搭載していないソフトウェアを選択した方が、経済的に優れた判断になる場合もあります。同様に、多くの予算がある場合、絶対に必要というわけではないものの安価に利用できる複数の機能を搭載しているソリューションを選択する方が合理的な判断となる場合もあるでしょう。

  • 他のソフトウェアと互換性があるか?

すべてのインターネットバンキングソフトウェアがオールインワン型のソリューションというわけではありません。実際、多くのソリューションは、銀行の特定の機能に特化しています。これらのソフトウェアを購入するときには、選択したソリューションのインターフェースが必要な既存のソフトウェアと連携できることを確認することが大切です。また、既存のシステムで実行していたタスクも処理できるソフトウェアを購入し、これまで利用していたソフトウェアを廃棄した方が経済的に合理的になる場合もあります。

  • 自動化機能を提供しているか?

インターネットバンキングソフトウェアを使用してさまざまな作業を自動化できることは、これらのソフトウェアによってもたらされる最大のコスト削減の効果の一つです。ソフトウェアで自動化機能が利用できれば、これまで従業員が何時間もかけて実行していた作業を、時間をかけずに自動的に行うことができるようになります。また、検討しているソフトウェアが自動化できるタスクと、最もコストがかかっているタスクで自動化できるものを比較することも重要です。

  • ベンダーは充実したテクニカルサポートを提供しているか?

SaaSへの移行は多くの利点をもたらしますが、ソフトウェアを自社で所有および管理できなくなります。すべてが適切に稼働している場合には、問題な何もありませんが、何らかの不具合が生じた場合には、すぐに深刻な問題に発展する恐れがあります。ソフトウェアベンダーが充実したテクニカルサポートを提供しているか確認しておけば、深刻な問題を未然に防ぐことができます。

  • ソフトウェアはクラウドネイティブか?

インターネットバンキングソフトウェアは、多くのソフトウェアと同じように、オンプレミスへの展開からクラウドへ移行することが求められてきましたが、新しいソフトウェアを使用する場合には最初からクラウドネイティブなソフトウェアを利用することも検討しましょう。クラウドネイティブなソフトウェアは、より柔軟で俊敏であり、必要に応じてスケーリングできるため、一般的に費用対効果が高くなります。

インターネットバンキングソフトウェアに関する注目トレンドは?

注目すべきトレンドは多くありますが、最も重要なインターネットバンキングソフトウェアのトレンドは、クラウドネイティブ・アプリケーションとAIを活用したデータ解析の利用拡大です。今後も、特定のタスクを自動化するトレンドは継続し、テクノロジーの進化に伴って、顧客にさまざまな機能が提供されていくはずです。以下に、関連性の高いトレンドを詳しく紹介します。

  • 顧客が利用できる機能の増大と自動化:顧客が銀行業務を自律的に実行できるようになれば、利便性は高まります。また、これらの作業に割く人件費も削減できます。今後、インターネットバンキングソフトウェアは、口座や取引などを管理するより多くの方法を顧客に提供することを目指すことになるでしょう。これにより、顧客満足度の向上とコスト削減が期待できます。

  • AIを活用したデータ分析:AIは進化を続けていますが、データ分析の分野では既に貴重なツールとなっています。AIは、顧客データを分析し、そのプロフィールに基づいて商品を推奨したり、場合によっては商品やサービスへの申し込みを自動的に拒否または承認したりするためにも利用できます。AIは、人よりも安価に多くの分析能力を提供するだけではありません。データからより詳細な知見を引き出すこともできます。

  • サイバーセキュリティ:金融機関にとってサイバーセキュリティが重要な課題でなくなることは今後もないでしょう。新しいセキュリティ対策が今後も登場してくるはずですが、サイバー犯罪者も新しい手法を考案し、顧客を欺く新しい方法を見つけだすはずです。生体認証やブロックチェーンなどのテクノロジーが成熟し、顧客の口座を保護するための選択肢も進化していくと考えられます。ゼロトラストを取り入れることも、インターネットバンキングソフトウェアのセキュリティ対策として重要な要素になるでしょう。

  • 審査の自動化:一定の基準で顧客プロフィールを判断するインターネットバンキングソフトウェアの能力が信頼できるようになれば、クレジットカードの申請などの承認が自動化される方向に進むとことになると考えられます。人による監督が完全になくなることは、すぐにはありえないでしょう。しかし、さまざまなサービスへの膨大な申請に対する審査と承認業務については、自動化されたプロセスに引き継がれる可能性があります。これにより、この作業に必要な人手を削減できるだけでなく、これらの申請の審査と承認にかかる時間を大幅に短縮できます。人による監督が不要であれば、多くの申請が瞬時に終了することになります。

出典 ここで紹介した機能は、インターネットバンキングソフトウェアとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. キャプテラインターネットバンキングソフトウェアバイヤーズガイド (アクセス日:2022年4月30日、金曜日)
  2. TrustRadius Banking Software (TrustRadiusのバンキングソフトウェアのページ) (アクセス日:2022年4月30日、金曜日)
  3. ウィキペディアのインターネットバンキングソフトウェアのページ (アクセス日:2022年5月1日、金曜日)