キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

データベースソフト

データベースソフトとは、様々なデータを管理するためのソフトウェア。クラウド上でデータを保管・管理するので、探しているデータの検索が簡単だったり、複数人で同時にデータを編集することが可能となる。 通常は自動のバックアップ機能が搭載されているので、手動でデータを保存する必要がない。また、セキュリティ対策も手厚いデータベースソフトが多いので、大量のデータをクラウド上で安心して保管することができる。

日本 日本製品のみ表示

59件の結果

JetBrains DataGripは、SQLおよびさまざまなデータベースを1つのツールで操作するためのIDEです。 DataGripの製品詳細
JetBrains DataGripは、データベースおよびSQLを操作するための強力な統合開発環境 (IDE) です。クエリの書き込みと保存、ストアド・プロシージャの操作、データの表示、インポート、およびエクスポート、データベースで必要な作業を1つのツールで行えるように設計されています。PostgreSQL、MySQL、SQLサーバ、Oracle、MongoDB、その他多くのデータベースおよびデータ定義言語 (DDL) データ・ソースをサポートします。また、DataGripは、スマート・コーディング支援、オンザフライ分析、およびクイック修正により、コーディングの迅速化を支援します。 DataGripの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
日本 国内製品
エクセル利用者に最適なデータベースソフトです。電話と連動する機能があり顧客管理に有効です。(スタンドアロンとクラウド両方に対応、日本語のみ) Fullfreeの製品詳細
Fullfree(フルフリー)はエクセル利用者に最適なデータベースソフトです。計算式はエクセルと互換性がありエクセルと同じ関数を約100個サポートしています。帳票のテンプレートはエクセルで作成出来ます。エクセルよりデータ管理・共有に強く、階層構造や表と表との関連付け、ユーザー毎のアクセス権設定などをサポートしています。ご利用はスタンドアロンとクラウド両方に対応しています。クラウドで複数PCによる同時編集を行ってもスタンドアロン並の操作感を維持しています。無料版が有り、ダウンロードしてすぐ使えます。(Windows 7, 8, 10, 11 対応、日本語のみ) Fullfreeの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
法人顧客の場合、独自の業務要件や技術要件を満たすよう、複数のエディションから柔軟に選択することができます。
MySQL Enterprise Editionには、MySQLのスケーラビリティ、セキュリティ、信頼性、アップタイムが高い水準で実現できるよう、高度な機能、管理ツール、技術サポートがまとめられています。ビジネスクリティカルなMySQLアプリケーションの開発、展開、管理におけるリスクやコストを減らし、複雑さを軽減します。 MySQLの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Airtableは、素晴らしいスプレッドシート・インタフェースで誰でも使うことができるデータベースです。
Airtableは、我々にとってはリレーショナル・データベースです。誰でも使用できるスプレッドシートのようなインタフェース、リアルタイムのコラボレーション、ファイル添付やレポートなどの豊富な機能を備えたAirtableは、非常に使いやすい最新のデータベースです。 Airtableの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
拡張性のある次世代eコマースとラインオブビジネスソリューションを迅速に提供するための、データベースと分析機能です。
拡張性のある次世代eコマースとラインオブビジネスソリューションを迅速に提供するための、データベースと分析機能です。 Microsoft SQL Serverの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
GCPは、リレーショナル・ワークロードと非リレーショナル・ワークロードの全体で、幅広い管理データベース・サービスを提供します。
Google Cloud Platformは、リレーショナル・ワークロードと非リレーショナル・ワークロードにまたがり、幅広い管理データベース・サービスを提供します。Cloud Spannerは、エンタープライズ・グレードでグローバルに分散されている、一貫性の高いデータベース・サービスです。リレーショナル・データベース構造の利点と非リレーショナルの水平スケールを組み合わせるために、クラウドに構築されています。 Google Cloudの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
セキュアなデータ管理とトランザクション処理を実現する、エンタープライズグレードの優れたリレーショナル・データベースです。
Oracleデータベース・サービスおよび製品は、お客様のコストが最適化された高性能バージョンのOracle Database、世界をリードするコンバージド・マルチモデル・データベース管理システム、およびインメモリー、NoSQLおよびMySQLデータベースを提供します。Oracle Autonomous Databaseは、Oracle Cloud@CustomerまたはOracle Cloud Infrastructureを介してオンプレミスで利用でき、リレーショナル・データベース環境を簡略化し、管理ワークロードを削減できます。 Oracle Databaseの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Caspioは業界トップレベルのローコード・プラットフォームです。コードを書く必要なく、オンライン・データベース・アプリケーションを構築することができます。
Caspioは業界をリードするローコード・プラットフォームです。コーディングを実施する必要なく、オンライン・データベース・アプリケーションを構築することができます。このオールインワン・プラットフォームには、ビジネス・オペレーションとワークフローのデジタル変革に必要な機能が揃っています。この中には、統合されたクラウド・データベース、ビジュアル・アプリケーション・ビルダー、エンタープライズ・グレードのセキュリティ、規制コンプライアンス、拡張性の高いグローバル・インフラストラクチャが含まれます。Caspioが世界中の15,000社以上の企業に信頼されている理由をご覧ください。無料で試用できます。 Caspioの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Amazon RDS を利用すると、Aurora、MySQL、PostgreSQLなどのデータベースの設定や運用、拡張を簡単に行うことができます。
Amazon Relational Database Service (RDS) を利用すると、クラウド上でデータベースを設定、運用、拡張することができます。Amazon RDSは、ハードウェアのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ適用、バックアップなどの時間がかかる管理タスクを自動化しながら、コスト効率とサイズ変更可能なキャパシティーを提供します。これにより、アプリケーションに集中することができ、必要とされるパフォーマンスとセキュリティを実装できるようになります。Amazon RDSで利用可能なデータベース・エンジンは、Amazon Aurora、MySQL、PostgreSQL、MariaDB、Oracle Database、SQL Serverです。 Amazon RDSの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Claris FileMakerは優れたデータベースを提供します。あらゆるデバイスでスムーズに機能する優れたデータベースを作成することができます。
あらゆるデバイスやプラットフォーム上でスムーズに機能し、ビジネス・ニーズを管理できる、魅力的なデータベースを作成することができます。FileMakerを使用すると、連絡先の管理、在庫の追跡、プロジェクトの整理、組織全体の協力体制の改善を行うことができます。 組み込みのテンプレートを使用したり、すぐに使えるアプリをダウンロードしたり、1,400人以上の開発者ネットワークを利用したりして、カスタム・データベースを作成することができます。 5万社を超える大手企業から信頼されています。 Claris FileMakerの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
複雑なデータを独自の体系で保存、整理、分析、評価し、チーム・メンバーと共有することができます。
Ninoxでは、複雑なデータを独自の体系で保存および整理することができます。Ninoxは、あらゆる種類のデータを処理、分析、評価することができる高度にカスタマイズ可能なユーザー・インタフェースを備えています。NinoxのAPIを使用すれば、Googleを始めとするさまざまなサービスを統合することができます。 Ninoxはあらゆるプラットフォームで利用でき、macOS、iOS、Androidのネイティブ・アプリやWebブラウザからアクセスすることができます。 Ninoxの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Zoho Creatorは、業務の遂行に役立つモバイル対応のカスタム・アプリを作成できるオンライン・データベース管理ソフトウェアです。
Zoho Creatorでは、オンライン・データベース管理ソフトウェアを使用してビジネス・データをオンラインで収集および整理するアプリケーションを構築することができます。プログラミング・スキルは必要ありません。外出先からデータにアクセスできます。 ビジネス・プロセスはここに一意で同じものはないため、すべてのビジネス・プロセスを解決する単一のソフトウェアは存在しません。これが、世界の700万人のユーザーが独自のビジネス・プロセスを管理するために600万ものカスタム・アプリケーションを構築している理由です。 Zoho Creatorの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
日本 国内製品
考えて、構築することができます。Kintoneの視覚的なアプリケーションビルダーでは、独自のクラウドベースのアジャイルデータベースを作成しカスタマイズすることが可能です。
スプレッドシートはいかにも前世紀的です。Kintoneの視覚的なアプリケーションビルダーでは、非効率で静的なスプレッドシートを動的なカスタムデータベースへとすぐに変えることができ、コーディングも必要ありません。データが生きたデータベースとしてこれまでより多くのことを実現するようになります。ワンクリックのカスタムレポート作成からコラボレーションを改善するアクション付きワークフローのトリガーまでさまざまです。 kintoneの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
DbVisualizerは、管理者、開発者、アナリスト向けの汎用データベース・ツールです。
DbVisualizerは、開発者、アナリスト、データベース管理者向けの多機能かつ直感的なマルチデータベース・ツールです。さまざまなオペレーティング・システムで利用可能な、単一の強力なインタフェースを提供します。使いやすくクリーンなインタフェースを備えたDbVisualizerは、非常にコスト効果の高いデータベース・ツールであることが実証されています。また、主要なオペレーティング・システムで実行することができ、利用可能な主要リレーショナル・データベース管理システム (RDBMS) をサポートしています。必要なことは、単一のアプリケーションについて学習してマスターすることだけです。 DbVisualizerの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
データを活用して、プロセスを自動化し、ワークフローをオンライン化するカスタム・アプリケーションをコーディングなしで作成できるKnackは、日々のイノベーションの実現をサポートします。
Knackは、コーディング不要の開発プラットフォームです。誰でもデータ駆動型のカスタム・アプリケーションを作ることができます。CRMやリード管理、メンバーシップ・ディレクトリ、プロジェクト管理、在庫管理、見積もり/注文管理、およびHIPAA準拠のアプリを構築できます。ワークフローのルール、ユーザー権限、電子メール・アラート、ロジック付きフォーム、画像やファイルのストレージなどの機能を備えています。Webサイトにアプリを埋め込むことで、思い通りのブランド体験を提供することができます。デスクトップとモバイルの両方に対応しています。 Knackの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
データベース管理ツールは、データ・ウェアハウジング、データ・レイク、分析、コラボレーションなどでユーザーを支援します。
データベース管理ツールは、データ・ウェアハウジング、データ・レイク、分析、コラボレーションなどでユーザーを支援します。 Snowflakeの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Aiven PostgreSQLは、アマゾン・ウェブ・サービス (AWS)、Google Cloud Platform (GCP)、Microsoft Azure、DigitalOcean、UpCloudの各プラットフォームで利用可能な、拡張性の高いフルマネージド型のサービスとしてのデータベース (DBaaS) です。
Aiven PostgreSQLは、あらゆる主要クラウドで利用可能な、拡張性の高いフルマネージド型のサービスとしてのデータベースです。プランには、複数のユーザーやデータベースのサポートが含まれており、フォーキングや接続プーリングなどの機能が搭載されています。Aivenでは、保存時および転送時にデータが暗号化され、専用の仮想マシンでサービスが実行されるため、データの安全性が保たれます。10分でセットアップでき、安心して中核事業に集中することができます。今すぐ始めましょう。 Aiven for PostgreSQLの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Aiven for Apache Kafkaは、あらゆる主要なクラウド上でホストされる拡張性の高い完全に管理されたイベントストリーミングシステムです。
Aiven for Apache Kafkaは、あらゆる主要なクラウドに対応する拡張性の高い完全に管理されたイベントストリーミングシステムです。Aivenは、2017年にApache Kafkaのマネージドサービスを初めて立ち上げ、現在では運用のゼロダウンタイムと業界トップレベルのサービス品質保証 (SLA) 99.99%を保証しています。Aiven for Apache Kafkaを使用すると、Apache Kafkaサービスを他の外部および内部ソースやシンクとシームレスに統合することができます。Aivenでは、総所有コスト (TCO) の予測を可能にする包括的な価格設定 (ネットワークおよびトラフィックのコストを含む) を提供しています。 Aiven for Apache Kafkaの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
クラウドでホスティングする完全に管理されたMongoDB、Redis、MySQL、PostgreSQL。SQLおよびNoSQLクラスタのデプロイ、監視、バックアップ、拡張。
ScaleGridのMongoDB、Redis、MySQL、PostgreSQL用の完全に管理されたサービスとしてのデータベース (DBaaS) を使用すると、AWS、Azure、DigitalOcean、VMware、OpenStackに簡単にデプロイ、監視、バックアップ、拡張することができます。クラウドまたはオンプレミスでのデータベース運用を自動化し、デプロイメント・パフォーマンスの最適化を開始することができます。ScaleGridは、単一のコンソールでデータベース運用コストと時間を大幅に削減するため、何千もの開発者、スタートアップ企業、大企業に信頼されています。 ScaleGridの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
自動化された保護ポリシーを使用して、企業のクラウド環境全体におけるデータ管理を支援するデータ管理およびバックアップのソリューションです。
Rubrikは、中堅企業から大企業 (従業員500人以上) に非常に適したバックアップ復旧ソリューションです。Rubrikは、ハイブリッド・クラウド・エンタープライズに対し、復旧、検索、クラウド、および開発のための即時のアプリケーションの可用性を提供します。市場をリードするクラウド・データ管理プラットフォームを使用することで、顧客はアプリケーションをモバイル化したり、保護ポリシーを自動化したり、ランサムウェアからの復旧を行ったり、アプリケーション・データを1つのプラットフォームで大規模に検索および分析したりすることができます。数日から数秒まで。 Rubrikの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
(SQL Completeは、SQLデータベースの開発、管理、および管理における高度なソリューションであり、SQL Server 2022をサポートしています。)
SQL Completeは、SQLデータベースの開発、管理、および管理のための高度なソリューションです。Visual StudioとSSMS用のアドインとして提供され、優れた自動補完機能を提供しています。 SQL Completeに含まれる機能により、SQLコードの記述、整形、リファクタリングが容易になり、Management StudioおよびVisual Studio IntelliSenseに欠けている機能が大幅に強化され、生産性が向上します。SQL Server 2022をサポートしています。 SQL Completeの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
Webベースのデータベース・アプリケーションを設計するか、事前定義済みソリューションを使用して、ビジネス・クリティカルな情報の収集、共有、管理を行うことができます。
オンライン・データベース作成用のデータベース管理ソフトウェア。データ作業の簡易化、日常業務で使用する情報の整理と保存、チームが簡単にアクセス可能なデータソースの構築を目的とした、独自のWebデータベース・アプリを作成することができます。 柔軟なカスタマイズが可能なので、各組織に適した方法でデータを管理し、必要に応じてアプリケーションを変更することができます。 TeamDeskの特徴は、無制限の記録とストレージ、無制限のサポート、安定した評価、そして無料トライアルがあることです。 TeamDeskの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
PHP CRUD Generatorなら、シンプルで使いやすいインタフェースを使用して、MySQLデータベースからWebサイトのブートストラップ管理パネルを作成できます。
PHP CRUD Generatorは、単一の使いやすいユーザーインタフェースでWebサイトのコントロールパネルを構築します。 PHP CRUD GeneratorのスマートなCRUD Engineは、主キー、外部キーなど、あらゆるリレーションタイプのMySQLデータベースを詳細にスキャンします。 PHPCGでは、サポートされているあらゆる種類のフィールド、リストフィルタリング、埋め込みjQueryプラグイン、ファイル/画像アップロード、ユーザーおよびプロファイル管理など、高度な管理システムを構築するために現在利用可能な非常に強力なツールを使用しています。 PHP CRUD Generatorの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
InterSystems IRISは、重要なアプリケーションの迅速な開発とデプロイのための新しいレベルのパフォーマンスを設定するデータ・プラットフォームです。
InterSystems IRISは、マルチモデル・トランザクション・データ管理エンジン、アプリケーション開発プラットフォーム、相互運用性エンジン、オープン分析プラットフォームを含む、クラウドファースト・データ・プラットフォームです。 InterSystems IRISは、キー値、リレーショナル、オブジェクト、ドキュメント、多次元のトランザクション永続データを同時に操作する一連のAPIを提供します。 SQL、Java、node.js、.NET、C++、Python、ネイティブ・サーバ側のObjectScript言語を使用して、データを管理することができます。 InterSystems IRISの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ
SAP HANA Cloudは、最新のアーキテクチャを活用して組織を活性化し、データソリューションを構築します。
SAP HANA Cloudは、クラウドネイティブな拡張性、スピード、パフォーマンスを活用して組織を活性化し、データソリューションを構築します。エンタープライズ・クラスの実証済みの信頼性でセキュリティ、プライバシー、匿名化を実現しながら、接続するデータをビジネスで活用できる情報として信頼することができます。 SAP HANA Cloudの製品詳細

機能

  • データベース変換
  • データ複製
  • データ仮想化
  • パフォーマンス分析
  • バックアップ、修復
  • データ移行
  • 複数プログラミング言語をサポート
  • データ・コネクタ
  • セキュア・データストレージ

データベースソフトのお役立ちガイド

はじめに

データベースソフトは、データを構造化された形式で保存し、ユーザーが簡単にアクセス、整理、修正、検索、および管理することができるように設計されています。これらのソフトウェアは、データベース管理ソフトウェア、またはデータベース管理システム (DBMS) とも呼ばれ、以下が可能になります。

  • 重要な情報の集約
  • 構造化されていないデータの構造化
  • 多様なデータソースの情報の統合
  • 一貫性のある形式での情報の整理
  • 複数ユーザーによるデータへの同時アクセス

データベースとは、電子データを整理して集約したものであり、データベースソフトは、エンドユーザーがデータベースとやり取りできるようにするものです。 データベースソフトのコア機能には、データ・ストレージ管理、データディクショナリ管理、アクセスコントロールなどがあります。エンドユーザーはこれらの機能を使用して、データの保存、整理、アクセス、編集、およびデータベースのメタデータの表示と管理を行うことができます。

また、情報へのアクセス、情報の編集、データベースへの新しい情報の追加を許可するユーザーを厳格に制御することができます。また、多くのデータベースソフトは、包括的な検索機能を備えており、ユーザーは必要なデータをすばやく簡単に見つけることができます。データベースソフトを使用すると、情報を安全に保管し、データの重複を最小化し、データを分析することが可能になります。

企業やユーザーは、データベースソフトを使用して、保有する情報をより効果的に活用し、情報をより効率的に管理し、自分の職務で必要となるすべてのデータにアクセスできるようになります。優れたデータベースソフトには、データベース変換ツールやデータ複製機能が実装されており、複数のプログラミング言語に対応している場合もあります。データベースソフトと最も密接に関連するソフトウェアカテゴリには、データ可視化ツールや、ワークフロー管理ソフトウェアなどがあります。

データベースソフトを購入者が選定する際には、管理するデータのタイプ、データの量、データベースへのアクセスを必要とするユーザーなど、さまざまな要素を考慮しなければなりません。各データベースソフトが提供している詳細な機能は異なる場合がありますが、データベース管理ソフトウェアのパッケージとして販売されている場合には通常、以下のデータベースのツールや機能の多くが含まれます。

  • 中央データベースでデータを保存、管理、更新、取得する機能
  • メタデータを管理し、データオブジェクトの説明を提供する機能
  • データベースヘのアクセス権限やエントリの編集権限を制御する機能
  • データベース間でデータを移行したり、ファイル形式を変換したりする機能

データベースソフトとは?

データベースソフトとは、データを構造化して保存し、簡単に表示、検索、管理できるようにするソフトウェアパッケージです。データベース管理ソフトウェアと呼ばれるツールは、個人や企業が重要な情報を集約するために使用され、さまざまなデータソースのデータを一か所に集め、複数のユーザーが同時にアクセスできるようにします。

データベースとは基本的に、電子的に保存されたデータが整理および集約され、すべてのデータに一元的にアクセスできるようにしたものです。データベースソフトは、データベースのユーザーインタフェースの役割を果たします。ユーザーはこのプログラムを使用して、データベースのコンテンツを調べたり、データを追加・修正したり、データを検索または変換したり、組み込みのディクショナリを使用してメタデータにアクセスしたりすることができます。

多くの企業は、重要な情報を整理し、従業員が必要なときに簡単にアクセスして作業することができるようにするためにデータベースソフトを利用しています。優れたデータベースソフトでは、その管理者がデータベースへのアクセスを付与するユーザーや、データベースのデータを変更する権限があるユーザーを制御することができます。アクセス権限を付与できるユーザー数に制限はなく、異なるユーザーに異なる権限を付与することもできます。

データベースソフトの利点とは?

データベースソフトの主な利点は、膨大な数の異なるソースの情報を集約して構造化できることです。これにより、組織のユーザーが必要な情報に簡単にアクセスしたり、重要な情報を後日保存したりできるようになります。データベースソフトの価値を明確にするために、優れたデータベース管理ソフトウェアから得ることができる最も重要ないくつかの利点を以下に紹介します。

  • 重要な情報の整理:多くの組織がデータベースソフトを導入する主な理由は、重要な情報を構造化して自由に利用できるようにするためです。データベースを作成して管理することで、データを論理的な方法で整理し、アクセス、検索、解釈することが可能になります。また、重要な情報を一元的に集約することで、情報を比較したり、その情報の背景を理解したりすることが容易になり、データにアクセスできる従業員や他のユーザーが、データの意味、データが存在する理由、業績を向上させるためにデータを利用する方法を深く理解することが可能になります。

  • データの簡単な検索:企業全体で利用できるデータベースにデータを集約することによる最も大きな利点の一つは、データを検索できるようになることです。ほぼすべてのデータベースソフトには検索機能が実装されており、必要なデータを簡単かつ正確に検索することができます。一方で、優れたデータベースソフトでは多数の検索要求を同時に処理することができ、複数のユーザーが同時にデータベースを検索して、検索結果を迅速に受け取ることができます。

  • データの不整合の解消:あらゆる規模の組織では、特に異なる部門間でデータの不整合が発生する可能性があり、大企業やいくつものオフィスがある企業において特に問題となる場合があります。例えば、ある部門が情報を更新しても、その変更が他の部門に伝わらないという問題が発生することは多くあります。このようなコミュニケーションの問題が発生すると、2つの部門が異なるデータセットを使用してしまい、ビジネスの現状や実施するべき業務について異なる結論を導いてしまうこともあります。このような環境でデータベース管理ソフトウェアを使用する大きな利点は、データの不整合を軽減または解消できることです。データベースソフトを使用することで、ある場所で更新されたデータがシステム全体でリアルタイムに反映され、組織全体が最新のデータを利用することができます。つまり、すべての部門とすべての従業員が、常に最新のデータを利用することが可能になります。

  • 全体的なデータセキュリティの向上:最後に、優れたデータベースソフトを使用すると、企業の全体的なデータセキュリティ・レベルを向上することができます。すべてのデータを継続的に更新して、ストレージをオンサイトで管理している場合はバックアップを定期的に作成できるため、セキュリティレベルを向上することができます。また、優れたオンライン・データベースソフトェアは、データをクラウドに保存するため単一障害点を確実に排除できます。また、クラウドベースのオンラインソリューションでは、互換性のあるデバイスを使用してデータにリモートからアクセスできる利点があります。

データベースソフトの機能とは?

データベースソフトの機能は、市販の多くのソフトウェアに搭載されているコア機能、これらのソフトウェアのほぼすべてに求められる共通の機能、一般的ではないもののソフトウェアの差別化要因となるオプション機能に分類することができます。このような視点でデータベースソフトを選択すると、以下の多くの機能が含まれていることが分かります。

  • データストレージ管理:一元管理されたデータベースを使用して、データの監視、整理、更新、修正、検索、保管を行います。データベースソフトを使用して一般的に実行できる機能は、情報の表示、データベースへの新規データの追加、既存データの編集から、論理的構造へのデータの編成、他のアプリケーションへの情報のエクスポートなど多岐にわたります。通常、複数のユーザーが同時にデータベースにアクセスすることができ、すべてのユーザーが更新または追加された情報を参照することができます。この機能により、企業や個人は大量のデータを一箇所に保存し、論理的に整理することができ、さまざまな目的でアクセスして利用することが可能になります。

  • アクセスコントロール/権限:データベースとデータベースに含まれる情報にアクセスすることができるユーザーを制御します。アクセスコントロール機能を使用すると、組織のすべてユーザーがデータベースにアクセスできるようにすることも、一部の個人や部門だけがアクセスできるように制御することも可能です。また、異なる権限レベルを設定することも可能です。例えば、すべてのユーザーにデータベースを表示して必要な情報を検索することを許可する一方で、新しいデータを追加したり、既存のデータを更新したりすることができるユーザーを制限することも可能です。これにより、データベースをサードパーティーや悪意のある攻撃者から安全に保護することができます。また、アクセスを必要とするユーザー数が増えた場合や、多くのユーザーにデータベースの変更を許可しなければならない場合は、後日権限を調整することができます。

  • データディクショナリ管理:データベースのデータディクショナリを管理します。データディクショナリには、データの構造、プロパティ、コンテンツを説明するメタデータや、重要なコンテキスト情報や説明を提供するメタデータが含まれます。データディクショナリに含まれる情報の例としては、データのサイズやデータタイプなどの特定のデータ要素のプロパティ、データ項目間の関係性、データベースに何が含まれているかを理解するのに役立つ参照情報、分類、または説明、承認された定義や単語など企業特有のルールなどがあります。これらのすべての情報は、詳細を理解および解釈するために役立ち、コミュニケーションと意思決定の向上に役立つ場合があります。データベースソフトでは、権限を付与されているユーザーがデータディクショナリに情報を追加したり、変更したり、ディクショナリのコンテンツを管理したりすることができます。

  • データベースの変換:データベースソフトを利用して、データベース間でデータを転送または移行したり、データベースを別の形式に変換したりして、他のアプリケーションや他のオペレーティングシステムで開くようにすることができます。これらの機能を使用して全体的な利便性を向上することができ、他のユーザーがさまざまなアプリケーションやデバイスを使用している場合でも、重要な情報を簡単に共有できるようになります。

  • データ複製:データベースの一部や全体の複製を作成し、簡単に提供できるようにします。これは、個人または部門がメインのデータベースにアクセスする権限がないものの、特定のタスクを実行するために一時的にデータベースにアクセスしなければならない場合に非常に便利です。さらに、この方法でデータベースを複製することで、メインのデータベースを使用しているユーザーに影響を与えることなく、データベースを利用して作業したり、さらにはデータを変更したりすることも可能になります。また、データベースを複製して使用すると、メインのデータベースで重大な問題を発生させることなく、テストのためあるいは変更の影響を確認するためにデータベースを使用することができるという利点もあります。

  • バックアップとリカバリ:内蔵のデータバックアップとリカバリツールを使用して、情報を安全に保持することができます。一般的には、定期的にデータをバックアップする機能や、データベースが変更されるときに毎回自動的にバックアップする機能が含まれます。これらの機能により、データベースが削除された場合やデータが破損した場合でも、最新の情報をいつでも簡単に検索することができます。さらに、データベースソフトに含まれるリカバリオプションにより、データベースを以前の状態に復元することができ、誤って入力したデータや情報を削除した場合でもすぐにデータをリカバリすることができます。

キャプテラのソフトウェアディレクトリを利用すると、自社にとって理想的なソフトウェアを簡単に見つけることができます。提供されるツールの機能に基づいて利用可能なソフトウェアオプションを分類し、自社の固有のニーズを満たすために必要な機能を提供しているソフトウェアのみを表示できます。

データベースソフトの購入時に考慮すべき点は?

自社にとって最適な市販のデータベースソフトは、その利用目的によって異なります。そのため、データベースソフトを購入する際には、いくつもの重要な要素を考慮しなければなりません。比較的小規模なデータを整理する必要のある中小企業にとって最適なデータベースソフトもあれば、さまざまなソースのデータが組み入れられており、データベースに同時にアクセスするユーザー数が多いなどの厳しい要件がある大企業にとって最適なデータベースソフトもあります。自社にとって最適な選択肢を特定する方法の一つは、購入するソフトウェアを決定する前に、次のような質問に回答することです。

  • データベースソフトの機能とは? さまざまなソフトウェアを検討する際に最も重要なのは、提供されている機能の範囲を把握することです。そして、さまざまな機能を搭載しているソリューションを単に選ぶのではく、自社固有のニーズを優先させることが重要です。データベースを使用して実際に何をする必要があるのかを熟考し、自社で本当に必要な機能を実装している利用可能なアプリケーションを絞り込みましょう。豊富な機能を搭載しており、ユーザーからも高く評価されている市販のソフトウェアもありますが、これらのソフトウェアが自社で必要な機能を搭載していなければ、最適なソリューションにはなりません。

  • データベースソフトのコストは? 次に、コストの問題を検討します。使用できる予算の範囲内で利用できるソフトウェアを検討してください。その上で、単にソフトウェアの購入費用だけではなく、総所有コストについても考慮することが大切です。総所有コストについて検討する場合、購入するソフトウェアを決定する前に、以下のような多くの質問に回答しなければなりません。セットアップの費用はどのくらいかかるか。ソフトウェアの使用方法を習熟するために、どの程度のトレーニングが必要か。どの程度のサポートが提供されるか。また、サポートにかかる費用は。アップデートや新バージョンに対して企業は費用を支払う必要があるか。ソフトウェアを所有するための支払いか、またはSaaSソリューションを利用するためのサブスクリプション費用か。

  • データベースソフトに最適な導入オプションは? データベースソフトを絞り込んで選定する場合には、自社にとって望ましい導入オプションも考慮する必要があります。主に3つの導入方法を検討することになります。1つ目は、ユーザー自身が責任を持ってストレージと一緒にデータベースをオンサイトに導入する方法です。2つ目は、オンサイトでデータベースを導入し、クラウドストレージを利用する方法です。最後の3つ目の導入方法は、データを安全に保管し、ソフトウェアを最新の状態に維持することをサードパーティーが請け負う、クラウドベースのSaaSモデルです。この3つのモデルにはそれぞれ長所と短所があります。自社にとって最適な導入モデルを慎重に検討してください。クラウドベースのアプローチでは、ストレージ機器の管理に関連する多くの労力を軽減でき、サブスクリプションサービスでは、初期コストを削減し、継続的に発生するコストを予測でき、優れた利便性を実現することができます。一方で、オンサイトにソリューションを導入する場合は、所有と管理が容易になり、膨大な量のデータを迅速に転送する必要がある場合に効果的となる可能性があります。

  • データベースソフトを使用する用途は? データベースは、単純なデータ入力や記録管理から、財務報告や顧客関係管理まで、あらゆる用途に利用できることを把握しておくことが重要です。データベースソフトを自社で使用する用途について、できるだけ具体的に説明できるようにしておく必要があります。これにより、要件を満たすことができない選択肢を簡単に排除できます。

  • データベースにはどのようなタイプがあるか? データベースを作成および管理する場合には集中管理モデルを選択するのが最も一般的なアプローチですが、他にも利用可能なデータベースタイプがあります。例えば、分散型データベースは、複数のデータベースシステムにデータを分散させ、これらのデータベース間でコミュニケーションリンクを構築することで機能します。このモデルでは、一つの大規模なデータベースを管理しやすい規模のデータベースに分割することができます。使用するデータベースソフトを決定する前に、作成または管理する必要があるデータベースのタイプを確立し、そのタイプに合ったオプションを選択してください。

  • データは構造化されているか、構造化されていないか、あるいはその両方か? データは構造化データと非構造化データに分類することができますが、自社が扱うデータタイプを把握することが重要です。構造化データは一般的に、事前に定義されたデータモデルに従って整理されており、その性質上、定量的なデータとなります。構造化データの例には、電話番号、名前、住所、日付などがあります。一方で、非構造化データは、異なる形式で保存されたさまざまな種類のデータから構成されます。非構造化データの例には、テキストファイル、ビデオファイル、オーディオファイル、画像、メールなどがあります。データベースも、このデータの分類方法と同じように大別することができます。基本的に、リレーショナルデータベースは構造化データに適しており、非構造化データや、構造化データと非構造化データの両方のためのデータベースを企業が必要とする場合には、非リレーショナルデータベースが適しています。ソフトウェアが構造化データ、非構造化データ、またはその両方に対応しているかどうかを知っておくと、自社のニーズに対して最適な機能を包括的に取り入れているソフトウェアを選ぶときに非常に役立ちます。

  • 注意すべき互換性の問題があるか? 市販の優れたソリューションの多くには、データベース管理システムツールが含まれており、自社ですでに使用している他のパッケージと簡単に統合することが可能です。しかし、互換性の問題があると、すでに使用している他のツールを変更する必要があり、全体的なコストが増大する可能性があります。一般的には、現在使用しているソフトウェアと緊密に連携することができるソリューションを見つけることが推奨されますが、互換性を重視するあまりに、全体的な品質を犠牲にすることがないようにしてください。

データベースソフトに関する注目トレンドは?

データベース管理システムを購入前には、関連性の高いトレンドについてある程度考慮しておく必要があります。また、新しい重要なテクノロジートレンドについても広く考慮しなければなりません。データベースソフトを検討するときには、特に以下のようなトレンドを理解しておきましょう。

  • クラウドサービスへの関心の高まり:ガートナーの調査によると、現在、多くの企業がクラウドコンピューティングへの支出を維持または増やすことを計画しており、クラウドの利点がさらに広く認識されるようになっています。特に、リモートワークやハイブリッドワークがより一般的になっており、分散型ワークフォースが社外で仕事をするときにソフトウェアやツールにアクセスする必要があることから、クラウドサービスを利用する利点が大きくなっています。このような状況を念頭に置き、データベースソフトをオンプレミスで使用してクラウドベースのストレージを使用するアプローチが最適か、データベースもストレージも完全にクラウドベースにするアプローチが最適であるのかを慎重に検討する必要があります。

  • データベースソフトにおける人工知能:人工知能や機械学習の活用が広がっているという最近の重要なテクノロジートレンドについても考慮してください。データベースソフトでもこのトレンドは見られ、データベースの変更、規模の拡大、複雑化に合わせて、データベースの設定を自動的に調整することができるソリューションもあります。この機能によって、データベースの実質的な管理が容易になり、AIによってパフォーマンスが向上する場合も多くあります。さらに、自動化によって最も必要なタイミングでタイムリーに設定を変更することも可能になります。

  • 非リレーショナルデータベースソフトの成長:また、ガートナーの別の調査では、非リレーショナルデータベース管理システムがデータベース管理システム全体よりも上回る成長を見せており、構造化データと非構造化データの両方を扱うことができるデータベースソフトへの関心が高まっていることが明らかになっています。キャプテラのディレクトリを使用すると、データベースソフトがリレーショナルか非リレーショナルかを簡単に識別することができ、自社の要件に合ったソフトウェアを絞り込むことができます。

出典 本書で紹介した機能は、データベースソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. Database Software - Price, Comparisons & Reviews (データベースソフト - 価格の比較とレビュー) - キャプテラUK (アクセス日:2021年9月26日、日曜日)

  2. Market Share:Database Management Systems, Worldwide, 2020 (市場シェア:データベース管理システム、全世界を対象とした調査、2020年) (アクセス日:2021年9月27日、月曜日)

  3. Gartner Predicts the Future of Cloud and Edge Infrastructure (ガートナーによるクラウドおよびエッジインフラストラクチャの未来についての展望) - Gartner.com (アクセス日:2021年9月27日、月曜日)

  4. Data Dictionaries (データディクショナリ) - USGS.gov (アクセス日:2021年9月27日、月曜日)