キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

デジタルサイネージソフト

デジタルサイネージソフトとは、液晶広告ディスプレイに表示させる画像や音声、映像などのコンテンツを管理するためのソフトウェアです。同じコンテンツを一定の間隔で流し続ける「スタンドアロン型デジタルサイネージ」では、コンテンツの入ったUSBを手動で差し替えることで管理できるためデジタルサイネージソフトが使われないことも多いですが、「ネットワーク型デジタルサイネージ」ではコンテンツの作成や更新をクラウド上で管理するので、デジタルサイネージアプリやソフトウェアが役立ちます。 デジタルサイネージソフトは、ホテルやカジノ、空港、ショッピングモールなど企業の不動産管理者を始めとして、デジタル広告やインフォメーションボードを必要とする多くのの事業体で利用されています。

日本 日本製品のみ表示

36件の結果

iOS、FireOS、Mac、Android、Apple TV、Windowsのデバイスとノートパソコンを管理するためのオール・イン・ワンのソリューション。 Hexnode UEMの製品詳細
HexnodeのUEMは、受賞歴のある統合エンドポイント管理 (UEM) ソリューションであり、業務に使用される個人所有のデバイスと企業所有のデバイスの両方を単一のコンソールから安全に管理することができます。iOS、Android、Windows、Mac、Apple TV、FireOSのデバイスに対応しています。HexnodeのMDMは、アプリケーション管理、セキュリティ管理、経費管理、コンテナ化などの豊富な機能セットを備えており、複雑なビジネス環境に適応することができます。 Hexnode UEMの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
プロフェッショナル・デジタル・サイネージの次世代テクノロジー。強力な機能とエンタープライズ・グレードのセキュリティおよびコントロールを備えた使いやすいツール。 Yodeckの製品詳細
Yodeckは、ダイナミックなコンテンツで画面をパワーアップし、ターゲット視聴者を即座に魅了する使いやすいクラウド・ベースのデジタル・サイネージ・プラットフォームです。 Yodeckを使えば、スクリーンからどれだけ離れていても、ウェブからコンテンツを簡単に作成、デザイン、およびスケジュールすることができます。動画、画像、PDFファイル、Officeドキュメント、データ・ダッシュボード、ソーシャル・メディアなど、注目を集めるメディアを使用して、ビジネスにとって非常に重要な人々にメッセージを伝えることができます。 Yodeckの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
月額$10。テレビをデジタル・サイネージに変えることができます。リモートで管理することができます。画像、動画、プレイリスト、Googleスライド、天気、Instagramなどに対応しています。 OptiSignsの製品詳細
月額$10。テレビをデジタル・サイネージに変えて、中央ダッシュボードからリモートで管理することができます。100以上のアプリと500以上のテンプレートから選択することができます。 画像、動画、プレイリスト、Googleスライド、天気、Instagram、Twitter、YouTubeなど、さまざまなフォーマットに対応しています。 複数の通貨での支払い USD, CAD, EUR, GBP, & AUD. OptiSignsの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
Boxを使用することで、チームは、コンテンツのライフサイクル全体をサポートするためにつくられた、セキュアな単一コラボレーション・プラットフォームで、どこからでも作業することが可能になります。
ビジネスはコンテンツで成り立っています。今こそ、コンテンツを活用する時です。業界を問わず、販売契約書、製品仕様書、販促資料、動画など、さまざまなファイルが業務プロセスの中核を担っています。Box Content Cloudを使用することで、ファイルの作成から共有、編集、署名、保存まで、コンテンツのライフサイクル全体をサポートするためにつくられた、使いやすさとセキュリティを兼ね備えた単一プラットフォームを手に入れることができます。Boxは10万社以上の優れた組織から信頼されており、主要な業界アナリスト機関から先駆者としてその名を馳せています。 Boxの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
あらゆる規模の企業に理想的なフォーム構築ツールです。ユーザーがアンケート・フォームを作成したり、提出内容をレビューしたりする際にも役立ちます。
900万人以上のユーザーに信頼されているJotFormのフォーム・ビルダーは、あらゆるデバイスからオンライン・フォームを作成して公開する簡単な方法を提供します。1万以上の既成のフォーム・テンプレート、100以上のサードパーティ・アプリケーションとの統合、高度なデザイン機能を提供するため、世界中の組織のための主要なオンライン・フォーム・ビルダーとなっています。支払フォーム、リード生成フォーム、登録フォーム、連絡フォーム、申請フォームなどの作成によく使用されています。 Jotformの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
REACHのデジタル・サイネージ・ソフトウェアは、月額わずか$20の使いやすいソリューションです。およそ500件の「5つ星レビュー」がそれを証明しています。
月額$20から利用できるREACHは、既存のデータ・ソースの作成、展開、および任意の画面への統合を簡単に行えるようにします。受賞歴のあるこのソフトウェアで、ユーザーはOneDrive、Canva、PowerBI、SharePointなどのコンテンツを自動化できます。数分以内に、手持の大切な情報とデータが100以上のアプリと500以上のテンプレートで表示されます。また、あらゆるレイアウト設計サービスも含まれており、ブランドに合わせて完全にカスタマイズされた、魅力的でダイナミックなディスプレイを手に入れることができます。今すぐ無料のデモを入手してください。 REACHの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
魅力的なデジタル・サイネージ・コンテンツを簡単に作成して、サイン・アップから短時間で公開することができます。
Play Digital Signageのクラウドベースのコンテンツ・エディターは直感的で非常に使いやすく、アニメーション、トランジション、コンテンツ・プレビューなどの高度な機能が搭載されています。また、Play Digital Signageには、Facebook、Twitter、Instagram、Googleなどのプラグインも搭載されています。すぐに使用できる写真、ビデオ、アニメーションがない場合でも、エディターから複数のロイヤリティ・フリーのライブラリにアクセスすることができます。これらは、Play Digital Signageに搭載されている優れた機能のほんの一部です。 Play Digital Signageの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
Spectrioは、デジタル・サイネージやインタラクティブ・キオスクなど、カスタマー・エンゲージメント・プラットフォームの主要プロバイダーです。
Spectrioは、米国有数のカスタマー・エンゲージメント・テクノロジー・プロバイダーです。Spectrioのソリューションは、専門的に制作したコンテンツとマーケティング・テクノロジーによる独自のブランド・エクスペリエンスの開発で知られており、デジタル・サイネージ、インタラクティブ・キオスク、電話保留音マーケティング、オンプレミスのメッセージングと音楽、Wi-Fiマーケティング、香りマーケティングで総合的なカスタマー・ジャーニーを構築します。Spectrioは、ローカル・ビジネスからグローバル・ブランドまで、10万以上のクライアント・ロケーションに幅広いサービスを提供しています。 Spectrioの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
ScreenCloudは、テレビ、iPad、およびその他のタブレットを、ビジネスや組織を盛り上げる、人目を引くデジタル・サイネージに素早く変換します。
デジタル・サイネージは必ずしも複雑ではありません。ScreenCloudのデジタル・サイネージ・ソフトウェアを使用することで、有意義なコンテンツをあらゆる場所のあらゆるスクリーンで、かつてないほど簡単に表示できるようになります。このソフトウェアを使って、世界中どこからでも、1つでも1,000でも、自由自在に画面をコントロールしましょう。 クラウド・コンテンツ管理システムを搭載したScreenCloudは、既存のスマート・システムに適応するので、1つの媒体を通じて最新ニュースや会社のアップデート情報をチェックし、従業員のコミュニケーションを追跡して、データを視覚化することができます。 ScreenCloudの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
デジタル・サイネージ・ソフトウェアを使用すると、企業は何千台ものディスプレイを簡単に管理することができます。この製品は、Scania、Puma、REMAXなどのブランドから高い信頼を得ています。
クラウドとオンプレミスの両方に対応し、40カ国以上で多くの企業が何千ものスクリーンを管理することを支援しているデジタル・サイネージ・ソフトウェア。 Windows、Android、webOS、Amazonファイヤースティック・プラットフォームをサポートしています。 スクリーン数無制限の1か月間無料トライアルを利用できます。 Zeetamindsの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
サイネージは1つまで無料。PROは月額$15で利用できます。簡単なのでスキルは必要ありません。米国とEUでは年中無休のサポートを利用できます。XOGO Miniを試すか、自分のデバイスを設置してください。
サイネージは1つまで無料。PROは月額$15で利用できます。簡単なのでスキルは必要ありません。米国とEUでは年中無休のサポートを利用できます。 スクリーンをデジタル・サイネージに変身させましょう。スマートフォンやクラウド・コンピューティングの時代には、デジタル・サイネージの設定にITチームを雇う必要はありません。この製品を使えば、そのプロセスが驚くほど簡単になります。XOGO Miniの専用機器を接続する (または、XOGO PlayerをWindows、Android、Chrome、Amazon Fireデバイスにインストールする) だけで、無料のXOGO Managerアプリを使用してグラフィックやビデオ・コンテンツをアップロードすることができます。 XOGO Decision Signageの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
機能が豊富で使いやすいNoviSignは、Chrome OS、Android、Windowsで動作するSaasベースのデジタル・サイネージ・ソフトウェアです。
NoviSignは、その信頼性と使いやすさが高く評価されています。高解像度 (HD) ビデオ、動的なスライドショー、天気予報、Facebook、Twitter、Instagram、RSS、バーチャル・キュー、Webサイト統合、インタラクティブ投票など、20種類以上のドラッグ・アンド・ドロップのウィジェットが装備されています。また、NoviSignには、画面やメディア・プレーヤーを簡単に追跡できるリアルタイム・モニタリング・ダッシュボードも備えられています。プルーフ・プレイ・レポート、ライブ・オンライン接続など。月額$20から利用できます。完全なサポートと研修も含まれます。Chrome OS、Android、Windowsで実行できます。 NoviSignの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
日本 国内製品
デジタルサイネージツールで、画像や動画をGoogleドライブの指定フォルダに置くだけでサイネージコンテンツを自動更新できます。
Cloud Signage for Google Driveは、Googleドライブと連携して使用できるデジタルサイネージツールです。画像や動画をGoogleドライブの指定フォルダに置くだけで、サイネージコンテンツを自動的に更新できるようになります。買い切りのクラウド管理型アプリなので、1回限りの支払いでその後永久に使用することができるため、非サブスクリプション型のデジタルサイネージツールを求めている方に最適なオプションです。 Cloud Signage for Google Driveの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
2011年に誕生したSkySlopeは、契約から終了までの不動産取引を管理するカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームです。
SkySlopeは、オールインワンのブローカー向け取引管理プラットフォームです。いつでも、どこからでも、不動産に関する書類の作成、保存、整理、監査ができます。 SkySlopeは、米国とカナダで65万人以上の不動産専門家にサービスを提供し、年間300万件以上の取引を管理しています。 ブローカーは仲介事業の取引を完全に把握し、ビジネスを追跡して成長させることができます。管理者は、合理化されたレビュープロセスで、生産性を3倍にできます。 SkySlopeの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
デジタル・サイネージは、オーディエンスのエンゲージメントを高め、従業員の定着を促進し、コミュニケーションを自動化することができます。優れたキュレーション・コンテンツ・プログラムです。
ソフトウェアだけに焦点を当てるデジタル・サイネージ・プロバイダーでは、失敗を招く可能性もあります。このシステムでは、コンテンツ管理システム (CMS) プラットフォームへのログイン認証情報を支払う代わりに、毎日専門的に収集されたコンテンツとデータ統合キャンペーンでコミュニケーションの問題を解決することができます。 従業員の定着率、製造フロアの生産性、または小売エクスペリエンスを向上させる必要がありますか。Industry Weaponは、インパクトを与える多くのコンテンツ・プログラムを提供しています。 無料の無制限24時間年中無休サポートと研修に対応しています。 CommandCenterHDの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
PowerBI、MS Office、Google Suiteなどの150を超えるデータ・ソースとコンテンツ・アプリケーションを備えたコンテンツ豊富なデジタル・サイネージ・ソフトウェアです。
Mvix Digital Signageソフトウェアは、業界初のコンテンツ・マネジメント・システム (CMS) です。Mvixソフトウェアは、150以上のデータ統合とコンテンツ・アプリケーションを備えています。このソフトウェアを使用することで、コンテンツを完全にリモートでデプロイ、管理、および更新できます。このソフトウェアは、Mvix Digital Signage Playersと共に無料で提供され、BrightSign、Mini PC、Androidなどのサードパーティ・プレイヤーで使用できます。ソフトウェア・オプションには、1回限りの使用、または月次サブスクリプションが含まれます。 Mvix Digital Signageの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
Sony PlayStation、New York Life、Levi's、Domino's、Baptist Health、Zillow、AT&Tに信頼されるエンタープライズ・イントラネット・ソフトウェアです。
Interactは、エンタープライズ・グレードのイントラネット・ソフトウェアで、1,000人以上の顧客と数百万人の従業員にサービスを提供しています。 どの組織にとっても重要な資産である人材に情報を提供し、お互いを結び付けます。 15年以上にわたりLevi’s、Sony PlayStation、Zillow、Teva Pharmaceuticals、Domino’sなどの組織と提携し、優れたイントラネット体験を提供してきました。 Interactの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
Kitcastは、あらゆるデジタル・コンテンツの管理を支援します。プレイリストの作成、複数の場所とコラボレーター用のスケジュール設定に対応しています。
Kitcastを使用すれば、数回クリックするだけでデジタル・サイネージ・コンテンツを管理することができます。複数の場所やコラボレーターで簡単にプレイリストの作成とスケジュール設定を実施することが可能です。特別なスキルは必要ありません。 Kitcastは完全なソリューション・プロバイダーです。デジタル・サイネージ・インフラストラクチャのカスタム開発から、24時間年中無休体制の専用プロジェクト管理まで対応します。便利なデジタル・サイネージ環境の開発に全力をあげて取り組んでいます。 Kitcastの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
Agrelloの電子サイン・アプリケーションは、特にスタートアップ企業、起業家、法律顧問がサイン・プロセスを向上できるように開発されました。
Agrelloの電子サイン・ソリューションでは、電子サイン・プロセスの概要を確認できます。場所やデバイスに制限されることはありません。 Agrelloの電子サイン・アプリケーションは特に起業家や法律顧問向けに、時間をかけることなく簡単に署名を処理できるように開発されています。 Agrelloの強力な電子サインは、業界標準のXAdES署名フォーマットとASiCドキュメント・コンテナに基づいています。PDF形式のビジュアル・サイン付き文書をダウンロードする場合にも利用できます。 Agrelloの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
デジタル・サイネージが簡単になりました。フルHDビデオ、画像、Webページを数分でテレビに表示できます。
Screenlyは、Raspberry Piベースの非常に人気のあるデジタル・サイネージ・ソリューションです。1万以上の世界中のスクリーンに電力を供給しています。あらゆるテレビやモニターを美しいデジタル・サインに変換できます。 Screenlyの簡単で強力なコンテンツ管理システム (CMS) により、誰でもデジタル・サイネージ・ネットワークを構築および管理できます。小企業から世界最大級の企業まで、顧客は多岐にわたります。 さらに、ScreenlyのAPIを使用すると、Screenlyを他のソフトウェア・ツールに直接統合できます。 Screenlyの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
ビジネスの情報を画面に表示し、遠隔操作できます。クラウド・ベースの、シンプルな画面表示ソフトウェアです。画面表示を自在に操りましょう。
ダッシュボード、Webサイト、画像、動画、およびコンテンツを、あらゆる画面に表示できます。クラウド・ベースのシンプルな画面表示ソフトウェアです。 VuePilotは、従業員や顧客向けのダッシュボードやコンテンツを画面に表示するために開発されました。あらゆる画面上で、ビジネス関連のあらゆるものを簡単に表示することができます。 ブラウザで表示できるものであれば、VuePilotでも対応できます。 退屈なダッシュボード画面を、職場のデジタル・サイネージに変えましょう。 VuePilotの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
テレビにコンテンツを配信する非常にシンプルなアプリは、15分でセットアップして実行することができます。その性能を試してください。 テレビ1台あたり月額わずか$11.90。 または年間プランで30%オフ。
事業所にテレビ・スクリーンがある場合、 使いやすく直感的なLiqvid Live Digital Signageプラットフォームでデジタル・スクリーンの効果的な活用に取り組んでみませんか。 視聴者を楽しませ、ユーザーの提案を宣伝して顧客の平均チェック数を増やすことができます。 - Google Playを使って15分間でセットアップできます。経験は不要です。 - 各テレビ用にリモートでメディアをスケジュールできます。 - すべてを携帯電話から管理できます。 - プラットフォーム内で独自の販売コンテンツを作成できます。 - テレビ・チャンネル放送で顧客を楽しませることができます。 今すぐ始めましょう。 Liqvidの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
キャンペーン・スケジューリング、リアルタイム・モニタリング、監査ログなどの機能を備えたプロ仕様のクラウドベースのデジタル・サイネージ・プラットフォーム。
OnSign TVは、その信頼性、使いやすいインタフェース、手頃な価格で知られるプロフェッショナルなデジタル・サイネージ・プラットフォームです。 スクリーンを100か国以上に設置済みのOnSign TVは、最大1,000台のスクリーン管理が可能です。また、OnSign TVは、リアルタイム・モニタリング・システムにも優れ、Web管理コンソールからすべての画面を直接追跡および表示し、リモート制御を簡単に行うことができます。 OnSign TVは、再生前にすべてのコンテンツをキャッシュすることで、ネットワーク環境が悪い場合でも優れた機能を発揮します。 OnSign TVの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
ローカルまたは世界で、中心となる拠点から従業員と顧客の両方に対して、メッセージを伝えることができます。
Scalaソリューションを使用すれば、デジタル・サイン、キオスク、モバイル・デバイス、Webサイト、インターネット接続デバイスのネットワークを接続することで、視聴者エンゲージメント体験を作り上げることができます。STRATACACHEカンパニーのScalaは、マーケター、小売業者、イノベーターがこれらのデジタル体験を簡単に展開して一元管理しながら、現地のビジネス状況や視聴者の好みにリアルタイムで適応できる柔軟性も備えたプラットフォームを提供しています。 Scalaの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新
Navori Labsは、プレミアム・テクノロジーを提供するグローバルなソフトウェア・イノベーターです。デジタル・サイネージとマーケティング分析ソリューションを提供しています。
Navori QLデジタル・サイネージは、エンタープライズ・グレードのソフトウェアです。これには、マルチユーザー、マルチレベルWebコンテンツ管理モジュール、プレイリストのスケジューリング、ルール・ベースの再生、モニタリング、レポート機能を搭載したQLサーバが含まれます。QL Playerを使用すると、Windows PCまたはAndroidプレーヤーで実行される強力なプレーヤー・ソフトウェアを通して、マルチレイヤー・テンプレート、画像、ビデオ、RSSおよびXMLフィードのネイティブ再生、MS-ExchangeとGoogleカレンダー、ライブTVとビデオ・ストリーミングなど、プロフェッショナルな機能セットを共有することができます。 QL Digital Signage Softwareの製品詳細

機能

  • ビジュアル・エディタ
  • アクセス制御・許可
  • 電子メニューボード
  • アラート/通知
  • テンプレートのカスタマイズ
  • マルチメディア・サポート
  • レイアウト、デザイン
  • プレイリスト管理
  • 自動更新

デジタルサイネージソフトのお役立ちガイド

はじめに

デジタルサイネージソフトを使用すると、マルチメディアサイン、広告、情報コンテンツ、画像、および他のデジタルサインを作成、スケジュール、および配信できます。ユーザーはこれらのデジタルサイネージソフトを使用して、表示するコンテンツを選択し、デジタルディスプレイに表示できます。コンテンツは一つの画面あるいは複数の画面に表示することができます。デジタルサイネージソフトは、企業のデジタルサイネージに関するあらゆるニーズに対応する一元的な管理センターとして利用できます。表示するコンテンツは、通常、コンピュータ、スマートフォン、タブレット、テレビ画面などから取得できます。

デジタルサイネージソフトを使用して表示できるコンテンツは多岐にわたります。代表的なコンテンツには、メニュー、スケジュール、プロモーション用のコンテンツ、ニュース、天気情報などがあります。デジタルサイネージはさまざま業種で利用されており、特にホテル、レストラン、ショッピングセンター、空港、カジノなどで一般的に利用されています。従来型のサイネージと比較して、デジタルサイネージを活用する主な利点の一つは、一日の異なる時間帯に異なるコンテンツを表示できることです。デジタルサイネージソフトでは、表示するコンテンツをスケジュールして自動的に表示することも、手動で表示することも可能です。

デジタルサイネージソフトの主な機能には、コンテンツのスケジュール管理以外に、マルチスクリーンのサポート、ビジュアル編集機能、カスタマイズ可能なテンプレート、メディアライブラリ、リモートディスプレイ管理ツールなどがあります。デジタルサイネージソフトの機能は、プレゼンテーションソフト動画管理ソフト、およびCMS(コンテンツ管理システム)と比較されることがあります。デジタルサイネージソリューションは、これらのソフトウェアパッケージと組み合わせて、あるいは、これらのアプリケーションの代わりに使用される場合があります。

デジタルサイネージソフトに含まれる機能の範囲は、各パッケージによって異なります。これらの製品が提供する品質とともに、このようなソフトウェアの主要な差別化要素となっています。高品質なデジタルサイネージソフトに求められるコア機能はいくつかあります。優れたデジタルサイネージソフトを使用すると、以下が可能になります。

  • デジタルサイネージのコンテンツをビジュアル編集機能で編集し、ライブラリに保存する
  • 選択したコンテンツを特定の画面に表示したり、複数の画面に同時に表示したりする
  • コンテンツを表示するタイミングと、表示するコンテンツを切り替えるタイミングをスケジュールする
  • Webブラウザやモバイルアプリからデジタルディスプレイをリモートから管理する

デジタルサイネージソフトとは?

デジタルサイネージソフトまたはデジタルサイネージプラットフォームは、マルチメディアサイン、広告、情報コンテンツの作成、スケジュール、配信を可能にするために設計されています。これらのアプリケーションを使用すると、単一または複数のデジタルディスプレイを使用するための主要な機能を一元的に管理でき、機能の一部を自動化して利便性を向上することも可能です。

一般的に、優れたデジタルサイネージソフトでは、次のような機能を利用できます。 表示するデジタルコンテンツの作成と編集 内部メディアライブラリにおける表示コンテンツの管理 デジタルディスプレイに表示するコンテンツのリモートコントロール 異なる時間や状況でオーディエンスに合わせてディスプレイに表示するコンテンツを変更するスケジュールの作成 デジタルサイネージ製品のこれらの機能を使用して、デジタル広告、メニュー、ニュース、および他の重要な情報の表示を制御できます。

このようなデジタルサイネージソフトは、ホテル、カジノ、ショッピングセンター、レストランなどで広く利用されていますが、これ以外の業種の企業やユーザーは、デジタルスクリーンやマルチスクリーンにコンテンツを表示する必要があれば、デジタルサイネージソフトを導入して効果的に活用できます。デジタルサイネージの大きな利点の一つは、時間とともに表示するコンテンツを変更でき、動的なコンテンツを簡単に活用できることです。

デジタルサイネージソフトの利点とは?

デジタルサイネージソフトはデジタルディスプレイを一か所から効果的に制御および管理するツールを提供しており、デジタルディスプレイを活用するときと同じような利点がもたらされます。しかし、デジタルディスプレイとデジタルサイネージソフトを組み合わせて使用することで、具体的にどのような利点がもたらされるのかを理解することが大切です。

  • 高品質なデジタルディスプレイ:デジタルサイネージソフトとデジタルディスプレイを使用する大きな利点の一つは、表示するコンテンツの品質を強化できることです。4K画面などの高品質なデジタル画面では、画像、文字、および他のコンテンツを高解像度で表示でき、デジタルサイネージソフトで高品質のコンテンツを作成できます。この結果として、デジタル広告などのコンテンツが多くの通行人に注目されやすくなります。また、大切な情報を表示する状況では訴求力を向上でき、知識の定着率でも優れた効果を発揮することができます。
  • 優れた費用対効果:印刷広告、印刷物や手書きのメニューボード、および同様のディスプレイを利用する従来型の方法は、時間がかかり費用もかさみます。ディスプレイを設置する各スペースで材料やインクを使用して、表示するコンテンツを時間をかけて印刷しなければなりません。また、修正が必要となる場合、ディスプレイに表示するすべてのコンテンツを再印刷しなければなりません。対照的に、デジタルサイネージソフトでは、ボタン一つで複数のデジタルディスプレイにコンテンツを表示できます。これらのソフトウェアから表示するコンテンツを変更すれば、ディスプレイを即座に更新することができ、コスト効率が格段に向上します。また、広告の場合、紙媒体を利用する場合に比べ、予算を効果的に活用できます。
  • 静的なディスプレイの終焉:デジタルサイネージソフトのもう一つの利点は、ビデオ、動画、ライブテキストなど、さまざまな形態の動的なコンテンツを利用できることです。これにより、固定されている一画面を使用するように制限されることがなくなり、動的な画面を活用してオーディエンスの注目を集め、ユーザーに本当に訴求したい情報を伝えることができます。多くの場合、ニュースフィードや最新の天気予報、最新の株式情報などのコンテンツを利用することができ、1日を通して最新の情報を常に表示することが可能です。
  • サイネージのリモートコントロール:優れた最新のデジタルサイネージのオペレーティングシステムがもたらす重要な利点は、デジタルサイネージをリモートから操作して管理する能力です。これにより、ユーザーはディスプレイを設置した同じ場所にいなくても、デジタル画面に表示するコンテンツを管理および変更し、表示するスケジュールを作成できます。クラウドベースのソフトウェアでは、リモートアクセスは特に重要な機能であり、多くのソリューションではWebブラウザを使用して操作を実行できます。この機能により、世界中のどこにいても、さまざまなデバイスからサイネージに表示するコンテンツを変更することが可能になります。このリモートコントロール機能は、リモートワークやハイブリッドのワークモデルが拡大している中で非常に重要です。実際、67%の従業員が在宅勤務を希望しているという調査結果が明らかになっていることからも、企業はこのようなリモートコントロール機能を取り入れなければならなくなるかもしれません。

デジタルサイネージソフトの機能とは?

デジタルサイネージソフトの機能は、主にユーザーがアクセスできるさまざまなデジタルディスプレイと、ディスプレイに表示するコンテンツをいつでも詳細に制御できるように設計されています。一般的に、このカテゴリのソリューションの多くは、一定レベルのコントロールを提供する似たようなコア機能を実装していますが、これらの機能の実装方法が異なる場合もあります。さらに、いくつかの補助的な機能が異なっており、差別化要因になっていますが、自社にとって最適なデジタルサイネージソフトを絞り込む場合には、さらに詳細に機能を比較することが必要となる場合があります。このような多くのソリューションに見られる機能を以下に示します。

  • コンテンツのスケジュール:コンテンツを表示するスケジュールを作成および変更し、デジタルサイネージに表示するコンテンツを時間とともに変更できます。コンテンツをスケジュールする機能はさまざまな場面で活用でき、適切なコンテンツを適切なタイミングで適切なオーディエンスに表示できます。優れたデジタルサイネージソフトでは、表示するコンテンツを選択した時間に自動的に変更するスケジュールを作成したり、コンテンツを表示する基本的な順番を作成して手動で変更したりすることが可能です。これらの機能は、デジタルサイネージを自由にコントロールすることを目的にしています。
  • メディアライブラリ:すべてのメディアコンテンツを中央のリポジトリで管理および保存し、デジタルディスプレイの主な構成要素にすばやく簡単にアクセスできるようにします。このようなデジタルライブラリで保存および管理されるメディアの主な例には、ビデオ、動画、写真、ロゴなどのグラフィック、テキスト、プレゼンテーションソフトで作成されたスライドショーコンテンツなどがあります。ライブラリには新しいメディアをいつでも追加でき、不要になった古いメディアはライブラリから削除できます。また、メディアライブラリが一元化されているため、何人もの従業員がさまざまな場所からデジタルサイネージソフトにアクセスする必要がある場合でも、すべての関係者が完全に同じコンテンツにアクセスできます。
  • マルチスクリーン対応:複数のスクリーンに同時に表示するコンテンツをコントロールし、すべてのデジタルサイネージを一元的に簡単に管理できます。多くのデジタルサイネージソフトが提供するマルチスクリーン機能では、個別の要件に合わせて、異なるコンテンツを別の画面に表示したり、同じコンテンツを複数の画面に同時に表示したりできます。また、非常に高度な機能を提供しているアプリケーションでは、画面に合わせてコンテンツを自動的に拡大および縮小することができ、サイズや異なる複数の画面を使用する場合でも、コンテンツのフォーマットを最適化して表示できます。
  • ディスプレイのリモート管理:ディスプレイについて必要となるすべての管理作業をリモートから実行できます。リモートからデジタルサイネージソフトにアクセスできるため、ディスプレイが設置されている場所にユーザーがいなくても、すべてのデジタルディスプレイをコントロールできます。これは、リモートワークやハイブリッドワークを許可している企業や、複数の拠点があり、共通のマーケティングやデジタルコンテンツ戦略を展開している企業にとって非常に有効です。一般的なリモートディスプレイ管理機能では、コンテンツの編集、スケジュールの作成、選択したコンテンツを表示する画面の管理などを行うことができます。
  • ビジュアルエディタ:デジタルサイネージに表示するコンテンツをビジュアルエディタで編集します。このエディタにはユーザーフレンドリーなインタフェースが提供されており、ユーザーは表示するメディアを追加および調整でき、実際にディスプレイに表示する前に最終的な仕上がりを確認できます。ソリューションによって、サイネージを編集する機能は異なりますが、テキスト編集、画像編集、アニメーションの使用などが基本的な機能として含まれます。多くのソリューションのビジュアルエディタ機能は、プレゼンテーションソフトで利用できる機能に似ています。
  • カスタマイズ可能なテンプレート:デジタルサイネージ用のさまざまなテンプレートを利用でき、テンプレートをカスタマイズすることもできます。デジタルサイネージソフトでテンプレートが提供されている場合、一般的なレイアウトで表示するのに適したコンテンツをすばやく簡単に作成できます。これらのテンプレートは簡単に編集でき、特定の画像やテキスト、ビデオコンテンツなどのメディアを追加することも可能です。テンプレートを使用すれば、新しいユーザーでも専門的なトレーニングを受けずに、高品質なデジタルサイネージを作成して表示できます。さらに、デジタルディスプレイで動的なコンテンツを表示する場合、テンプレートを使用すれば、表示するすべてのコンテンツに一貫性を持たせることができます。

キャプテラのソフトウェアディレクトリを活用すれば、市販のソリューションが提供しているさまざまな機能をすばやく簡単に比較できます。また、デジタルサイネージソフトのレビューを読んで、自社に最適な製品を絞り込み、他のユーザーによる各製品の評価を参照することができます。また、搭載されている機能を基準に、利用可能なソフトウェアをソートすることも可能です。これにより、自社が最も必要な機能を搭載しているソフトウェアのみを表示でき、効率的に検索して必要なソフトウェアを絞り込むことができます。

デジタルサイネージソフトの購入時に考慮すべき点は?

デジタルサイネージソフトを購入する際には、デジタルサイネージに関する自社のニーズ、現在のディスプレイの設定環境、作成および表示するコンテンツの種類について主に検討しましょう。その他にも、適切なソリューションを選定するために検討しなければならない重要な点がいくつかあります。以下のような質問に回答して、十分な情報に基づいて必要なソフトウェアを選択してください。

  • デジタルサイネージを利用する目的は? デジタルサイネージで表示する自社の目的は何かを最初に検討してください。レストランでメニューを表示する場合と、デジタルサイネージで広告を表示する場合では、ニーズが大きく異なる場合があるため、目的を把握することが重要です。また、市販のソリューションの中には、特定の用途に対応しているものもあれば、一般的なデジタルサイネージのニーズに対応しているものもあります。例えば、広告を表示する場合、デジタルサイネージに特化した広告向けのソフトウェアに投資すれば、便利な追加機能を利用できる場合があります。どの程度高度な機能が必要となるのかを検討し、必要な機能について優先順位を付けて、自社に最適なソフトウェアを選定しましょう。

  • デジタルサイネージソフトのコストは? 必要な機能を検討したら、次に各ソリューションのコストについて詳細に検討しましょう。コストを検討する優れた方法は、ソフトウェアを所有するためにかかるすべて費用を基準に予算を設定することです。この場合、初期購入の費用、継続的なサブスクリプション費用、セットアップ費用、トレーニング費用、データストレージ費用、さらに、ソフトウェアのアップデートや問題が発生したときのテクニカルサポートに関連する費用などを考慮しなければなりません。また、購入時の費用だけでなく総所有コストを考慮すれば、後日、予想外の費用が発生することがなくなります。

  • デジタルサイネージを使用する場所は? また、デジタルサイネージをどこで使用するかを検討することも重要です。サイネージを設置する場所が一箇所であり、同じ場所でデジタルサイネージソフトを使用するのであれば、特に高度な機能は不要です。しかし、さまざまなコンテンツを表示するいくつものデジタル画面を複数の場所に設置する場合、リモートアクセス機能を搭載するソフトウェアを選択する必要があります。また、デジタルサイネージに関する数年後のニーズも考慮して、できる限り長期的に活用できるソリューションを購入するようにしてください。

  • トレーニング要件は? 新しいソフトウェアを職場に導入する場合には、ソフトウェアを効果的に活用する方法を理解している従業員が必要となり、必要なトレーニングを提供しなければならないことがあります。ソフトウェアを使用する必要があるユーザー、現在の能力レベル、特定のデジタルサイネージソフトのトレーニングが必要なユーザー数について慎重に検討してください。また、広範なオプションや機能がある高度なソリューションを選択すると、トレーニングの要件が増える可能性があります。

  • 最適な導入オプションは? デジタルサイネージソフトには主に2つの導入方法があります。自社のニーズや状況に応じて最適な方法を選択してください。オンプレミスソリューションの場合、ソフトウェアを購入した後にオンプレミスに導入し、ソフトウェアのアップデートや関連データの保管は自社の責任で行います。一方で、クラウドベースのソリューションは通常、サードパーティのサービスプロバイダーから提供されます。この方法では、サービスプロバイダーが責任を持ってソフトウェアの提供、最新版の適用、関連データのクラウドへの安全な保管を行い、ユーザーはサブスクリプション費用を定期的に支払います。この場合には、初期費用を削減でき、発生する費用も予測しやすくなります。

  • デジタルサイネージソフトを利用する必要があるのは誰か?最後に、デジタルサイネージソフトを利用する必要があるのは誰か、また、利用するユーザーのワークスタイルについて熟考することが重要です。リモートワークをしているユーザーが利用する必要がある場合、ディスプレイのリモート管理機能が充実しているソリューションを優先する必要があります。また、従業員が使用するデバイスや、外出先からアクセスする必要があるかどうかを考慮し、クラウドベースのオプションやモバイルアプリを一緒に提供しているソリューションを選ぶ必要もあります。

デジタルサイネージソフトに関する注目トレンドは?

最新の機能を提供しており、最新のニーズに対応できるソリューションが必要となる場合があるため、自社に最適なソフトウェアを決定する場合には、デジタルサイネージソフトの最新トレンドについて注目する必要があります。さらに、既存のプロセスと連携できるソリューションを見つけるためにデジタルサイネージソフトを詳細に比較する場合には、ソフトウェアとテクノロジーに関する全般的なトレンドを把握しておけば大きく役立ちます。特に注目すべきトレンドの概要を以下に示します。

  • インタラクティブ機能のニーズの増大:デジタルサイネージの分野で関心が高まっているのが、インタラクティブサイネージという概念です。インタラクティブサイネージでは、オーディエンスが画面でさまざまなオプションを選択したり、チャットボットと対話したり、音声コマンドを使用して動的なコンテンツと対話し、その結果に応じてコンテンツを表示したりできます。これらの機能が必要な場合には、インタラクティブサイネージの機能が充実しているソリューションを見つけてください。例えば、レストランでは、お客様がメニューをテレビ画面に表示し、メニュー項目とやり取りして詳細を確認できるデジタルメニューを提供するソフトウェアを選定する必要があるかもしれません。同様に、デジタルサイネージ広告ソフトウェアの中には、ユーザーが商品に関する情報を見た後に、詳細情報を表示したり、QRコードにアクセスしたり、注文したりすることができるものもあります。
  • オーディエンス分析:また、単にデジタルコンテンツを表示するデジタルサイネージから、付加的な機能を提供するスクリーンへの移行も注目すべきトレンドです。代表的な例には、カメラと人工知能テクノロジーを活用して、サイネージに対するオーディエンスの実際の関わり方や感情的なリアクションを把握できるスクリーンがあります。このケースには、デジタルサイネージは2つの目的を果たすことができます。オーディエンス分析がデジタルサイネージ戦略に含まれる場合には、このような分析機能をサポートし、分析のためのコンポーネントを適切に制御できるソフトウェアを探しましょう。
  • クラウドへの移行:クラウドコンピューティングを採用し、クラウドベースのSaaSを導入することの利点を理解する企業が増えています。デジタルサイネージソフトにリモートからアクセスする必要がある職場や、さまざまなデバイスでさまざまな場所からデータにアクセスする必要がある場合に、クラウドべースのソフトウェアを使用する利点は特に大きくなります。SaaSベースのソリューションにも利点がありますが、オンプレミスのソリューションにも利点があります。自社のニーズに合わせて最適なソリューションを選択することが重要です。
  • 会話型インタフェース:スマートスピーカー、音声アシスタント、テープ起こしソフトなどが登場していることから、デジタルサイネージ以外のパッケージでも会話型ユーザーインタフェースへの需要が高まっています。これは利便性を向上するだけでなく、アクセシビリティを向上し、身体の不自由なユーザーがソフトウェアを簡単に利用できるようになります。このようなニーズがある場合、音声コマンドを理解して応答できる会話コンポーネントを含むデジタルサイネージソフトを検討することを推奨します。
  • ソーシャルメディアの接続:最後に、デジタルサイネージの一部としてソーシャルメディアのフィードを使用するトレンドが企業で高まっていることを認識しておきましょう。特に、ニュースやビジネスの最新情報、ブランドメッセージなどを共有する場合にソーシャルメディアと連携することが有用となります。このようなケースでは、ソーシャルメディアと連携する機能が組み込まれているソフトウェアを見つける必要があります。また、このソーシャルメディアとの連携が実際にどのように構成されているのか、また、デジタルサイネージソフトからソーシャルメディアのチャネルに最新情報を投稿できるかどうかを調べることも重要です。これが可能であれば、すばやく情報を更新し、優れたコントロールを実現できます。

出典

本書で紹介した機能は、デジタルサイネージソフトとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. Digital Signage Software (デジタルサイネージソフト) - キャプテラUK (アクセス日:2021年10月8日、金曜日)

  2. 5 Key Takeaways From The Switch To Remote Work In the UK (英国でのリモートワークへの移行における5つの主要な学び) - キャプテラブログ (アクセス日:2021年10月8日、金曜日)