キャプテラ - 企業の最適な
ソフトウェア選びをサポートし15年

オンライン研修ツール

オンライン研修ツールでは、学生や企業従業員向けの教育活動を自動化できます。多くの研修ソリューションには、コース登録、テスト、認定追跡、会議、スキル追跡、報告などの機能が搭載されていて、組織のニーズに基づいてカスタマイズすることができます。授業出席時のフレームワークや支払いに使うeコマース機能が搭載されている研修アプリケーションもあります。研修は、学習管理システム (LMS) と関連付けられています

注目のSaaS

レビュー投稿数の多い製品

オンライン研修ツールカテゴリで、ユーザーによるレビューが最も多い製品をご確認ください。

日本 日本製品のみ表示

162件の結果

使いやすいクラウド型LMSには多機能のeラーニング作成ツールが備わっています。手間をかけずに、たった1日でeラーニングを社内で導入できます! iSpring Learnの製品詳細
iSpring Learnは強力なeラーニング作成ツールを備えた次世代型LMSです。iSpringを使用すると、社内の新人研修や社員の継続的な学習を簡単に開始し、時間や場所を問わずに従業員の研修を行うことができます。iOSとAndroidのアプリを使用すると、学習者はスマホやタブレットからすぐにポータルにアクセスして、コースを学習できます。管理者はリーズナブルな価格で大きな価値を得られます。テック・サポートが24時間体制で対応しています。iSpring Learnがお客様の課題解決にどのようにeラーニングを役立てるのか、30分の無料ライブデモを予約してご覧ください。 iSpring Learnの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
LearnWorldsは、独自のWebサイトからオンライン・コースを作成および販売するための、優れたオンライン研修プラットフォームです。 LearnWorldsの製品詳細
LearnWorldsは、強力でユーザー・フレンドリーなホワイトラベル・オンライン学習プラットフォームで、さまざまな研修に最適です。独自にブランド化したアカデミーを簡単に作成できます。調整された魅力的な研修プログラムを構築し、学習者のパフォーマンスを段階評価で評価しましょう。マイクロラーニングや短期学習アクティビティから、学習者が希望する包括的カリキュラムまで、あらゆる業界に対応でき、常に最新情報が取り込まれたオンライン研修を開始しましょう。 LearnWorldsの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
企業のトレーニング要件を積極的に管理し、従業員が資格や認定ステータスを維持できるようにします。 ISOtrainの製品詳細
企業のトレーニング要件を積極的に管理し、従業員が資格や認定ステータスを維持できるようにします。ISOtrainでは、簡単にコースを整理し、組織内の従業員に割り当てることができます。また、どのコースをいつ受講すべきかの通知を各従業員が受け取れるので安心です。 ISOtrainの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
Absorb LMSプラットフォームを使用すると、社内外の学習者を簡単にトレーニングできます。興味深い体験を作り出し、すべてのトレーニング・プロセスを追跡しましょう。 Absorb LMSの製品詳細
Absorb LMSプラットフォームを使用して、インタラクティブで追跡可能なカスタム・トレーニング・プログラムを作成しましょう。社内の従業員や、顧客、パートナー、メンバーなどの外部関係者を、興味深い学習者体験で簡単にトレーニングできます。Absorb AnalyzeとAbsorb Analyze Directの詳しい分析ダッシュボードを使用して、コースを効率的に管理し、追跡された学習者の取り組み方についてレポートします。当社の専門家が作成したライブラリから既成のトレーニングコースを購入することも、Absorb Createでカスタムコースを作成することも可能です。 Absorb LMSの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
ニーズに合わせて調整できる強力な研修プラットフォームであるeFrontでは、従業員やパートナー、顧客の研修を行うことができます。 eFrontの製品詳細
eFrontは、大勢の従業員やパートナー、顧客の研修に高度なセキュリティ対策と広範なカスタマイズを必要とする企業向けの柔軟な研修プラットフォームです。適応性に優れた企業研修ソリューションで、研修の仮想環境とデータを厳格に管理することができます。eFrontは他のインフラストラクチャとシームレスに連携するので、組織の成長に合わせて拡張できます。 eFrontの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
ブラウザで営業シミュレーションの分岐シナリオを簡単に作成できます。お気に入りの学習管理システム (LMS) やオーサリングツールに埋め込むことも可能です。 BranchTrackの製品詳細
ブラウザで営業シミュレーションの分岐シナリオを簡単に作成できます。お気に入りの学習管理システム (LMS) やオーサリングツールに埋め込むことも可能です。ブラウザで営業に関するシナリオベースの研修を作成するための設計スキルや技術的スキルは必要ありません。幅広い組み込みのキャラクターからの選択や独自のキャラクターをアップロードすることも可能です。キャラクターが足りない場合は、分岐動画を使用して、営業研修のインタラクティブなシナリオを作成できます。 BranchTrackの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
TalentLMSは、誰もが満足できるように設計されており、企業が従業員、パートナー、顧客のトレーニング目標を達成するのに役立ちます。 TalentLMSの製品詳細
TalentLMSはトレーニングを成功に導くために開発された学習管理システム (LMS) です。誰もが満足できるように設計されており、優れたチームや企業が成長する場となっています。完全にカスタマイズ可能で、管理も簡単なため、チームは自宅から安心してトレーニングを受けることができます。TalentLMSは、どのようなチームや用途にも適したトレーニングを簡単に提供することができ、専門的なガイダンスやサポートもあらゆる段階で利用できます。トレーニングの民主化というミッションにおいて、TalentLMSはすでに世界の70,000以上のチームがサービスを利用しています。 TalentLMSの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
デジタル作業指示書、チェックリスト、標準作業手順書 (SOP) を活用し、製造およびフィールド・サービス・エンジニアリングにおける初回作業の成功率を高めます。 SwipeGuideの製品詳細
デジタル標準作業を通して優れたワークフォース・エクセレンスを促進します。 SwipeGuideプラットフォームとアプリは、食品・飲料メーカーによるサイト、ライン、チーム間の運用知識とパフォーマンス向上をサポートします。 ハイネケン、ペプシコ、オルクラ、コカ・コーラなどの顧客が知識定着率を25%向上させるとともに、初回成功率 (+26%) の改善を実現しています。 デジタル標準作業は、オペレーショナル・エクセレンスを推進します。SwipeGuideは、最終的に理にかなった方法で配信されます。 SwipeGuideの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
あらゆる規模の組織が、顧客、パートナー、スタッフに、経験に基づいた学習とスキル検証を提供できるようにします。 Skillableの製品詳細
迅速かつ簡単にラボ環境を作る方法をお探しなら、お任せください。このプラットフォームは他に類を見ないものであり、あらゆる規模の組織が、経験に基づく学習とスキル検証を顧客、パートナー、スタッフに提供することができます。ホスティングから統合、ラボを簡易に作るためのツールに至るまで、このプラットフォームは、ユーザーの目的に合わせてカスタマイズが可能です。 Skillableの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
eラーニング用のオープンソース・ソリューションを世界中の教育者に提供する無料のオンライン学習管理システム。
Moodleは、世界で非常に信頼されているオンライン学習ソリューションです。Moodleエコシステムのエンジンは、Moodle LMSです。これは、世界中の2億5,000万人以上の学習者が利用する安全でカスタマイズ可能なオープンソース・プラットフォームです。Moodle LMSは、忠実なコミュニティと共に開発されています。それに加えて、Moodle Workplaceを含む製品のエコシステムや、ホスティング、カスタマイズ、サポートなどを提供するパートナーとサービスのネットワークにより支援されています。 Moodleの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
教育者が課題の作成、フィードバックの受領、進捗の評価、情報共有などを行えるコラボレーション・ツール
教育者が課題の作成、フィードバックの受領、進捗の評価、情報共有などを行えるコラボレーション・ツール Google Classroomの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
GoTo Webinarは毎年数百万件ものウェビナーをサポートし、現在はGoTo Connectの一部となっているオールインワンの中小企業向けコミュニケーションソフトウェアです。
GoTo Webinarは他のどんな研修ソリューションよりも多くの顧客に信頼されており、毎年数百万件ものウェビナーをサポートしています。マーケティング、研修、企業コミュニケーションなど、どのような目的に使用するウェビナーであっても、GoTo Webinarなら非常にシンプルな使い心地の信頼できるテクノロジーでウェビナーを再び楽しいものにできます。オーディエンスを惹きつけ、ビジネスを推進する個人的な繋がりを生み出すために必要な機能、統合、分析があります。評判が危機に瀕したとき、必要になるのは信頼できるソリューションです。 GoTo Webinarの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
要員計画、分析、実行を行うためのクラウド・ベースの単一ソリューション。
Workday HCMは、要員計画、分析、実行を行うためのクラウド・ベースの単一のソリューションです。このソリューションは、Fortune 500やフォーブス・グローバル2000にリストされる多くの企業で俊敏で効率的なオペレーションを行うために使用され、企業において将来的に発生するあらゆる事態への備えを実現しています。硬直した人事システムやポイント・ソリューションとは異なり、Workdayはスキルベースの人材管理 (HCM) の基盤を提供し、テクノロジー、従来と異なる勤務形態、従業員の期待が変化する際の影響にもユーザーが適切に対応できる継続的な革新が可能になります。 Workday HCMの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
次世代の学習管理システムを使用して、従業員、パートナーおよび顧客を効果的にトレーニングし、より高度な学習体験を提供できします。
次世代の学習管理システムを使用して、従業員、パートナーおよび顧客を効果的にトレーニングできます。学習者に、高度かつ楽しい学習体験を提供できます。スキルのギャップを減らし、魅力的かつ法令に準拠した最新の学習者エコシステムを管理します。Adobeによるワールドクラスのエンタープライズ向け学習管理システムを体験しましょう。主な特徴:1. 一流のアナリストや業界団体が評価 2. 複数のカテゴリーで優秀賞を受賞 3. 世界中の大手企業が採用 4. 何百万人もの熱心な学習者が利用 Adobe Learning Managerの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
WebHRは、クラウドベースの人事ソリューションのグローバル・リーダーとして高い人気を誇っています。企業の最も重要な資産である人材を管理の管理を支援します。
WebHRは、人事業務のあり方に革命をもたらします。WebHRは、中小企業向けに設計されたクラウドベースのオールインワン人事ソフトウェアです。採用から退職までのあらゆる人事機能を革新的な方法で処理します。WebHRは、企業のコストを削減するだけでなく、生産性を高め、スペースを節約し、オフィス間およびオフィス内のコミュニケーションを迅速かつ確実に、より効率的に行うのに役立ちます。WebHRは、企業の最も重要な資産である人材の管理を支援します。 WebHRの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
革新的な技術とサービスを通じて、Blackboard for Businessは、組織が学習を戦略的優位性に変える支援をします。
Blackboardは、学習分野における世界トップレベルの企業です。1億人以上の学習者と20年の経験で、完成された効果的な学習法を提供します。世界中の700以上の企業および政府機関が、測定可能な方法で従業員の成長を促進する成果ベースの学習を提供できるよう、支援してきました。技術とサービスの両方を統合した弊社のラーニング・エコシステムは、従業員と組織が成長するための学習プログラムを強化する、信頼できるワンストップ・ソリューションを提供します。 Blackboard Learnの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
チームをトレーニングし、成長させるのを容易にする、オールインワンの知識とトレーニングのアプリ。今すぐビジネスアイディアを具体化しましょう。
Trainualの知識移転とトレーニングのプラットフォームで、成長中のチームが仕事の進め方に関するプレイブックを作成することができます。Trainualを利用することで、ビジネスにおけるすべての役割と責任に関するすべてのプロセス、ポリシーや手順の、文書化、整理、割り当ておよび検索が簡単にできるようになります。その結果として、より迅速なオリエンテーションとトレーニング、よりシームレスな委任、拡大時の一貫したプロセス、説明責任の強化がもたらされ、誰もが必要な知識を常に把握できます。 Trainualの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
360Learningは、コラボレーション・ツールとLMSのパワーを組み合わせた学習プラットフォームです。私たちは、文化を推進すべく、L&Dチームを支援します。
360Learningは、学習および開発チームが協力学習を通じて文化と成長を促進できるようにします。この学習プラットフォームは、協力的ツールとLMSのパワーを組み合わせ、高成長企業がトップダウン型の知識ではなく、集合的な専門知識に基づいた学習を発展させられるようにします。360Learningは、新入社員のオリエンテーション、顧客対応チームの研修と専門的なスキルの習得を、すべて1か所から簡単に行える方法です。 360Learningは、1,500の組織における事業の将来性を支援しています。 360Learningの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
新しい従業員のオリエンテーション、日常業務の研修、カスタムコース:Connecteamの研修管理ソフトウェアは使いやすく、すぐに使い始めることができます。
Connecteamの研修管理ソフトウェアを使用すれば、リモートで働く従業員や外回りの従業員向け研修を、簡単に実施できます。既存のドキュメント、メディア、Webサービスをアップロードするだけで、一から作り直す必要はありません。研修ステータスの確認、修了のための小テストの追加、ライブラリの作成、プッシュ通知の送信、フィードバックの依頼、研修に関するチャット・ディスカッション、研修セッションのスケジューリングなど、すべてがこのモバイル・アプリから実行できます。 Connecteamの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
Joltは、日々の業務と時給制労働者を管理するためのアプリベースのソフトウェアです。オーナーやマネージャーは、リアルタイムで業務状況を把握することができます。
Joltは、Chick-fil-A、LEGOLAND、Regal Cinemasなどの企業で日々の業務管理のために使用されている、アプリベースのソフトウェアです。Joltは、マネージャーやオーナーが各ロケーションの業務状況をリアルタイムで知ることができる、業界トップレベルのタスク管理ソリューションです。パッケージには、研修ライブラリ、ドラッグ・アンド・ドロップ式のスケジュールビルダー、メールおよびテキスト通知、顔認識機能付きタイムクロックなどが含まれています。 Joltの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
Compliance & CEは、研究室向けの総合的な学習管理ソリューションです。
Compliance & CEは、研究室向けの総合的な学習ソリューションです。従業員に安全性研修、P.A.C.E.認定の生涯教育、カスタムコース、およびチェックリストを、費用対効果の高い単一のオンラインシステムで提供します。 Compliance & CEの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
カタログ、パンフレット、雑誌、ポートフォリオなどを簡単に作成、公開したい場合にぴったりのオンライン出版ツールです。
Flipsnackは、デジタル・カタログ、雑誌、パンフレット、ポートフォリオ、レポート、フォト・アルバム、新聞、その他多種の出版物を作成、公開するために世界中の人々に使用されているブラウザ・ベースのオンライン出版ツールです。 使い方: PDFをアップロードするだけで、ページめくり機能の付いた美しいオンライン・マガジンを自動で作成することができます。 また、オンラインのDesign Studioを使用して独自のオンライン出版物を一から作成することもできます。 Flipsnackの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
数百万人のユーザーから信頼され、受賞歴のある学習管理システムで、トレーニングをシンプルに。トライアルは100%リスクフリーです。
SAP Litmosは、あらゆる組織のトレーニング・ニーズを簡素化するクラウド・ベースの学習プラットフォームです。学習およびトレーニングの管理、拡張エンタープライズ、事前パッケージ化されたコンテンツ、コンテンツ管理システムを統合した、究極のトレーニング・ソフトウェアです。プラットフォームのコンテンツは、あらゆるデバイスから、ユーザーがすでに利用中のアプリケーションでアクセス可能であり、本格的に組み込まれた学習体験を得ることができます。20の業界、130カ国以上で数百万人のユーザーがSAP Litmosを使用して、より質の高い学習をしています。 Litmosの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
クラウド上に導入された人材管理ソリューションで、従業員のパフォーマンスを向上させ、ビジネスの成長に向けた活動と整合させることができます。
SuccessFactors HRソフトウェアバンドルは、従業員が500人未満の企業や部署の人材管理ニーズに特化してカスタマイズされています。SuccessFactors HCMを使用すると、人事プロセスを自動化し、可視性と効率性を向上させ、ビジネス戦略を日々実行に移すことができます。ソフトウェアはクラウドに導入されるため、セットアップが簡単で、従業員ライフサイクル全体を管理するためのベスト・プラクティスを備えています。 SAP SuccessFactors HXM Suiteの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理
LearnDashは、どのWordPressサイトでも、実用的な学習管理システムに即座に変換できるWordPress LMSプラグインです。
WordPressでオンラインコースを作成 (および販売) する世界中のFortune 500企業、主要大学、トレーニング組織、起業家にとって最高の選択肢となっています。 LearnDashの製品詳細

機能

  • 集合研修
  • LMS搭載
  • ポータルサイト
  • テスト/評価
  • レポート/分析
  • モバイルラーニング
  • 証明書およびライセンス
  • 非同期型eラーニング
  • SCORM準拠
  • ラーニングパス/追跡
  • 進捗の追跡
  • 学習管理

オンライン研修ツールのお役立ちガイド

オンライン研修ツールは、企業、企業研修プロバイダー、教育機関などによるトレーニングや学習プログラムの管理・運営を支援します。オンライン研修ツールは、eラーニングソフトウェアまたはCBT (コンピュータベースのトレーニング) ソフトとも呼ばれ、研修コースの設計、受講者や学習者へのコース教材の提供、学習者の進捗確認などに使用されます。多くの場合、オンライン研修ツールは組織の目的や目標に合わせてカスタマイズできます。

企業では、従業員の研修に関するタスクやプロセスを管理する目的で、従業員オンライン研修ツールが利用される場合があります。このソフトウェアを使用することで、新入社員のトレーニングとオンボーディングを実行し、既存の従業員による新たなスキルの習得や知識の獲得を支援できます。また、教育機関では、オンライン研修ツールを使用して授業や補習を提供できます。インターネットに接続する環境があれば、オンライン研修ツールを利用できるため、リモート学習やブレンド型学習が容易になります。これらのソフトウェアは、個人、少人数グループ、またはクラス/チーム全体を対象にした授業や研修に使用できます。

オンライン研修ツールの多くは、同時学習や非同期学習に必要なツールを搭載しており、オンボーディングシステムとして利用できる一方で、コースオーサリングソフトeラーニング作成ソフトと類似するあるいは重複する機能も搭載しています。包括的な機能を搭載するオンライン研修ツール、学習管理システム (LMS) としても利用できますが、サードパーティのLMSと統合できるツールも存在します。

搭載されている機能はソフトウェアによって異なり、機能面でも大きな違いがある場合があります。例えば、ビジネストレーニングツールは、主に学校、単科大学、大学、およびその他の教育機関を対象としているオンライン研修ツールとは異なります。しかし、ほぼすべてのオンライン研修ツールには、多くのトレーニングソフトウェアに共通して見られる機能に加えて、このカテゴリのソフトウェアならではの機能が搭載されています。通常は、以下のタスクを実行できます。

  • コーススケジュール、コース登録、資料配布、およびその他の業務の管理
  • 研修プログラムの作成と修正、特定の学習者へのコースの割り当て、および学習者の進捗状況の確認
  • 学習者または研修参加者への、セルフサービスのオプションを含むポータルサイトへのアクセスの提供
  • 同時学習または非同期学習、およびモバイル学習やブレンド型学習の提供

オンライン研修ツールとは?

オンライン研修ツールはeラーニングソフトとも呼ばれ、研修コースなどの学習プログラムの管理や配信を行うためのソフトウェアです。一般的には、企業などの組織が社員研修を管理するための、企業のオンライン研修ツールとして提供されます。それ以外にも、教育機関、慈善団体など、研修管理と研修影響のニーズを持つ組織でも使用することができます。

このソフトウェアには、主な機能と用途がいくつかあります。例えば、コース登録や教材・資料の配布など、研修プログラムに関わるすべての作業を管理できます。さらに、研修コンテンツを配信するだけでなく、さまざまなセルフサービスや進捗管理機能を通じて、受講者や学習者の学習管理をサポートできます。

オンライン研修ツールは、オンラインコースやリモート学習、ブレンド型学習の促進に役立ちます。また、研修プロバイダーはこのソフトウェアを使用して、同時学習または非同期学習でオンラインコンテンツを提供できます。同時学習では、参加者が同時にバーチャルクラスルームに出席して集団で学習し、非同期学習では、参加者が異なる時間帯にさまざまな異なる場所から学習します。また、オンライン研修ツールは、対面式研修の管理にも使用できる点も重要です。

オンライン研修ツールの利点とは?

オンライン研修ツールにはさまざまな利点があり、研修プロバイダーと受講者や学習者を支援することに重点が置かれています。そうした利点の多くは、研修教材を一つのパッケージにまとめることによってもたらされ、通常は、リモート学習のためのオンライン研修教材へのアクセスがこれらのツールでは特に重視されています。当然ながら、研修の品質が高まるだけでなく、ひいては業績の改善や学業成績の向上など、さまざまな効果が期待できます。このソフトウェアがもたらす以下のような利点についても、時間をかけて調べてみると良いでしょう。

  • 研修データの一元化:第一に、オフライン/オンライン研修ソリューションは関連データを一元化することによって、研修活動・プログラムの運営を支援します。一つの研修プログラムを運営するだけでも、コース教材から受講者の情報、パフォーマンスや進捗に関するデータに至るまで、多くの情報を取得し、保存する必要があります。それらのデータの量は、提供する研修コースやプログラムが複数になれば大幅に増加します。高品質の研修用ソフトウェアを導入することで、これらのデータをすべて一箇所に集約し、論理的な方法で整理できるようになります。これにより、膨大な量のデータをすばやく簡単に整理できるようになります。特定の情報を見つける必要がある場合は特に有用です。

  • 研修の柔軟性の向上:オンライン研修ツールを使用することで、研修プログラムの柔軟性が高まります。研修プロバイダーにとっては、授業の提供時期、提供先、配布方法などの柔軟性が高まり、いつでもプログラムを変更できます。学習者にとっても、対面式やリモートの研修への参加、モバイル学習やブレンド型学習の活用など、柔軟な対応が可能になります。このように柔軟性があれば、研修プログラムの参加者数を最大限に増やすことができるとともに、研修プロバイダーは、特定のチーム、クラス、個人、状況、事情に合わせてプログラムを調整できます。

  • 成果に関する知見:オンライン研修ツールが企業や教育機関にもたらすもう一つの利点は、成果に関する知見の提供です。優れたソフトウェアにはレポートおよび分析ツールが組み込まれており、コースへの参加者数、コース修了者数、平均達成度などを確認できます。成果に関する知見は、研修プログラムの質を最適化する上で不可欠です。なぜなら、傾向を把握し、問題に対処し、成功したプログラムから教訓を得ることができるからです。

  • 地理的な制約の解消:企業や教育上のニーズに合わせてオンライン研修ツールを使用することで、これまでの地理的な制約を解消できます。例えば、近年では仮想オンボーディングという概念が浸透し、リモートで社員を迎え入れ、職場に馴染めるようにする企業が増えています。企業は住んでいる場所や物理的な職場へのアクセスに関係なく、職務に最適な人材をより自由に採用できるようになったのです。海外の学生に授業を提供する教育機関や、従業員に高度な研修セミナーを提供する企業についても同様で、その時の物理的な場所や職場への近さは関係なくなります。

オンライン研修ツールの機能とは?

オンライン研修ツールの機能は製品ごとに異なります。企業を対象にしたもの、教育機関を対象にしたもの、幅広い組織や機関で同じように活用できるものなどさまざまです。しかし、購入者がこのカテゴリのソフトウェアに求める一般的で重要な機能がいくつかあります。特に重要なこれらの機能を以下に紹介します。

  • 研修の管理:研修のプログラムと活動の管理に関連するすべてのタスクを管理できます。研修スケジュールの作成、学習者への研修実施時期の通知などを行うことができ、学習リソースの統合・管理・配布、および特定の講師のクラスや個人への割り当ても可能です。優れたオンライン研修ツールでは、研修内容を作成して、研修プログラムが適切に機能することや最適化されていることを確認できます。

  • コースの管理:研修コースの作成から、修正、コースの登録まで、コース管理のあらゆる作業に対応できます。組織は、研修活動を個人、部門、チーム、受講者に割り当てることができ、コースの進捗状況を継続的に追跡できます。研修費用の支払いもソフトウェアで処理できます。また、コースを修了した人には、達成度を証明する認定証を授与できます。

  • 同時学習:学習者は、同時に学習アクティビティやコンテンツにアクセスできます。同時学習では、物理的に同じ場所にいなくても、複数の学習者が同時に学習活動に参加します。例えば、ビデオ会議やバーチャルクラスルームは同時学習に該当します。オンライン研修ツールは、コミュニケーションとコラボレーションに必要なツールと、学習リソースの配布および共有のための機能を提供することによって、同時学習を促進します。生徒の学習意欲を高めることが重要な課題であり、教師がコース参加者と継続的に連絡を取り合う必要がある教育機関にとって、同時学習は特に有益な方法です。

  • 非同期学習:学習者は、非同期学習および自主学習の恩恵を受けることができます。同時学習とは対照的に、非同期学習では、複数の学習者が別々の時間に学習することができます。例えば、各人が都合の良い時間に事前録画された講義やセミナーにオンラインでアクセスして、ノートを取りながら学習できます。優れたオンライン研修ツールではどちらの学習形態にも対応しており、柔軟性が極めて高く、あらゆる学習スタイルを支援します。非同期学習は、国際的な企業や、さまざまな国に学生がいる教育機関にとって特に重要です。なぜなら、非同期学習を導入することで、異なるタイムゾーンにいる学習者に関連する数多くの問題を避けることができるためです。

  • モバイル学習:スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを利用して、企業のオンライン研修ツールやコース教材にアクセスすることができます。モバイルアクセスを提供することで、研修プログラムの柔軟性が高まります。また、地理的な障壁やハードウェアの問題が取り除かれるので、多くの人が研修コンテンツにアクセスできるようになります。優れたソフトウェアは、モバイルアクセシビリティを提供するだけでなく、ユーザーインタフェースやコンテンツの表示を最適化するので、小さなモバイルデバイスでも分かりやすく表示されます。また、モバイル学習では、サイズの小さい理解しやすい研修コンテンツを作成できるため、学習者は自宅や移動中であっても、簡単に利用できます。

  • ソーシャルラーニング:受講者はソーシャルラーニングを体験できます。ソーシャルラーニングとは、他者を観察することによる学習、人材の交流による学習、模倣や行動モデリングによる学習を重視する概念です。オンライン研修ツールでは、ソーシャルラーニングを実現できます。さらに、動画コンテンツにアクセスできるようにし、ビデオ会議を利用すれば、コースの参加者が物理的に同じ場所にいなくても、リアルタイムで対話できるようになります。また、優れたソフトウェアではコミュニケーションのための機能が追加されているので、学習者が互いに連絡を取り合い、助け合うことができます。

  • 学習パスと追跡:特定の研修プログラムやコースをどの順序で完了させるのが望ましいかを設定することができます。対象とする受講者の共通点がある場合、いくつかの研修活動を大まかにグループ化できます。また、これらのコースの中には相互に関連するものもあります。当然のことながら、高度な研修プログラムに参加する前に入門コースを修了しておくべきです。しかし、受講者が別の分野も学習できたり、これまでとは異なるキャリアを選択できたりする場合、学習パスは一層複雑になる可能性があります。研修ソフトではこの点を考慮し、企業や教育機関が学習パスを設定し、その情報をいつでも参照できるようになります。この機能は、さまざまな学習パスがあることを受講者や学習者にアドバイスするときに特に役立ちます。

  • レポート作成と分析:研修プログラムに関するレポートや分析情報にアクセスできます。レポート機能を使用すると、学習者がコースでどのような成果を上げているかを把握できます。また、分析ツールを使用すれば、簡単に重要なトレンドを把握して、データを深く理解できるようになります。レポートと分析機能を利用すれば、自社の研修プログラムから学び、エビデンスに基づいてインテリジェントに調整して、最適な成果を得ることができます。優れたソフトウェアでは、レポートダッシュボードを通じて、レポートを素早く簡単に見つけることができます。この特長は、組織が研修コースの問題を迅速に特定するのに役立ちます。

オンライン研修ツールを購入するときには、キャプテラのソフトウェアディレクトリに記載されている機能リストを使用して、入手可能なソフトウェアを絞り込むことができます。必要な機能を搭載しているソフトウェアのみを表示し、自社には適さないソフトウェアを除外することで、効率的にソフトウェアを選定できます。

オンライン研修ツールの購入時に考慮すべき点は?

オンライン研修ツールや能力開発ソフトを購入するときには、ソフトウェアに含まれる機能やその機能がもたらす利点以外にも、さまざまな要素を考慮しなければなりません。企業や教育機関は、固有のニーズに対応する最適なソフトウェアを見つける必要があり、そのためには市販のさまざまなソフトウェアを包括的に評価し理解する必要があります。これを効果的に行う方法は、次のようなポイントとなる質問を考え、それに対する詳細な答えを探してみることです。

  • オンライン研修ツールのコストは?

コストは慎重に検討しなければなりませんが、ソフトウェアの最初の購入価格を比較するだけでは十分ではありません。市販されているさまざまなソフトウェアの「総所有コスト」を比較する必要があります。総所有コストには、ソフトウェアの取得、セットアップ、および利用に伴う主なコストすべてが含まれます。購入者がすぐには気付かないコストには、データストレージ関連のコストや、研修活動で使用するソフトウェアの使用方法をビジネスリーダーに教えるためのコストなどがあります。当然ですが、コストと価値を総合的に検討する必要があります。例えば、優れたオンライン研修ツールは、一般的なツールよりも高額になる可能性がありますが、ハイエンドソリューションを必要としている組織にとっては、この追加投資は価値あるものになるでしょう。

  • オンライン研修ツールの最適な導入オプションは?

ソフトウェアをどのように導入するかは、最新のソフトウェアを購入するすべての組織にとって避けることができない問題です。オンライン研修ツールの導入方法は主に2つで、クラウドとオンプレミスのどちらを選択するかは悩ましい問題です。

例えば、従来のオンプレミスに導入する場合、ソフトウェアを取得した後、そのインストールと管理を自社の責任の下で行うため、コントロールがしやすくなります。また、通常は継続的なサブスクリプション料金が発生しないため、長期的なコストを低く抑えることができます。しかし、何か問題が発生した場合、関連するコストを予測することが困難になり、その問題を解決する責任は導入した企業にあります。さらに、ソフトウェアを取得して適切にセットアップする必要があるため、初期コストは高くなります。特にリモートアクセスやモバイルアクセスへの対応など、オンプレミスに導入する場合、柔軟性も劣ります。一方、クラウドベースのソフトウェアは柔軟性に優れ、リモートアクセスやモバイルアクセスへの対応も万全です。

ソフトウェアの導入およびデータの管理は、サードパーティのサービスプロバイダーが担当します。その結果、初期コストは非常に低くなり、深刻な問題が発生するリスクも低減します。コストが非常に予測しやすく、安定している一方で、継続的なサブスクリプション料が発生するため、長期的に見るとコストが割高になる可能性があります。一般的に、オンライン研修ツールが最適なパフォーマンスを発揮するのは、クラウドベースのアプローチを用いた場合ですが、両オプションの長所と短所を評価し、結論を出すようにしてください。

  • サードパーティとの連携は可能か。

多くの組織や教育機関では、オンライン研修ツールの他にもさまざまなソフトウェアが利用されています。これらの多様なソリューションを統合して連携するように設定できれば、効果がさらに高まります。オンライン研修ツールは、ワークフォース管理ソフト、顧客関係管理ソフト、カレンダーソフトなど、幅広いソフトウェアと連携できます。これにより、異なるソフトウェアでデータを簡単に移動でき、一貫性を確保できるだけでなく、企業が保管している重複データの量も減らすことができます。さらに、データの収集を合理化でき、必要な情報を見つけやすくなります。また、カレンダーソフトなどのソフトウェアと連携することで、研修を適切に準備および管理して、運営できるようになります。

  • カスタマイズはどの程度可能か。

企業、教育機関、研修プロバイダーにとって、オンライン研修ツールがカスタマイズできるかどうかは非常に重要な問題です。多くの組織は、ニーズに合わせてカスタマイズでき、最高の成果を達成できるように教材を提供することができるオンライン研修ツールを求めています。購入者は、必要としているレベルでカスタマイズが可能なソフトウェアであるかを確認する必要があります。クラウドベースのソフトウェアは、サードパーティのサービスプロバイダーによるカスタマイズが可能ですが、オンプレミスのソフトウェアであっても、ソフトウェアを調整したり、要件や要望に対応したりするためのオプションが提供される場合があります。

オンライン研修ツールに関する注目トレンドは?

オンライン研修ツールを購入するときには、オンライン研修ツールのトレンドを十分に考慮した上で決定する必要があります。新しいトレンドや定着しているトレンドを考慮して設計されたソフトウェアは、長期にわたって利用できる可能性が高くなります。反対に、重要なトレンドに配慮せずに設計されているオフライン/オンライン研修ツールは、長期的な利用は難しく、賢明な投資にはなりません。オンライン研修ツールの主なトレンドを以下に紹介します。

  • 人工知能の活用:人工知能 (AI) テクノロジーには常に向上しており、企業や教育機関にとってもその信頼性は高まっています。その結果、研修プロバイダーやオンライン研修ツールのAIテクノロジーへの依存度が高まっています。予測可能なコミュニケーション (期限のリマインダーなど) の自動化から、研修パフォーマンスの分析や傾向の特定まで、AIの用途は多岐にわたります。AIを効果的に活用することによって、単純作業に費やす時間を大幅に削減できるため、研修プロバイダーは、人の介入を必要とする複雑な作業により多くの時間を費やすことができます。

  • ソフトスキルの重視:これまで、オンライン研修ツールや作業ベースの研修プログラムの大半は、技術的かつ専門的で、知識や経験に基づいたハードスキルの育成に重点を置いてきました。しかし、最近ではソフトスキルの育成にもオンライン研修ツールを活用する企業が増えてきています。ソフトスキルとは非技術的なスキルを意味し、コミュニケーションスキル、問題解決能力、リーダーシップ、感情的知性などの対人スキルが含まれます。これらのスキルは、知識を伝達するだけでは習得できません。しかし、ビデオチャットやライブストリーミングを介してロールプレイなどの手法を活用すれば、受講者はフィードバックを受け取ったり、社会的交流について熟考したりすることができます。以上のことを踏まえて、教育・学習を促進させるソフトウェアであるかどうかも検討してください。

  • ゲーミフィケーションの台頭:インタラクティブなオンライン研修ツールは何年も前から存在し、研修プログラムの質を向上させてきましたが、学習者からは、ゲーミフィケーションによるインタラクティブな学習方法のさらなる高まりを期待する声が強まっています。ゲーミフィケーションとは、ゲームにおける「ハイスコア」や「リーダーボード」といった一般的な概念を取り入れ、ゲームをベースとした研修活動を指します。ゲーミフィケーションを導入することで、研修プログラムの楽しさと競争レベルが向上し、その結果として教材への取り組み、記憶に残る授業、知識の定着の向上がもたらされる可能性があります。

出典:

本書で紹介した機能は、オンライン研修ツールとの関連性と、キャプテラのディレクトリにある製品がこれらの機能を提供している割合を基準として取り上げています。このドキュメントで使用された出典を以下に示します。

  1. 6 Key considerations for your virtual onboarding programme (仮想オンボーディングプログラムに関する6つの検討事項) - キャプテラUKブログ (アクセス日:2022年05月11日、水曜日)

  2. On-premise vs cloud: which option is better for your company? (オンプレミス対クラウド:会社にとってどちらのオプションが適切か) - キャプテラUKブログ (アクセス日:2022年5月11日、水曜日)

  3. Soft skills:Why it’s important to consider them (ソフトスキルを考慮することが重要である理由) - キャプテラUKブログ (アクセス日:2022年05月10日、火曜日)