ローコード vs ノーコード 機能性を重視したアプリケーション開発ツール

2022/6/23 投稿者: Alberto SakaiおよびQuirine Storm van Leeuwen

ビジネスソフトの需要が急増しながらもIT開発者が不足していることから、ローコード開発は多くの企業にとって様々な課題を克服するための解決策となる。ローコードプラットフォームのメリットや、ノーコードとの違いについて解説します。

ローコード vs ノーコード

ガートナーの予測によると、 ローコード開発ツールは2024年までにアプリケーション開発活動の65%以上を占めるようになります (詳細は ガートナーのレポート (英語) からご覧いただけます。ガートナー会員限定)。しかし、ローコードとは一体何なのでしょうか。また、ローコードとノーコードの違いは何でしょうか。

ノーコードプラットフォームのグラフィカル・インターフェースにより、開発者はコストを最小限に抑えながらシンプルなアプリケーションを構築することができるのです。この記事では、ローコードとは何か、また ノーコード開発ツールとの違いについて詳しく解説します。 

ローコードとは?

ローコードは、開発プロセスを自動化するアプリケーション・プラットフォームです。英語の頭文字「LCAP (Low Code Application Platform)」でも知られています。このプラットフォームにより、開発者はアプリケーションの核心である「機能性」に集中することができるようになります。プログラミングは、コードを打つのではなく、グラフィカルなインターフェイスを介して行われます。ただし、コード打ちをすることも可能です。

以下が、ガートナーによるLCAPの定義です (英語原文)。 

ビジネス向けのローコード・アプリケーション・プラットフォーム (LCAP) は、ローコード技術とノーコード技術 (宣言型、モデル駆動型のアプリケーション設計・開発など) を用いて、迅速なソフトウェアの開発とデプロイ、またはシンプルなワンボタンでのアプリケーション展開を可能とします。

LCAPはメタデータ (他のデータについて説明し、情報を提供するデータのセット) を作成し、そこから実行時に基礎となるサーバーインフラを取得します。多くのローコードプラットフォームでは、 手続き型プ ログラム拡張も可能です。 

LCAPは次の要素で構成されています。

  • レスポンシブWebアプリケーションやモバイルアプリケーションによるユーザーインターフェース
  • 内蔵データベース
  • ビジネスプロセスおよび意思決定 (またはルール) のマッピングとオーケストレーション
  • ワンクリックのデプロイ

ローコードとノーコード

ローコードとノーコードには、密接な関係があるものの、根本的に異なる点があります。 

ローコードでは、アプリケーションの開発を簡素化することに重点が置かれています。ローコードのプラットフォームを使えば、DevOpsの各フェーズ (作成、テスト、監視、統合、デリバリー) を自動化することができます。開発者には手動でプログラミングを行うという選択肢も残されていますが、基本的にはグラフィカルなインターフェースを用いるので、納期を短縮することができます。 また、LCAPでは、ノーコードプラットフォームでは不可能な、複雑なアプリケーションの構築も可能です。

他方のノーコードは、限られた機能しか持たないシンプルなアプリケーションを構築するためのものです。開発者は、コードが組み込まれたビルディングブロックを通じてアプリを作成します。この点を考えると、ノーコードは開発者ではないユーザーも利用できるプラットフォームとなります。

ローコードのノーコード比較

ローコードのメリット

ローコードプラットフォームの利点は以下の通りです。

DevOpsプロセスの自動化

開発から納品までにかかる時間は、従来のプロセスに比べて短くなります。IT開発者が不足している企業にとっては、特に有効な手段です。

ハードルの低下

従来、大企業に比べ てリソースの少ない企業にとって、アプリケーション開発は難度の高いものでした。しかし、ローコードプラットフォームを使えば、中小規模事業者も自社のニーズに特化したアプリケ ーションを構築することができます。

ユーザーによるプラットフォーム構築

ローコード開発の「参入障壁」が低いため、ユーザー側が自身でプラットフォームを開発するケースもあります。それにより、自分のニーズに合わせてアプリケーションをカスタマイズすることができ、ユーザーエクスペリエンス (UX) が向上します。ローコードやノーコードのアプリケーションは、ビジネスソフトウェアに組み込まれているため、IT部門にとっても管理しやすくなります。

アプリケーションの完全な所有権

自社開発のアプリケーションは、それを作った会社の資産になります。 

俊敏性の向上

グラフィカルなインターフェイスにより、IT専門ではない人材でもローコードプラットフォームを行うことができます。 つまり、従来のコンピュータプログラミングとは異なり、アプリケーションの微調整には開発者が不要になるため、ビジネスの俊敏性が高まります。 

IT部門による管理

ロールベースのアクセスに基づいて、IT部門はアプリケーションのユーザー権限を一元的に把握することができます。ユーザーに対して新しいユーザーロールを割り当てたり、ブロックしたりするだけで権限を変更できます。

ーコードプラットフォーム3種類

ニッチプラットフォームは、特定のニーズやビジネスプロセスに焦点を当てる傾向があります。その例としては、 顧客管理 (CRM) ツール業務プロセス管理 (BPM) ツールなどがあります。多くの場合、これらのアプリケーションは社内の既存のソフトウェアアーキテクチャとの統合を必要とします。

それと相反するのが、あらゆる種類のアプリケーションの開発に対応する万能プラットフォームです。このような万能プラットフォームにはAPIが用意されていることが多く、アプリケーションは社内の既存のソフトウェアとより簡単に連携することができます。

最後に、特別なサプライヤー向けのソフトウェア・アプリケーションに特化したプラットフォームがあります。マイクロソフトのMicrosoft PowerApps、GoogleのGoogle App Maker、オラクルのOracle Application Express (APEX) が挙げられます。

ローコードプラットフォームの選び方

最適なローコードプラットフォームを選択する ためには、なぜローコードプラットフォームを探しているのか、そしてどのような問題を解決したいのか、といった根本的な質問を考慮する必要があります。

これらの質問に答えることができれば、さらにニーズを細分化しましょう。

  • 必要とするのはローコードなのか、それどもノーコードなのか
  • 単一のアプリケーションが必要なのか、それともすべての業務プロセスをLCAPに集約したいのか
  • 新しい機能が必要なのか、それとも機能の拡張を求めているのか
  • デスクトップ、モバイル、またはその両方に適したアプリケーションが必要なのか
  • 外部クラウド (それがパブリックであれプライベートであれ)、自社クラウド、それともオンプレミスのどちらが最適なのか

条件が明確になったら、ローコードプラットフォームを比較検討し始めることができます。その際、ユーザーレビューを参考にすると有益な情報が得られるでしょう。

キャプテラでは、 ローコード開発ツールノーコードツールなど、IT製品に関する100万件以上のレビューが掲載されています。 

ローコードアプリケーションの作成事例

もともと、ローコードアプリケーション開発は企業内のIT担当者が使うものでした。ビジネス活動を効率化するために、オーダーメイドのオンラインデータベースを作成することが、その一例です。リード管理、プロジェクト管理、請求業務、顧客データなど、さまざまな用途を想定してみましょう。ユーザーは、ゼロからデータベースを構築したり、テンプレートを使ってプログラミングをすることなく、開発プロセスを簡素化・短縮化することができます。

ローコードvsノーコード-JP-Capterra-Screenshot-TeamDesk
Teamdeskのテンプレートからリード管理データベースを構築 (出典)

ローコードプラットフォームは、APIを使ってCRM、ERP、人事、会計、販売、プロジェクト管理など、異なる部門のアプリケーションと連携することができます。また、ソフトウェアも企業とともに成長・発展することができます。

ローコードvsノーコード-JP-Capterra-Screenshot-Ninox
Ninoxのローコードプラットのフォームから、ビジネスアプリケーションのテンプレートを利用 (出典)

ポジティブなユーザー体験とスケーラブルなライセンスモデルにより、ローコードはB2BやB2Cアプリケーションの開発にも適しています。例えば、お客様に自動化機能・連携機能を搭載したソフトウエアを提供することができます。

ローコードvsノーコード-JP-Capterra-Screenshot-Cyclr
Cyclrで、アプリ開発者は顧客に統合ソリューションを提供することができます (出典)

B2BまたはB2Cへの適用の例として、顧客体験の向上があります。例えば、顧客向けに開発したモバイルアプリケーションで、注文状況・在庫状況を把握することができます。

ローコード開発のソフトウェアお探しでしたら、キャプテラの ローコード開発ツールのリストをぜひご覧ください。

注:本記事で紹介された製品は、各機能の例として取り上げられており、勧誘・推奨を意図したものではありません。掲載されている情報は、掲載時に信頼できると判断された情報源から入手されたものです。

この記事で言及されている製品、プログラム、サービスは、国によっては提供されていないか、法令や規制により制限されている可能性があります。製品の提供状況や、国・地域の法令遵守に関しては、ソフトウェア・プロバイダーに直接お問い合わせください。

筆者紹介

酒井アルベルト。マドリード・コンプルテンセ大学情報学部卒業。学術博士 (千葉大学)。NHK国際放送アナウンサー、琉球大学准教授を経て、現在はキャプテラにてシニアコンテンツアナリストを務める。技術・社会・ビジネスの観点からのコミュニケーションに関心がある。

酒井アルベルト。マドリード・コンプルテンセ大学情報学部卒業。学術博士 (千葉大学)。NHK国際放送アナウンサー、琉球大学准教授を経て、現在はキャプテラにてシニアコンテンツアナリストを務める。技術・社会・ビジネスの観点からのコミュニケーションに関心がある。

キリーヌ・ストーム・ファン・リューエン。キャプテラのコンテンツアナリスト。中小企業技術的な改善に注力。デジタル化や、ソフトウェア、テクノロジーのトレンドに焦点をあてている。

キリーヌ・ストーム・ファン・リューエン。キャプテラのコンテンツアナリスト。中小企業技術的な改善に注力。デジタル化や、ソフトウェア、テクノロジーのトレンドに焦点をあてている。